【監督】ギャビン・オコナー
【出演】ベン・アフレック/アナ・ケンドリック/J・K・シモンズ/ジョン・バーンサル/ジョン・リスゴー/シンシア・アダイ=ロビンソン/ジェフリー・タンバー/ジーン・スマート
【公開日】2017年1月21日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
田舎町のしがない会計コンサルタント、クリスチャン・ウルフに舞い込んだ大企業からの財務調査依頼。彼は重大な不正を見つけるが、何故か依頼は一方的に打ち切られる。その日から何者かに命を狙われるウルフ。実は彼は、麻薬カルテル、武器商人、殺し屋、マネー・ロンダリングの達人など、世界で最も危険な顧客を抱える裏社会の掃除屋でもあった・・・。
 
【コメント】
凄腕の暗殺者が身分を隠す名目で別の経歴を持つみたいな設定の作品はたくさんあるとは思いますが、会計コンサルタントというお固い職業はどこか珍しくも思いましたし、何より謎めいた雰囲気を醸し出しているストーリーのようだとも予告編から感じ取ったので鑑賞しましたらこれは個人的には面白かった♪ベン・アフレック扮するクリスチャン・ウルフが漂わせる異質さにも目が離せなかったサスペンス・アクションでしたねこれは。

でも最初こそ殺し屋の顔を持つウルフが会計士という堅気の職業をこなすかたわら、自身の障害になる者ををバッタバッタとなぎ倒していくような展開・・・少なくとも予告編のみの知識しかなかったので自分はそう思ってもいたんですよねぇ。実際その考えは存外的外れでもなかったのですけど、ただ自分はその『バッタバッタとなぎ倒していく』がもっとボリュームがあるものかと思っていたので、その辺りはちょっと期待していたものとは違っていましたね。・・だけどガッカリとかでは無いのです。
どっちかと言うと本作は主人公・ウルフの生い立ちや経歴を辿る事にどこか終始していて、その素性を捜査官が探っていく一方、危険な仕事をこなす彼の真意にも触れていくといった感じにも見えたのですが、本作はその進行時の演出と言いますか、見せ方や伏線が上手くて見応えがあった気もしたんですよねぇ。本作を観てる最中に自分は度々『んん?』と思うシーンも幾つかありまして、それは冒頭でなんで主観のような視点なんだろうかーとか、ウルフの物語のはずだけどなんで回想では弟も頻繁に出てくるんだろう?とかそういう類なのですが、でも実はそれらもちゃんとした意味があっての事だというのを後半に理解できて『なるほどっ』と不思議と気持ちよく頷けるものがあった(弟くんはアレだけど・・^^;)。他にもウルフに携帯から指示を出す謎の女性の正体やウルフの使用している偽名など、細かい部分もちゃんと紐解きを施しているのが良かったですね。

また本作は個人的にベン・アフレックの演技やアクションも見所の一つだと観てて思いましたね。クリスチャン・ウルフは自閉症を患っているという設定で、鑑賞するまでは自閉症の事も殆ど詳しくなかったのですが、その特有の症状や仕草を知りつつベンの一挙手一投足を見ると本当に演技上手いなーと改めて感じる所でもありましたし、対話がおぼつかなかったり視線逸らしたり両手に軽く息を吹きかけるルーティンのような行為なんかも独特で目に焼き付いてしまう。あとボリュームが無いとも言ったアクションではありますが、こちらは量より質と言えばいいのか、その分ベンのアクションの動きはかなり洗練されていてこれもまたメチャクチャカッコ良かったですね。なんか親友のマット・デイモン(ジェイソン・ボーン)とどっちが強いんだろうと変な妄想もしてしまいましたw


