【監督】ティム・ミラー
【出演】ライアン・レイノルズ/モリーナ・バッカリン/エド・スクレイン/T・J・ミラー/ジーナ・カラーノ/ブリアナ・ヒルデブランド/ステファン・カピチッチ
【公開日】2016年6月1日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
タクシーに乗って目的地へ急ぐ全身赤いコスチュームの男。彼は運転手に自分の名前を「デッドプール」だと告げる。到着したのはハイウェイの上。デッドプールはそこで宿敵への復讐を果たそうとしていた。
そこからさかのぼること2年。ウェイド・ウィルソンはかつて特殊部隊の有能な傭兵だったが、第一線を引退。好き勝手に悪い奴をこらしめ、金を稼ぐヒーロー気取りの生活をしていた。そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ。最初のベッドインがあまりに完璧だったため、彼らは一年間の同居を経て結婚を決意する。だが幸せも束の間、ウェイドは原因不明の痛みに襲われ、全身にガンが転移していると診断されてしまう。激しく落ち込むウェイドに声をかけてきた男がいた。末期ガンが治せると聞かされたウェイドは、その男の誘いである施設へ連れて来られるが、そこでは余命宣告された者たちに人体実験が施され、戦闘マシンとなって売られるという恐ろしいプロジェクトが進んでいた・・・。
 
【感想】
最近のマーベルはアベンジャーズ側のキャラクターの作品が少し多めにも見えましたから、X-MEN側のキャラクターの新しい作品はなんか久しぶりな感じにも見えてしまいますねw・・と言っても本作の主人公であるデッドプールというキャラクターは『ウルヴァリンZERO』にも出ていた既出キャラクターでしたけども、どうやら出で立ち諸々含めてこっちの方が本来のデップーらしく、何と言いますか・・正義の味方にもならずかといって悪者にもならずな彼の立ち位置には確かに妙な魅力もありまして、人気者になっているのも少し分かる気はします^^;

人体実験で醜くなった容姿を治してもらうついでに諸悪の根源をぶちのめす・・と言った内容だけを聞く限りでは至極単純な作品ではあるんですけども、本作の面白さを押し上げしているのはやっぱりデッドプールが見せる今までのヒーロー像(?)にはまらないような異色さに寄る所が大きいのかもしれませんね。とにかくまあ全編に渡ってマシンガンなトークでお喋りが殆ど止まらないし、過激な下ネタも全開だから当然R指定。あとなんか鑑賞してる『こっち側』にも普通に干渉してくるし、際どい映画ネタもあれば自虐ネタもありでと、もう何でもありみたいな感じに(笑
実在している映画俳優さんなどの名前を惜しげもなく出して笑いを取ったりするやり方などもパロディ作品とかでよく目にする事はあるんですが、そういうのをまさかX-MEN作品でバンバンバーンなオンパレードで見る事になるとも思わなかったから、個人的にはそのギャップみたいなものも珍しいなと思ったんですよねぇ。シリアスさをなるべく廃したお笑い要素の多いX-MENシリーズみたいにも見えて素直に笑えて面白かったですし♪けどそれでいてアクションもちゃんと本格的で迫力もあったりすれば、実は恋人のヴァネッサとのロマンスの方もかなり力が注がれていたりと、おふざけ一辺倒じゃないバランスの良さも自分は結構好印象だったかなぁと。
惜しむらくはデッドプール以外のキャラクター・・・それこそコロッサスやメガソニックなんかにちょっと魅力を感じなかった事で、悪役のフランシスとエンジェルも同様だったかな?
良くも悪くもデップーの一挙手一投足が、他のキャラクターの存在を薄めてしまうくらいにインパクトが強かったのかもしれませんねぇ?


