【監督】ドゥニ・ヴィルヌーヴ
【出演】エイミー・アダムス/ジェレミー・レナー/フォレスト・ウィテカー/マイケル・スタールバーグ
【公開日】2017年5月19日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
突如地上に降り立った巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズは、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは・・・。
 
【感想】
原作の短編小説の方は知りませんでしたので、興味を持ったのは勿論変な形をした巨大な宇宙船のインパクトであったり、アカデミー賞でも注目されてたりといった部分で、まあ言うなれば外面判断の鑑賞でもあったわけなのですが(汗)、それでもこれは結構面白く観れましたね。自分の好みや思っていたのとは少し異なっていたSF要素(?)でもありましけど、その斬新な設定に見入ってもいたため、終始興味深い内容でもあったかなと思う。

自分が思っているSF要素というのは当然ドンパチありきモノでして(笑)、未知の生命体が宇宙船が地球を侵略するといった『インデペンデンス・デイ』よろしくな展開が好みでもあるもんですから、正直本作にもそういうものを期待して無かったと言えば嘘になりますね^^;・・・まあ実際そういったシーンは本作には残念ながら一切も出て来なくて、謎の宇宙船で来た地球外生命体・ヘプタポッドと人類とのコンタクトを淡々と描いているようなものだったのですが、ただやはりその未知との遭遇をかなり濃密にも描いてるせいか、張りつめた緊張感のような雰囲気も観てる中でちゃんと感じる事は出来たんですよねぇ。突然に飛来してきた宇宙船に対する各国の対応や、未知の存在に対する周囲の人達の不安や拒否反応、そしてそれが蓄積されていった結果生じる混乱や暴動などといった一連の流れなんかもリアルに見えましたし、現実でももしこういう風に来たら大分似た感じのシチュエーションになるんじゃないかとも思ってしまったので、この辺りはちょっと『シン・ゴジラ』でも見受けられたシミュレーション感覚の映像のようにも観てましたねw

あと本作の根幹でもある何故彼らは地球に来たのかという謎の部分も物語の進行とともに徐々に紐解かれていきますが、そこに行き着くまでの映像の見せ方も個人的にはとても良かったですね。本作にはヘプタポッドと懸命にコンタクトを取る現在のパートと、主人公のルイーズが愛娘との思い出を回想する過去のようなパートが交互に描かれていたのですが、現在のとあるシーンで知った言葉を過去で思い出したかのように語るという違和感めいた場面が度々見られると、その過去と現在と思い込んでいたのが実は全くの真逆だった事にも驚かされてしまったりだった。
『言語が思考を形成する』・・だったでしょうか、確かそういうフレーズも本作の中に出ていたのですが、それも頭の片隅に置きながら観ていると、ルイーズがヘプタポッドと彼らの言語に身近に接してた故に起きた自身の変化や、そのヘプタポッドが地球に来た理由、そして幾度となく思い起こす愛娘との風景、といった様々な謎も理解出来てくるので、多分初見でも頭を傾げずに面白く観る事が出来るんじゃないでしょうかねぇ?本作を観るまで言語と言うものに関して自分もそれほど深く考えた事が多分無かったものですから、その性質とも上手く絡めた真相も秀逸でしたし。あの映像の仕組みも知った上でもう一度本作をリピートすれば、ルイーズと同じように世界の見方が変わって違う楽しみを得られるかもしれませんね^^


・・ただ自分たちが当たり前のように感じている時間の流れのようなものから最終的に超越してしまったルイーズですが、なんか凄い能力を授かったような反面、どこか哀しい運命も背負ってしまったようにも見えてしまいましたねぇ。将来の結果諸々を認識出来てしまうというのは、要するにそこに行き着くまでの過程・・期待や希望を持つ事が空しくなってくる事にもなりかねないでしょうから、未来に向けてのモチベーションの減衰は常人よりも計り知れないものがあるように思えてならない--;
そう考えてもしまうと、ヘプタポッドの贈り物というのは果たして地球人類にとって最良のものなのかなぁ?と、終わった後妙なネガティブ思考も抱いていた自分。少なくとも自分だったら要らないやあんな能力^^;まあ3000年後にその能力をどう活かすのかは気にになるとこではありますけどね。
特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないという前代未聞の不手際があり、それはもう上を下への大混乱であった。体験した人は一様に思いを共有してくださると思うが、今年から新しくなった東京国際映画祭のオリジナルのシステムが、全く稼働しない。ともかく購入画面に辿り着かないのである...
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、湖の畔に建てられている本作の主人公・ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)の...
なんで未来が分るんだっけ?
地球各地に、巨大な球体型宇宙船が出現する。 米軍のウェバー大佐から協力要請を受けた言語学者の女性ルイーズは、物理学者の男性イアンと共に、謎の知的生命体と意志の疎通をはかることに。 相手に明確な言語があるかどうかも分からず、延々と試行錯誤が続いていく。 やがて、しびれを切らし暴挙に出ようとする国も出始めた。 “彼ら”は人類に<何>を伝えようとしているのか…。 SFミステリー。“ 

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

こんばんは。
この作品は、色々な意味で衝撃的でした。時間の観念が覆される部分は魅力的で、発想も演出もすごいな、と思いました。
こういう作品も作れるのだから、ドゥニ監督ってやっぱり凄い!

丁寧なのにz津

メビウスさん☆
物語を丁寧に紡いで、美しい映像と共に見せてくれる情緒たっぷりの映画でしたね。
こんなに丁寧なのに、解決方法のところだけ雑にサクッと済ませてしまって、それだけが非常に残念でした。

発想の衝撃とか自然美とか

>ここなつさん♪

時の流れみたいなものは過去から現在、そして未来へと進み流れていく・・そういうものだと自分も思っていただけに、本作の時間の発想には確かに衝撃を受けてしまいました。
原作自体が素晴らしいのもありますが、それを映像で見事に表現しきったドゥニ監督の手腕もやはり凄いですよね。『複製された男』はつまんなかったのに・・(個人的にね^^;)


>まだ~むさん♪

ヘプタポッドの宇宙船が降り立った場所が広大な草原だったのもあったせいか、遠くから見るとその宇宙船の異質さと雄大な自然美のアンバランスさも妙な魅力があって、確かに美しいとも思えましたね^^
そういえば、中国の上将さんの説得は本当になんて言って解決したんでしょうね~?モヤッとするのはヘプタポッド語だけで充分なんですけどねw

PAGETOP