・・まあド派手な感じ(カーチェイスとか)もやはり当初は想像してただけにアクションが物足りない言うのも正直なとこではあるものの、それでも本作は几帳面なウルフの性格とどこか似てて、作りに無駄がそれほど無く、観る側が疑問に思う部分とかはちゃんと払拭させてくれる堅実さもあったように思えたので、確かにパズルを完成させた時のようなスッキリ感を味わう事は出来るのかもしれませんね。
でも個人的に本作に対して一つだけ不満を持つとしたら・・・それはウルフの部屋にあったあの点滅するライトですね。あれだけはアカンかったです--;
  ザ・コンサルタント(2016) アメリカ 原題:The Accountant  監督:ギャヴィン・オコナー 脚本:ビル・ドゥビューク 出演:ベン・アフレック/アナ・ケンドリック/J・K・シモンズ/ジョン・バーンサル/ジョン・リスゴー/ジーン・スマート 日本公開:2017/1/21【感想】 『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナー監督の新作 ベン・アフレ...
□作品オフィシャルサイト 「ザ・コンサルタント」□監督 ギャビン・オコナー□脚本 ビル・ドゥビューク□キャスト ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・リスゴー■鑑賞日 1月29日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★...
日本公開は来年1月21日に決定。 先日のNYで一番楽しみで観てきたベン主演の新作 今回の滞在先であるチェルシー地区にある、徒歩3、4分で行ける劇場で 夜の11時半からの上映で、シャワーして髪も乾いてないまんま観に行った。笑 散々あちこち歩き回った1日の最後、終わるのは夜中の1時だったから そりゃ大変、そんな状態の上、全編難易度高い専門用語的な英語だし、話も暗いし席はふかふか...
うん、本業は殺し屋じゃないよね。
ネタバレあり。 ベン・アフレック版、ジェイソン・ボーン?と言う感じでしょうか。通常は会計士、しかしてその実態は凄腕の殺し屋。しかし、その殺し屋としての技量を身に付けさせたのは、軍人であった父親。そこがジェイソン・ボーンとの違うところといったところでしょ...
THE ACCOUNTANT 上映時間 128分 脚本 ビル・ドゥビューク 監督 ギャヴィン・オコナー 出演 ベン・アフレック/アナ・ケンドリック/J・K・シモンズ/ジョン・バーンサル/ジェフリー・タンバー/シンシア・アダイ=ロビンソン/ジーン・スマート/ジョン・リスゴー ベン・ア...
 『ザ・コンサルタント』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)久しぶりでアクション映画でもと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、男が、道路を横断して酒場の中に入ります。  死体がいくつも床に転がっており、銃声がします。  男は階段を登っていきます。  「お願いだ、止めてくれ」と命乞いをする声が聞こえます。  銃声がし、タイトルが流れます。  場面は30年ほど昔に戻...
なかなか面白かったです。ほんのワンシーンだけ見せてくれた主演ベン・アフレックのヒゲとJK・シモンズのハゲに☆を進呈したいと思います。ヒゲヒゲ満足度5点満点の5★★★★★ 小さな町で会計士として働くクリスチャンのもとに ある日大手企業からの財務調査のオファーが寄せられる 調査を進めるうちに彼は重大な不正を発見するが 依頼は突然取り下げられ それ以来クリスチャンは身...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自閉症で仕事ぶりがぶっ飛んでる割におぼこいキャラのベンアフがツボでした(笑)
そんな詳細要るんかなと思うような部分も沢山あったけど、結局のちに繋がってくるのでなるほどでしたね。
終盤監督作品の『ウォーリアー』を彷彿とさせる展開にもニヤリでした。

微笑ましい

>pu-koさん♪

自閉症特有の症状ゆえに凄い徹底した仕事ぶりでもありましたが、対面・・特に異性とのやり取りのおぼつかなさはちょっと微笑ましかったですよね。キスしそうだったのに急に話題逸らして強制終了させる辺りとか『おいおい^^;』と突っ込みそうに・・w

伏線が色々張り巡らされていただけに、pu-koさんも指摘した道中の枝葉の多さも確かにしんどかったですが、終わりよければ全て良しという事で・・・・まあ本当にあれで終わったのかは定かではないですけどねぇ(汗

こんにちは

こんにちは。
確かに、ベン・アフレックの演技は独特の特徴があり、丁寧に計算されたものだったと思います。かなりの当たり役だと思いました。
なんとなく続編がありそうな感じですよね。

弟君ももしかして・・

>ここなつさん♪

自閉症の方の仕草とかを直接見た事はありませんが、でも冒頭で語られている自閉症の特徴や癖の説明を聞く限りだと、ベン・アフレックはかなり正確にその特徴をつかんだ演技を完璧にこなしているなと感じる事が出来ました。本業である殺し屋の動作も無駄がなくてカッコ良かったですしね^^

続編は・・・もしかしたら弟君も兄の事務所で働いてたりして?(笑

PAGETOP