THE GUILTY ギルティ



【監督】グスタフ・モーラー
【出演】ヤコブ・セーダーグレン/イェシカ・ディナウエ/ヨハン・オルセン/オマール・シャガウィー
【公開日】2019年2月22日
【製作】デンマーク

【ストーリー】
緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルムは、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか・・・。
 
【プチ感想】
ワンシチュエーション的な作品はそれほど多く観てはいないんですが、それでもこういった限定的な空間で繰り広げられるストーリーなどは観る側を飽きさせず、引き込み、釘付けにする何らかの要素が必要でしょうから、本作の場合それはやはり『音』がとても重要で効果的な役割を担っていたと思いますね。
緊急コールセンターに正にいま誘拐されている女性からの通報が入るものの、車の移動音や女性の声など手掛かりになるのが電話越しの音だけなため最初凄い情報が少なすぎて厳し過ぎる感じも抱くんですけど、主人公のアスガーがその限られた情報と時間内で色んな部分から糸口を見つけていきながらやがて突破口を開いていく過程はとても緊迫感があって見応えがあったんですよねぇ。あと観てる側としても視覚情報はスクリーンのアスガーばかりなんですが、音の情報を基に電話の向こう側の情景を脳内で再現するという状況にも必然的になるから想像力もとても働いて、それもまた面白い感覚ではあったかなと。

劇中の誘拐事件の真相もこういった外からの情報などが限られている密室劇ゆえか、はたまたその場の状況を自分も何の疑いもせずそのまま鵜呑みにしてしまったせいか後半のどんでん返しにはしっかりと騙されてしまい、事の真相が分かった途端アスガー同様『あっちゃ~~・・』な気持ちとなって共に意気消沈(汗)。まあ、ああなってしまうと後はなんか絶望的な方向しか自分も考えられなかったんですが、それを土壇場で引っくり返したのがこれまたアスガーの熱のある言葉であり、彼がコールセンターにいる理由とその真実も明らかになると、本作のタイトルの意味も理解できる仕組みになってなるほどといった所。・・・アスガー本人もよくよく思うと目の前の悪を裁くためならちょっと荒っぽい方法にも出てしまうような気質でしたし、過去の出来事も知った手前その愚かしい行為も透けて来るので最終的にはイイ人ぉ・・?とはあんまり呼べない風にもなっちゃったのですが、それでも終始一貫してた彼の『諦めない気持ち』によって少なくとも誘拐事件の結末は自分の思ってた最悪を回避してくれたので、観終った後は一応安堵の気持ちにはさせてくれたのでした^^;
 

6 Comments

ここなつ  

こんにちは

こんにちは。
場所の移動はおろか場面の切り替えすら最小限なのに、こういう緊迫感が溢れた面白い作品に仕上がるなんて、すごいですよね。
自分自身結構な先入観を持って観てしまって、はい、あちゃ~と騙されました。

2019/04/19 (Fri) 13:01 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

良い緊張感

>ここなつさん♪

最小限ゆえに、アスガーや言動や電話越しの物音などの一挙手一投足に集中出来た感じで、これが良い緊張感を生み出していた気もしますね。真犯人を観客の脳内想像から逸らす役割も担っていたように思われて、本当に隅から隅までよく計算されていた作品でした^^

2019/04/22 (Mon) 19:03 | EDIT | REPLY |   
ノルウェーまだ~む  

緊張感

メビウスさん☆こちらにも
なかなか面白い設定の映画でしたよね。
一緒になって電話の向こうを想像しながら緊張しつつ見てました。
最後のあちゃ~~感がまたすごいのですけど、普通のハリウッド映画にはない面白さがありましたね。

2019/04/25 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

鮮明で分かり易く

>まだ~むさん♪

真相に近づくにつれて電話越しの情景もどんどん脳内で鮮明になってきますし、同時に主人公のアスガーの過去も浮き彫りになってくるので、不思議と分かり難い部分がなくて本当に上手い進行だと自分も思いました^^

ハリウッドリメイク版も是非あちゃ~の所は衝撃的にやってほしいですね(笑

2019/04/28 (Sun) 19:38 | EDIT | REPLY |   
maki  

こちらにも

アスガーのラストショットの素晴らしさと、
イーベンの物語の浅さの対比が何とも言えず…。
真相がわかってしまって、アスガーが、頭が白くなるというか、
冷たい汗がでるような感覚は伝わってきましたね

「ザ・コール 緊急通報指令室」も機会がありましたら鑑賞してみてください。
アメリカの緊急コールセンター911が主舞台であります
(主って書いたのは、主人公のハル・ベリーが、少女を助けようと「行動」してしまうからです)

2019/10/29 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

有難うございます

>makiさん♪

makiさんが推してくださっている『コール』という似通った作品の鑑賞が記憶にあると、もしかしたら先の展開もある程度理解できてしまう感じになってしまうんでしょうね^^;でもそうならば自分はハル・ベリー主演のそのコールを未見だったのはある意味良かったのかもしれませんね?(汗

『コール』も機会を見て鑑賞してみます。教えて頂き有難うございます^^

2019/11/04 (Mon) 19:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

5 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  THE GUILTY/ギルティ
  • 事情があって警察官としての一線を退いた男アスガー・ホルムは、緊急指令室の電話オペレーターとして通常は些細な事件の応対をしていた。 ある日、今まさに誘拐されているという女性自身からの通報が入る。 事件解決の手がかりは電話だけ。 微かに聞える音だけを頼りに、アスガーは犯人を見つけ出そうとするが…。 サスペンス。
  • 2019.04.01 (Mon) 19:52 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  THE GUILTY/ギルティ
  • 緊急通報指令室という限られた空間を舞台に、電話から聞こえてくる声と音だけを頼りに誘拐事件の解決に当たるオペレーターの奮闘を、極限の緊迫感と予測不能の展開で描き、サンダンス映画祭観客賞をはじめ各方面から高い評価を受けたデンマーク製クライム・サスペンス。主演は「光のほうへ」のヤコブ・セーダーグレン。監督は本作が長編デビューとなる新鋭、グスタフ・モーラー。あらすじ:捜査中のトラブルにより現場を外さ...
  • 2019.04.13 (Sat) 17:18 | 映画に夢中
この記事へのトラックバック
  •  「ギルティ」
  • アスガーは警察に設けられた緊急通報指令室のオペレーターとして、シフトについている。元々は警察官として現場に出ていたのだが、ある事件をきっかけとして、その審理が終わるまでの当座の措置としてそこに配属されているのだ。職場はほぼ第一線を退いた人々で構成されており、アスガーも心のどこかでは、ここは仮住まい、自分のいるべき場所はここではないと思っており、同僚たちのことも見下しているような感じであった。...
  • 2019.04.17 (Wed) 12:45 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  「ギルティ」試写会☆ヘッドセットの向こう側
  • ネタバレは一切禁止の映画。 とにかくワンシチュエーション映画でありながら、ヘッドセットの向こう側は視聴者が想像を膨らませて何通りもの景色が無限に広がっているという見事な展開。
  • 2019.04.25 (Thu) 22:31 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  THE GUILTY/ギルティ
  • 【概略】 緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルムは、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されいてる女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、”見えない”事件を解決することは...
  • 2019.10.29 (Tue) 22:48 | いやいやえん