【監督】矢嶋哲生
【声の出演】松本梨香/大谷育江/林原めぐみ/三木眞一郎/犬山イヌコ/芦田愛菜/川栄李奈/濱田岳/大倉孝二/野沢雅子/中川翔子/山寺宏一
【公開日】2018年7月13日
【製作】日本

【ストーリー】
人々が風と共に暮らす街・フラウシティでは、1年に1度だけ開催される『風祭り』が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れ、人々はそこで恵みの風をもらう約束を昔から交わしていたという。ポケモン初心者の女子高生、リサ。嘘が止められなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。ポケモンを毛嫌いする変わり者のお婆さん、ヒスイ。森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。偶然風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会う事で運命の歯車が動き出す・・・。
 
【プチ感想】
20作目の前作である『キミにきめた!』では原点回帰を掲げた内容も然る事ながら、従来のようなゲーム作品とタイアップさせたタイトルやストーリーにしていない・・・まあ要するにシリーズ作品にも一旦のひと区切りを付けてオリジナル路線へと新たに舵を取った作風みたいなのが印象的だったんですけども、本作の『みんなの物語』でもなんだか色々と新しい試みが成されているのを垣間見る事が出来てとても面白かったですね。
パッと見で分かり易かった部分ですとアニメーションが大分変わっててサトシの容姿も随分カワイイイメージになっちゃってましたが(笑)、そのカワイイはリサやラルゴといった女の子も同様だったので、ビジュアルに関しては違和感よりも好感の方が強かった次第。
また本作から監督の方も湯山邦彦監督ではなく新たに矢嶋哲生監督を起用しているのも個人的に注目していた部分の一つで、長年劇場版を務めていた湯山監督が外れるというのはやはり当初一抹の懸念みたいなのを抱きましたが、観たらその懸念は大外れもいいとこで矢嶋監督が手掛ける本作も湯山監督に負けず劣らず素晴らしかった。メインの主人公は変わらずサトシとピカチュウではありますが、本作ではそのサトシと一緒に物語を牽引する主要キャラクターが五人もいるので結構な大所帯にも見えるんですよねぇ。でもそれぞれが抱える悩みや過去、そして最後の見せ場等もとっ散らかる事なく全員を上手く収めてましたし、人とポケモンとの絆もなんか弱い自分を相棒のポケモンたちが背中をポンと優しく押してくれる、そんな温かみのある描き方が多くてこれまた良かった♪タイトルの通りみんなが活躍するみんなの物語だったと思いますね^^

・・あとそいえば、ポケモン映画もドラエモン映画のように毎年来年の作品のテーマみたいなものが映像として少し公開されたりするんですが、今回は結構度肝を抜けれてしまいましたね。市村正親さんの声とあのポケモンの姿が現れた瞬間、オッサンの自分は興奮が抑えきれなかったw
来年も絶対に観なければならないですねぇ。
 

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP