【監督】上堀内佳寿也
【出演】犬飼貴丈/赤楚衛二/高田夏帆/武田航平/越智友己/小久保丈二/木山廉彬/金尾哲夫(声の出演)/藤井隆/松井玲奈/滝裕可里/水上剣星/前川泰之/勝村政信
【公開日】2018年8月4日
【製作】日本

【ストーリー】
東都、西都、北都。3つの首都が繰り広げた戦争は終わった。パンドラタワーに新政府が樹立。3つの首都にはこれまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立された――はずだった。だがそれは仮面ライダービルド/桐生戦兎を撲滅するための、隠された真実へと繋がる完璧な計略だった・・・。
 
【感想】
夏劇の仮面ライダー作品はテレビ本編とは絡まない単独のアナザーストーリーが多くもあったしそれが定番風でもあったのですけど、近年の仮面ライダーはその定番にも変化が起きてきまして・・・というか前作のエグゼイドの話数が縮小気味でもあったせいか、後続である本作のビルドもなんか夏劇と本編クライマックス間近の時期と少し被ってしまってるので、個人的にこの同時進行のような雰囲気は若干の抵抗もあったりはするんですよねぇ。同一作品でも夏劇は夏劇で割り切りたいとも思ったりしますし・・・(汗)。まあそんな流れもあってか今回のビルドの劇場版はテレビ本編クライマックス直前である盛り上がりというか雰囲気を邪魔せず、且つ本編と絡みつつも然程その本編に影響しないよーな感じの内容になってまして、なんかこういった持って行き方は仮面ライダーダブルの劇場版の展開に少し似てる感じも鑑賞してて抱きましたね。本作が45~46話の間に対しダブルも確か44~45話の間のストーリーでしたし、クローズビルドフォームも見た目完全にダブルになっちゃってましたから、この辺りもいろいろ既視感の凄い事^^;・・ただ自分はダブル大好きなので、知ってか知らずかその似せ方はむしろ面白くてニヤけてましたがw
劇場版オリジナルのブラッド族というキャラクター達に関しても残り僅かな本編のストーリーに絡ませると言うよりは、これまでの経緯の裏で暗躍していたのがエボルトだけでなく、同じ地球外生命体であるブラッド族も3つの首都それぞれで工作を行っていたという形にすることで、本編の色々な場面ですんなりと物事が運んでいた理由をブラッド族で丁度良く肉付けしていたようにも見えたかなと。またストーリーもラスボスのエボルトは今回殆ど出しゃばらず、ビルド殲滅計画によって孤立してしまった戦兎が自身の存在意義と戦う理由を改めて見つめ直すというものでしたが、辿り着いたその答えは良くも悪くも最初と変わらずといった感じで、自分が作ったライダーシステムが争いの火種になってしまったり、葛城巧ではなく仮初めのような存在である桐生戦兎としてのアイデンティティーを常に模索し続けたりと、個人的には平成ライダーの中でもかなり悩みが多くてネガティブな主人公にも見えた彼ではあったのですが、それでも結局の所桐生戦兎として・・・ひいては仮面ライダーとして戦う理由は非常にシンプルであるという事ですね。自分も単純明快の方が好きなので、原点を忘れずに立ち直った彼の姿はやはりどこかカッコ良く見えたのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP