【監督】サム・メンデス
【出演】ダニエル・クレイグ/クリストフ・ヴァルツ/レア・セドゥ/レイフ・ファインズ/モニカ・ベルッチ/ベン・ウィショー/ナオミ・ハリス/デビッド・バウティスタ/アンドリュー・スコット/他
【公開日】2015年12月4日
【製作】イギリス、アメリカ

【ストーリー】
少年時代を過ごした ”スカイフォール” で焼け残った写真を受け取ったボンド 。その写真に隠された謎に迫るべく、Mの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは殺害された悪名高い犯罪者の元妻であるルチア・スキアラと出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは国家安全保障局の新しいトップ、マックス・デンビがボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニーやQの協力を得つつ、スペクター解明のてがかりとなるかもしれないボンドの旧敵、Mr. ホワイトの娘マドレーヌ・スワンを追う。
死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫る中、ボンドは追い求めてきた敵と自分自身の恐るべき関係を知ることになる・・・。

【感想】
そう言えば今年は偶然にもトム・クルーズのMIシリーズだけではなく、他にも単独の良作スパイ作品がポコポコと出ていた気がしないでもないんですが、そんな2015年最後のスパイムービーの締め括りとして007最新作が年末間近に公開されるというのはどこか上手い配慮のように思えてしまいますねw
そして今回も派手なアクションと濃密なストーリーがきちんと両立していて、さすがはスパイ作品の真打といった所っ。とても見応えがあったと思います♪


ダニエル・クレイグになってからの007の特徴と言えば従来の一話完結型みたいなスタイルとは少し異なり、お話が連続してもいたのでどこか壮大な一つの物語にも見えてしまうのですけど、今回はその物語にも一応の決着が付くような内容になっていますね。一作目からその存在をちらつかせ、本作では遂にタイトルとして大々的に出てきたスペクターという犯罪組織が登場し、長く続いてきたボンドの戦いもようやく終わるのかと思いながらも観てたら、両者の追い詰め追い込まれな攻防とかはやはりずっとワクワクが止まらなかった感じでもあったかなと。
・・まあと言いましても、007シリーズをピアース・ブロスナンからスタートしたにわかな自分にとって実はそのスペクターは初耳であり、それ以前のシリーズにも出ていた組織だと知ったのは本タイトルを知って大分経ってからの事(汗)。それと今回の作品では過去のシリーズに肖ったシーンも何かと多いと聞き及んでいるんですけども、スペクターの登場もその内の一つなんでしょうね。自分が知っているオマージュ・・と言えばいいのかはちょっと疑問ですが、せいぜいボンドが銃口に向けて振り向くお馴染みのシーンくらいなもので、そう言った点も踏まえれば本作は楽しめるべき部分を大分取りこぼしているんじゃないかとも思えますね(汗

ただモチロンオマージュ云々知らなくても凄い楽しめたのも然りで、冒頭のパレードでの激しい追走劇にはじまり、カーチェイスはアストン・マーティンとジャガーによる高級車対決。雪山のバトルも圧巻だったし、スペクターを率いるボス・オーベルハウザーとボンドの因縁なんかも二人の幼少期の関係を垣間見ると、血は繋がらず他人なれどどこか兄弟対決の様を呈しており、幾度となく対面する場面などもかなり胸が熱くなるものばかりだった。
オーベルハウザーを演じていたクリストフ・ヴァルツの存在感も抜群でして、ダニエル・クレイグ版ボンドのラスボス・・かは分かりませんが、それでも過去三作の悪役とはまた違った大物感が滲み出ていたような気もする。表面上は紳士ぶっていたけど不意に見せる冷酷な面がとてもゾクッとさせるものがあり、「すげー最低なヤツだっ!」と思いつつも組織のトップに君臨する絶対悪的な魅力も光っていたので、どこかあんまり嫌いにはなれなかった^^;
過去作品のスペクターの事は分かりませんけども、組織体系とかオーベルハウザーの雰囲気とかは色々似てたんでしょうかねぇ?やっぱりスカイフォールを予習するよりはスペクターが出てた過去作品を予習した方が面白かったかもしれませんね?


