キャプテン・マーベル



【監督】アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
【出演】ブリー・ラーソン/サミュエル・L・ジャクソン/ベン・メンデルソーン/ジャイモン・フンスー/リー・ペイス/ラシャナ・リンチ/ジェンマ・チャン/アネット・ベニング/クラーク・グレッグ/ジュード・ロウ
【公開日】2019年3月15日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩む一人の女性。彼女の名はキャプテン・マーベル。事故で過去の記憶を失った代償に強大な力を得て、地球から遠く離れたクリー帝国のエリート・ソルジャーとして活躍していた。だがあるミッション中に不時着した地球で、彼女の運命は大きく動き出す・・・。
 
【感想】
原作コミックこそ未読ではあるものの、まあそれでも自分も一応MCUの作品群は一作目から追い続けてきた一応のファンでもありますので、それこそマーベルというものの語源であったり、ニック・フューリーのアイパッチの謎とかだったり、アベンジャーズの由来などなどといったものもいつか機会があれば知りたいなとは思っていたので、そういった大なり小なりのホワイ?を補完する意味でも本作はやはり面白かったですね^^

新たに登場した新ヒーローのキャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァースが抱える記憶の謎を探る今回の物語は、外宇宙に存在する脅威が当然ながらサノス以外にも無数にある事を改めて知ると共に、クリ―帝国の侵略やそれに反旗を翻したキャロルの動向といったものも今後のMCUストーリーの根幹になっていくのかなぁと思うと、一つ一つの細かな事柄もどこか興味深く鑑賞出来た次第。それぞれのキャラクターの魅力も立っており、フォトンブラストというスーパーパワーを駆使するキャロルはアイアンマンのように両手から強力なビームを出す見た目の強さも然る事ながら、幾度の窮地でも不屈の心で立ち上がる精神の強さも併せ持っていたので、その名前から察するにキャプテン・アメリカのようなヒーロー達の中心的存在になる雰囲気も持ってて終始カッコ良かった。主人公無双とかも大好物なので、終盤の彼女の大暴れも個人的には痛快の一言で好きでしたね♪あとバディ的立ち位置のニック・フューリーもMCUではもうお馴染みの存在ですけど、今回はハゲてもいないし両目もあるしユーモアも全開だったから、見知ったあのアベンジャーズの司令官とはまた違う顔をのぞかせていましたね。・・まあ上記でも言ってるアイパッチを装着する事になった理由がちょっとアホっぽかったですが、その経緯も含めて本作で一番ビックらこいたのが猫のグースだったかもしれない。単なるマスコットキャラのような猫ちゃんだと思ったんですけど、その正体を知ってもう開いた口が塞がらなかったのでした^^;(汗


新たなMCUの歴史を担うキャラクターの誕生物語&ヒーロー活劇としても当然面白かったですし、同時にその要所要所には4月公開予定の大作『アベンジャーズ エンドゲーム』の伏線も盛り込んでいれば『インフィニティ・ウォー』でニックが用いたポケベル風の端末やキャロルがその時いなかった疑問などもきちんと氷解させてくれましたので、観終ったあとは結構スカッとした気持ちにもさせてくれた本作♪
『エンドゲーム』の前座になりそう・・なんて当初の考えは何とも杞憂で、個人的には非常に楽しかったビギンズ作品でした。
 

5 Comments

ボー  

私も、

MCUはたぶんずっとチェックしていますが、今度も面白かったですね!
片目の理由が、それかい! と(笑いごとではありませんが)。
とにかく、キャロル!かっこよかったし、満足満足。「エンドゲーム」ますます楽しみです。

2019/03/17 (Sun) 21:24 | EDIT | REPLY |   
ノルウェーまだ~む  

待ち遠しい

メビウスさん☆
お話は王道なのに、いろいろと呆気にとられるポイントがいっぱいで楽しめましたね~
ほんと、開いた口が塞がらなかったです。
最後おえっとやったところを、どこかで見たような気がしてならないのですが、ほかのシリーズでは登場してなかったでしたっけ??気になって仕方ないです。
エンドゲームでどんな活躍をしてくれるのか?待ち遠しいですね。

