【監督】湯山邦彦
【声の出演】松本梨香/大谷育江/林原めぐみ/三木眞一郎/犬山イヌコ/本郷奏多/佐藤栞里/山寺宏一/古田新太/中川翔子
【公開日】2017年7月15日
【製作】日本

【ストーリー】
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得る事が出来る10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキドー研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない残りのポケモンのピカチュウだった・・・。
 
【感想】
毎年ほぼ同じ時期・同じ月に公開され続けて早20年・・。基本は子供向けなれどそれでも映像のクオリティ等は年々増していますし、ポケモンとの絆の物語も感動的なものが多くなりと、今では大人さえハマるようにもなっている劇場版ポケットモンスターも今年で遂に20作目に突入。いやはやめでたいですね♪自分は原作ゲームの方こそやってはいないものの、夏の風物詩的作品でもある劇場版だけは好きですし長いこと観続けてもきたので、メモリアルな本作も結構楽しみにしていた次第です^^

記念すべき20作目の内容はサトシとその仲間たちがまたも幻のポケモンを追い求めて・・・・ないつものパターンではなく、今回はサトシとピカチュウ、このいつも一緒なコンビが最初どのように出会い、そして如何にして今のような固い絆と友情を築いていったのか?その過程を伝説のポケモン・ホウオウ探索の冒険を通しながら描かれる、言うなればポケモンの原点のような物語になっていたのが従来とは異なる点でしたね。
そういえば自分はポケモンは劇場版こそ鑑賞してますけども、前述の通り原作ゲームをやった事がなければテレビアニメの方も殆ど見た事がないので、好きではあるものの主人公のサトシやピカチュウがどういったファーストコンタクトをしたのかという重要な部分はまるっきり分かってなかったりするんですよねぇ(汗)。劇場版を初めて観た頃にはもうバトル&ゲットな関係にもなってましたし、それに実際の所知らなくても別に付いていけないわけではなかったので然して問題にもしてなかったんですよねこれがまたw・・・まあなので、自分にとって今回のサトシとピカチュウの物語は初見なりの新鮮もありでとても面白いものだった。最初の出会いこそなかなか噛み合わない・・・というよりも、ピカチュウが一方的に嫌っててサトシとの旅を拒むのですが、それでも根気よくコミュニケーションを取ろうとするサトシを見ますと、ポケモンをバトルで戦う仲間だけじゃなく仲良くなって友達にもなるという彼が過去の劇場版でも幾度となく見せていた行動は、この頃から既に確立していたんだなというのも良くわかる。
そんな旅立ち最中のいがみ合いと窮地を経てやっとこさパートナーにもなったりだけど、それでも駆け出しのポケモントレーナーであることにも変わりはなくで、ポケモンバトルで自身の主義を否定する相手との対戦などを経験して焦りや苦悩も滲ませたりと、ここら辺もなんか従来と違ってサトシの内面のようなものを深く描いてる部分が本作には結構見られた気がしましたね。ああいうのって子供が観るにはちょっと退屈な映像や演出かなとも思ったのですが、その考えに反して自分が観てた時は周囲がとても静かだったので、多分子供もちゃんと困難を乗り越えて強くなっていくサトシとピカチュウの成長に見入っていたんじゃないかと思いますね(あるいは寝てたかだけどw)。


サトシとピカチュウの出会いや成長を軸にしながらも、伝説のポケモン・ホウオウを仲間たちと一緒に探し求める冒険要素はポケモンとの別れがあればバトルもあったりと見応えは予想以上にたっぷりでしたし、特に今回のバトル描写は終盤のサトシ&クロス戦を経てのピカチュウvsマーシャドー戦は凄いの一言。もしかするとポケモン映画の中でも屈指の迫力なんじゃないかと思いますね。
あと他にもファン視点だと初期のポケモンが劇中でたくさん登場してるのもやはり懐かしいんじゃないかと思いますし、自分もその懐かしいで言えば主題歌のめざせポケモンマスターを久々に聞いた時はとても気分が高揚したのを感じた♪歴代の旅の仲間たちがエンドロールに出て来てくれるのも良い演出だったので、20年の節目にこういったサトシ達の始まりの物語を改めて描いたことで、自分もなんだかポケモン映画が更に好きになった気がしますね^^
 

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP