【監督】スティーブン・S・デナイト
【出演】ジョン・ボイエガ/スコット・イーストウッド/ジン・ティエン/カイリー・スパイニー/菊地凛子/バーン・ゴーマン/アドリア・アルホナ/チャーリー・デイ/新田真剣佑
【公開日】2018年4月13日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
人類とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球。しかし、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現した事で、束の間の平和は脆くも崩れ去った。更に謎の黒いイェーガー”オブシディアン・フューリー”の出現により、人類を守るはずのイェーガー同士による戦いも発生。果たして新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくる危機を乗り越える事が出来るのか・・・。
 
【感想】
5年ほど前に鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が自身のオタク魂を結実して生み出した作品とも言える『パシフィック・リム』は、巨大人型兵器が未知の巨大怪獣と戦うという単純明快な内容ながらも、映像技術の凄さや演出も相まって自分のツボを大いに突きまくりまして、鼻息の荒さが途絶える事のなかった超エンタメ特化型作品だったのをまだ記憶してはいますね。・・・そんな一作目が大絶賛でもあったせいか、待ちに待った今回の続編の監督がデル・トロ監督じゃない辺りに自分も少々懸念を抱いてはいたものの、鑑賞したら何てことはない・・と言うか、本作も前作に負けないくらいの超エンタメに仕上がってましたし、個人的には前作以上に好きだった点が幾つもありましたね^^

今回の続編は前作から10年後と少し年月も過ぎた設定なので登場人物やイェーガーなども結構一新のような形にはなっていましたけど、ただその10年の経過で色々と変わったり進化した点を本作のドラマやイェーガー、ひいては怪獣などからきちんと感じ取る事が出来たのが先ず良かったですね。イェーガーは前作のジプシー・デンジャーらのようにいかにも巨大兵器って感じの重量感や威圧感を醸し出している造形も勿論大好きなんですが、十年も経過してるのでやっぱりイェーガー技術も格段に向上してるわけで、主役機であるジプシー・アベンジャーを例に見ればフォルムも大分マッシブになっていたのがカッコ良かったですね。各イェーガーの特徴に沿った武器も魅力がありましたし、量産型イェーガーなんか出て来る辺りにもロボットアニメ(特にリアルロボット系)の定番に見えてしまったので、分かってるじゃないかと観てて一人ほくそ笑んでしまった(笑)。コクピットのドリフト機能なんかも若干変化してたように見えまして、前作のドリフト機能はもっとガチガチだったような気もしたので、パイロットがセイバー・アテナのようにかなりダイナミックな動きを実現出来ている辺りにも進化を感じましたね。

あと次世代の人達が主役でもあっただけに、自分にとっては本作のドラマパートも前作より面白く観れた部分がありました。『ジョジョの奇妙な冒険』を愛読してるので世代を超えて何かを継承していったり紡いでいく物語がこれまた大好きでして、本作においてもその辺りがなんか似通ってたんですよねぇ。親の代からの宿敵を倒さんと次世代の者達が奮闘する展開に加え、今回は悪のイェーガーとも言えるオブシディアン・フューリーの登場とその行動の謎にも迫っていく陰謀めいた要素もあったから、イェーガードンパチ以外にも個人的には見所は多しっ♪ジプシー・アベンジャーとオブシディアン・フューリーの一騎打ちは特に燃えまして、続編あったら絶対イェーガー同士のバトルも観たいと5年前から思ってただけに、最後の大怪獣決戦よりも個人的には前半部でもうかなり鼻息が荒くなっちゃいましたねw


まあこういったシリーズ作品で監督さんが変わってしまうとたまに引継ぎの悪さのようなものも露呈して次作でコケちゃうパターンも無きにしも非ずではあるものの、それでも観た感じ今回デナイト監督が手掛けた『パシフィック・リム アップライジング』は、デル・トロ監督の構築した世界観で次世代と言うテーマを活かしつつきちんとブラッシュアップも図られていたのも感じ取れたので、個人的には終始見応えのある内容であったのは確か。
それにデル・トロ監督には及ばないかもしれないけど、デナイト監督も日本のアニメなどには造詣が深いのでしょうか、終盤でアレが出て来た時は思わず笑ってしまいましたけど・・・・ただ2035年時点でまだアレがそびえ立ってる所を見ると、パシリムの世界でガンダムコンテンツはあんまり進んでいないのかもしれませんね^^;
  
ライトなパシリム。

コメントの投稿

非公開コメント

イェーガー同士、

ありましたね。すっかり中国企業の陰謀かと思いましたが。
どうしても、前作と比べてしまうので、けっこう厳しい目が向けられちゃってますね。(私も含め)

PAGETOP