【監督】ブライアン・シンガー
【出演】ジェームズ・マカボイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/オスカー・アイザック/ニコラス・ホルト/ローズ・バーン/エバン・ピーターズ/タイ・シェリダン/ソフィー・ターナー/他
【公開日】2016年8月11日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
1983年。文明が誕生する前から神として君臨していたミュータントの始祖でもあるアポカリプスが、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートーなど、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーXは、ミスティークらと共にその行動の阻止に挑むが・・・。
 
【感想】
特殊能力者『ミュータント』の戦いと苦悩を描いたX-MENシリーズも長いもので16年。これだけ長く続くと作品の記憶の欠如も相まってだんだんと付いて行けなくなるのでは~?なんて事を別作品のアベンジャーズとかで何度も言っちゃってる自分なのですが、それでもやはり実際は割と覚えてるもので(笑)、頑張って付いて行こうとしてる気持ちもある分シリーズに対して愛着みたいなものも生まれているからかもしれませんね。そんな自分も愛着あるX-MENシリーズ新三部作の完結編である本作も結構見応えがあって良かった♪

シリーズの集大成的なものでもあるので敵対勢力もこれまで以上に強大となり、今回は最古にして最初のミュータントと呼ばれるアポカリプスというキャラが登場。X-MEN原作は未読なので自分は初見なのですが、どうやらミュータントの能力を幾つも兼ね備えてる存在で、正に神のような全能ぶりでしたね。今までのシリーズでもこいつは間違いなく最強だって思っちゃうミュータントは数多くいましたけど、アポカリプスはそのビジュアルも含めて個人的にイイラスボス感みたいなのも出てたので、観てて結構好きなキャラだった♪それと自分を神と豪語してるせいか人間とミュータントをどこかちっぽけな存在のようにも見ており、差別や差異を付けていないように見えたのも今までのミュータントとは少し違った感じに見えましたね。

正義のミュータントであるX-MENメンバーの方もプロフェッサーXを中心に・・・と言いたいとこだけど、本作ではそのプロフェッサーよりもジェニファー・ロレンスが演じてる変身ミュータントのミスティークが筆頭になって活躍していたようにも見えましたね。プロフェッサーは捕まってる時間が少し長かったですし(笑)、ミスティークは最初期のメンバーであるビーストと一緒に若い世代のミュータントを引っ張っている姿が勇ましいと同時に成長したなぁ~とどこかしみじみな思いにも駆られてしまったw
若いミュータントメンバーも本作からジーンやサイクロップス、ナイトクローラーなど旧三部作で活躍した面々がこぞって登場してて、彼らの関係性が紐解かれていく過程も面白かったですし、あとその関係性なんかで言えば前作の『フューチャー&パスト』でも登場した高速ミュータントのクイックシルバー。彼とマグニートーとの繋がりも驚きですね。・・・・もっとも、二人の関係性については実はお知り合いのブロガー様にフューチャー&パストの時教えてもらっていたのを覚えていたので、正直言うと自分は『やっぱりか』というあっけらかんな気持ちだけだったりwそれに欲を言えばエリック=マグニートーのドラマは妻子の失った喪失や憎悪よりも、クイックシルバーやその母親を捨てた空白期間を観たかった気持ちもあるので、少ししこりも残ってしまった気がします。


・・それでも様々なキャラクターの過去や関係性、あと初期三部作との繋がりも感じさせる作りは丁寧にも見えましたし、ミュータントバトルもシリーズ屈指の激闘で、遠目から見るとちょっとしたディザスタームービー並でしたねwそういった迫力も含めて本作は最終章に相応しい内容でもあったかなと思った次第。・・まあとはいえ毎度お馴染みのオマケ映像を見る限りだと、これで終わるのではなくまた新たなストーリーを予見させるものでもあって、X-MEN自体は終わる気全くなさそうな雰囲気ではありましたね^^;


※そう言えば本作の予告編では頭がツルッツルになってるプロフェッサーにも目を引かれたのですが、その真相がまた凄かった。てっきり苦労してハゲたと思ってたのに、実は強制的にハゲさせられてて、その光景がなんか本作一番の衝撃でした。
時は1983年、人類最古のミュータントと言われるエン・サバ・ヌール(アポカリブス)が永い眠りから復活。エンジェル、サイロック、オロロ・モンロー(ストーム)、そしてエリック・レーンシャー(マグニートー)を従え、人類を浄化しようと企む。その頃チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)はハンク・マッコイ(ビースト)と共に、ジーン・グレイやスコット・サマーズ(サイクロップス)、カート・ワグナー(ナイ...
圧倒的VFXで見事な黙示録的、終末観がたっぷり。! 前作までを見て無かったり覚えて無くても充分楽しめるし、若きX-MENたちが集結していくあたりはワクワク度MAX!. でも最後に気が付けば『なぜプロフェッサーはスキンヘッドになったのか』をじっくり説明したという結論に。 別に年齢を重ねて年を取ったから禿げたんでも良かったんだけど・・・
エジプトで復活したアポカリプスに、X-MENたちが挑む!
  禿になってもマカボイさん、素敵〜
ストームって出身はエジプトなんやね。
前作『フューチャー&パスト』で感動的な大団円を迎えた映画「X-MEN」シリーズ。
「もうこれ系(DC、MARVEL)はいいや」と言っていた舌の根も乾かぬうちに本作を熱い気持ちで鑑賞するのは如何なものか?と我ながら思うのだけれど、「X−MEN」シリーズは本当に楽しみにしているのだから、しょうがない。「これ系」では次回作も観たい!と心待ちにするのは「X−MEN」ぐらいだ。今回も強烈に楽しかったし、満足である。とはいえ、楽しかったし、満足だったそのほとんどが、ワタクシ的に前作「...
X-MEN: APOCALYPSE 2016年 アメリカ 143分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2016/08/11) 監督: ブライアン・シンガー 『X-MEN:フューチャー&パスト』 製作: ブライアン・シンガー 製作総指揮: スタン・リー 原案: ブライアン・シンガー...
前作の X-MEN:フューチャー&パスト はNYで全米公開初日に飛び込んだら、凄げー面白かった。 その訳は、その時のアップから、 <IMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通常版3Dで鑑賞。 <劇場は満員、で初日なので、かなりX-MENに入れ込んでいる人たち。 <このため、ツッコミがかなりのシーンで入り、相当面白い。 <一番ビックリしたのは、ある人物の登場で、会場は拍...

