ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション



【監督】京田知己
【声の出演】小清水亜美/名塚佳織/三瓶由布子/山崎樹範/沢海陽子/山口由里子/銀河万丈/三木眞一郎/内田夕夜/藤原啓治
【公開日】2018年11月10日
【製作】日本

【ストーリー】
まだ幼かったあの日。 父、ケンは幼いアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。ちゃんとお別れを言うことができなかったアネモネの小さな胸に深く残る後悔。
それから7年。アネモネは父が散った戦場、東京にいた。 人類の敵、7番目のエウレカ=エウレカセブンと戦うための組織・アシッドの一員として、アネモネには人類の希望が託されていた。そしてアネモネはエウレカセブンの中へとその精神を送り込む。アネモネがエウレカセブンの中で出会ったのは、ドミニクという青年と、エウレカという青緑の髪をした少女。この出会いは何を意味するのか。そして、見え隠れするレントンという名の少年の姿。アネモネとエウレカが出会った時、全ての真実が明らかとなり、新たな世界の扉が開く・・・。
 
【感想】
去年公開されたハイエボリューション1は冒頭のサマー・オブ・ラブに興奮した反面、その後のレントンの物語が改悪じみてたせいで結果自分はすんごく面白くないエウレカを見てしまったなぁという感想にもなってしまいとてもがっかりしたのが未だ記憶に新しい所ではあるので、本作のハイエボリューション2ことANEMONEも期待より不安の方が勝っていたのが正直な所ではありますね・・・。でも今回は違っていて前作よりも面白い・・・というよりも、自分の知ってるエウレカセブンの世界観を良い意味で前作よりも崩してくれて驚きの方が勝っていましたね。

このハイエボリューションシリーズは自分もリアルタイムで見てたTV版と人物相関や背景がやや異なっているのが特徴の一つであり、それは前作で言えばチャールズとレイの二人の立ち位置がレントンの育ての親という部分だったりなんですが、本作の主人公であるアネモネもチャールズらと同じくらい大幅な変更がされていましたね。先ずごくごく普通の人間になっており、デューイによって実験も何もされていないから、あのわがままで好戦的な性格もない今時の明るい女の子といった感じになってましたし、更に言えば彼女の環境も住んでいるのが東京で、そしてそこではニルヴァーシュに似た巨大な機体が人類と敵対してると言う内容にもなってるので、この辺りは作品を見知ったファンも不思議に思うくらいの変更かもしれません。・・まあ前作のハイエボ1にしても上記のチャールズらの設定変更に加え、TV版のシーンへ無理矢理違うセリフを突っ込んでいる部分に自分は困惑してしまったので、大胆な脚色って新鮮な一方で拒否反応も大きくなる危険性もあることも理解したわけなのですが、本作に関していえばその危険性は大分抑えられていたように見える。TV版のカットも使用されてはいるものの、ハイエボ1と比較すれば本作ではアネモネを主役に添えてる分やはり新規カットの方がかなり多めで、少なくとも自分は前作のように首傾げで不満に思いながら鑑賞するような気持ちには殆どならなかった。全部新規ではなくTV版のカットもちょいちょい使用しているのにも一応の理由はあり、簡単に言えば二つの世界を分け隔てる意味合いでも用いられているんですよねぇ。・・思えばハイエボ1はTV版のカットばかりで全然劇場版ぽくないとぶーたれていたもんですけど、本作のアネモネのいる世界の存在や幼い姿で登場するエウレカの事情も知ったりするとそういったTV版のシーンがある事だったり、プレイバックを多用していた事にしてもああなるほどとなんとなく理解も出来てきた次第。
まあ『やり直し』とか『リセット』なる行為自体はもう使い古されているものですからその事実に特別揺さぶられるものは無かったですけど、それでも本作を鑑賞した事で酷評したハイレボ1の見方も今更ながら改まった形にもなりましたので、当初の不安増し増しな印象から一転右肩上がりの期待ともなり、やはり面白い作品だなと思わせてくれましたね。
最後もなかなかおったまげな展開で終わってしまったので完結編もTV版とは全然違う方向性に向かって行く気はしますが、ただ個人的にエウレカセブンはレントンとエウレカの甘酸っぱいロマンスも好きなので、出来れば京田監督にはその純粋なボーイミーツガールを完結編で盛り込んで欲しいですねぇ。今の所二作通してそれらの要素はとっても薄いので^^;
 

0 Comments

Leave a comment