・・自身の過去ともきちんと向き合い、最愛の女性の無念も組織撲滅という形で一応は晴らし、そして敬愛する上司の最後の任務も全うしてと、終わってみれば諸々終止を打った事で後腐れの殆どないスカッ!とした〆にも見えた本作。なもんですから、ダニエル・クレイグ版ボンドの総決算と言っても差し支えないかもしれませんね。
まああと一作だけやるとかやらないとかの噂も聞いてはいますけど、個人的にはこれ以上ないくらいのフィナーレにも見えてしまったのでもう満足っちゃ満足ですね。いやはや、結果的に四作全てハズレがありませんでしたよー(もう終わる前提w)。
平成27年12月2日(水)。 映画:「007 スペクター」。 監  督:サム・メンデス 音  楽:トーマス・ニューマン 主 題 歌:サム・スミス キャスト: オーベルハウザー:クリストフ・ヴァルツ ジェームズ・ボンド:ダニエル・クレイグ エム:レイフ…
「007」シリーズの第24作目であり、ダニエル・クレイグのジェームス・ボンドでは4作目となる。前作『スカイホール』の直後であり、時代(世界情勢)の変化と世代交代というハードルを蹴倒して、先代Mの遺言ミ
[007スペクター] ブログ村キーワード  ダニエル・クレイグ、4度目のボンドに。挑むのは過去最大の敵?!「007 スペクター」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ最大の興奮を引っさげて、いよいよ日本上陸です。でも、いつも思うのですが…、何で日本公開は遅いのさ!  “死者の日”の祭で賑わうメキシコシティに現れたボンド(ダニエル・クレイグ)は、大立回りの末に標...
先行上映27日のお昼。平日金曜日だったからまだゆ〜ったり見れました。 そもそもは「レイヤーケーキ」でハマってダニエルクレイグは大好物なわけです。(≧∇≦*) ただ、007に関しては、ボンドガールよりも自分のムキムキを自慢してますね〜。 何作目だったか、海か...
映画 「007 スペクター / Spectre(原題)」の感想です。 下記のストーリー詳細は、Yahoo!映画などのエンタメサイトから引用しています。 映画「007 スペクター / 原題:Spectre 」 ストーリー詳細 少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取った...
ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じる「007」シリーズ第24作です。
 イギリス&アメリカ  アクション&サスペンス  監督:サム・メンデス  出演:ダニエル・クレイグ      クリストフ・ヴァルツ      レア・セドゥ      レイ ...
おさらい観賞した甲斐がありました。まさかのシリーズ4連作だったとは!クレイグボンドは常に今までにないサプライズを見せてくれます。以下ネタばれ注意ですよ〜! SPECTRE(c)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights res...
映画「007 スペクター」を鑑賞しました。
見た目の見応えはあるが中身はそれほどでも。  
【SPECTRE】 2015/12/04公開 イギリス/アメリカ 148分監督:サム・メンデス出演:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイヴ・バウティスタ、アンドリュー・スコット、ロリー・キニア、イェスパー・クリステン...
かつてこんなにセクシーな007があっただろうか? 勿論ボンドガールが美人でセクシーなのは今までも今回もそうなのだけど、007自身がこんなにもセクシーだなんて・・・・
はやいものでダニエル・クレイグの007ももう4作目。最初の『カジノ・ロワイヤル』
監督 サム・メンデス 主演 ダニエル・クレイグ 2015年 イギリス/アメリカ映画 148分 アクション 採点★★★ 高級スーツに身を包んで高級車を乗り回し、世界各地の名所で美酒&美女三昧。しかも全部会社の金。人を殺しても建物を壊してもお咎めもなければ後始末も…
ダニエル・クレイグの「007」シリーズも本作で4作目。 サブタイトルが過去の「0
イギリス秘密情報部(MI6)のエージェント007ことジェームズ・ボンドは、亡きMの遺言に従いある人物を追う中で、闇の組織にたどり着く。 その組織の首領は、ボンドがよく知る、既に死んだと思われていた男だった。 その頃、合同保安部(MI5)のCは、MI5とMI6を統合しコードネーム「00」の機能を停止させ、世界9ヶ国の情報を統合する「ナイン・アイズ」計画を進めていた…。 人気スパイアクション00...
□作品オフィシャルサイト 「007 スペクター」 □監督 サム・メンデス□脚本 ジョン・ローガン □キャスト ダニエル・クレイグ、クリストフ・ワルツ、レア・セドゥー、       レイフ・ファインズ、モニカ・ベルッチ、ベン・ウィショー■鑑賞日 11月29日(...
6日のことですが、映画「007 スペクター」を鑑賞しました。 IMAXにて見ました 少年時代の生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取ったボンドは写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる その過程で死んだ犯罪者の妻ルチアと滞在先で巡り合ったボンド...
 ダニエル・ボンド、格好良い!! 12月4日(金)公開初日に鑑賞してまいりました。すでに1週間が経ってしまいました。あらすじはともかくダニエル・クレイグのボンドは何といっても格好良い。もうそれだけでお腹満腹でしたね。 正直当初、彼がボンド役と決まった時...
新年の最初に観た作品は、コレ。家族揃って観られる作品をチョイスしようと思って昨年末の公開から取っておいた。面白かったけれど、長かった。長かったけれど面白かった、というのとは違う所が微妙な所だ。ダニエル・クレイグの様式美さえ観られれば満足、の私でさえそう思ったのだから、他の家族は推して知るべし。とりあえずあの挿入歌は要らなかったな。そうだ、常々思ってたんだけど、「007」はもはや様式美の塊で、...
バキバキにこだわった画作りで、かつてのノリの007を撮るっていう面白いバランス。 ダニエルボンドは変化球ばっかりですなぁ。 まぁ毎回違うアプローチなのは好きですけども。 ...
SPECTRE 2015年 イギリス/アメリカ 148分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/12/04) 監督: サム・メンデス 『007 スカイフォール』 テーマ曲: モンティ・ノーマン(ジェームズ・ボンドのテーマ) 主題歌: サム・スミス『Writing's On The Wall...
【概略】 “スカイフォール”で手にした写真の謎に迫るべく、ボンドはMの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマに赴く。そこでボンドは悪の組織・スペクターの存在を突き止める。 アクション ダニボン4作目。本作だけみれば、たいした組織でもないじゃんー印象うっすーな気がしてくるスペクターですが、ダニエル・クレイグ版のボンド1作目から4作目までかけて、ようやく「形」となった感じ(ル・...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

