【監督】高橋敦史
【声の出演】水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一/千秋/織田信成/浅田舞/高橋茂雄/八木真澄
【公開日】2017年3月4日
【製作】日本

【ストーリー】
真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは巨大な氷山。ひみつ道具『氷細工ごて』で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪が埋まったのは人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった。腕輪の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現すのだった・・・。
 
【感想】
去年は職場のお仕事の関係もあってか鑑賞する環境が整わなくて少々手こずっていたのですが、それでも毎年決められた時期にこれまた毎年欠かさずに鑑賞している『映画ドラえもん』シリーズも今年で12作目。継続するものですね^^;
まあ公開記念で貰えるドラえもんのおもちゃ欲しさに行くというコレクト目的も理由の一つではあるんですが、それに加えて新ドラのオリジナル作品などもだんだんとリメイク作に負けないくらいの良作&力作が増えて来たので今回のオリジナル作品も内心期待をしており、そして結果その期待にもちゃんと応えてくれた感じの内容でもあった♪

南極を舞台に地球全土の凍結化危機を救うという今回の物語では、そのタイトルに恥じない大冒険をドラえもんたちがちゃんと繰り広げてくれてもいたので、いい年したオッサンも観ててかなりワクワクできるものがあったんですよねぇ。冒頭の『氷細工ごて』と呼ばれるドラえもんの凄い便利なひみつ道具で遊園地を作っていく所なんかはどこか『雲の王国』を彷彿としていて気分を高揚させてくれましたし、ドラえもんの謎の石像が出現するシーンなどもSF色があった『魔界大冒険』を思い出さずにはいられなかった。スノーボールアース仮説やアトランティスのような古代遺跡といったロマン溢れる超仮説や古代文明が詰め込まれてる辺りなんかも、ドラ映画らしい展開がよく出てるんじゃないかなぁと言ったところですね。
あとその他だと今回は教養的な部分も良く出来てるように思えまして、特に氷山の仕組みを説明するシーンでは子供の誰かが『へぇ~♪』といった感心する声もたくさん漏れてたので、子供たちを飽きさせず且つ分かり易い説明と映像で興味を持たせる見せ方も上手かった気がしますね。・・・と言うか自分も氷山の仕組みとかって正直なところあんまり分からなかったので、子供に混じって密かに『なるほどなるほど』と納得してたりしてました(笑


未知なるものを探し求める冒険や怪物とのバトルなんかも然ることながら、タイムトラベル要素もあったり過去のドラ作品のオマージュのようなシーンも取り入れ、そして友情や絆も描かれていたりと、南極カチコチ大冒険はドラえもん作品の見所と言うか定番の要素をいつも以上にたくさん詰め込んでいたオリジナル作品になっていた感じでしたね。特化的なものは無いにせよ、程よくそれらの要素を散りばめられていた風にも見えましたし、総合的に見てもバランスの良い内容にもなっていた気がしましたので、個人的には新ドラオリジナル作品の中でも上位に入るくらい良かったかなと思いました♪
 
猛暑で宿題どころではないのび太は、ドラえもんの提案で漂流する巨大氷山へ。そこで10万年前の氷の中に埋まっていた不思議なリングを発見する。その落とし主を探そうとジャイアン、スネ夫、しずかと一緒に氷山のルートを辿ると、それは南極大陸へと続いており、その氷の下には謎の古代都市が眠っていた。謎を解くためにタイムベルトを使って10万年前の世界へやってきたドラえもんたちは、そこでヒョーガヒョーガ星からや...

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP