johnwick2.jpg

【監督】チャド・スタエルスキ
【出演】キアヌ・リーブス/リッカルド・スカマルチョ/ルビー・ローズ/ジョン・レグイザモ/コモン/ピーター・ストーメアイアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/フランコ・ネロ
【公開日】2017年7月7日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
伝説の殺し屋ジョン・ウィックによる壮絶な復讐劇から五日後・・・彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやって来る。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命を取り留めたジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危険を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる・・・。
 
【感想】
大作と呼ぶスケールではなかったものの、主演のキアヌ・リーヴスのスタイリッシュなアクションのカッコ良さや、裏社会の独特な世界観などが好評を博し話題となった『ジョン・ウィック』。口コミで聞いた自分も当時遅れての鑑賞でしたがすっかりキアヌの繰り出す超絶アクション等の虜となり、一昨年のベストにも選んだほどツボにもハマったので、このチャプター2も地元での公開がとても待ち遠しかった作品ですね。そして今回もやっぱり面白かった^^

前回は亡き愛妻の遺した犬をロシアン・マフィアのバカ息子が殺してしまった事でジョンの怒りを買ってしまったという割と単純なストーリーでしたけども、本作ではジョンとイタリアン・マフィアのボスが過去に交わした契約が発端となってしまい、これが今回のストーリーに前作以上の深みを与えていた感じがしましたね。ジョンが殺し屋稼業から足を洗う為に必要だった最後の仕事の際にイタリアン・マフィアと結んだ誓印なるものが、今度は彼をまた殺し屋稼業に戻らせる引き金になってしまう辺りがなんとも皮肉でして、それによって平穏な暮らしを望んでいたジョンの葛藤なども上手く表現されていたようにも思える。殺し屋の仕事を支援するコンチネンタルホテル内での殺害厳禁等なんかもそうですけど、このジョン・ウィックの世界で描かれている裏社会はかなり厳格な規律や特殊なルールが取り決められているもいるため、その誓印という契約も含めてやはり一度汚れた仕事なんかに手を染めてしまうとそう簡単には抜けださせてくれない暗黒の組織の厳しさみたいなのも改めて知った感じに。
あと12人の組織のボス達が主席について裏社会全体を支配していたり、ホームレスに扮して独自の情報網を持った集団もいたりと、その裏社会がどういう仕組みで成り立っているのかという部分も本作で大分詳細に描かれていたのも良かったですね。ジョンと過去に面識のある同業者や関係者も色々出てきてましたし、まあジョンの過去の出来事みたいなスピンオフ作品・・・なんてものはおそらく実現しないでしょうから、鑑賞中彼らとジョンの過去にどういった事があったのだろうと妄想を膨らませながら観るのもまた面白いかなといったところ。中でもコモンが演じていたカシアンとジョンのやり取りは、バトルだけじゃなくコンチネンタルホテル内でのインターミッションに至るまでお互いにプロ中のプロとしての風格が漂っていたので、二人が対峙してるシーンはもうほぼ全てがカッコ良かったんですよねぇ♪・・故にカシアンの退場が少し早かったのが個人的には残念でして、ジョンと互角に渡り合うほどでしたからやはりラスボスのサンティーノの一歩手前で立ちはだかる強敵という展開にもして欲しかったという思いもあった次第です^^;


