【監督】上堀内佳寿也
【出演】犬飼貴丈/飯島寛騎/渡部秀/三浦涼介/福士蒼汰/佐野岳/西銘駿/赤楚衛二/高田夏帆/瀬戸利樹/松本享恭/岩永徹也/松田るか/小野塚勇人/黒崎レイナ/甲斐翔真/土屋シオン/柳喬之/田中卓志/水上剣星/前川泰之/大槻ケンヂ
【公開日】2017年12月9日
【製作】日本

【ストーリー】
巨大な壁スカウォールで三つに分断された仮面ライダービルドの世界に、存在しないはずの仮面ライダーエグゼイドの敵・バグスターが出現。正体不明の敵になす術なくその場に崩れる戦兎の前にたたずむ、体半分メカに覆われた奇怪な科学者。その男が巨大なマシンを起動させた途端、上空に逆さになった世界が現れる。一方、エグゼイドの世界でも同様の現象が起こり、スカイウォールのある世界が地上に刻一刻と迫りつつあった・・・(moviewalker
 
【感想】
もはや毎年恒例である冬の仮面ライダー映画のMOVIE大戦でありますが、前作からタイトルを平成ジェネレーションズという風に改めており、そして本作でもタイトルだけじゃなくその作風も引き継いだような感じになっている9作目。・・まあMOVIE大戦は二人のライダーストーリーがクロスオーバーする内容が個人的にいつも面白かったりしてたので、そのお馴染みのストーリー展開が無くなったと言うか薄まってしまったのはちと残念であったりはするのですが、ただ平成ジェネレーションズは平成ジェネレーションズなりに面白いストーリーを構築してもいるからこちらも何となく嫌いにはなれずでして、で、結果今回もなかなか良かったと思った次第です^^;

平成ジェネレーションズのお話としては二人のライダーストーリーを交互に追って最後にクロスオーバーを果たすMOVIE大戦と違い、最初から二人のライダーのストーリーが一本に纏まっているような形で進行するのが特徴的で、本作でも一応そういった流れにはなっていましたね。ビルドとエグゼイド、異なる二つの世界の消滅を企てるマッドサイエンティストの野望を阻止する一方で、夏の劇場版のラストでエグゼイドから能力の成分を抜き取ったビルド=戦兎(?)の不可解な行動の真相にも触れたりもしてましから、平成ジェネレーションズはそういったテレビ本編や他の劇場作品で張った伏線をあまりうやむやにせず回収する辺りも楽しく観れてる部分であったりはしますね。
あと今回も前作同様、サプライズなゲストとしてゴースト・鎧武・フォーゼ・オーズといった過去の平成ライダー達が集合するのも見所の一つでして、今ではすっかり有名な若手役者さんの一人にもなった福士蒼汰くんが再びあの気合いの入った髪型で弦太郎を演じてたりと、そんなかなり豪華なキャスティングが揃っているのも公開前に凄い話題になっていたのを記憶している。自分も平成ライダーに関してはずっと見て来てはいるので、ゴーストの西銘駿くんはお久しぶりだし、↑のフォーゼの福士蒼汰くんの『宇宙キターーッ!』も全然変わって無くてニヤけてしまったりと、レジェンドライダーを演じてた彼らの友情出演は懐かしさもあってかやはり観てて高揚するものがあった♪
とりわけ仮面ライダーオーズ・・渡部秀が演じてる火野映司はアンクとのエピソードが盛り込まれていた分、他のレジェンド達よりもどこか見せ場が多くて見応えがありましたね。オーズの最終回もまだ記憶には残っているのでアンクとの再会はとてもドラマチックでしたし、仮面ライダーとして戦う理由に迷う龍我を優しくアドバイスする先輩らしさも見せたりと、ゲスト出演の中では一番存在感を放っていた感じかな?ビルドの新フォームのお披露目といったものよりも、個人的には映司とアンクのああいった変わらぬ関係をまた観れた事がとても嬉しかったです^^


・・しかしまあレジェンドな先輩たちが本作の話題作り込みで大分尽力しているとこも大きかったので、それ抜きでビルド・エグゼイドメンバーで盛り上げる事が出来たかと言えば正直ちょっと首傾げにというか弱い内容ではあったかなと。前回の良さを引き継いでるとはいえ、ジェネレーションシリーズは歴代ライダーの力に頼らざるを得ない感じにはあんまりして欲しくないところかもしれない。まあそんなジェネレーションも本作ではファイナル言ってはいますけど、元号が変わってもなんかまた新しい元号でやりそうだから、それも含めて来年のシリーズの動向も気にはなるとこです^^;
以前は熱心にチェックしていたのに、微妙な作品が多くてついつい足が遠のいていた仮面

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

友人のお供で見てしまいました。
どのシリーズも未見なので全く繋がりがわからず...でもわからないなりにも楽しめました!
個人的には福士蒼汰くんのライダー時代が見られたのが良かったです。

若手大集合

>yukarinさん♪

本作は夏の劇場版とも少し繋がりを持たせている内容だったので、初見同様だと確かにストーリーは付いていけないかもしれませんね^^;
ただ福士蒼太くんのほか、レジェンドライダーを演じた若手俳優達が大集合しているので、彼ら目当ての鑑賞という目的でも楽しめる部分はありますね。自分も蒼太くんの久々のツッパリっぷりをみて懐かしさがこみ上げてきましたw

No title

全然変わってなくてにやけてしまったといえば、アンガールズの田中さんの先生(笑) 今回脇役陣で一番おいしいところをもってった気がします

>元号が変わってもなんかまた新しい元号でやりそう

今回けっこう評判よかったですからねえ。これからもなるたけ中の人も同じ俳優を使う路線で続けてほしいです

田中先生

>SGAさん♪

田中先生は終盤まで度々出てくれていたので、確かにおいしい役所だったような気がしますねwホックをバシーン!と弾くお決まりのやつも見せてくれましたし、なんだかんだで面白く笑いを取ってくれた気もします^^;

まだ新しい元号とか分かりませんけども、冬劇の仮面ライダーも内容次第では夏劇に負けない集客が見込めるのを本作で証明してくれたので、新元号になっても出来ればまたやって欲しいですね♪

PAGETOP