【監督】静野孔文/瀬下寛之
【声の出演】宮野真守/櫻井孝宏/花澤香菜/杉田智和/梶裕貴/諏訪部順一/小野大輔/三宅健太/堀内賢雄/中井和哉/山路和弘/上田麗奈/小澤亜李
【公開日】2018年5月18日
【製作】日本

【ストーリー】
21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう・・・
 
【感想】
映画作品に限らずですが、とかく『新しいもの』というのは訝しげに見られるものでして、ゴジラシリーズ初の長編アニメーションとして昨年公開されたこのシリーズも三部作構成だったり壮大過ぎる時間の流れや種族間のドラマだったりと、自分が良く知るゴジラ作品とあまりにも異なってた部分も多かったので当初少なからず拒否反応を見せていたのも確か・・ではあったものの、脚本を担当してる虚淵玄さんの観る者を絶望のズン底に叩き落とすドロ~っとしたストーリー展開がこのゴジラ作品でも垣間見えて相も変わらずだなぁといった気持ちになったりしたのも同様でして、なんだかんだでやっぱり気にはなってる作品なんですよねこれがまたっ(苦笑)。まあ前作『怪獣惑星』の最後がかなり凄い終わり方でもあったので、拒否反応から一転楽しみにしていた続編。今回も見応えはありました。

地球を支配していたゴジラを決死の覚悟でようやく倒したと思ったら実はそれは単なる亜種であり、二万年もの間成長を続けてた300m級の本命が出て来るや一瞬で全滅してしまったあの絶望感をハルオ同様自分も前作で味わっただけに、本作では如何にしてその本命のゴジラ・アースに挑むのかが見所なんですが、それと並行して今回は前作の最後でもチラリとだけ映りこんでたフツアの民という人々も出て来たことで、世界観の方もなんかグッと広がったような感じがしましたね。
絶対的な力を持つゴジラとハルオたち人類の対決の他にも、二万年の月日が経過してポストアポカリプスのようになった地球は人類がいなくなった後の空白期間もかなり長いため、その間に地球では何が起こっていたのかという謎を探っていく展開も個人的には好きなので、そういった意味でフツアの民とメカゴジラの存在は前作以上に変わり果てた地球の内情を知る事が出来た気もする。前者のフツアの民は見た目が完全に人間だから人類の子孫のようにも見えましたけど厳密には全く異なる種族であり、ルーツこそ詳しく語られはしなかったものの、それでも体に鱗粉が纏ってたり卵を守ってるだとかも言ってたし、更に双子の巫女とも来ればやっぱりどこかピンと来てしまうので、この設定は結構面白いなぁとも思ってしまった。生憎本作ではその卵も中身もなんにも出てきませんでしたが、この辺りは三作目に期待といった所でしょうか?
あと後者のメカゴジラに関しては見た目とかその他諸々が一番斬新でして、ゴジラ作品のメカゴジラのビジュアルってそれこそ作品毎に色んなアレンジ加えられていますが、本作のような姿で出て来るのは異質に見えましたね。メカゴジラシティと呼ばれるだけあって完全に都市型になっているからゴジラ作品に慣れ親しんでいる人ほど今回のメカゴジラはおそらく拒否反応大きそうな予感がするし、正直言うと自分も違和感はそれなりにあったりで・・・(汗)まあ出来ればゴジラフォルムでゴジラ・アースと対面してもらいたかったかなぁという思いが無きにしも非ずではあるんですが、ただメカゴジラシティも多彩な武装で要塞化してゴジラ・アースをかなり良い所まで追い詰めたりしてましたし、増殖し続けるナノメタルの能力と脅威を前に人の道を外れるか否かで揺れ動くハルオの選択やビルサルドとの対立も緊迫感を出していたので、メカゴジラを軸にしたアクションも然る事ながらハルオたちのドラマも上手く出ていたかなと思いました。


とまあ総じて今回もゴジラ要素を上手く扱ったSFアニメ作品にはなっていまして、個人的にはまた面白く観る事が出来た次第ですね。前作のゴジラ・アースが出て来た時のような強烈なインパクト感こそ薄まってはいましたが、あと一歩のところでハルオは再度ゴジラ・アースに負けてしまいヒロインのユウコも大変な事になってしまったりとかなり後味の悪~い〆にもなった辺り、絶望感だけは変に増し増しになっちゃいましたねぇ(汗)。
最後でもあの怪獣の存在が囁かれましたし、最終作に向けてなんだかますますハルオの地球奪還の悲願が遠のいていきそうな感じもするのですが・・・はてさてどうなる事やら^^;
「シドニアの騎士」「亜人」「BLAME!」など3DCGアニメーションで高く評価されるポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当し、同社制作のアニメを多数手がけてきた静野孔文、瀬下寛之が監督。人気脚本家の虚淵玄がストーリー原案・脚本を担当する。2万年後の地球を舞台に、ついに姿を現わした真のゴジラ“ゴジラ・アース”の圧倒的脅威と、人類最後の希望となる“メカゴジラ”誕生の行方を描き出す。あら...
** ネタバレあり **三部作として作られるアニゴジの第二作。前作「GODZILLA/怪獣惑星」はかなり絶望的な状況で終ったが、今度は主人公たちが反撃開始!遺棄されたメカゴジラが2万年の時を経て進化。都市スケールに増殖し、メカゴジラ・シティと呼ぶべきものに。ここを拠点にゴジラを倒そうというのだが…。結局メカゴジラは名前だけで姿を見せないし、協力関係にあるはずの地球人とビルサルド、エクシフも一...
ゴジラを倒した喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。 それは2万年もの間、地球で成長を続け生き永らえ、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラだった。 負傷して人型生命体「フツア」の民に救われたハルオたちは、再びゴジラに戦いを挑むことに…。 アニゴジ全三部作第二章。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

メビウスさんこんにちは!
話そのものはどんどん面白くなってきている印象です。
ヒロインがあんな事になっちゃいましたし、次でどう決着付けるのかの楽しみは確かに生まれました。
実写のゴジラとはかなりかけ離れた感じのアニメ版ゴジラですけど、同じ事をやっても面白くないでしょうし、こういう新しい試みをしてくれるのも又良しかもしれませんね。
新しく出るハリウッド版ゴジラも楽しみですよね~。

伝統に縛られず

>ヒロ之さん♪

長く続いてるシリーズ作品はやはり伝統もありますからこういうSFまがいになるゴジラは首傾げになってしまうファンも多いとは思いますね。でも自分も伝統にこだわらず、常に新しい試みを目指す挑戦意欲の強い作品は好きなので、本作も楽しみがちょっと右肩上がりになってるんですよねぇ。完結編もギドラのバトルが待ってますから、これもまあ伝統ですよね。

PAGETOP