【監督】ギャレス・エドワーズ
【出演】フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ドニー・イェン/ベン・メンデルソーン/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/チアン・ウェン/リズ・アーメッド/バリーン・ケイン/フォレスト・ウィテカー/ジェームズ・アール・ジョーンズ
【公開日】2016年12月16日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。その運命のカギは天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。
 
【感想】
そう言えば確か2016年最初の映画鑑賞も自分は年末に見過ごしたフォースの覚醒だったのですが、本作も去年の年末近くに公開されたために新年初めの観賞として丁度良い感じにもなって選んだ次第でもあるんですけど、今年も今年でまた最新エピソードが年末近くの公開と聞き及んでいますから、もしかしたら来年の観賞も同じパターンになりそうな気がしますね^^;
まあそれはさておき、長い歴史を持つスター・ウォーズシリーズの中でも実写作品初のアナザーストーリーとなった本作ですが、これは結構面白かったですね。ギャレス監督の手掛ける無法者達の戦いを描いた物語は観ててなんだか胸にこみ上げるものもありました。

思えばエピソード4を観賞してた時に、あの冒頭のレイア姫とR2-D2のやり取りも数あるシーンの内の一つでさして気にもしない些細なものだとも自分は思っていたんですけども、実はあそこに行き着くまでには別の場所で壮大なストーリーが紡がれており、その全貌が描かれている本作の物語も本編に勝るとも劣らないほどの迫力と感動に満ちているんですよねぇ。ライトセイバーを振るうシリーズの主役とも言うべきジェダイの活躍も無ければ存在すらも無いのですが、それでも帝国軍の破壊兵器であるデス・スターの設計図奪取作戦は、特別な能力を持たない人間達が見せる決死の覚悟や勇気を画面からひしひしと感じる事が出来てとても手に汗握る攻防となっているので、正にスター・ウォーズという名に恥じぬ激しい戦争映画にもなっていた気がする。それに何度となく見ているX-ウィングやタイファイターのドッグファイトや反乱軍とトルーパーの銃撃戦といった場面も、今回初登場となる戦闘機やトルーパーも出現するからか、見慣れた戦闘描写もどこか新鮮にも見えてしまったほどです。

そんな新しさも感じれば、シリーズ通して物語の基本コンセプトにもなっている家族を軸にした内容などはきちんと踏襲してて感動的。ジンの父親であるゲイレンの辿ってきた道は断片的にしか分かりませんでしたが、悪に荷担してた男が改心して正義の行いに目覚めるみたいな流れはちょっとダース・ベイダーの辿る道に似ているようにも見えてしまいましたね。個人的にちょっと悪い人なイメージも付いているマッツ・ミケルセンも、今回はとても善良な父ゲイレンを演じてて、自分の中の既存のイメージが大分吹き飛ぶイイ役柄だったと思う。
あとジンを含めて様々な技術に特化したチーム、ローグ・ワンの活躍♪最初は寄せ集めで連帯感もバラバラだったけど、同じ目的の下に信頼と結束を強めていく過程はありきたりではあるかもしれませんがやはりグッときますね。・・・まあただ後になってからメンバー一同バタバタと倒れ過ぎなのが些か鼻には付いたけど、やっぱりそこは生還が困難で後のシリーズへ綺麗に進む意味でも関係者全員ここでリセットする必要があったという事でもあるんでしょうかね?キャシアンはなんか大丈夫そうな気もしたんですけどねぇ・・^^;


まあそんな感じで最終的には殉職者もかなり多く、終盤のダースベイダーの容赦ない追撃諸々含めますと正直あまりハッピーな終わり方ではなくむしろ切なくもなってくるのですが、それでも新たなる希望の始まりを紡ぐ物語として見ますと全体的にとても良い肉付けの仕方だったとは思えますし、最後のシーンも一際素晴らしかったですね。ああいうの観ちゃうと絶対またエピソード4も見たくなってしまいますよねぇ。凄い違和感無さそうな気もします。
 
ネタバレします。ルーカス・フィルムのロゴ、「遠い昔、遥か彼方の銀河で」というお馴染みのテロップに続き…オープニングテーマなしでいきなり物語は始まります。正編ではない、スピンオフならではの趣向でしょうか。エピソード4「新たなる希望」のオープニング・クロールに描かれた、反乱軍のスパイによるデス・スター設計図奪取のミッション、それを一本の映画としてまとめたのが本作です。冒頭でヒロインとなるジン・ア...
いやぁ最高やった。SWファンなら楽しめるんじゃないかな。
期待しすぎたか。

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP