【監督】江崎慎平
【声の出演】坂本真綾/村中知/Lynn/木村珠莉/河西健吾/福島潤/小林裕介/水樹奈々/山寺宏一/北大路欣也
【公開日】2016年12月10日
【製作】日本

【ストーリー】
「モンスト」の開発に協力する小学生、 焔レンと3人のチームメイトは、ある日研究所の地下で現実世界にいるはずのないドラゴンを目撃する。大人たちの陰謀から逃れ、ドラゴンを元の世界へかえす旅に出る少年たち。その目的地は考古学者であるレンの父が失踪した場所でもあった。父の背中を追い求めるレンは、仲間とぶつかりながらも自分が一人ではないことに気づきはじめる。そしてはじまりの場所へたどりつくとき、 すべての謎が明かされる・・・。
 
【感想】
原作となっているのは全世界で3500万ダウンロード(2016年12月現在)を突破した同名の人気スマホゲームアプリで、配信が開始された頃からの古参ではありませんが自分もかれこれ二年ほど前から職場の後輩の勧めでこのモンストに触れる事になりまして、モンスターを引っ張ってゲームを攻略する『ひっぱりハンティング』という操作は個人的にもかなり楽しくてそのまま今に至る次第。スマホアプリのゲームが話を拡げてアプリ初(?)の劇場アニメーションにまで発展するというのもなんか面白い経緯ですけど、本作の物語もイチモンスト好きというのも加味してかこれまた結構面白く観ることが出来た気がします。

モンストのアニメ化自体は実はこの劇場版が初めてでは無く、約一年前から一話7分というアニメーションの尺でYouTube配信されていたものがあり、本作はそのYouTube版で活躍していたキャラクターであるレン・葵・春馬・皆実の四人の小学生時代の出来事を描いた物語となっています。
YouTube版のアニメだとレンたちは中学生の設定になっていましたけど、そのレンたちには何故か子供の頃の記憶がまるで無かったりもすれば、マスコット的な存在であったモンスター・オラゴンの正体や記憶、モンストゲームの誕生秘話、あと闘神と呼ばれる敵モンスターとの関わりといった色々な謎が随所に仕込まれており、本作の劇場版ではその辺りの謎が一気に解明されるのもスッキリさせてくれて良かったですね。細かいとこでもオラゴンの名前もそういうアバウトな感じで命名したのかぁ(笑)とか、春馬のお母さんの昏睡理由もちゃんと分かったので^^

あとモンストと言えばレンたちが操るモンスターで戦うモンストバトルも見所の一つで、これも自分は結構満足できました♪まあ当然と言えば当然ですが、YouTube版よりもアニメーションとCGのクオリティは上がっていますので、モンストバトルもかなりの迫力とスピーディな戦いで魅せてくれますね。今回はアプリゲーム内の限定ガチャの中でもスーパーレアで高性能なモンスター達が登場していましたので、その人気モンスター達がスクリーンを縦横無尽に暴れ回る姿はやっぱり興奮を掻き立てられるものがありましたし、特にアーサーは人気も然ることながら劇場版の予告当初から登場して大勢のモンストファンを期待させていたでしょうから、やはり彼女の活躍もとても大きかった。ストライクショットで繰り出されるあの極太レーザーもゲームに負けず劣らずな破壊力だったし、またそのアーサーをメインで使う人物をレンの仲間の一人である明にもする事で、本来部外者であった彼を過去の物語で一時的に介入させる事にも上手く機能してるようにも見えてしまいました。
・・しかしながらこんな感じで褒めちぎってはいるものの、それでも個人的に些か残念だった所もあるにはあり、終盤で登場した獣神化と呼ばれる形態になっているモンスターたちの扱いがそれですよねぇ^^;ゴッドストライクやアグナムートも登場すると知った時はそれもまたワクワクしたものですけど、フタを開けてみれば獣神化キャラの活躍はほぼ一瞬のみでこれは肩透かしw各属性モンスターのカッコイイ姿も辛うじて見えるみたいな感じだったのも尚更残念だったので、正直映像ではなくパンフレットの方でまじまじ補完するのはなんか違うな~とも思ってしまったのでした(汗


他にもレンの父親の所在と言うか生死みたいなのが映像と掛け合わせても自分なりにどこか咀嚼しきれない部分があったりで『もやっ』とするとこもありはしたのですが・・・まあそれでも総じて観た結果としてはやはり見応えはあった作品だったとも思いますね。映像は十分キレイでモンストバトルも迫力あり。ストーリーは真相も明らかになる完結編でもあると同時にエピソード・ワンでもあるからファンと初見双方の人が観てもバランスの良い内容にも見えるし、軸として描かれているレンたちの旅もジュブナイル作品の王道を行くような少年少女の成長物語を笑いあり涙ありで描いて純粋に感動も出来る気がする。あと一応映画好き(苦笑)の視点として見ましても、死体探しならぬ幽霊探しとか、線路づたいを歩いて進むレンたちの姿は本当に『スタンド・バイ・ミー』を彷彿としてるし、日常の中で遭遇する未知の存在や冒険の雰囲気も『グーニーズ』に似てるので、そういった名作映画のオマージュみたいなのをさりげなく盛り込んでいる所もなんか観てる最中ニンマリしちゃいましたね♪
モンスト初劇場版ながら個人的にはイイ出来映え♪なんかこれだけで終わって欲しくはないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP