【監督】ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
【出演】ジョニー・デップ/ハビエル・バルデム/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラーリオ/ケビン・R・マクナリー/ジェフリー・ラッシュ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ
【公開日】2017年7月1日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナーは、今や幽霊船フライング・ダッチマン号の船長として呪われた運命を生きている。その息子ヘンリーは、父を救おうと海の伝説を調べつくし、呪いを解く力が伝説の秘宝・ポセイドンの槍にあることを突き止める。勇気ある青年に成長したヘンリーは英国軍の水兵となるが、いまだポセイドンの槍にはたどり着けずにいた。だがある日、船が危険な“魔の三角海域”近くを航行中、恐ろしい姿をした“海の死神”サラザールに襲われる・・・。
 
【感想】
自由きままな孤高の海賊ジャック・スパロウの冒険活劇を描いたこのシリーズも今回で五作目ではありますが、インターバルが結構長い時もあったので、気付くと既に10年選手にもなっちゃってますね。お早いことで^^;(笑
個人的にこのシリーズは三作目の『ワールド・エンド』辺りで面白味が少ししぼみかけてはいるものの、それでもジョニー・デップが演じるジャック・スパロウの酔いどれ顔を見ると、やっぱりイチエンタメ好きとしてはどこか欠かしたくないような気持ちもふつふつと芽生えてくるもんですから、なんとも不思議な魅力もある作品ですよねwんで、今回は前回よりも面白かった印象です。

本作では前作『生命の泉』からどうやら9年程経過した設定でもあるようで、主人公のジャックも髪の色が薄まってるというか・・寄る年波な雰囲気も感じさせつつな所もあったりでしたけど、そんな歳月が大分経ってもいたせいか今回は登場する新キャラクターにも新たな世代を迎え入れてる点が特徴的であり、そしてそれが自分は見所の一つでもあった気がしました。ジャックを探し求める青年ヘンリーはあのウィルとエリザベスの息子であり、フライング・ダッチマン号に囚われた父親のウィルを救うべく若き天文学者・カリーナと協力していくという展開は、このシリーズちょっと見飽きて来たかなぁという、ぐで~っとした気持ちを少しリフレッシュさせてくれるかのような若人の魅力とパワーが二人から発せられていたいたようにも思いましたね。それとこの新たな世代は面白い巡り合わせなんかも見せてくれまして、あの二人の共通性は全然見受けられなかっただけに、中盤で明かされる真実や終盤でもちょっとした驚きも与えてはくれたんですよねぇ。・・まあ最近『家族』をテーマにした作品で泣かされてることが多いので本作でもちょっと危なかったけど、取り敢えずデップよりも一足早く勇退(?)する彼にもお疲れ様なんて言うべきなのだろうか?・・いや、でもこのシリーズは死者が普通に闊歩するのは当たり前な感じなので、もしかしたら『デッドマンズ・チェスト』のようにその内また普通にひょっこり出てくるかもしれませんね?^^;


銀行をそのまま馬で引きずったりもすれば、ギロチンに首が引っかかるようで引っかからない絶妙な救出劇など、まるでアトラクションのようなドタバタアクションは相も変わらずといった感じですがやはりそれも観てて『ププッ』となってしまう楽しさが正直ありますし、女性キャラクターが毎度行う強烈ビンタといった各お約束要素もちゃんと出てたのも嬉しいところ♪あとヤバい役を演じさせたら天下一品(?)なハビエル・バルデルが悪役だったのもあってか、サラザールのビジュアルも個人的にはデイヴィ・ジョーンズ級の気持ち悪さが出ていてここもまた好印象でしたね(しかも吹替は大塚明夫さんでしたし)。
そして何より世代を跨いだ物語が自分は大好物なので、ヘンリーとカリーナの親子の物語も救いと感動があって見応えがあったと思えた本作。次世代の二人が活躍する事も含めて、やっぱりもう少しだけこのシリーズとは付き合いたい気持ちも沸いてきましたねぇw幸い続きを匂わせる映像も最後に出てたのでちょっと期待を持ちたい次第ですが・・・・果たしてあのタコ船長が再び出てくるのでしょうかな?
 
