【監督】デヴィッド・リーチ
【出演】ライアン・レイノルズ/ジョシュ・ブローリン/ザジー・ビーツ/モリーナ・バッカリン/ジュリアン・デニソン/レスリー・アガムズ/T・J・ミラー/ブリアナ・ヒルデブランド/カラン・ソーニ/忽那汐里/ステファン・カピチッチ
【公開日】2018年6月1日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
最愛の恋人ヴァネッサを取り戻し、悪党をこらしめながらのんきに過ごすデッドプールの前に、未来から来たマシーン人間のケーブルが現れる。大好きなヴァネッサの為にまっとうな人間になると決めたデッドプールは、ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「エックス・フォース」を作る・・・。
 
【感想】
ゴアなアクションにお下劣な下ネタ多数、そして他作品をディスるのも当たり前とヒーロー作品にそぐわないような要素のオンパレードなれど、逆にそういう誰もやらなかった事を平然とやってのけてもいたせいか、一気に人気作(?)ともなった『デッドプール』。視線を観客に向ける語り口や毒舌も凄いのでなんか観る人を選ぶ感じではあるんですが、それでもおふざけ一辺倒じゃない内容もちゃんとありますし、本作も個人的には前作以上に頬が緩みっぱなしでもあって見応えはとてもあった次第です^^

今回は未来からやってきた半人半機のヴィラン・ケーブルに命を狙われる子供を守るために奮闘するといったもので、これだけ聞く限りですと某SF作品なんかをすぐ思い浮かべてしまうんですが、そんなデップー版〇ーミ〇ーターは作風に似合わないシリアスさなんかを盛り込みながらもお馴染みのマシンガンなトーク、そしてキャラクター達とのやり取りなども相変わらず楽しいですから、ノリとテンポがすこぶる良くてやはりグイグイと引き込まれてしまった。
個人的に今回はニューカマー達の魅力も大きく出ていたように思えまして、前作は凄い面白かったもののデップーの存在感が良くも悪くも突出してたので、コロッサスやネガソニック、あと敵対するヴィランもあんまり印象に残るものじゃなかったんですよねぇ。その点本作のニューカマー達は見せ場多しでして、デップーと敵対するケーブルは未来からやってきたという背景もあるのでミュータントとは違うハイテクな武器やガジェットを使いこなすスタイルがカッコ良く、かつ演じてるのもアベンジャーズで巨悪サノスを演じてたのが記憶に新しいジョシュ・ブローリンですから、公開時にも鑑賞すると結構タイムリーな配役にも見えてしまいますね。劇中でもデップーにサノスの事をイジられてたからそれもまた可笑しかったわけで。
あとデップーが結成したXフォースなるチームもありましたけど、これが一番笑っちゃったかなぁw予告編とかでもヘリからダイブしてカッコイイチームにも見えたんですが、フタを開けると実はその後が散々というか惨状と言うか、なんともお粗末なチーム壊滅にもうお腹痛くなっちゃいましたし、サプライズなカメオを合間にも入れて来るわで、なんか違う意味で彼らもまた見せ場を作っていたかも・・・^^;。唯一ドミノというミュータントだけがその中で生き残りましたけど、個人的には彼女が本作で一番魅力的に見えちゃいましたねぇ♪ボンバヘアフロも充分インパクトがあり、逆に地味だと言われてたミュータント能力に関しても中盤のカーチェイスシーンなどで驚きの活用がなされていたので、デップーに負けず劣らず彼女も本作でかなり目立っていたんじゃないかなと思ったのでした。


本作では恋人のヴァネッサが早い段階で退場してしまったので前作のようなラブストーリーには力を注げなかったようですけど、ただその分新しいキャラクター達やコロッサスらX-メンメンバーとの関わりが増えてたように見えましたし、ケーブルに狙われる子供の未来を案じて体をめちゃくちゃ張りまくるヒーローらしい行いもしていたので、ラブは少なかったけど友情と絆は増していた良続編♪デヴィッド・リーチ監督の手腕もさすがといった所で、デップーアクションの見せ方は過激さの中にスタイリッシュも加わって更に洗練されていたようにも感じてしまった。
次回作の告知映像とかは最後にありませんでしたが、代わりに主演のライアン・レイノルズの過去の汚点(?)を消し去る荒業で〆るサービス精神も満点で本当に純粋に面白かったなぁ^^これは今年のベスト作品の一つにしたいかもですね♪
 
前作の「デットプール」から続編をずっと楽しみにしていた。 ただぶっ飛んだキャラ設定が斬新過ぎて大ヒットとなった前作を、今後どう料理していくのかと内心不安でもあった。 ところがメンバーを増やしてチームを組んだと思ったらすぐに壊滅したり、映画パロディをどんどんブッ混んでくる楽しさで、劇場を笑いの渦に巻き込んでくれたYO☆
** ネタバレあり **「デッドプール」の続編で<X-MEN>シリーズの12作目。ヒーローとして活動をしていたウェイド・ウィルソン(デッドプール)だったが、恋人のヴァネッサが殺されてしまい、悲観して自殺を図るも果たせず、コロッサスの説得でX-MENの仲間入りをすることに。そんな時に虐待され暴走しかけていたミュータントの少年ラッセル(通称”ファイヤーフィスト”)と出会い、彼が未来から来たサイボ...
 アメリカ  アクション&ヒーロー&コメディ  監督:デヴィッド・リーチ  出演
映画 『デッドプール2(2D・日本語吹替版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆ &nb...
R指定ながら全世界で大ヒットを記録した異色のヒーロー映画「デッドプール」の続編。マーベルコミック「X-MEN」シリーズに登場するキャラクターで、人体実験により驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウイルソン/デッドプールの活躍を描くアクションコメディ。ケーブル役をジョシュ・ブローリンが演じ、モリーナ・バッカリン、ブリアナ・ヒルデブランド、T・J・...
おす、おらデップー。
前作が殊の外面白かったのでついつい。お下劣なことこの上なく、それはもうユーモアとかエスプリなどのレベルではない笑いを取る。それが俺ちゃん、デッドプールなのである。なんの知識も持たず、公式HPさえ見ていない私が勝手に想像するに、デッドプール(ライアン・レイノルズ)はX-MENに半分憧れその裏返しで半分揶揄し、という自身も異形(ミュータント)、持てる特殊能力は不死身。ということでOK?で、その彼...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

