【監督】スティーブン・スピルバーグ
【出演】タイ・シェリダン/オリビア・クック/ベン・メンデルソーン/リナ・ウェイス/サイモン・ペッグ/マーク・ライランス/フィリップ・チャオ/森崎ウィン
【公開日】2018年4月20日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
2045年。多くの人々は荒廃した街に暮らす現実を送っていたが、若者たちには希望があった。それはVRの世界『オアシス』。そこに入れば、誰もが理想の人生を楽しむことが出来る。ある日、そのオアシスの創設者ジェームズ・ハリデーが亡くなり、彼の遺言が発表された。”全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に、全財産56兆円とこの世界の全てを授けよう”
突然の宣告に世界中が湧き立ち、莫大な遺産を懸けた争奪戦が始まった・・・。
 
【感想】
今年の四月は洋画の話題作が週替わりで立て続けに公開されてもいるものですから、嬉しい反面あんまり余韻に浸る時間のようなものが無いのも正直なとこではありますね(汗)。個人的にはまだ『パシフィック・リム アップライジング』の興奮も冷めきってはいない感じではあったのですが、それでもこの『レディ・プレイヤー1』を観てしまうとその興奮がいとも容易く塗り替えられてしまうくらいな驚きの映像体験を与えてくれまして、エンタメを極めているスピルバーグ監督の真骨頂とも言えるような作品でしたね^^

天才的なゲーム開発者が遺言として残した3つのイースターエッグの争奪戦を巡る一方で、巨大企業の圧制に立ち向かう物語などは原作を知らずとも分かり易い単純明快さが自分好みでもありましたし、何よりバーチャル世界『オアシス』内で自分が今まで見知った様々なサブカルチャー群が入り乱れるシーンの数々には終始興奮のボルテージは上がりっぱなしな状態だった気がする^^;
上記の通り本作の原作も読んでいないですし、正直言うと出演している主要な役者さんたちも好きって公言できるほどのファンでも無かったので、必然的に本作に興味が向いたのはやはり劇中で次々と出て来るキャラクター達・・・まあ自分の場合は主に日本の漫画やアニメ・ゲームコンテンツの部分が多く占めていますけど、そのイチオタクの食指を大いに刺激してくれまして、視線に捉えたものだけでもかなり多かったですね。オアシスが起動するなりマインクラフトのブロックアートがウェルカムしてくれたり、序盤のレースゲームではデロリアンと金田バイクのデッドヒート、終盤に至ってはオーバーウォッチやらHALOやらガンダムvsメカゴジラやらアイアンジャイアントが親指立てるやら必殺技のHA!DOUKEN!!やらと、自分の好物のコンテンツだけでこれくらい沢山あったのでもうかなりお腹が膨れてしまった(笑)。映画や音楽コンテンツなどもかなり豊富でここら辺は冒頭のヴァン・ヘイレンのジャンプを筆頭に80年代頃のヒット作がひしめいてましたけど、自分もその年代はかろ~・・じて分かる世代だから少しだけ食いつくことは出来まして、イースターエッグ探しの合間にも『サタデー・ナイト・フューバー』や『シャイニング』とか絡めてもくれていたのでなんか楽しさと懐かしさが同居していましたし、そのイースターエッグ探しの謎解き要素なんかも捻った感じと言うか、灯台下暗し的な解答もワクワクさせるものがあったので観てて楽しかったですね♪
・・・まあでも序盤のレースゲームのヒントなんかはもの凄い身近にあっただけに、きっかけを得られずともダメ元でやってみるか~みたいなチャレンジャーが本当に五年間も存在しなかったのか?というのがいささか気にはなったけど・・・そう考えるのは邪推かな?(汗