6年ぶりに作られたシリーズ5作目です。出番僅かですが、ウィル・ターナー役のオーランド・ブルームとエリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイの二人がシリーズに復帰しました。以前「ジャック・スパロウは主役であっても主人公に適さないキャラクターだ」と書きましたが、今回はウィルとエリザベスの息子ヘンリー・ターナーが主人公として物語をしっかりと引っ張ってくれています。そして本筋に直接関係なく、無関係に無...
大海原で繰り広げられる狭い人間関係。 何て薄っぺらいストーリーなんだ。何て中身のない映画なんだ。でも何て楽しい映画なんだ。これぞカリブの海賊、いやジャック・スパロウ・ザ・ムービー。 見終わって数十分で内容を忘れるほどの映画ではあるが、酔いどれ千鳥足のジ...
【出演】  ジョニー・デップ   (ジャック/声:平田広明)  ブレントン・スウェイツ(ヘンリー/声:中川大志)  カヤ・スコデラリオ  (カリーナ/声:栗山千明)  ジェフリー・ラッシュ (バルボッサ/声:壤晴彦)  ハビエル・バルデム  (サラザール/声:大...
キース・リチャーズかと思いきやポール・マッカートニー(驚)
□作品オフィシャルサイト 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」□監督 ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ□脚本 ジェフ・ナサンソン□キャスト ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、       オーランド・ブルーム...
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を鑑賞しました。
楽しみすぎて楽しみすぎて待ち望んでいたのに、今頃の鑑賞とUPになってしまったyo(涙) それでもやっぱりジャックスパロウは最高!
やあ、ぼく、ジャックだよ!
私のなかではパート4の生命の泉はなかったことにしてるんだけども(わわわわわ) あれがないとボトルシップになってしまったブラックパールの話がわからんしな~。(;^_^A バルボッサとジャックってトムとジェリーみたいで、あれはあれでよかったんだけど なんていうか海賊は海戦でなんぼみたいなとこがあって、ほぼ陸地でドタバタだったし ブラックパールに乗ってないジャックスパロウってクリー...
相変わらず面白いなぁ。
 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)本作のものすごい宣伝に容易く煽られてしまって(注1)、それでもできるだけ遅くなってからと、映画館に出向いてみました。  本作(注2)の冒頭では、夜間、火が灯る灯台のある岬の先...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

私も映画館でみてきました~
いや楽しかったですね~
やっぱりこのシリーズは王道エンタメ。
前シリーズに戻った感じが私もしました。
…4作目は出来がちょっとアレでしたもんね…
本作で3作目で切ない設定になっちゃってたウィルとエリザベスの件がハッピーエンドになるのは嬉しかったですね

ジャックの青年時代も違和感なくって、
急旋回だとかそういうぱっとひらめいちゃうのが
ジャックの魅力ですよね~次なにするのかわからないとこ!
しかし、多分今回皆さんが「バルボッサ;;」となりますよね…
映画館でみてたときは気にならなかったのですが、あとからJRの中で良く良く考えたら、サラザールを振り落とすためとはいえそこまでする危機的状況でもなかったのでわ…と思いまして^;
不死身のバルボッサだからどこかでまたでてくれたらいいなーと思った次第
しめっぽくならないで「海賊ってやつは…」でバルボッサの件も終わるのは良かったですが。

No title

今回は親子の物語があって、
じ~んときてしまいました。
でも1作目のようなテンポのいい作品で楽しかったですね。
しかも若いジャックがイケメンだったし!(爆
かなり記憶がとんでたのはちょっと残念だったけど(苦笑

タコ船長

やっぱりタコ船長なんでしょうかね。
ウィルの呪いが解かれたことだし、
殺したはずの船長が逆に生き返る可能性高そう・・・

タコ足がトイレに詰まって大洪水になった夢を見ました!

デジタルだとか?