お下劣さもグロさも割と遠慮の無い描写だったので不快さは微塵も無い・・・と言えばそれは嘘になりますが、けれども同時に『デップー行きまーすっ!』とかきりもみ回転からの体術アクションなど、ユーモアやカッコ良さもきちんと備わっていたし、ツボにハマッた箇所も多かったので自分は概ね満足っ。まあ語りかけは時折ウザイ時もあるけど、それもまた観続ければだんだん慣れてくるんでしょうか(笑
・・そう言えば本作の最後でもマーベル作品お馴染みのオマケ映像ありましたが、これは今回凄い面白かった。次回作の事をこうも可笑しく茶化しながら宣伝出来るのはマーベルの中でもデップーだけかもしれませんね。続編結構楽しみかも。
 
死にかけ〜死に賭け〜死の賭け→DEADPOOL!  
  母の怪我のため、少し更新出来ず・・・・。いくつか作品は観たのですが、結局記事にもせずさぼってしまいました。6月に入って第1段はこの作品。 AKIRAVOICEの晶さんからマーベルにしてはちょっと変わっていて面白いと聞き、早速鑑賞してきました。赤い衣装に身を包...
「グリーン・ランタン」でヒーローとしては大コケしたライアン・レイノルズが起死回生。 茶目っ気たっぷりの無責任なヒーローは、正義を振りかざして、一般市民を巻き込み被害を大きくして、無限大のテーマに自らの首を絞めることがない。
  デッドプール(2016)アメリカ 原題:Deadpool 監督:ティム・ミラー 脚本:ポール・ワーニック / レット・リース 出演:ライアン・レイノルズ  / モリーナ・バッカリン/ エド・スクライン/ T・J・ミラー /  ジーナ・カラーノ/ ブリアナ・ヒルデ...
マーベルコミック原作でもこちらは「X-MEN」シリーズのスピンオフ。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』にも登場していたとのことだけど、このときは意識していなかったのでほとんど覚えてなかったりして・
2016年も続く怒涛のアメコミ映画ラッシュ。そしてついにマーベルきっての異端児と
かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイド・ウィルソンは、今は金を貰ってチンピラを制裁する自警団のような生活をしていた。そんなある日売春婦のヴァネッサと出会って意気投合、同棲生活を経て結婚を意識するようになる。しかし突如ウェイドを襲った末期がんの宣告。そんな余命幾許もないことを知ったウェイドに「末期がんを治せる」と接触してくる謎の男。彼はヴァネッサを悲しませまいとしてその誘いに乗り、彼女の前か...
マーベルのヒーローだと言うから、いずれ「アベンジャーズ」に参加してくるのかと思っ
今更ながら「デッドプール」なのである。評判が良いのは知っていたが、なんだかんだで観る機会を逸し今日まで来てしまった。元々が別にライアン・レイノルズ好きではなかったというのも一因かもしれない。だが、ライアン・レイノルズは予想以上であった。セクシーでイケメンでパーフェクトな肉体美を持っているのだから、もうこんな役にひっちゃきにならなくてもいいのでは?と思ってみたが、嬉々として(という風に見える)...
DEADPOOL 2016年 アメリカ 108分 アクション/ヒーロー/コメディ R15+ 劇場公開(2016/06/01) 監督: ティム・ミラー 製作: ライアン・レイノルズ 製作総指揮: スタン・リー 出演: ライアン・レイノルズ:デッドプール/ウェイド・ウィルソン モリーナ・バッカリン:ヴァネッサ エド・スクライン:エイジャックス/フランシス T・J・ミラー:ウィーゼル ジー...
下品でくだらないだけれど、面白い。
アメリカで驚異的に大ヒットを記録!オープニング興行収入はなんと興行主史上最高の1億3,000万ドル!(150億円)そんなに受けた理由は何なんだ?!というわけで、早速チェック! 出だしから大バカぶりをかましまくる主人公は、ウルヴァリン系不死身の身。敵をバッタバ...

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです!

