映画ドラえもん のび太の月面探査記



【監督】八鍬新之介
【声の出演】水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一/皆川純子/広瀬アリス/中岡創一/高橋茂雄/柳楽優弥/吉田鋼太郎
【公開日】2019年3月1日
【製作】日本

【ストーリー】
月面探査機が偶然捉えた白い影のようなものが大ニュースに。のび太はそれを『月のウサギだ!』と主張するが、みんなから笑われてしまう。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子供たちと出会う・・・。
 
【プチ感想】
他の大作が同日公開だろうと三月初週は必ず鑑賞すると決めている映画ドラえもん。14作目ともなるとなんかもう毎年のルーティーンのようにもなってまして、当初の収集癖(マスコット目当て)が先行しての鑑賞もなりを潜め、今では純粋に楽しみにしているシリーズ作品となりましたが、今回は脚本に直木賞作家である辻村深月さんが加わったせいか、前年に負けないくらい良い内容に仕上がっていた感じがした次第♪

旧ドラえもんからのリメイク作ではありませんが、原作漫画のひみつ道具『異説クラブメンバーズバッジ』を基にしたエピソードになっており、設定の方も本来の地底世界の方ではなくほんの少ししか描かれてなかった月面世界の方を深く掘り下げていたので、ストーリーの方もかなりアレンジの利いたものになっていましたね。月の裏側に『雲の王国』顔負けな程のウサギ王国を一から築いていく面白さや自由さも然る事ながら、その逆に傲慢な考えによって最悪な兵器を生み出した事に対する過ちや愚かしさを『想像力』というテーマを主軸にして両極描いてるとこがしっかりというか良く纏めていたような気がして、この辺りの話の合わせ方はさすがプロの小説家といった所でしょうか。シリアスな場面も今回は割と多かったのですが、はしゃぎ声があんまり聞こえなかった辺り、多分子供たちも見入っていたのではないかなぁ・・とは思うw

あとこれは個人的に感じた事ですが、今回の作品はなんか随所に旧作に対するオマージュというか雰囲気のようなものを感じる場面が多々あった気がしまして、それは上記のウサギ王国を作る過程がまるで旧作の『雲の王国』のようであったりとか、友達のルカを助けるために再び異星へと向かったり、荒廃した母星に代わって緑や資源豊かな地を狙う悪者とかもまるで『アニマル惑星』のチッポ及びニムゲに酷似してた。敵の本拠地で寝返ったゴダードと一緒にドラえもんたちが暴れる場面にしても『海底鬼岩城』の一幕のようでもあったし、エスパーぼうしを被ったのび太なんか『魔界大冒険』の駄目駄目なチンカラホイのそれでしたので、そうした類似性も個人的に本作を面白く観れた理由の一つかもしれませんね。・・・まあ単に自分がそう思ってるだけではあるのですが^^;(汗
 

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  映画ドラえもん のび太の月面探査記
  • 月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。 それを「月のウサギだ!」と主張して笑われたのび太は、ドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>で、月の裏側にウサギ王国を作った。 転校してきた少年ルカも、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことに。 彼らはそこで、不思議な力を持った子どもたちや、彼らを捕えようとする軍隊と出会う…。 冒険アニメ。
  • 2019.03.04 (Mon) 03:11 | 象のロケット