【監督】本広克行
【出演】百田夏菜子/玉井詩織/高城れに/有安杏果/佐々木彩夏/黒木華/ムロツヨシ/清水ミチコ/志賀廣太郎
【公開日】2015年2月28日
【製作】日本

【ストーリー】
地区予選敗退。最後の大会を終えた先輩たちに代わって部長として富士ヶ丘高校の演劇部をまとめることになった高橋さおり。部員たちの前では意気込んで見せたものの、悩める日々が続く。そんな時、元学生演劇の女王だったという新任の吉岡先生が学校にやって来た。美人だが少々変わったその先生は、地区大会すら勝ったことのない弱小演劇部員たちに告げる。「私は行きたいです。君たちと、全国に。行こうよ、全国!」 気迫に充ちたその一言で、彼女たちの目標は決まる・・・(Movie Walker)。
 
【感想】
学校の部活動を扱った作品はやはり面白いし登場人物一人一人が眩しいしで、あんまりハズレがないような気もしますね。・・まあそれこそ最初は正直アイドルグループのメンバーがメインで出演してる作品と聞いて『んん?』と少し不安な思いにも駆られましたけど、これがまたなかなかどうして女子高生らしいフレッシュさが全開で、極上のガールズムービーにも仕上がっていてイイ作品だった♪

毎年地区予選敗退の弱小演劇部が、新しく赴任してきた教師との出会いを機に一念発起し演劇の全国大会を目指すという内容は、部員達が演劇の素晴らしさに目覚めていく成長過程も然る事ながら、先生と生徒達の固い絆や部員同士の友情と言ったスポ根モノの要素なんかもきちんと押さえていたので、どこか定番ながらも見応えは充分あったと思いますね。各登場人物たちも、その場の勢いで新しい部長に任命されてしまい色々な事で頭を抱えている『さお』ことさおりに、他校の元演劇部で周囲と少し浮いている転校生の中西、そしてその中西に演劇の演技で少し嫉妬しているさおりの親友ユッコなどなど、多感な学生時代に一度くらいは経験するかもしれない様々な悩みを持つリアルな女子高生たちも、皆一様に魅力的に見えた次第。
また個人的には無知に近い演劇を題材にしてる辺りも興味深い所が多くて、文科系ながらも地区大会や全国大会で見せる各校の演技に対する熱量たるや、運動系に勝るとも劣らないほどハードに見えてしまいましたね。演劇の全国大会の道のりは野球の甲子園以上に狭き門でもある超シビアなものらしいですから、それが尚更高校生役者さんたちの舞台での気合の入りようを感じ取る事が出来たのかも?まあほぼ断片的にしかお芝居の方は映っていませんでしたが、それでも高校生たちの演技や成り切りのレベルは総じて高いなと感じ取る事も出来た所。

あとその成り切りで言えば、主演を務めているももいろクローバーZの5人全員演技が上手かったように見えましたね。上記でも述べてますが、アイドルグループが主演と聞いた時点で自分の中で演技とか大丈夫?みたいな懸念があったんですけど、その心配を吹き飛ばすくらいにやはりたくさん稽古などをしたんでしょうね。メンバー5人全員今時な女子高生をとても自然体に演じてるのが好感持てた。自分の場合ももクロの愛称で知られるももいろクローバーZというアイドルグループ名は知っていても、メンバーの顔や名前をじっくり把握するのは多分今回が初めてと言うのもあると思うので、それがなんか5人を元々の人気アイドルとかじゃなくて、初々しい新人女優さんたちみたいな目線で見る事が出来たりして少し新鮮に見えた部分もあるのかもしれない^^;
劇中で彼女達が魅せる『肖像画』や『銀河鉄道の夜』も、演技の中のまた演技と言った感じでこれまた上手く演じ分けていたのも良かったと思いました。


本広克行監督の作品はちょっと好き嫌いの波が個人的に激しくて、実は『サマータイムマシン・ブルース』からずっとイマイチ感が続いていたのですけども、本作は久しぶりの好き作品になりましたね。黒木華さんが演じてる吉岡先生も凛とした佇まいや『行こうよ全国!』と言ったパワーのある言葉が何かと印象的でカッコ良かったし、その逆でムロツヨシさんが演じてる顧問の溝口先生の置物感も適度に笑わせてくれたりと、脇陣営も非常にハマリ役な人達ばかりだった気がする。
今更ながらですが、ももいろクローバーZのメンバーの魅力を知る意味でも自分には価値があった作品かなとも思いましたw
思ってた以上に面白かったな。
劇作家・平田オリザの初の小説を、本広克行監督がももいろクローバーZの5人(百田夏菜子・玉井詩織・高城れに・有安杏果・佐々木彩夏)を主演に迎えて映画化。高校の演劇部の部員たちが、年に一度開かれる大会を目指して奮闘するという物語で、挫折や試練を乗り越えてとうとう念願の地区予選を突破し、次は全国大会へ!と夢は膨らんでいく。ファンには申し訳ないけど、ももクロのメンバーは顔と名前が一致しない。お芝居が...

コメントの投稿

非公開コメント

頑張れ!ももクロ

こんにちは。
私もこの作品、半分はももクロメンバーの本気の青春映画だな〜と思いました。
毎年勝敗がはっきりつくスポーツ競技と違って、演劇ってのは一生終らない競技(?!)なんですよねぇ。
そこいらへんのエンドレスな感覚もちょっと感じられて良かったです。

舞台版も見たいです

>ケフコさん♪

ももクロメンバー五人の自然体で素晴らしい演技と、学生演劇の世界の奥深さも知る事ができた感じで、本当に見応えのあった青春ガールズムービーでしたね^^
それとなんでもこの作品、映画版だけじゃなく舞台版もあるそうで、そっちの方が本格的そうで凄い興味もあります。円盤買わないといけないかもですねぇ~w

PAGETOP