金髪碧眼の007が新鮮だったのも今は昔。
個人的には、ショーン・コネリーやロジャー・ムーアに引けを取らないくらいに「007」になっていたダニエルと思います。
ほんと青臭くでしくじっちゃう1作目から今作までの地続き感がいままでになく良かったですね。

なんだかもう一作ありそうですが、次に「ボンド、ジェームズ・ボンド」と言うのが誰なのかも気になるところです。

今では慣れたもの

>たいむさん♪

伝統あるビジュアルとは大分異なっていたのでそれこそ賛否が激しかったダニエルボンドですが、今ではもう長年のファンからも認められてるほどに007が定着している感じがありますね。
激しいアクションだけじゃなく、連続していたストーリー展開も見応えがあった要素でしたし、それらにも一応の決着を付けてくれた辺りもやはり好印象♪
契約上あともう一作あるのだったら、ヴァルツさんが刑務所から脱獄して再びダニエルとバトルってとこでしょうかね?(笑

見応えのある作品でした!

こんにちは♪
ダニエル・クレイグがボンド役になってからの作品は
私もハズレなし!だったと思います。

特に今回の作品は鮮やかな見せ場が沢山ありましたし
冒頭からド派手な演出が炸裂していて楽しめました!

エンドロールの最後に
日本語字幕では訳されていませんでしたが
「007は帰ってくる」みたいな英語の文章が出ていたので
一瞬「アベンジャーズかっ?!」と思ってしましましたが
どんな形で次は007が帰ってくるのかが楽しみですね♪

ダニエルかはたまた・・

>テクテクさん♪

ダニエル・クレイグの007は本当にハズレがありませんよね^^
・・ただもっとも、自分の場合007デヴューがピアース・ブロスナンからなものですから狭く浅くな鑑賞歴での評価ではあるのですが、それでもアクションなどは毎回凄いですし、スカイフォールのストーリーも007シリーズで初めて泣いてしまったので、そういう点を踏まえた上でやはりハズレ無しと思いたい所なんですよね♪

そういえばエンドロールの最後に「007 RETURN」なんていう表記がありましたよね。マーベル作品のようなもので単純に考えるならば確かにまた帰ってくるとも取れますが、ただそれがダニエル・クレイグの007で帰ってくるのかはたまた新たなキャスティングでの007として帰ってくるのかはちょっと分かりませんねぇ?
ダニエル・クレイグはあと一本契約してるらしいので、もしかしたらちゃんと戻ってくるのかもしれませんねw

No title

いやはや、ダニエルボンド、
これで最後でも悔いのない作品ですよね。
へたに次があっても困りますわ(苦笑
もう次は誰?って気になってしかたありませんわ(汗

No title

こんにちは♪

巧くこじつけて起承転結させた感がなくもだけど、
その辺の穴のすくない絡め方は見事で満足のいく
作品でした。
なんだけど、そのワリにはボスのキャラが弱った
かなぁと。あれだけの組織力と手口を用いながら
も結局のところボンドに対する意趣返しってぇの
がチョットでした♪ (゚▽゚)v

