シャザム!



【監督】デビッド・F・サンドバーグ
【出演】ザッカリー・リーヴァイ/アッシャー・エンジェル/ジャック・ディラン・グレイザー/マーク・ストロング
【公開日】2019年4月19日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
身寄りのない思春期ど真ん中の少年・ビリー。ある日突然彼は魔術師にヒーローの才能を見いだされ、世界の救世主に選ばれる。「シャザム!」という言葉を唱えると、六つのパワーを持つ筋骨隆々で稲妻を操るスーパーヒーローに変身するが、その心は子供のままだった。そんなビリーの前に謎の科学者・Dr.シヴァナが現れる・・・。
 
【プチ感想】
マーベルとDCの映画両作品を一通り鑑賞はしてますから自分も一応それなりにヒーロー達を知ってはいるんですがそれ故にでしょうか、この『シャザム!』はその既存のヒーロー像とは色んな部分が異なってて興味深く観れた感じではありますね^^
超人的なパワーを偶然身に付けるという設定こそもうありふれてはいるものの、それでも容姿の変化・・・それこそ子供から大人に変わってしまうと言う見た目の面白さが先ず本作は一番目を引く所であり、大人になると屈強でマッチョな外見になるけど言動が子供そのものなのでこの辺りの落差と言うかギャップにたくさんのユーモアが含んでたので、自分が予告編の映像とかで考えてた以上にニンマリしてしまい楽しかった♪DC作品はとりわけザック・スナイダー監督の以前手掛けたシリアスな路線とかが正直まだ尾を引いてる所もあったりはするので、本作のようにスーパーパワーの無駄遣いをする悪ノリさや『シャッザーーム!』の掛け声と共に瞬間変身するシーン等々も特撮大好物な自分には結構好感が持てるとこばかりでしたので、ど~~んよりとしたとこがまるで無かったのも良かったのかもしれない(汗)。
偶然とはいえ超人的な力を手に入れて浮かれてしまう一方で巨悪を前にし子供なりにヒーローとしての責任と自覚を持とうとするスパイダーマン的なストーリー展開も見応えありましたが、個人的には主人公のビリーを中心にしての家族の絆を描いた部分も微笑ましく、血縁の無い家族なれど五人の姉弟達の存在とそのやり取りは笑いと感動を与えてくれましたね。ヒーローオタクのフレディを始めそれぞれの個性がちゃんと出てましたし、後半はビリーと一緒にヴィランのシヴァナを倒すべくちょっとした冒険活劇にもなるのでどこかジュブナイル風な面持ちにもなるんですよねぇ。で、最終的にはまるで戦隊ヒーローそのもののようになるので、最後までこれまた特撮好きな自分の気持ちを昂ぶらせてくれた気がしたのでしたw


2月に公開された『アクアマン』もそうでしたが、DC作品は個人的にはダークでシリアスよりもこういったライトでエンタメな雰囲気の方が好みになれそうでしたので、マーベル作品と変に背比べするよりも単独作品に力を入れるなどの独自路線を見出すのもまた一つの手なのでは?と本作を鑑賞して思った次第。・・・まあでもビリー=シャザムがジャスティスリーグの面々とクロスオーバーする展開もあればそれはそれでまた興味は沸くかもしれませんけど、ただシャザムのノリは他のDCヒーローと合わせると反発しそうな気もするのでやっぱり合流は抑えて欲しいかな?^^;

8 Comments

ノルウェーまだ~む  

楽しかったです!

メビウスさん☆
面白かったですよね~~
DCでこの底抜けの明るさというのがもう斬新でしたし、私は重たく何か背負ったヒーローも結構好きですけど、本来ヒーロー好きな男子たちが最も楽しめるヒーロー像だったのではないかなと思いました。
今後はあまり地球を背負って立つようなヒーローたちとは一緒になってほしくない(子供だし)ので、このまま独自路線で行ってほしいと思っています。

2019/04/25 (Thu) 22:18 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

重みがないので気楽

>まだ~むさん♪

主人公のビリーに葛藤や悩みが無かった・・・と言えばそれは嘘になりますけど、それでも過去のDCヒーローと比べてしまうとやっぱり重みが少なかったですし、世界の危機のような大規模なものにも見えなかったので、あの気楽さみたいなものも純粋に楽しめるヒーロー活劇だったかなとも思いました^^

エンドロールを見るとまだ続きがあるみたいですけど、DCメンバーはホント控えめの登場にして欲しいですね。本作の顔無しスーパーマンみたいにw

2019/04/28 (Sun) 19:40 | EDIT | REPLY |   
yukarin  

DCヒーローにしては軽めで楽しかったです。
見た目は大人なのに中身は子供...な設定が面白いです。
能力を試しているシーンはやっぱり子供だなーと思いつつクイーンの曲でテンション上がってました。
確かに他のヒーローとはちょっと合わなそうな感じもしますね。