・・ともあれモブ的な登場も含めこれだけ他作品のキャラクターがひしめきあってる作品は滅多に無いとは思いますし、そしてそれらを大々的に使用する上で避けて通れない小難しい権利諸々といったものなども考え出してしまいますと、本作が作られた事ってやっぱり限りなく奇跡に近い事のようにも思えてしまいますね。おそらくスピルバ-グ監督だからこそ信頼を寄せてくれたのでしょうし、本作を観た限り監督もまたその期待にちゃんと応えて物凄い娯楽作に仕上げてくれてもいたので、改めてスピルバーグ監督の巨匠たる力量も感じ取れた次第。
オアシスのVRゲームとしての魅力も描かれていた一方で現実でしか得られない大切な魅力の数々にもちゃんと言及し、成長していく主人公の物語として観ても本作はとても面白かったと思います♪
 
 アメリカ  SF&アクション&アドベンチャー  監督:スティーヴン・スピルバー
オタクの、オタクによる、オタクのための映画。 現実に絶望した人々が、すべての夢が可能となるVRワールド“オアシス”に生きる近未来。 亡くなった創業者が、オアシスのどこかに隠した5000億ドルの遺産を巡り、史上最大の争奪戦が繰り広げられる。 映画、音楽、TV、ゲームに漫画に小説と、20世紀ポップカルチャーの記憶とオマージュにあふれたアーネスト・クラインの同名小説(邦題「ゲームウォーズ...
ひとりめのプレイヤー、準備はいいか? …あ、あの…
荒廃した街に住み、夢や希望のない未来世界、人々はヴァーチャル・リアリティ空間<オアシス>の中でアバターを作り、理想的な暮らしを享受していた。その創設者で世界有数の億万長者ハリデーは亡くなる前にある遺言を残した。<オアシス>に隠した3つの謎を最初に解き明かした者に、その巨額な財産と<オアシス>を権利を譲るというものだった。人々は色めき立ち、イースターエッグ探しは過熱する。”パーシヴァル”という...
冒頭の音楽からノリノリで、なんて楽しい映画なんでしょう!! 試写で見た妹の話では「まぁ、所詮ゲームの世界だからねぇ…」という反応だったので、よっぽどスルーしようかと思っていたけど、こーれーは観て大正解! スピルバーグで育ってきた私たち世代の人には、完璧にどんぴしゃ!!ある意味若い人たちより楽しめちゃうかも☆
おそらく世界で最も有名であり、いまだ製作意欲の全く衰えないカリスマ的映画監督、ス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

冒頭のレースゲームは途中にトラップが仕掛けてあったり、T-REXが襲ってきたりといろいろあるけど、
観てる限りじゃそれほどムズいゲームではない気がしなくもだったし、5年間何もしないでひたすら素
直にプレイしたのか?が気になるのはのは確かですね。
映画&アニメ&音楽に関してはバッチ来~いッ!なんすけど、ゲームとなるとあまりしない方なんで
アタリとか言われてもなんすよ。かろうじて解ったのは「波動拳!」くらいでしたし…r(^^;)

こんばんは

ものすごい数のキャラクターやアイテムにも感動なんですが、それらを単に賑やかしでなく、ちゃんとリスペクトして、最後にはフィクションの持つ意義に落とし込んだところがさすがです。
スピルバーグによるセルフリフレクシブ的フィクション論になってました。
続編が観たいですね〜

折角なので

これは時間が取れなくてまだ観てないのですよ。
オタトモから「良かった」と聞いて近いうちにと思っています。
ただね~、ブランチの映画コーナーで、ガンダムに変身(?)したあと、アトムのように右手を伸ばして飛ぶ?シーン見て、「あちゃ~」って苦笑いしちゃいましたよ。

まぁとりあえず見てみないことには、ですよね(^^)