なかなか面白かったですね。これをヒーローと呼ぶのか?!
非常に自己中なキャラでしたが(笑)おっしゃるようになぜか憎めないキャラでした。あの高い声に喋り方もなんか変でしたが。
続編は一体どんなお話なるのか?興味深々です。

独特

>mezzotintさん♪

X-MENの中でもと言うか、マーベルキャラの中でもとても独特なキャラクターのように見えましたね。自分勝手で言動も過激でしたけど、やる時はきちんとやる感じで、ヒーローじゃないとも頑なに言ってましたが個人的にはやっぱりカッコ良かったですね♪

異色のヒーロー

メビウスさん☆
ちょっと毛色の変わったところがやっぱり人気の秘密なのでしょうね。
というか、正義一辺倒で戦うアメコミヒーローにいささか皆飽きてきているのかもしれないです。
X-メンのときのデップーよりぐっと魅力的ですよね☆

No title

ご無沙汰しております。
まぁ、お喋りなヒーローが登場したものですね。
ライアンが思いのほかハマってました。
痛快なアクションとロマンス部分がいい感じなのがポイント高かったです。

代表作となれば

>まだ~むさん♪

アベンジャーズのヒーローたちもデップーに劣らない個性的なキャラクターばかりですけども、共通してるのは各々が正義のために戦っている感じがあるとこですよね。ただデップーにはそういう善悪の判断で左右されるような行動が無かったように見えましたね。・・まあ単純に見れば自分勝手なんですけども、そういうとこが確かに今までにいなかったヒーロー(?)ぽく見えて人気があるのかもしれませんね?


>pu-koさん♪

ご無沙汰しております♪
自分は今回吹き替え版で観たのですが、その吹き替えからでも理解できるマシンガントークは少々圧倒されるものもありますね^^;ライアン・レイノルズはジェシー・アイゼンバーグと同じくらい早口になっていたかも?(笑

他の出演作がイマイチとも聞いてるので、このデップーがライアンの新しい代表作になればいいですね。

こんにちは

デッドプールってキャラは知らなかったのだけど、異色ながらお茶目で愉快で楽しめました。
ここまで茶化されるとエログロゲヒンもOKってもの。

シリアスに戻るけれど夏の「X-MEN」本編も楽しみです!

No title

いつの間にか復活されてたんですね(汗

すげーうるさいキャラだけど、
ま、こういうキャラということでどこか許せるかな~と(苦笑
肩を張り詰めたアメコミばっかりだったんでそう苦にもならかならなかった・・・
けど、やっぱうっせー(爆
もうちょっと口数が少ないとクール?!なのにね(苦笑

確かにうるさい

>たいむさん♪

X-MEN側も一応要所にユーモア色々入れてる事もあるのでシリアス一辺倒ではないとは思うんですが、それでもここまでお茶らけたキャラはいませんでしたよね。お下劣な言葉も主に例え話に多用されていた感じでしたが、正直言うと自分あんまりよく分かっていませんでした^^;(汗


>えふさん♪

実は五月末に復活していました(笑)。改めて宜しくお願い致します。

ユーモア交えたデップーのマシンガントークは時に面白くもありますが、それでも矢継ぎ早なので聞いてる側としてはちょっと早過ぎて追い付かなかったり、えふさんのようにうっせー!と耳障りになってしまう人もやはりいるんじゃないかとは思いますねw
初見なので自分も圧倒されたとこがありましたけど、何度も見れば次第に慣れてくるのかもしれませんね?地上波でいつか流れて欲しいものです。

復活おめでとうございます

たしかにこの映画の欠点は悪役がちょっと弱すぎたところかもしれませんね~ フランシスの相棒のエンジェル・ダストさんの一瞬のデレにはハートを撃ち抜かれましたが
次回作にはケーブルも出るとのことですが、これまた日本人にはなじみの薄いキャラ…と思ったら彼マーブルVSカプコンに出てました。メビウスさんはマブカプやったことある?

派手なのを想像してしまう

>SGAさん♪

X-MENの敵とかってやっぱりミュータントも多いだけに、どうしてもそのミュータントの能力を駆使した派手なバトルを想像してしまうんですよね^^;だから今回の感覚が無くなったフランシスとか腕っぷしが凄いエンジェルとかを見ると『少し物足りないな・・』という気持ちも正直ありました。マーベル作品も結構アクション過多になってる部分もある感じなので、それにちょっと毒され過ぎかもしれませんねw

そう言えばデップーの次回作にはドルフ・ラングレンを起用するとかなんとか言ってるケーブルなるキャラクターが出るともほのめかしていましたが、ゲームのマブカプに出てたんでしょうかね?自分は初期のマブカプしかやった事なかったので、分かりませんでしたね(ちなみにアイアンマン使ってました)。

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!

こういうパロディっぽいのが堂々とできるのも、本家ならではですよね。
続編では他のキャラクターともっと絡んでくれるとおもしろそうですね。

またウザそう

>はらやんさん♪

マーベルキャラクターはもう映画の方から知り得る方が多くなってきましたので、ビジュアルも含めてデップーの善悪に判断されない性格とか色々面白かったですよね。
でも続編でもまたウザイ絡みが増えそうwデップーと相性がイイマーベルキャラっているんでしょうかね?(汗

こんにちは

こんにちは。いまさらーなTBを勝手につけさせていただいたのに、弊ブログにご訪問下さってありがとうございました。
私、デッドプールがタクシーで復讐にのりつけ、二度目はせっかく準備した銃器をまんまタクシーの中に置き忘れる、という所が、彼のキャラを象徴しているようで大好きです。
とはいえ、ライアン・レイノルズは別に今でも好きではないのですが(笑)。

うっかり

>ここなつさん♪

あんなに大量に武器を持参したのに、肝心な時に忘れてしまうって言う『笑い』を取りに行く辺りも、既存のマーベルキャラとは異なる天然さがありますよね^^;・・まああの時は本当にど忘れしてたんだと思いますが、そのうっかりちゃんなとこがまた面白くもありましたね。

ちなみに自分もライアン・レイノルズはあんまり好きな俳優さんではないかもですね。いや、好きというよりあんまり気にしていない俳優さんと言った方がいいかもしれません(汗

こんにちは!

メビウスさんこんにちは。
悪ふざけが過ぎるんですけど、キャラクターがユニークで好感が持てるから、逆にその悪ふざけな部分が楽しくも思えました。
字幕と吹き替えだと言葉が全然違ってて、何時も通りに吹き替えで見てましたが過激さが出ていて聴いてて面白かったです。

ファ○クばっかりな気がします

>ヒロ之さん♪

デッドプール自体がどこかふざけたキャラのような存在でしたから、過激発言や悪ふざけなノリも彼が行うと良い意味でハマっていた感じもしますね。だから楽しく観れたのかなぁとも思ってしまいます^^

自分は吹き替えしか観ていませんでしたが、声優さんもプロ起用でしたから鼻に突くことなく面白かったですね。字幕だと多分ファックを連発してたんでしょうねぇ~w

デップー行きまーすっ

これで下ネタがなかったら最高なんですけど…
お下劣はいいけど下ネタがなあ。
吹き替え&字幕でみたので、尚更面白さが倍増してました。
こちら側に話しかける手法やOPの手抜き加減、冒頭の映画ネタバレなど、とにかく会話が楽しい作品でした
でもきちんとヒーロー誕生も描いている。
デップーにはこのまま「世界守るってなんだっけ」を貫いて欲しいな。両手で守れるくらいの範囲のヒーローを目指す感じで。

慣れる他なし

>makiさん♪

マーベル作品のヒーロー達にも『アイアンマン』のトニーのように少々ふざけている人物もいますけど、基本はしっかりと正義の味方やヒーローらしい行動はしますよね。けどデップーは自分主義のようでもありましたから、そのやりたい事だけやるみたいな性格も含めて自分も観てて好感がもてましたね。・・まあでも確かに下ネタとかは自分も全部が全部ガハハと笑えたものではありませんでしたが、それが薄味になるとこの作品の良さもまた薄れてしまうでしょうから、付き合うにはやはり慣れるしかありませんね^^;

PAGETOP