>makiさん♪

このシリーズはやはり映画館で観てこそな作品だとも思いますね^^アクション、コメディ、ロマンスにドラマと、程よくぶち込んでるエンタメなので楽しめますし、ジャックの飄々ぶりもなんだかんだで面白いですもんねwバルボッサにも終盤で涙腺を刺激されそうになったのでちょっと危なかったです^^;
・・そういえば回想の青年ジャックですが、なんでもあれ、デジタルで作られたジャックだというのを自分は事前に聞きました。本当なんでしょうかねぇ?だとしたら不気味の谷ですよ(汗


>えふさん♪

何気にこのシリーズって親子の物語が多いですよね。ウィルだって前はダッチマンに囚われた父親を救おうとしてましたから、今回も巡り巡ってヘンリーとウィルの親子の物語になってるのも面白いですよね。あともうそんな年月も経ったのかぁとどこかしみじみ^^;


>kossyさん♪

ご無沙汰しております^^TB伝いで復帰されているのをつい最近になって知りましたが、同ジャンルのブロガー様のご帰還はやはり嬉しい限りです。大分ブランクもあるかと思いますが、またよろしくお願いいたします♪

そういえばエンドロールではカニバサミみたいなものしか映っていませんでしたが、十中八九あのタコ船長じゃないかとにらんでいます。でも呪いが解けたから、もしかするとタコではないかもしれませんね?^^;
なんにせよ続きが気になります。

タコ船長

メビウスさん☆
今作はなかなか面白かったですよね~なのにお隣の男性は中盤以降からスヤスヤとお休みでした(??)
まだまだずっと続いていきそうな予感ですが、タコ船長と呪いの溶けたウィルがどんな展開になるのか楽しみです。

夏ですね~

こんにちは。
このシリーズはやはり夏が似合いますね。
TDLではスペシャルイベントが大盛況なようですし。(といいつつ、2駅のところにあるのに未だ一度も言ってなかったりして)

今回は若き男女の活躍が1作目を思い出させてくれる感じで良かったです。
ただ俳優の年齢に合わせてキャラも一緒に年を取るシリーズは好きですが、ジャックの酔いどれダメっぷりは輪をかけているようで、ジャックの衰えを感じてしまうのが少し寂しいかも。
でもでも世代交代というには、ウィル&エリザ夫婦が若々しいし、ヤングジャックが可愛かったし、そもそもジャックに代わりはいないから、続くならみんなで頑張ってほしいものです。

ハビエルは大塚さんですか!
何年後のTV放送が楽しみです(笑)

勿体ない

>まだ~むさん♪

アトラクションのような映画で楽しいのに寝ちゃう人がいるなんて・・^^;
しかも中盤と言えばバルボッサとカリーナの関係も判明する重要な部分もあるのに、お隣の方は勿体ないですね(汗
次は呪いの解けたウィルとヘンリーの、親子での活躍も観たいですよね。あ、多分エリザベスママも付いてくるかな?男勝りなのでw


>たいむさん♪

ワールド・エンドと前作の生命の泉は確か五月でしたが、やはりこういったエンタメ作品は夏場に観てこそな所も確かにありますよね。海を舞台にもしてるので、どことなく涼しい感じも与えてくれる気がしますし(笑

・・しかしながらもう十年以上やってるシリーズでジョニーを含めた初期のメンバーも程よく年を重ねてはいますが、それでもオーリーや最後に出て来たキーラなどをみるとまだイケる感じは見受けられますね。ジャックも結局の所終始飄々で見た目激しく動いてるようにも見えない(?)ので、あのスタイルならばジョニーはあと2~3作いけるんじゃないかなぁとも思っちゃったりです^^;

スパロウ

ジャック(・スパロウ)も、何歳になったんでしょうね。
いくつになっても(もちろん)性格は変わりません。
お猿のジャックは、いくつ…? 猿の寿命って…?

一体何歳なのやら?

>ボーさん♪

実年齢はかなり気になりますし知りたいとも思う所ですが、少なくとも一作目のウィルと出会い、そして今回のヘンリーの見た目の年齢を20代くらいだと予想すると、劇中では相当年齢を重ねてると予想できますね。でも年を重ねてもあの飄々な性格が変わらない辺りは彼らしいのかなと^^;
お猿のジャックに至っては確か一端不死になってたよーな?

PAGETOP