2019/03/20 (Wed) 00:53 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

意外な真相w

>ボーさん♪

ホント、ニックの片目の理由が良くも悪くも驚きでしたね^^;当初はやっぱり過去になんらかの戦いで名誉の負傷を負ったのでは?という風に美化していたのですが、フタを開けたらただ引っ掻かれただけという。・・でもそう考えるとフラーケンの凶暴性や恐ろしさが改めて分かる真相でもありましたね。危険度が高かったのも頷けます(汗


>まだ~むさん♪

MCUシリーズの気になる部分にちゃんと応えてくれる解の部分もあったり、悪者っぽく思えたキャラクターが実は・・みたいな捻りもあったので、王道なお話でも最後まで面白く観れた感じが自分もありましたね^^何十作もやってると味気ないとこも出て来るはずなんですが、MCUはその辺り良く心得てるのかあんまりハズレがないのも結構凄いですよね。

そういえば猫のグースが最後におえっとした四次元キューブですが、本作以外の単独作品の色んな場面でも見られるので時系列が自分も良く分かりませんね(汗
多分初めて出て来たのは『キャプテン・アメリカ』の時ではないでしょうか?

2019/03/21 (Thu) 19:45 | EDIT | REPLY |   
ヒロ之  

こんにちは!

メビウスさんこんにちは!
私は違う形でテンション上がって観てしまったのですが(当方ブログはそれしか書いてません(笑))、終盤でようやく覚醒し派手に戦うシーンは楽しかったです。
そこまでが少しもたついているなあと自分的には感じてしまったのですが、ニックのユーモアは笑えましたし、ネコちゃんのまさかの正体(当方ブログでは思い切りネタバレ(笑))とか、アベンジャーズに繋がるビギニングものとしては色々と知る部分もあって、そこは良かったです。

2019/07/11 (Thu) 14:37 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

ナイスチョイス

>ヒロ之さん♪

自分はヒロ之さんほど深く注視していませんでしたが、でも劇中で使われている選曲のチョイスは自分も良いなと思える部分はありましたね。キャプテン・マーベルが覚醒した後に宇宙船で取っ組み合いをするシーンでの曲は面白くて、あのセンスはなんかガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに通じるものがありました。

2019/07/15 (Mon) 20:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

6 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画「キャプテン・マーベル(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
  • 映画『キャプテン・マーベル(日本語字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(最高5つ星で、3つ)。100点満点なら60点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆ &n...
  • 2019.03.19 (Tue) 14:10 | ディレクターの目線blog@FC2
この記事へのトラックバック
  •  『キャプテン・マーベル』(2019)
  • **** ネタバレ注意! ****<MCU>の21作目、<フェイズ3>の9本目、そして「アベンジャーズ/エンドゲーム」へ向けての最後のピース。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」 の惨劇から遡ること20年余り、90年代が物語の舞台となっている。後のシールド長官ニック・フューリーも今はまだ捜査官の一人。頭髪もあれば両目も健在だ。そしてその元には新人捜査官としてフィル・コールソンも配されて...
  • 2019.03.21 (Thu) 08:07 | 【徒然なるままに・・・】
この記事へのトラックバック
  •  キャプテン・マーベル
  • 遠い宇宙、超高性能人工知能に統治されているクリー帝国。 過去の記憶がない女性戦士ヴァースは、戦場で変身能力を持つトカゲ型宇宙人スクラルに囚われた際、断片的な記憶を取り戻した。 スクラルを追って惑星C-53=地球に不時着したヴァースは、国際平和維持組織シールドのニック・フューリー捜査官と出会う…。 SFアクション。 ≪アベンジャーズ誕生の鍵を握る存在…彼女の名は―キャプテン・マーベル≫
  • 2019.03.21 (Thu) 11:26 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  キャプテン・マーベル
  • アベンジャーズ誕生前の1990年代を舞台して、強大なパワーを手にいれた代償として記憶を失ったヒロインが色々な経験を経て自分らしさを確立する。娯楽的な要素と真面目な主張を両立させた深い作品になった。
  • 2019.03.26 (Tue) 21:15 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
この記事へのトラックバック
  •  キャプテン・マーベル
  • マーベルコミックが生んだヒーローが結集する「アベンジャーズ」シリーズに連なる「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の一作で、MCUでは始めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメント。「ルーム」でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンがキャプテン・マーベル役で主演。ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンのほか、ジュード・ロウらが共演。監督は、マ...
  • 2019.04.13 (Sat) 17:23 | 映画に夢中