【監督】佐藤信介
【出演】東出昌大/池松壮亮/菅田将暉/藤井美菜/川栄李奈/中村獅童/戸田恵梨香/船越英一郎/沢城みゆき/松坂桃李/松山ケンイチ/藤原竜也
【公開日】2016年10月29日
【製作】日本

【ストーリー】
デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。だが亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、警視庁内にはキラ事件に精通した三島創や七瀬聖といった捜査官たちを中心にデスノート対策本部が存続していた。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして“Lの正統後継者”竜崎が加わり事件解明に当たるが、その矢先、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する・・(movie walker)。
 
【感想】
こういったシリーズモノの続編や復活作が公開される度に月日の流れの早さなんかを感じてしまったりもする自分なのですが、このデスノートの映画1作品目も今からかれこれ10年以上前の事なのだと思うと、もうそんなに経過しちゃってるのかぁと・・どこかため息めいたものも出ちゃいますね。
・・そんな久々のシリーズ最新作であるデスノートですが、原作の方は映画に合わせて元々2~3度くらいしか読んでなかった『にわか』でもあったので、心なしか自分は楽しめた気持ちの方が勝ってはいたかな。・・・・かなぁ?^^;(汗

まあ漫画やアニメに限らず、原作ありきの実写化というのは熱を帯びたファンの方もやはり多いでしょうから大なり小なりの批判は避けられないでしょうし今回も色々物議醸してるんじゃないかなとは思いますけども、ことこのデスノートに関して自分は前述の通りにわか故の熱の低さも幸いしてか、本作はあーだこーだではなくどこかほうほう♪な気持ちでライトやL無き物語の展開を興味深く観ていた所もありましたね。確か六冊のデスノートの存在やLの後継者が現れたりする辺りは原作にもあったはずだとは思いますが、それでも捜査官の三島やサイバーテロリストの紫苑といった新キャラクターを主軸に添えてることで、懐かしさよりもどこか一新さの方が目立ち、そのおかげで大分オリジナル性の出たデスノートを巡る攻防が描かれてるようにも見えました。もちろん弥海砂や松田といった懐かしのキャラクターも登場したりはしてましたが、観た感じ10年前の出演者たちはそうあまりでしゃばる存在では無かったですね。

・・ただ本作の見所の一つに以前ライトとLが互いに見せていた頭脳戦などがありましたが、本作では新たに登場したキラの正体を追って行く他にも六冊のデスノートの争奪戦という側面もあり、そしてその争奪戦がなんというか、進行していくに連れてだんだんと出来レースのようにも見えてきてしまったので、頭脳戦においても争奪戦においても追い付き追い越せな感じの鎬を削る戦いにあんまり見えなかったのが今回は少し残念な所だったかもしれませんねぇ?
まあ本作の謎でもありますその新生キラの正体などには一応自分も驚いたりしたんですが、けどこれってただ単に自分がデスノートのルールとか仕組みとかその他諸々を単純に忘れかけていた事で生じた驚きなのかなとも思ったりで・・。見終わった後少し考えたりもしてみると、新生キラの正体とかも消去法で考えればなんとな~く察する事は出来るでしょうし、デスノートの所有権を放棄する事で記憶を失うトリックなども以前ライトが使用していた手口と似通ってはいるから、本当に考えればすぐ思いつきそうなものではあったかもしれませんね^^;。


あと他にも思うとこでは、竜崎とアーマを始めとしてデスノートを所持していた人物達の過程みたいなものが大分飛ばされているようにも感じてしまったので、唐突というか端折りが目立っていたように見えてしまってたのも引っ掛かりましたね。冒頭に外国のお医者さんがデスノートを半信半疑で手に取って本物だと理解するまでのあの一連の流れとかは邦画なんだけどなんか洋画っぽい雰囲気が醸し出されていて個人的には好きだったんですが、そのお医者さんも結果的にはあっさりだったからなぁ・・--;。結果どういう死神が見えたのかも不明だしで、そういったお役御免も急かさずにデスノートの所持者達をもっと絡めればデスノートの争奪戦もずっとサマになっていた気はするんですけどねぇ?10年前と同様に二部作にすれば物語もある程度纏まりが出来ていたのでは思ってしまい、興味深くも観れた反面粗もやはり少なくは無かった気がする。

『・・計画通り。』も正直なところ、イラッときましたw
原作も読んでアニメも全話見て、勿論、前作の実写映画3作品も観てる♪ 「デスノート後編」試写会&舞台挨拶」、「DEATH NOTEーアニメと実写映画後編」 少し前のドラマは、キャラ設定を変えても内容が同じな上に、あまりそそられなかったので1話しか見なかったけれど、今回、映画の前に公開されていたfuluだけの限定配信ドラマが、とーっても面白かったので、この映画も楽しみにしていたyo!!
突っ込み所はあれど、それなりに楽しめた。

コメントの投稿

非公開コメント

同感です!

メビウスさん☆
私は原作もアニメもすべて見ているまあまあのファンですが、結構楽しめましたyo
それでも3人のキャラを際立たせるため(だけ?)の筋書きと出来レース的展開は取ってつけたようになりましたよね。

なんだか勿体ない

>まだ~むさん♪

そうですねぇ・・せっかくデスノートも六冊あったのですから、三島・竜崎・紫苑以外にも活躍の場を多くして欲しかったというのが正直な気持ちでもありました。冒頭の外国人のお医者さんとかも積極的に参加してほしかったんですけどねぇ^^;。・・それとも続きを匂わしている分、次回に期待するべきなのか・・?

PAGETOP