【監督】ロン・ハワード
【出演】オールデン・エアエンライク/ウッディ・ハレルソン/エミリア・クラーク/ドナルド・グローバー/ヨーナス・スオタモ
【公開日】2018年6月29日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
帝国の支配が始まりを告げる、銀河の無法時代・・自由に生きようとする若者がいた。彼の名はハン・ソロ。天才パイロットにして、知力や大胆さを兼ね備えながらも不遇な生い立ちからチャンスに恵まれずにいたが、やがて彼は数奇な運命で結ばれた相棒・チューバッカと共に、強烈なカリスマ性を放つベケットのチームに加わり、莫大な金を生む危険な仕事に挑むことになる・・・。
 
【プチ感想】
同じスピンオフ作品である前作の『ローグ・ワン』と違い、本作は日本での公開前から海外での不評が結構飛び交っており、興行収入も伸び悩んだせいか今後控えているスピンオフ作品の継続すらも危ぶまれているなんて悲報も耳に入れてしまったので、自然と自分も観る前からどこか不安もあったりワクワクな気持ちも沈んでいたのですが、フタを開けて観たらそんな大きなネガティブどこへやらで、個人的にはそこまでひどい内容には見えなかった次第。

自分は熱心なSWファンではありませんしハン・ソロという人物像もそれこそEP4などの映像作品での印象しかないためか、こういうアナザーストーリーで気になるのはやはりその知られざる生い立ちであったり、彼と関係している馴染みのキャラクターとのファースト・コンタクトといったものでもあるので、そういう意味では本作はおーなるほどなるほどと思いながら、ルークやレイアと出会う以前の彼のかけだし時代やその冒険譚を脳内補完することが出来てたので、見応えは確かにあったんですよねぇ。
例えば生涯の友であり相棒ともなるチューバッカとの出会いも災難とドタバタの連続で面白く、ランドが隠し持ってた愛機ミレニアム・ファルコンも登場すると音楽でも静かにグッと盛り上げてくれるから観てて気持ちも昂ぶるというものっ。あとソロに色々な事を教えてくれるベケットという人物の立ち位置もまるでジェダイのマスタークラスのようで、ソロもパダワンと捉えるならばこれまた面白い観方を出来てしまいましたし、幼なじみのキーラに至っては終盤で意外な人物との繋がりと正体も判明してくるので、あれにはファンも多分喜ぶんじゃないでしょうかね?自分も『おぉっ!』とちょっと唸っちゃいましたから^^;
・・・ただまあキーラは序盤でソロと別れてからの出来事が彼女の口頭のみでしたので、正直言うとなんかぽっかりと穴の開いた空白感も否めず、その壮絶且つ波乱であった数年間をあんまり想像できなかったのが残念でもあったかなぁ?と。せめてレイ・パーk・・・あの人物との接点はもうちょっと詳しく描いてほしかったかもしれませんね。
 
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」シリーズの知られざる物語を明らかにするアナザーストーリー第2弾で、ハリソン・フォードが演じたシリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描くSFアドベンチャー。シリーズ第1作「スター・ウォーズ 新たなる希望」でルークやレイアと出会う前のハン・ソロが、アウトローながら内に秘めた正義感で数々の試練に立ち向かってい...
まったくワクワクせず。

コメントの投稿

非公開コメント

キーラの親分が、

ホログラム(?)で出たときは、観たことあるけど誰だったか、しばらくたって思い当たりました(笑)。
ソロはどうでもいいから、今度はキーラのストーリーを観たいです。

シスに再び驚き

>ボーさん♪

まさかシスと繋がっていたとは全然予想が付かなくて、個人的にスピンオフシリーズは暗黒卿の登場で驚かされている気がしますね^^;
そうなるとやはりキーラの動向も気になる所で、自分もソロと一時的に別れた後の彼女の行動が観てみたいですね。

PAGETOP