【監督】クリストファー・マッカリー
【出演】トム・クルーズ/ヘンリー・カヴィル/ヴィング・レイムス/サイモン・ペッグ/レベッカ・ファーガソン/ショーン・ハリス/アンジェラ・バセット/バネッサ・カービー/ウェス・ベントリー/フレデリック・シュミット/ミシェル・モナハン/アレック・ボールドウィン
【公開日】2018年8月3日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていた。だが突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。イーサンとIMFチームはプルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッションを受ける。この事件の裏側にはシンジケートの生き残り勢力が結成したアポストル(神の使徒)が関連しており、手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前と彼が接触する“ホワイト・ウィドウ”と呼ばれる謎めいた女の存在のみ。だが今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのウォーカーを監視役に同行させることを条件としたのだった・・・。
 
【感想】
IMFエージェント、イーサン・ハントが活躍する『ミッション:インポッシブル』シリーズも早いものでもう第6弾。毎回の不可能級任務の過酷さに加え、イーサン・ハントに扮するトム・クルーズの全編本気アクションの凄さがこのシリーズを長い事継続させている原動力であり最大の魅力でもありますが、本作もまあ相変わらず肉体の限界に挑んだアクションの数々で興奮を掻き立てさせる面白さがありましたねぇ^^
今回ストーリーの方も前作の『ローグ・ネイション』と関連性の強いものが多数あったので実質続編のような雰囲気に見えたのもなんだか珍しい試みに思えましたし、その前作で敵だったソロモン・レーンや女スパイ・イルサの再登場、そして名前だけしか分からない謎の男の存在などもあってか、様々な人物の思惑が絡みに絡み敵味方の判別も難しいスパイ映画らしい要素も濃かったから、個人的に今回の展開はスリリングで結構好みだったかもしれない。・・・まあそれでもジョン・ラークの正体が結構分かり易かったり、ハントもハントで放置してしまったプルトニウムをまんまと取られちゃったりと冒頭から早速のうっかりも出てしまうけど、そこからの逆転劇でスカッとさせてくれるのも一応このシリーズのお約束の一つでもあるわけだから、凄腕エージェントらしからぬ失態が多くともそれもまたご愛嬌と言ったところw
お約束と言えば毎回体を張ってるトム・アクションですが、ストーリーが今回続編のようだと捉えるならば、アクションはさながら集大成といった感じでしたね。過去にも高所からの落下、カー&バイクチェイス、大ジャンプ、ロッククライミングといったトム・アクションの見所は沢山ありましたけど、それらが本作では全部盛りで更にはボーダーラインすれすれの危険難度に跳ね上がってるので、トムがその全てをちゃんとこなして成功させた結果を観てるとはいえ、それでも観る度に『うわ~っ』と何かと声を上げてしまいたくなるようなシーンの連続だからこっちの心臓にも非常に悪い^^;ビルからビルへの大ジャンプシーンで骨折した問題のシーンも生々しいから思いっきりしかめっ面してしまいましたし、そういったギリギリの緊迫感も絶えなかったので、観終ったあとは自分本当に酸素が足りないような疲労感もあったり・・・(汗
20年以上も続いてる故に『世界を破滅に追いやる犯罪者たちの陰謀を阻止するエージェントの活躍』もやや単調になっている部分が無きにしも非ず・・ではあるんですが、ただこのシリーズはやっぱりトム・クルーズのそういったアクションあってこその作品でもあると同時に最大の魅力&見所でもありますから、彼が作品名同様また不可能とも思えるアクションに挑戦し続ける限り、自分もまたそのチャレンジングな姿をスクリーン越しにワクワクしながら鑑賞し続ける気もしますね・・・・・・と言いつつも、年齢を考えればあと一作が限界でしょうかな?(汗
 
往年のスパイ映画に原点回帰した単純明快カーアクションに、追って追われてが手に汗握るアクション超大作と呼ぶに相応しい作品♪ 悪い人の名前を混同して、途中?になるものの、どれが本物でどれが偽物か、誰が味方で誰が敵か判らなくなってしまうのはスパイ映画ならでは。 ただ、平たく言うとトムちんのアクション発表会と言えなくもないような?(笑)
英雄の帰る場所はどこか。 不可能を可能にするスーパースパイ、イーサン・ハントと仲間たちの活躍を描く、シリーズ第6弾は、前作「ローグ・ネイション」からの続きもの。 死んだり行方不明になったはずの各国スパイによって構成された秘密組織「シンジケート」の存在は、イーサン率いるIMF(Impossible Mission Force)の活躍によって暴かれ、ボスのソロモン・レーンは捕らえられた。...
インポッシブルだぁー!
IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームが回収しようとしていた3つのプルトニウムが、何者かに奪われてしまう。 “同時核爆発を未然に防がねばならないが、敵は正体不明。 更に、イーサンを疑うCIAは敏腕エージェントのウォーカーを監視役として同行させる。 手掛かりは“ジョン・ラーク”という男と“ホワイト・ウィドウ”と名乗る女の存在だった…。 人気スパイアクション第6弾。
トム・クルーズ主演の人気スパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズ第6作。前作に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンをとり、シリーズで初めて2作連続の監督を務めた。共演はシリーズおなじみのサイモン・ペッグ、ビング・レイムス、前作から続けて登場するレベッカ・ファーガソンのほか、ウォーカー役で「マン・オブ・スティール」のヘンリー・カビルが初参戦した。あらすじ:盗まれた3つのプル...
これを面白くないと言う人がいるのだろうか?それ位面白かった。近年の「ミッション:インポッシブル」は何となく「007」的な方向に向いているような気がしていたのだけれど、これは原点に帰ったというか、単純にミッションを遂行するという点で優れていたように思う。まあ、ストーリーが単純化したのが良かったんじゃないかな。とはいえ、ただただシンプルな勧善懲悪モノのお話なはずがない。そして旧作へのオマージュに...
これを面白くないと言う人がいるのだろうか?それ位面白かった。近年の「ミッション:インポッシブル」は何となく「007」的な方向に向いているような気がしていたのだけれど、これは原点に帰ったというか、単純にミッションを遂行するという点で優れていたように思う。まあ、ストーリーが単純化したのが良かったんじゃないかな。とはいえ、ただただシンプルな勧善懲悪モノのお話なはずがない。そして旧作へのオマージュに...