こんにちは。

前作は「母」、今作は「父」。
どちらの悪役さん達も、母(の姿)と父(の姿)を愛しすぎて
狂っちゃった感が切なくもあり、お話として観ている側も納得できたりもして…。
おっしゃるように、全ていい感じに回収&解決したお話だったと思います。
ダニエルボンドさん自身も自分の過去を認識して、
見つけた大切な人と一緒に次なる出発をなさったのでしょうか…。
ラスト、「ボンドは帰って来る」なメッセージもあったので、
次作にて、ダニエルさんボンドと彼女のこれから、が観られるといいなぁと思いました。
怒濤のアクションも凄かったですね♪。

次作はハゲかな金髪かな

>えふさん♪

ダニエル・クレイグ版としてはもう一作の契約があるとは言ってるものの、これを完結編として見てもしっくり来る感じはありました。もう少し見たいというのもありますが、確かに下手に掘り下げるよりは綺麗に終わらせた方が良いのかもしれないかなとw
そういえば次のボンド候補の一人にジェイソン・ステイサムの名前もあったんですけど、次のボンドはハゲですかね?^^;


>風情♪さん♪

風情さんのおっしゃるこじつけ感が、今回の悪役のキャラクター性を弱めていた一因になっていたのかもしれませんね。良くも悪くも2時間半の範囲内で上手く納めようとしていた所がありましたし、それこそあと一作契約残っているという部分を活用して、二部作のようにすればもう少し人物背景なども詰めれていたのかも?・・あれ?もしかして本当にそうすれば良かったのでは・・^^;


>みぃみさん♪

そういえば前作と本作には親のような存在がキーになっていたとこがありますね。歪んだ愛情として捉えられなくもなかったですが、シルヴァのようにその境遇を知ると悪役ながらどこか切なくもなったりで・・。ダニエル・クレイグ版の007はボンドも含めて何かに依存する傾向も強く感じられますね。

次作もあればやはり観たいところではありますけどねぇ^^次があるならスペクターとか絡まないそれこそ一話完結型がいいかなと♪

三度目でようやく反映

こんにちは。
やっとこさTBが開通したみたいですわ。
え?ジェイソン・ステイサムのボンド?まさか、それはないでしょ〜。
もしあったとしたら、ショーン・コネリー以上にムキムキ筋肉男ボンドになっちゃう。
本来ジェイムズ・ボンドはスマートな男のはずなのに。
アクションに力を入れると、どうしてもムキムキになってしまいますよね。
私は007シリーズにはもうそんなに派手なアクションに凝る必要もないと思うんですけど。
そういうのはトム・クルーズに任せておけばいいかと。笑

無いとは言えないかも^^;

>ケフコさん♪

TBの反映が不調なようで申し訳ありません。以前はライブドア辺りがひどかったのですが、最近FC2同士もなんでしょうかね?(汗

そうそう、そう言えばジェイソン・ステイサムw自分が購読してる映画雑誌にそう書かれていたのでその噂をそのまま真に受けちゃったのですが、冷静に考えればビジュアル的に見ても些か無理があるように思えますね^^;
・・でもダニエル・クレイグのボンドも当初は金髪碧眼が凄い異質として見られていたので、髪の薄いボンドも絶対無い・・とは言い切れないかな~とこれまた冷静に考えてみたり(笑
スタンダードで来るのかそれともまた異質で挑むのか、次なるボンド候補もなんだかんだで興味は尽きないですね。

No title

スペクターがタイトルになってるわりには・・・という感じでそこが消化不良でした。
まぁでもダニエル・クレイグのボンドが相変わらず抜群やったから満足!w

うまいこと締めたから本作で降板が頃合いですよね。

こんにちは

今頃のこのことやってきてすみません^^;
過去の007シリーズやいろんなスパイ映画のいいとこ取りな作品でしたね 笑
ダニエルボンドの過去作が繋がってるとは思いませんでしたが集大成的な感じでこれでフィナーレでもいいかな~なんて思ったりして、、、

良い引き際かなと

>AKIRAさん♪

スペクターは自分も正直言うともう少し強大で攻撃的な組織みたいなものだと思っていたのですが、ボンド一人でも壊滅出来た辺り以外に脆い組織な感じでしたね^^;まあボンドの戦闘力がズバ抜けてるからああいう結果にもなったのでしょうけども(汗

因縁の敵もあらかた成敗したから、これで終わりでも別段文句ないですよね?もう一作契約が残ってても、これはこれで良い引き際だとも思います♪

>yukarinさん♪

yukarinさんも含めブロガー様の色々な記事を見ますと、やはり過去作のオマージュを思わせる場面がチラホラとあったみたいですね。こういう時「にわか」の狭く浅い知識が悔やまれるとこですーー;

