【監督】ジョディ・フォスター
【出演】ジョージ・クルーニー/ジュリア・ロバーツ/ジャック・オコンネル/ドミニク・ウェスト/カイトリオーナ・バルフェ
【公開日】2016年6月10日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼いでいるTV番組「マネーモンスター」。番組ディレクターであるパティはセットの陰に潜む不審者に気がつく。突然鳴り響く銃声。犯人が銃を手にリーを人質にとり、番組がジャックされた。株の情報操作が意図的に行われ、全財産を失くしたとTVを通じて視聴者に訴える犯人。その原因は数日前のO.Aでリーが発した情報だった。犯人の主張の中でリーは自分自身も誤情報を無自覚にタレ流していたことに気づく・・・。
 
【感想】
ジョディ・フォスターの監督作も随分と久しぶりな感じだったので、そんな興味本位の鑑賞(と言っても監督作はたった一作しか観てないんですけど・・^^;)。ウォール街でのある株の大暴落を発端として起こった財テク番組での人質事件を描いている本作ですが、一触即発な状況や奇妙な株の暴落の真相に迫る様などはとても緊迫感に富んでいて、自分は結構イイ作品だったと思いましたね。

こういったウォール街が舞台な作品だと大抵金融や投資などが絡む内容になってるようにも見えますし、正直株関係が全く分からない自分にこの手の作品は社会派モノと双璧を成すくらい苦手な感じではあるんですけども、ジョディ・フォスター監督の本作はそういった投資関係を題材としながらも割とすんなり入っていけるようなサスペンス内容にも仕上がっていて、エンタメ的に見ても面白かったように見えました。・・まあ投資のいろはや知識があればより深く楽しめるのかもしれませんが、自分のようにあまり知らないなら知らないで、リーとカイルの凄いピリピリするやり取りとか、リアルタイムのように同時進行してた8億ドル消失の謎を追う展開に見応えを感じるんじゃないでしょうか。番組内に突如乱入してきたカイルなんかも最初からご立腹状態でしたから、怒りにまかせて馬鹿なことをしてしまうんじゃないかという危なっかしさみたいなのを常にはらんでいて、それが余計スクリーンから目を離せないような感じにもしてたんですよねぇ。だから前半はとても張り詰めた雰囲気なんかがあって好きだった♪
また個人的に今回の事件の黒幕がかなり分かり易かったってのも逆に良かったかなぁみたいな?(笑)。劇中でも言ってましたけど消えた8億と同時に音信不通のCEOと、こいつだろ絶対みたいな材料が結構前から出揃っていて、その結果もあんまり捻る事無くだったから然程小難しなかった印象。後半はパティを中心とした番組スタッフの連携なども非常にテンポが良かったので、ジワジワと諸悪の根源を追い詰めていって証拠全部突き付けて言い逃れできなくしていく辺りもなんだかスカッとしましたね。・・・もっとも最後の最後はちとお通夜モードになってしまいましたが(汗


あと出演者の中ではジョー・ジ・クルーニーとジュリア・ロバーツの二人がやはり一際目立っててさすが大スターの貫禄十分といった所っ♪『オーシャンズ12』以来の共演なんだそうですが、劇中でも本当に二人のやり取りは呼吸が合ってるように見えて素晴らしかった。ジュリア・ロバーツが演じるパティもリーをほぼ裏方で支えてた感じでしたけど、それでも非常に存在感ある役所でしたね。
ジョディー・フォスター、久々の監督作品である。個人的な印象だが、ジョディー・フォスターは映画界でのインテリ女性の最右翼であり、だからと言ってお高くとまっているとか、とっつきにくいとかいう印象は私にはなく(まあ、知人であるわけでもないからその辺の信憑性は確かめようもないが)、普通に感じの良いインテリ女性で応援したくなる。これまでの女優としての出演作品も「羊たちの沈黙」などアカデミー賞を受賞した...
 『マネーモンスター』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)ジョディ・フォスターの監督作品と聞いて、映画館に行ってきました。  本作(注1)の始めの方では、「今日もファイバーの間を飛び回っている。儲けたければ人より早く飛び回ることだ」、「アイビス株が大幅に...
【概略】 TV番組「マネーモンスター」が生放送中にジャックされた。犯人は番組が株の情報操作を行ったと主張し…。 サスペンス 軽めの司会者(ジョージ・クルーニー)の進行する株価トレンド予想番組に乗せられて全財産を失った若者が、絶望し、番組の生放送中に司会者を人質にとって立て籠る。ほぼ劇中時間とリアルタイムで進行する緊張感と株価暴落の真の理由が徐々に明らかにされていく演出が面...
MONEY MONSTER 2016年 アメリカ 95分 サスペンス PG12 劇場公開(2016/06/10) 監督: ジョディ・フォスター 製作: ジョージ・クルーニー 出演: ジョージ・クルーニー:リー・ゲイツ ジュリア・ロバーツ:パティ ジャック・オコンネル:カイル ドミニク・ウェ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは!私もですね、これいい作品だったと思いますよ~。
小難しい事を説くのではなく、伝えたい事を伝えたジョディ・フォスターは良かったと思います。
TBさせていただきます。

サスペンスもなかなか

>ここなつさん♪

ウォール街が舞台ともなるとどうしても固定観念のように金融関係がちらついてしまうのでそういった懸念もあったのですが、それでも思った以上に見易かったのが良かったですね^^
人間ドラマを扱った内容が持ち味にも見えたジョディ・フォスターでしたけど、サスペンスも手堅くて幅広くこなせるんだなとも思いました♪

こんにちは

金融問題とか難しいので…と疎遠にしなくてもいい
金融サスペンスでしたね!
そうそう、黒幕がわかりやすいのが(笑)
そしてちらちらうつってた中国人が、あいつがプログラマーかと。
映画演出的にカイルになんだか同情しちゃうような描き方になるので、そこはやはり重くなっちゃうけど、
最後のジュリア・ロバーツの一言で、切り替えられましたね

映画の中だけとは限らないかも

>makiさん♪

ウォール街と聞くだけで少し抵抗感もある自分ですが(笑)、本作はサスペンス劇としてとても面白い内容でした。

黒幕はなんかねぇ・・^^;二転三転な展開も想像しましたけど、ほぼ予想通りな犯人で落ち着いた辺りは良くも悪くも堅実。
でも株や投資も今はデジタルが主流の昨今、ああいう抜け道みたいなのを利用して悪事を働く人は多分現実にもいそうな気がしますね。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
展開そのものが間延びせずテンポ良く最後まで続くので一定の緊張感を持って見れる作品でした。
最後の視聴者の感情は理解できますね。
私でも同じようなリアクションをしていたと思います。
株は一切やったことないので、その辺の知識は無に等しいですけど、見応えのある内容でした。

視聴者目線

>ヒロ之さん♪

先入観のようなもので最初は小難しい内容だとも思ってたんですが、全然そんな事は無かったですね。確かに間延びやダルさをあまり感じませんでしたし、張り詰めた緊張感なども見入ってしまう要因の一つ。でも最後は辛い・・(汗
観てる自分たちもどこか視聴者の目線になっていた気がします。

PAGETOP