コメントの投稿

非公開コメント

初日特典逃した…

こんにちは。
時間がとれず、初日に行けなかった…。お盆の喧騒が落ち着いたらビシッと観てくる予定です。7月から週末だけ中三近くで復活してるので、良かったら遊びに来て下さいね。

是非是非

>moulinrougeさん♪

ご無沙汰しております♪
連休も重なってるとはいえ、やはりお盆中はお墓参りとか色々やる事が沢山ありますからね。アポカリプスは個人的にとても面白かったので、やる事全部片付けて落ち着いたら是非是非鑑賞をば♪

それと期間限定ながら復活なされたようで、これは朗報ですね♪週末時間が合えば是非立ち寄らせて頂きますっ^^

強制的なハゲ

メビウスさん☆
私もてっきり苦労して禿げたと思っていましたよ。
まさか最終的にそこだけ転移したっていうのも・・・(爆)
今回はミスティークがほぼ主役を張っていましたねぇ。

No title

やはり一番の関心事はプロフェッサーがどうやって禿になった?ですよね(爆
凄く楽しみに、劇的な瞬間?かとおもったけど、、、
意外とあっさりすんなりとつるっぱげになっちゃって・・・
あれ?ってな感じでした(爆
でも物語のほうはSWのように旧3部作と繋がってよかったです。

悲痛

>まだ~むさん♪

やっぱり若い時にミュータントの問題とかで色々気苦労が多く、ストレス溜まって結果的に頭部が後退気味に・・・と思ったんですが、実際は凄い禿げ具合でしたねwしかも一気に^^;でも転移の後遺症でああなったという事が分かっただけでも良かった気がします。


>えふさん♪

ファーストジェネレーションの時に『将来的にハゲるかも』なんて事をプロフェッサー本人が冗談まじりに言ってましたけど、その経緯はあんまり笑えない感じでしたね。でもアポカリプスが転移する際のプロフェッサーの叫びが『うお~っ!!ハゲる~!!』という悲痛さに見えたのは自分だけでしょうかね?^^;

No title

思えば1作目から一番変わったのはミスティークかもしれませんね。最初は「悪役の1人」くらいのポジションでしたが、ジェニファーが演じて「悩める乙女」みたくなってからはキャラの深みも人気もグングン上がっていった気がします。
ご存知かもしれませんがマカボイ君の剃り落された毛はブライアン・シンガー監督がひそかに保存しているそうです。アイドルの触ったものを記念に持ち帰るようなものか? それって職権乱用では?

マグニートーとクイックシルバー

こんにちは。
マグニートーとクイックシルバーの件ですが…。
あのさなかに、マグニートーを止めるために息子だって告白しちゃえよ!と、私は心の中で思っていたのですよ。
でも、現実的に考えたら、あの位の大きななりをした青年が突然「息子です」ってやってきたら、普通なら色んなことを考えて超警戒すると思うので、コクらなかったクイックシルバーの判断は正しく意外と大人なのだな、と思いました。

色々妄想してしまいますが・・

>SGAさん♪

自分もミスティークは『ファイナルディシジョン』の旧三部作辺りまではマグニートーの部下という印象に留まっていましたけど、新三部作からはヒロインというか、女性主人公ぽい重要なポジションも任されて色んなキャラクターとも密接に絡んでいたので、そんな彼女の成長を見るのも新三部作は楽しかった気がしますね。

でもマカヴォイの髪の毛をシンガー監督が保存してるって初耳ですよ^^;断髪式の際の髪の毛はやっぱり特別なものなんでしょうかね?(笑


>ここなつさん♪

クイックシルバーは最終的にカミングアウトしないまま終わってしまいましたけど、それでもあの大変な状況でもし告白してたらどうなっていただろうか?という妄想もしてしまいますね。・・でも磁力のバリア張ってる最中に「父さん!」とか言ってしまったら、ふざんけんなって感じでガレキの山をぶつけられてしまうのが関の山かもしれませんねぇ。
やっぱり言わない方が良かったのかも・・^^;

こんばんは!

メビウスさんこんばんは!
同じく、私も年老いたからハゲたのかと思ってました。
まさかそういう経緯で、てか仰るように強制的かいって驚いちゃいましたよ^^;
物語性重視の最終作でしたが、次へきちんと繋ぐ様に上手く纏めた感じはしましたねぇ。

本当に苦労してますねw

>ヒロ之さん♪

確かファーストジェネレーションでも、苦労しそうで将来的にハゲるかも?なんて本人が危惧してたシーンがあったので自分も本当に老いも含めて徐々に・・とかそういう身体的な事が原因だとも思ったんです。でもフタを開けたら神様ミュータントが無理矢理って感じでしたねw
・・でもまあそれもある意味苦労の内の一つと言えばいいのでしょうか^^;

PAGETOP