ゲーマー視点

>風情♪さん♪

まあゲーム好きな視点としましては、攻略不可能に近いとやはり隠し部屋とか時間経過を待ってるみるだとかそういう考えを持っちゃいますし、オアシスユーザーにもヘビーゲーマーは多そうでしたから、ちょっと疑問に思っちゃったんですよねぇ^^;
けど本作はハリデーのことを良く知る事が重要でしたから、もしかしたらハリデー年間に行ってあの映像を見て初めてショートカットの道が開けたのかもしれませんね?それなら五年間も納得なのですw


>ノラネコさん♪

80年代のヒットソングや映画にそして日本のアニメ・漫画作品。おそらく当時スピルバーグ監督も愛したであろう様々なカルチャーがひしめきあい物語のキーとしても連動させている内容はとても面白かったですよね^^続編はあの終わり方を見ればなんか作れそうですし、またウェイドたちでもいいし新たな世代でもいいから自分も期待したいですね。次は日本からウルトラマンとか仮面ライダーといった特撮系が参戦して欲しいものですw


>たいむさん♪

こちらにもコメントどうもです^^
個人的に本作はたいむさんにもっともふさわしい作品じゃないかとも思ってますよ(笑)。本当に色んな作品のキャラクターやアイテム諸々が出てきますし、それらを知っていれば尚の事楽しいのは確実。自分は字幕で鑑賞したのですが、その字幕にも集中できないくらい情報量が多いので、これに関しては吹替えか3Dがお勧めですね。
ガンダムはビジュアルこそ忠実ですが、挙動に関してはSNSでも『いやあれZZだから』と色々ツッコミ多数なのでヘビーなガノタほど受け入れられない可能性もありますが、やはり実際見てみると凄いカッコイイので気兼ねなく楽しめると思いますよん^^

こんにちは

体験する映画でしたね。
さまざまなネタがちりばめていて楽しかったですが、かなり見逃してると思います^^;
いろいろと権利の問題もあると思うのにさすがスピルバーグ監督だなと思いました!

たいしたことない

と思っちゃうのは、出てくるキャラに思い入れがないからなのかしらん。ふーん、という感じでしたー。

権利諸々

>yukarinさん♪

画面いっぱいに活躍するキャラもいればただ通り過ぎるだけのやつもいたりと、ホント全部探すとなるとリピートは2~3回じゃ足りないかもしれません。スピルバーグ監督も各作品のキャラクターなどの使用許可をどれくらい取ったのか知りたいですね^^;


>ボーさん♪

あらら、ボーさんは結構冷めてますね。ガンダムぐっと来ませんでした?^^;
でもまあ思い入れが無いものに入れ込んでも確かにしょうがないですし、熱も沸いてこないですしね(汗

スピさま凄い

メビウスさん☆
私はゲームの方はとんと判らなかったですが、馴染みのある曲、キャラクター、映画と楽しみがてんこ盛りでしたね!
個人的には「シャイニング」が最も盛り上がっちゃいました(笑)

隅々まで楽しい♪

>まだ~むさん♪

自分もさすがに全部は分かりませんでしたけど、でも新旧のゲーム作品やキャラクターが結構画面のあちこちにいるのを確認できたので、それを見つける楽しさだけでも個人的には見応えがありましたね。
あと『シャイニング』も確かに面白かったですね^^作品を知らないエイチが237号室に逃げ込んだりして、悲劇に見舞われるのが端から見ると凄い可笑しかったですw

No title

4月公開作の充実度は本当に異常でしたね… 数年に一度くらいの密度だったかも
ラストの決戦の場面、メビウスさんだったら何で行きます? 自分はやっぱりアイアンジャイアントかなあ… もしくはゲッターロボで

隔週にして欲しかった

>SGAさん♪

話題作が一挙に公開されるのは嬉しかったですけども、間隔が短い分先に公開された作品の興奮や感動が直ぐ上書きされてしまうのが些か残念ではありましたね^^;公開日時をどう決めてるのかは分かりませんが、せめて隔週感覚にして欲しかったですね(汗


>ラストの決戦の場面

俺はガオガイガーで行くw

PAGETOP