【監督】デビッド・エアー
【出演】ウィル・スミス/ジャレッド・レト/マーゴット・ロビー/ジョエル・キナマン/ビオラ・デイビス/ジェイ・コートニー/ジェイ・ヘルナンデス/アドウェール・アキノエ=アグバエ/カーラ・デルビーニュ/アダム・ビーチ/福原かれん/他
【公開日】2016年9月10日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
世界崩壊の危機に、政府は服役中の悪党達による特殊部隊『スーサイド・スクワッド』を結成。命令に背いたり任務に失敗したら自爆装置が作動する正にスーサイド(自殺)な状況の中、愛するジョーカーのことしか頭に無いハーレイ・クイーンと、正義感も団結力もない寄せ集めの10人の悪党達は、一体どんな戦いを見せるのか・・・。
 
【感想】
マーベル作品群でも割と覚えるのが難儀なのに、今年の3月に公開された『バットマンvsスーパーマン(以下BvS)』から本格的に連動する物語として展開し始めたDC作品。またDC作品のあれこれ覚えなきゃならんのかなぁと言う辟易もややありはしたのですが、本作は正義の味方ではなく悪(ヴィラン)の集団で構成されたチームが活躍するという所が確かに今までに無かったような気もして面白そうだな~とは思ったのですが・・・・でも個人的にはあんまり面白くなかったですねこれ(汗

DC作品はマーベル作品以上に浅い知識しか持っておらず、それこそ良く知ってるのはバットマンシリーズやスーパーマンくらいであとは名前を聞いた事があるかないか程度のレベルなんですよねぇ、正直な所。・・なもんですから思い入れみたいなものも凄い薄いんですが、反面初見者としての新鮮な気持ちもあるにはありましたから、悪党達の人物や背景含めて脳内補完しようとも考えてたんですけど、本作はなんかそれを初っ端からくじかれた感じもした。
特に前半の悪党達の紹介辺りがやけに大雑把と言うか、要点だけ言って終わりみたいな説明が自分には妙に味気なく見えてしまったんですよねぇ?主要のヴィランが何人もいるからパッパッと手早く済ませたい気持ちも分からなくはないんですが、にしたってああいう紹介の仕方じゃ観る人の記憶にちゃんと残るのかなと少し疑問を覚えてしまう。スーサイド・スクワットを仕切るリックとジューン博士のロマンスもものの数秒であれよあれよでしたし、愛を育む過程が全然理解できなかったから終盤までもつれ込んでいたエンチャントレスからの救出劇も自分はどこか冷めた目線で観ていた気がする。
・・ただもう一組のカップルペアであるジョーカーとハーレイ・クイーンの方は過去の回想や言動諸々含めてのイカレカップルぶりが面白くもありましたが、それでも割と早くジョーカーが退場してしまったのでその時点でなんか自分も見所を一つ失ったかのような意気消沈ぶりになってしまった。今回のジョーカーを演じてたジャレッド・レトに関しては個人的に結構ハマってる感じもしましたし、もうちょっと辺りを引っ掻き回してカオスな状態にもして欲しかったので、その控えめな出演が少々残念でもありましたね。まあ最後のオマケ映像を見る限りだと次に備えての事みたいではあるようですけども・・。


とまあ、BvSのシリアスな路線とは異なり、悪の親玉の世界支配を悪の力でもって阻止する単純明快なエンタメに特化してる部分は見易くもあったけど、前述のようにやや急ぎ足な展開をして、それぞれが抱えてる背景なんかをちゃんと理解できていたかと言えばいささか首傾げだったかも。・・でも逆にとても印象に残ってるのはなんの活躍もせず早々に爆死したスリップノットというロープ使いのヴィランで、彼はただただ不憫だった(笑
あまり大所帯な軍団にせず、それこそ4~5人くらいの構成にすればもう少し各人を掘り下げる事も出来たろうし、スリップノットも活躍できたかもしれませんね^^;
大味ここに極まれり。1800円出して見るのは正直高過ぎ、1100円でも私には高い。たまにはケチョンケチョンも悪くないかと。 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC映画「スーサイド・スクワッド」作品情報 アメコミ系は見ないと誓...
ジャパンプレミアにて鑑賞。基本的なポリシーとして、試写会などで事前に鑑賞した作品については、(東京で)公開されるまではレビューをUPしないようにしているのだが(理由はいくつかあるけれど割愛)、本作ではハリウッドスター登壇にも関わらず写真撮り放題、会場での待ち時間にはレッドカーペット生中継など、主催者側の並々ならぬ意欲を感じたので、ご招待いただいたサイトへの謝意も含めてUPさせていただく。面白...
「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」に続く<DCフィルムズ>の3作目。スーパーマン亡き今、未曾有の脅威に立ち向かうのは誰か?米国政府高官アマンダ・ウォラーはタスク・フォースXの結成を決定する。死刑や終身刑を言い渡されている極悪人たちを、減刑を条件に危険な任務に送りだそうというのだ。もちろん裏切ることを想定して体内に超小型の爆弾を埋め込み、もしもの時に...
アメコミのド派手な悪党たちが集結 正義の味方が集結したアベンジャーズとは全く正反対、最狂のチームを描く 監督は、 「フェイクシティ」「エンド・オブ・ウォッチ」「フューリー」など結構ハードなものを撮ってきたデヴィッド・エアー。 お友達のお誘いでジャパンプレミア行ってきました〜 昔はよくレポしたけど、久しぶりで堪能してきた。 世界崩壊の危機に、政府は、服役中の...
何だろ?期待してた程じゃなかったかな。
DCの悪人(ヴィラン)版「アベンジャーズ」と言ったところの作品。コミックでDCと
14日の事ですが、映画「スーサイド・スクワッド」を鑑賞しました。 バットマンをはじめとするヒーローたちにより投獄され 死刑や終身刑となった選び抜かれた悪党たちが減刑と引き換えに スーサイド・スクワッド(自殺部隊)の結成を強制、命令に背いた者 任務に失敗した...
SUICIDE SQUAD 2016年 アメリカ 123分 アクション 劇場公開(2016/09/10) 監督: デヴィッド・エアー 『フューリー』 製作総指揮: ザック・スナイダー 脚本: デヴィッド・エアー 出演: ウィル・スミス:デッドショット(フロイド・ロートン) ジャレッド...

