【監督】デイミアン・チャゼル
【出演】マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/メリッサ・ブノワ/ポール・ライザー/オースティン・ストウェル/ネイト・ラング
【公開日】2015年4月17日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。 恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマンだが・・・。
 
【感想】
地元では鑑賞出来ず終いになってしまってたので、とても楽しみにしていた作品です。いやはや確かに口コミや鑑賞した方の感想で知った高評価も理解出来る気がしますね。今年のアカデミー作品賞は『バードマン』ではあったものの、こっちの方が自分も好きになれたし圧倒もされた。それくらいパワーのあった作品であったと思います。

・・しかしまあ『好き』なんて言ってはみても、正直本作は観てて神経を擦り減らすようなとても疲れる作品であったのも否めませんね^^;プロのドラマーを目指す若者とスパルタな指導でしごく教師の壮絶なレッスンを描いた内容は、主演の2人の熱演なども相まり、本来聴いて楽しむべく音楽がどこか生死を掛けたような死闘を擁する雰囲気に変貌しており、それに自分も終始打ちのめされていたと言った感じかなと。
日本でもたまにスポーツ関係などで指導者が一線を越えてしまったため悲惨な結果を招いてしまう・・と言う話題が時折ニュースで取り上げられたりする事がありますけど、本作の主人公ニーマンと教師のフレッチャーの関係もそれに少し近いものがある気がしますね。事前にフレッチャーという人物が鬼教師だと聞いてはいましたけど、その所業は想像してたよりも凄まじく、罵声は当たり前でイスは投げるわビンタ連発するわで観てるこっちもかなりげんなりしてくる。でも恐ろしいのはそこだけじゃない。教え子達をムチでビシバシしごいたと思ったら時折和らいだ表情も見せ、緊張するなとばかりに甘いアメもちゃんと与えるのですが、その甘さが実は後々になると更なるムチ打ちの伏線になっていて、このコンビネーションがもうヒドイったらありゃしないw(モチロン悪い意味ではなく)。
そしてそのシゴキをモロに食らうのがニーマンで、実際やはり彼は何度も挫けます。罵られ続け、ドラムを叩き過ぎて手は血まみれ、フレッチャーの周到な罠にもハマリ悔しさも幾度と無く募らせ、家庭やプライベート、友人との関係にも悪影響を及ぼす始末。当然心身ともにボロボロになっていくのですが、それでもフレッチャーを師事し踏ん張りをきかせてなんとか付いて行くのは、やはり一流の指導者と認めているのかはたまたプロになる情熱がそうさせているのか、或いは単なるプライドなのか・・。まあそこら辺の真偽はどうあれ、結果としてその指導が結実する最後のコンサートでは素人目線でも鳥肌が立つくらいに奮えて凄かったのも事実。途中までは『最悪だなオイ!』って感情しか沸いて来なかったんですけども、ただあれもまたニーマンを極限まで追い詰めるフレッチャーの策だとするならば功を奏したと言った感じでしょうか。一人の天才が誕生した瞬間のフレッチャーの笑みが不気味ではあるけど、その表情がまた何かと印象に残ってしまいました(笑


行き過ぎた指導が招く危うさみたいのをリアルに描いている社会的なテーマも見受けられましたが、それ以上にニーマンとフレッチャーの音楽を通しての妥協しないぶつかり合いみたいなのにも見応えを感じずにはいられなかった本作。作り上げたのが自分よりも若い新人監督さんというのも驚きでしたし、何よりここまでのめり込ませたのはやはりフレッチャーを演じたJ・K・シモンズの圧倒的熱演。ハゲでオールブラックのコーディネートと全身から滲み出てる威圧感がもうヤバいですねぇ^^;実際シゴかれたわけじゃなくそれこそ『うへぇ』なんて言いながら観てる側でしたけど、それでももう一度この鬼教師の姿を見たら自分も自然と身震いしちゃいそうですね。そんな強烈なキャラクターでもありました。
 
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム・...
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入ったニーマンはジャズドラマーを目指していたが、フレッチャー教授のバンドにスカウトされるのです。 ここでの指導が、平手打ち、物...
まるでスポ根!!