面白い作品やシリーズモノは出来るだけ長く観ていたいというのも本音ではありますが、掘り下げすぎるのもどうかとも思うので、綺麗に終わらせる意味では個人的には本作が一番しっくりな気がしますね。

にわか007

メビウスさん☆
私もにわか007ファンなので、っていうかそもそもダニエルボンドからのファンなので、とりこぼしまくりなのですけど、十分楽しめました♪
ねこちゃんの意味とかも随分あとに知ったり(笑)

No title

今回のボンドとオーベルハウザー=ブロフェルドの関係ってジョジョとディオを逆にしたような関係だな~と思いました。英国貴族のお家問題というところも似ているw
わたしも昔のシリーズはよく知らないのですが、片目に傷が入ってたり、猫が好きなところは旧作のキャラを意識しているそうです

逆ジョジョ

>まだ~むさん♪

本作は過去のオマージュを理解していればその分楽しめるのは間違いないと思いますが、それでもダニエル・クレイグ版は過去3作からの繋がりが強いストーリーでもあったので、それだけでも確かに十分楽しめる部分はありましたね。自分達のようなにわかファンにも何かと優しい配慮のようにも思えてしまいます(笑


>SGAさん♪

あー、育ての親を殺して何かと因縁続いていく辺りなんか似てますねジョジョと^^;立場が逆で身内の方がディオっぽかった感じですね。ワハハw

そういえば確かボンドが拷問されてるシーンで白くてモフモフした猫がいましたけど、あれがオマージュの一つって事なんでしょうかね?そういう所全部で幾つあるのかも気になってしまいますね。

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

ダニエル・ボンドの集大成な感じはありましたよね。
最初の時は青臭くて、ボンドっぽくないなと思ったものですが、4作品を通してボンドになってきたという感じがします。
だからガンバレル・シークエンスが復活したのかなと思ったりして。
次は別の人になりますかねー?
それはそれで楽しみです。

当初の批判が嘘のよう

>はらやんさん♪

当初は金髪碧眼なんてボンドじゃないと色々な方面からあーだこーだ言われてたダニエル・クレイグ版ではありますが、やはり見続けていくと慣れても行くもので、今ではその異色なビジュアルも気にならなくなり、歴代シリーズ以上の人気があるとも聞いています。
でもだからでしょうかね?本作でいつものボンドシリーズらしいことしたから、今度はそれが不服と言うか普通みたいな出来映えと言われてしまう辺りがなんとも・・・^^;(汗

まだ確定ではないでしょうけども、ダニエルの次の新ボンドなんかはもっと型破りなことしてもらいたいですねw

ご無沙汰しています♪

メビウスさん
新年のご挨拶が遅れまして申し訳ありません。
昨年は体調悪くてほとんどご訪問させて頂けませんでしたが。
今年はちょくちょく覗かせて頂きたいと思っております。
ダニエル・ボンド、相変わらずスタイリッシュでしたね。
出来れば宿敵ヴァルツ様にもう少し活躍してほしかったです。
本年も宜しくお願いします!

昔の荒さはどこへやら・・

>mezzotintさん♪

mezzotintさんもご多忙な中コメント有難うございます。あと遅くなりましたが今年も宜しくお願い致します。

・・そういえばダニエル・ボンドはそれこそ一作目のカジノロワイヤルとかだと、冒頭のアクションで壁を突き破るほどのワイルドさが前面に出ていましたが、四作目ともなれば気品といいますかプロとしての心構えみたいなのも備わっている感じが伝わってきますよね。
ダニエル版の007はエージェントとしての成長ぶりもどこか垣間見る事が出来るシリーズだったのかもしれませんねw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんにちは

如何せん本作、スペクターに巨悪感がないんですよね…
貫禄もないし。
おまえかよ!みたいな驚きもなし。
ハッピーエンド的な終わり方だったので、
ダニボン最後の作品!といわれたら
愛を失い愛を得るという気がつくと素敵なラストではありますが、1作目とかのほうが、巨悪感があったなあと今更ながら感じちゃいます
マッツ・ミケルセンは偉大だ…

巨悪

>makiさん

組織の存在こそ一作目からちらつけせていたので、凄い巨大な組織で底が知れない感じも抱いたのですが、その組織を率いるオーベルハウザーは本作で初登場でしたから、人によっては『誰だよお前』って思ってしまうかもしれませんね^^;(汗

マッツ・ミケルセンが演じてたル・シッフルは、ボンドとカジノで勝負する心理戦や駆け引きの攻防が自分は好きでしたね。あと後半の拷問とかもひどく印象に残ってまして、あのいたぶり方は確かに巨悪そのものでしたw

PAGETOP