まさか『グリーンランタン』まで葬り去るとは驚きでしたよ。
だってその作品の存在なんて、映画ファンじゃなきゃ憶えていないでしょ!でしたからね。
そんなツウなネタが満載でめっちゃ楽しめましたよ♪

自虐の極み

>にゃむばななさん♪

旧デップーを新デップーが撃ち殺すシーンも可笑しかったですけど、グリーンランタンまで葬り去るのはさすがに自虐の極みですねwライアン本人もあんまり人気でなくて頭を悩ませていた作品だとも聞いてましたので、相当無かったことにしたかったんでしょうね^^;
というか、あのタイムマシンの道具はデップーに持たせちゃダメですね。

前作以上

メビウスさん☆
前作以上に過激で面白かったですね~ホント、1作目が大人しく思えちゃいました。
他作品ディスったり自虐ネタも面白いですが、しっかり泣けるいい話も入った物語としても十分見応えがあったのが実に良かったデス。
ラストの消したい過去も超GOODでした!

根底には感動(?)

>まだ~むさん♪

過激でいさぎよい暴言が面白くもあるんですが、同時にヴァネッサとのラブストーリーや子供の未来を案じる気持ちもちゃんと持ってたりと、根底にはちゃんと感動(?)できるストーリーも備えてるから見応えがあるんじゃないかなぁとも思いますね。
そういえばラストはヴァネッサも助けちゃいましたけど、もしかしてあの未来のまま行くんでしょうかね?^^;

No title

こんにちは♪

時間巻き戻し==すべてチャラは反則技だけれども、クレジット時でのライアン・レイノルズの消したい経歴の自虐にネタにつながるワケだからこれもご愛敬かなぁですね。
もともとそれほど気に入っていた作品ではないのでその程度といったところですかねぇ…任務半ばで命を落としていくXフォースの面々の悲惨な姿の記憶だけが鮮明に残ってます♪ (゚▽゚)v

No title

>風情♪さん♪

X-メンシリーズだと過去に戻ったりして結構歴史を修正してましたが、デップーの場合はそういう大それた目的じゃなく、しょうもない目的で使ってたのがまた可笑しかったですよね。ライアンもノリノリな感じだったのが輪をかけて面白かったですしw

Xフォースもなんのために結成したのか分からん面々でしたけど、殉職シーンだけは妙にエゲつなかったですし、ブラッド・ピットのカメオ出演もあって一際印象に残ってしまいました(笑

ドミノ

はい、ドミノ、よかったです!
あの運のよさ、ほしい!
笑えるだけじゃなくて良いです!

正に魅力的

>ボーさん♪

ドミノは特大のアフロという見た目も然る事ながら運を操る力も面白い能力だったので、少なくとも忽那汐里さんよりは目立っていましたね。
あと何気にスタイルも良かったですし^^;

こんにちは

こんにちは!ご訪問くださった上に、コメントまで…感謝感謝です。
ノリが良くってお下品で、でもめったやたらと愛には純情で…っていうデップーのキャラって、実は日本人好みなのかもしれませんね。
「1」と変わらず炸裂したギャグが良かったです。

憎めない

>ここなつさん♪

それこそデップーも毒舌や下ネタオンリーだったら自分も嫌なキャラで終わってましたけど、こき下ろす映画ネタの大半が頷けるくらいの説得力もありましたし、ふざけた言動の中にもちゃんと筋を通してる部分もあるから憎めないんですよねぇ(笑
まあたまにこちら側に語りかけてくる所が少々うざいと思う時もありますが、もう一作くらい見ればそろそろ慣れて来るかも?^^;

こんばんは!

メビウスさんこんばんは!
『グリーンランタン』てそんなに彼にとっては汚点なんでしょうかね(笑)。
確かに記憶に残るような映画ではなかったような・・・。
で、本作。
『死』と『家族』がテーマになっているだけあって、泣き所も用意されていました。
その辺が前作との違いでしょうか。
他は何時ものデッドプールだったんですが。
個人的には前作の方が好きかもですが、今回のも多いに笑わせて貰いましたし、楽しい1本ではありました♪
そういえばAmazonで「デッドプール」のPS4ゲーム(北米版)が売られていました。
なんか二丁拳銃で撃ちまくるゲームとか書いてありましたが、ちょっと遊んでみたいんですけども(日本のPS4でも動作可能だそうで)、自分英語が駄目なので、字幕がないてのがかなりのネック。

黒歴史家と言うと・・

>ヒロ之さん♪

グリーンランタンは今みたいにユニバース化があまり盛んでなかった時に作られたのもあってか、単品で見るとやはりどこか『弱い』印象があるのも否めないのはありますね^^;黒歴史として出演者が消してしまいたい気持ちも分からなくはないですが、個人的にはランタンの事を全然知らない状態で鑑賞したのでとても新鮮な気持ちで観れたんですけどねw

それと北米ゲームはあまり知らないので、デップーのゲームがあったのは初耳ですね。映画と同じくバッサバッサ斬りまくったり撃ちまくったりな内容が想像に難くないので絶対Z指定でしょうねそれ(笑

PAGETOP