2019/04/28 (Sun) 22:20 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

コナンみたい

>yukarinさん♪

見た目大人中身は子供って、まるでコナンの逆バージョンですね^^;そういう設定なせいか、主演のザッカリー・リーヴァイの子供心を持った演技は結構見応えがあって上手かったと思いました♪

そうそう、そういえばクイーン流れてましたねw音楽のチョイスも悪くなかったんですよねぇ。

2019/05/01 (Wed) 23:50 | EDIT | REPLY |   
隆  

初めまして。

大人と子供双方の良さが、詰まったヒーローだと思いました。最初は、遊び半分、使命もなく、子供心で居ると思いますが、それが、揉まれる事によって、大人の部分へと成長したのではないでしょうか。

全体的に緩かったですが、それは、サデウスがシリアスに過ぎたからで、果たして、力を用いるのに、責任も自覚した大人が良いのか、無邪気な子供が良いのか、という事で、善悪が見事に対照的だったと思います。

どんなに現役で鳴らした大人でも、いずれは世代交代の時がやって来るのであって、中身子供で何が悪いのか分かりませんでした。

2019/05/11 (Sat) 13:51 | EDIT | REPLY |   
SGA屋伍一  

そうだ… DCすっかり明るくなっちゃいましたね。デッドプールの「暗い奴だな。DCユニバース出身かよ」というネタがもう通用しない…
アベンジャーズもジャスティスリーグもいでたちがそれぞれてんでバラバラなので、色違いでおそろいのコスチュームというのがアメコミではかえって新鮮でした。できたら合体業も見せてほしかったところ
ビリーが一瞬悪魔に引き寄せられたかと見せて「冗談だよーん」というシーンに彼の良さが現れていると思います

2019/05/13 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

方向転換

>隆さん♪

初めましてです^^
予告編などでもビリーがシャザムに変身した姿で『スマホ充電~』とか言いながらの映像ばかりだったのでDCヒーローの中でもすこぶる緩い印象も抱きましたけど、実際はちゃんと大きな力に対しての責任や自覚にも向き合っていましたし、フレディたちと家族の絆を芽生えさせていくビリーの成長物語として自分も好感が持てる内容ではありました。

そういえばヴィランのサデウスは兄貴なら平気でビルから落としてたけど、ビリーたち相手だとやっぱり子供だからでしょうか、残酷な面が少し抜けてた印象もあった気がしました。なんか必要以上に『待ち』のシーンも多かったですし^^;


>SGAさん♪

ザック・スナイダー監督の作り方が別に悪いわけではないんですけどね^^;凄く重厚な内容ではありますし。・・ただあのドシリアスさはライトユーザーに向く方向かなぁ?というのも
考えちゃったりするわけなので、そういう点でモモアマン・・じゃなく、アクアマンの極振りエンタメな本作のシャザムのようなおちゃらけさはやはり良い意味での方向転換だと個人的には思いました♪

2019/05/17 (Fri) 19:11 | EDIT | REPLY |   
-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/09/05 (Thu) 14:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  「シャザム!」☆ピュアであることとは?
  • こーりゃ面白い! とかく重苦しく重厚にしたがるDCコミックが、遂に自虐ネタもかまして本当に求められるヒーローもののあるべき姿を思い出させてくれたyo!
  • 2019.04.25 (Thu) 22:19 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  シャザム!
  • 身寄りのない少年ビリーは、魔術師からスーパーパワーをもらう。 「シャザム!」という魔法の言葉を唱えると、筋肉ムッキムキのスーパーヒーローに変身できるのだ。 しかし、見た目はオトナでも中身はコドモのまま。 ヒーローオタクの少年フレディと一緒に悪ノリしていた彼のパワーを、密かに狙う者がいた…。 コメディ×アクション・エンターテインメント!
  • 2019.04.27 (Sat) 02:39 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  シャザム!
  • 「スーパーマン」や「バットマン」と同じDCコミックスのヒーロー「シャザム」を映画化。シャザム役はTVシリーズ「CHUCK チャック」のザカリー・リーバイ、監督は「アナベル 死霊人形の誕生」のデビッド・F・サンドバーグ。あらすじ:見た目は大人だが中身は子どもという異色のヒーローの活躍を、独特のユーモアを交えて描く。ある日、謎の魔術師からスーパーパワーを与えられた少年ビリーは、「S=ソロモンの知...
  • 2019.04.29 (Mon) 16:37 | 映画に夢中
この記事へのトラックバック
  •  『シャザム!』(2019)
  • ** ネタバレあり **「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」、「ジャスティス・リーグ」、「アクアマン」に続く<DCフィルム・ユニバース>の7作目。但し今回はオープニングに<ユニバース>専用のタイトルロゴが流れない。軌道修正を図り今後は「ゆるやかな繋がり」を目指すということだったが、これもその方針変更の...
  • 2019.06.07 (Fri) 15:20 | 【徒然なるままに・・・】