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
私も同じで「なんちゅう映画だよこれ」という思いしか途中までは出てこなかったのですが、ラストシーン9分でその考えがガラリと変わっちゃいました。
嫌な教師と嫌な生徒。
どちらも一歩も引かない、そんな頑固な性格がラストでぶつかり合った事で、お互いの「やられたらやり返す」的な復讐にも似た行動が重なって衝撃的なラストへと生まれ変わっており、固唾を呑んで見守ってしまいました。
作品として好きなのか嫌いなのか、返答を求められたら凄く困りますが、『バードマン』よりは印象に残る内容でした。

こんばんは

私もバードマンよりもこちらのほうが。

ラスト直前のフレッチャーの大人気ない行動が
ある種のニーマンの力を引き出した事は確かで、
その瞬間のフレッチャーの「それだ」みたいな表情は
なんかしてやられた感もあったり、
どうだこのやろうみたいな感覚もあったりと、
なんとも不思議な感情の殴り合いでした。

好き嫌い激しそうですね

>ヒロ之さん♪

J・K・シモンズが演じてるフレッチャーの鬼教師ぶりがどんなものか?というのも興味を惹かれた理由の一つですけど、そのラスト9分、正確には9分19秒とか言うやたら細かい時間設定を推していた部分も気にはなっていましたねw案の定あの復讐っぷりと間髪入れずのドラムテクには圧倒されてしまいました。
・・でも確かにこの作品って好き嫌いがとても分かれそうな内容ですよね。終始フレッチャーに罵られてる感じなので、胸糞悪くなる人も絶対いると思います(汗

>makiさん♪

バードマンは映像諸々が面白かったですけどこっちはもうインパクトみたいなのが強烈で、印象に残る感じだと間違いなく自分も本作だと思います。あ、けどドラムサウンドに関しても両方素晴らしいですね(笑

でもフレッチャーって、見た感じ凄い用意周到な策士にも見えたので、彼の一挙手一投足が非常に気になって見てましたし、ラストで見せた大胆な復讐劇も純粋にニーマンをこらしめたかっただけなのかそれともそれすら材料のように扱い、ニーマンを更なる高みへ誘うためのものだったのか・・?どっちにしても計算高く抜け目の無い人物でしたね^^;

No title

私もバードマンよりもはるかにパワーのあった作品でした!
フレッチャーのあの指導は凄いものがありましたね。
あの指導は伸びる人は伸びるけど、ダメな人は落ち込んでいくかと・・・
自分は褒めて伸ばして指導してもらいたいタイプ(苦笑

褒めてもらいたいですね

>えふさん♪

パワーのある作品でしたけど、疲れる作品でもありましたね^^;フレッチャーのスパルタは見てる方にも影響与える感じがします(汗

ちなみに自分もどっちかと言えば褒めて伸ばしてもらいたいタイプかもですねwあれだけガミガミ言われると上達する前にメンタル面がボロボロになりそうです(汗

こんにちは

こんにちは。
本当に一人の天才が誕生した瞬間のフレッチャーの笑みがすごい印象的で、怖くてかつすごい一瞬をみてしまったって思いました。
賛否両論あるけど、すごい映画なのは間違いないですよね~

意味深

Nakajiさん♪

あの最後の笑みは計画通りからくるものなのか、それともニーマンの予想外の化けっぷりに驚きつつも内心は嬉しいという心情の現れなのか、色んな考えが浮かんでしまう意味深なスマイルでもありましたよね。でも個人的には好意的な部分として受け止めたい所かなぁ~?フレッチャーも喜ぶ時はあるんだなぁと言った感じで^^;(笑

PAGETOP