銃撃とカンフーを融合させた本作独自の戦技『ガンフー』アクションも車でやったりナイフでやったりはたまた鉛筆でやったりとバリエーションが豊富にもなれば、途中から賞金を掛けられて追われる身にもなるせいか敵も無双シリーズのようにわらわら出て来てはジョンもそれをバッタバッタと返り討ちにもしていくので自然と殺害数も前作超えをしてと・・・要するに本作はアクション・ドラマ、全ての点において前作のスケールを凌駕した良作になっていたというのが、観終えた際の感想ですね(笑)。まあ終わり方に関してだと見ようによってはやや尻切れトンボの様相を呈してはいましたが、大ヒットの報も囁かれてはいるのであれは確実にチャプター3への布石でしょう。そういえば本作は前作から五日後の物語なのだそうですが、もしかしたらチャプター3はジョンが愛犬と一緒に全力疾走するシーンから始まるかもしれませんね?
今作も面白い。
『マトリックス』かと思っていたら実は『燃えよドラゴン』だった・・・
【JOHN WICK: CHAPTER 2】 2017/07/07公開 アメリカ R15+ 122分監督:チャド・スタエルスキ出演:キアヌ・リーヴス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、リッカルド・スカマルチョ、ルビー・ローズ、フランコ・ネロ 、クラウディア・ジェリーニ、ブリジット・モイナ...
期待していなかった。何故なら前作「ジョン・ウィック」があまりに面白かったから。だが、本作もサイコーに面白かった!何も残らないという点では前作を凌ぐ。かも。その通り、褒めている。SURE!「続編」から加速度的につまらなくなる作品も多々ある中、よくやってくれた!と言いたい。冒頭こそ、前作の焼き直しというか、前作絡みのヒートの中、なんだよ、カーアクションだけかよ、そんなにマスタングにこだわるのかよ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キアヌのガンフーアクションが堪能できましたね!
ラストの展開はツッコミたいとこ満載でしたが、
次への流れとして・・・(苦笑
ツッコミながら楽しめた終わりなので良しとします(笑

No title

相変わらずキアヌかっこいいし楽しかったですね!

好敵手だったカシアン生きていてほしい。。

はやく続きが見たくなる終わり方がたまりません!w

恐るべきコンチネンタル

>えふさん♪

ラストの噴水広場でのシーンは確かに色々ツッコミ所多かったですよね。自分も皆が一斉がジョンの方を向いた瞬間『オイッ』って言いそうになりましたし^^;
でもあれがコンチネンタルの力だと思うと恐ろしいですね。次回はさすがにジョンも歯が立たなそう?


>AKIRAさん♪

カシアンを演じていたコモンは自分もかなりツボにハマってしまいましたね^^電車内で決着付いた感じではありましたが、あれってナイフ抜かなければちゃんと一命取り留めていたんでしょうかね?^^;
やっぱり彼もまた続投して欲しいですよね。復讐するのはジョンだけじゃないみたいな。

巻き込まれ型

TB&コメントありがとうございます。
前作よりも俺の評価が下がったのは、
やはり復讐要素が少なかったためみたいです。
次回作は是非ともまた復讐要素を取り入れてほしいです♪
また犬でもいいから・・・

こんにちは

今回は前回のような復讐もの~って感じではなかったですが面白かったですね。
ジョンウィックのまさかのルール違反でしたが、その後の一体何人殺し屋がいるんだ?という図には笑ってしまいました。あの続きがどうなるのか気になりますね。
続編が決まってる2作目はつなぎな所があるのであの終わり方も仕方がないかなと思いますね。

逃亡劇でしょうか

>kossyさん♪

ジョン・ウィックはガンフーアクションとあの復讐劇のドラマも単純明快でやはり面白かった部分がありましたから、観る人によっては今回の物語は賛否があるかもしれませんね。
本作でジョンは追放処分になってしまいましたから、今度はもしかしたら逃亡劇になったりして?


>yukarinさん♪

復讐要素が足りないのは確かに残念な部分でもありましたが、今回追う側ではなく追われる側にもなったりした事で、ジョンを取り巻く闇の組織の構図が色々と分かった感じがして、個人的にはそこが良かったかなとも思いました♪
・・でも3作目がもしあの続きだとしたら、最初からジョンはデンジャラスな状態からのスタートになるかもですね^^;

こんにちは

こんにちは。
キアヌ・リーブスはカッコ良かったし、敵役も仕込みが見事だったし(ボディガード強いし、700万ドルにはそりゃみんな殺しに来るだろうよ、だし)、大満足な作品でした。
コンチネンタル・ホテルとアカウント部は最強ですね。

前時代的

>ここなつさん♪

そういえば世界中の殺し屋に情報を伝達するアカウント部の職場(?)風景はとても面白かったですね^^
情報化社会でほぼ全てがデジタルな時代なのに、アカウント部はかなりアナログで前時代的な雰囲気があってそのギャップなどが良かったんですよねぇ。コンチネンタルホテルもそうですが、ジョン・ウィックの闇の組織の世界観はやはりツボにハマるものが多いです^^

PAGETOP