コメントの投稿

非公開コメント

年齢こそミッションインポッシブル

メビウスさん☆
トムの本気アクション、本当に観終わってぐったりしちゃいましたね~~
敏腕らしからぬうっかりがウソ臭い分を、リアルな本人のアクションでしっかりカバーしてくれてました。
確かにアクション集大成ですね!
次回作もすぐに作らないと定年過ぎちゃうし(笑)年齢の壁を超えるのがミッションインポッシブルとなっていくのかな…www

どこまで行くのやら

>まだ~むさん♪

今回は高所でのアクションが頻繁だったのでかなりヒヤヒヤものでしたねw最後の垂直絶壁ロッククライミングなんかもカメラがわざわざ遠巻きに映すもんですから、高所が苦手な自分は血の気が引きました(汗

次回作作るとしたら還暦ギリギリになっちゃいそうですし、そうなると本当にインポッシブルな領域になりそうですから、良くも悪くも目が離せませんね^^;

こんばんは

イルサの一発で死んじゃいましたが、イーサンとオーガストをまとめてボコボコにした偽ラークはシリーズ史上最強の男でした。
あのキャラクター、前作のレコードショップガールと同じくらいもったいない。
二人には「SW/最後のジェダイ」のキャストという共通点もあったりしますがw

インパクト大の暴れぷり

>ノラネコさん♪

そういえばあのトイレのシーンで乱闘してた偽ラーク役の俳優さんは凄かったですよね。確かツイッターで拝見したんですが、スタントマン出身の方だというのを記憶しています。あのシーンだけというのは本当に勿体なかった気がしますねぇw本物ラークの用心棒みたいな形で終盤まで保たせて欲しかったものです^^;

奥様

今回は奥様の話を盛り込みたい、とトムくんの希望があったみたいで、ミシェル・モナハンさん、かなり出番がありました。うれしいです!(それだけかい!)

カムバック・・そしてビックリ

>ボーさん

そういえばミシェル・モナハンがカムバックしてくれたのは自分も結構嬉しかったですね。前作で少し間を空けていたからその後どうなったかという部分も気になっていたのですが、でもまさか新しいパートナーがいたとは・・(汗

こんにちは

こんにちは。
弊ブログにコメントをくださいましてありがとうございました。
本作は、前作、また妻のことなどを考えると一連のシリーズとも関わっていて、それらにもオマージュを捧げているような感じがして…「ミッション~」ファンとしては楽しめました。
そしてさらに「ミッション~」ファンとして気になるのは、イーサンの「今後」ですよね。トム・クルーズ、どこまでやってくれるのやら…?

還暦も関係なし

>ここなつさん♪

このシリーズは単品でも楽しめるのも魅力ではありますが、それでもずっと観て来た人にとってはミシェル・モナハンなどかつてのキャラクター達がまたこぞって参加してくれるのはファンにとって嬉しい限りですよね。ちゃんとまだ繋がってるというのも感じ取れるので(笑
今後に関しても多分誰もが期待&心配(?)をしてるとは思いますが、おそらくトムの事ですから還暦過ぎても無茶やりそうな気がします^^;

No title

シリーズ集大成でしたねー ルーサーの「やつが深く愛した女はふたり」なんてセリフににやりとしたり。ハントが別人格だった「2」だけはからんでこないな、と思っていたら最後のロッククライミングでようやく…

一纏め

>SGAさん♪

イーサンと関係のある人物やアクション諸々含めて、今までのを取り敢えず一纏めにしてみましたという感じの作品にも見えましたねw出来ればジェレミー・レナーが扮していたブラントも参戦して欲しかったのですが、聞く所によるとアベンジャーズでスケジュールがパンパンらしいので、それならばしょうがないと変な妥協を^^;(笑
七作目も絶対やるでしょうから、その時に正真正銘のチーム・イーサンを観て見たいですね♪

PAGETOP