コメントの投稿

非公開コメント

本当の悪の権化は…

こんばんは。
これ、悪役軍団なはずなのに、みんな愛とか家庭とか過去の傷に縛られちゃって、人間味あふれ過ぎていたのが残念でした。
私は全体的にはまあまあ、だったのですが、そこがなんとも歯痒く…。
一番の悪党は、アマンダ・ウォーラーかと思います。あの冷酷な行動は、…彼女こそ悪の権化だよ。

800円が妥当かな笑

こんにちは。
トラックバック&コメントをありがとうございます。
個人的には面白くなかった、の言葉をよすがにマイナス感想の記事をトラックバックさせていただきました。
1800円どころか3人分5400円払ったことを思い出し、余計に腹の虫が納まらなくなってきましたわv-359

良い人多し

>ここなつさん♪

そうですねぇ。悪役軍団で本人たちも悪を自覚していたので、裏切り上等な二転三転の混乱ぶりも期待してたのですが、意外に皆良い人達でしたよね(笑)。ジョーカーも早々に退場しちゃいましたから、一番の悪・・というか、一番冷酷な感じに見えたのが確かにアマンダになってしまいました^^;

>ケフコさん♪

確かお子さんと一緒に鑑賞したんですよね。ケフコさんもマイナスの印象なだけに、やはり内容と料金が見合わない気持ちになってしまったようですね。自分も今回はいささか高い授業料だったかな~なんて思ってしまいました^^;
今度もし次回作が出たら映画館鑑賞はスルーしてしまうかもしれませんね?

No title

想像してたよりも大人しめの作品でしたね。
もっとはちゃめちゃに暴れてくれるのかと思ったけど。
ハーレイ・クイーンだけが株を上げたうなもんでしたね(苦笑)

No title

こんばんは〜メビウスさん
コメ&TBありがとうです☆

いやーちょっと期待はずれですよね。
プレミアでウィルとマーゴット見れたので文句もないんですが
あまりにジョーカーはすぐ退散するし。
キャラが活かされてない。
続編出ても見るか怪しいところです。いや見ないかも。

もうちょっとクレイジーなら・・

>えふさん♪

そうですよね。ジョーカーのようなイカれ具合を全員に望んではいませんでしたけど、それでも正義の味方には無い破天荒な暴れぶりが見たかった気もします。デッドプールの方がまだ良かったかも?
でもハーレイ・クイーンだけは確かにイイキャラでした。ホットパンツが個人的にセクシーでw


>migさん♪

migさんの指摘しているキャラの活かされていないとことかは、おそらく続編とかも視野に入れて少しずつ各キャラの魅力を引き出していく予定があったのかな~?とも考えましたけど、それでもやはり第一印象というのも大事ですし、この作品に関しては出し惜しみせず最初から飛ばして欲しかった気もしますね。
DC作品の次回作は、自分も周りの評価を参考にして手を出すか否かにしたいですね。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!

そうなんですよね、ジョーカー以外この作品に登場するDCのキャラクターを全く知らないので、なかなか感情移入することがしにくかったです。
もう少し色々作品を作ってから、キャラクターの総集合をするならいいのですけれど、ちょっと早まったかなという感じがしますね。

早過ぎた気がします

>はらやんさん♪

デッドショットやディアブロなど、ジョーカー以外にもかなり個性のあるキャラクターがいたのは確かなんですが、それでもやはり初見には厳しい気がしますね。DC作品もマーベル作品のような形を取りつつあるような感じなので、ホント焦らずに作品毎に本作のヴィランを小出しして、色んな人にある程度認知されるようになったら公開・・という風にした方が良かったとも思うんですけどね?マーベルの真似をしたくなかったとか?(汗

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
ハーレイ・クイーン目的だったので、そこには満足しています。
ただストーリーがイマイチ。
なんとなく全体的にノンビリしているなぁという印象を受けました。
もっとテンポ良く描いて、ハチャメチャな描写がどんどん押し寄せてくるような展開だともっと面白く見れた様な気もします。
続編作るのであれば大分改善する部分はありそうですね。

ヒロイン(?)は良かったです

>ヒロ之さん♪

ハーレイクイーンは確かに魅力的なヒロイン(?)でもありましたよね。ジョーカーのせいでかなり奇天烈な性格にもなってますが、ツインポニテは普通に可愛いですし、ピチピチのホットパンツ着用ですから、自分もどうしても自然と視線が下の方に集中していた気がします(笑

でもストーリーはホントダメでした。こういう作品はアベンジャーズのようにもうちょっと時間をかけて作って欲しいですね。

PAGETOP