【監督】クリストファー・マッカリー
【出演】トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/サイモン・ペッグ/レベッカ・ファーガソン/ビング・レイムス/ショーン・ハリス/アレック・ボールドウィン
【公開日】2015年8月7日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織『シンジケート』を秘密裏に追跡していたが、催涙ガスによって敵の手に落ちてしまう。目覚めると後ろ手に拘束されており、目の前には謎の女と3年前に死亡したはずのエージェントがいた。まさに拷問が始まろうとしたその時、女は驚くべき格闘術でイーサンを脱出させる。ブラントからIMF解体を知らされたイーサンはシンジケートの殲滅を誓うのだが、彼の国際手配の身となってしまう。組織の後ろ盾を失ったイーサンと仲間達はシンジケートとどう戦うのか?そして敵か味方か、謎の女の正体とは・・・。
 
【感想】
IMFエージェント、イーサン・ハントの活躍を描くミッション・インポッシブルも本作でもう5作目ですねぇ。毎回毎回の不可能級任務とトムの限界アクションが魅力的なこのシリーズ、勿論今回も凄い楽しみにしておりました。・・まあでも前作がとても良かった分、それに続いて欲しいという期待とやっぱり駄目かという不安も両立してましたけど、観終わった感想としては個人的に本作は前者っ♪スリリングな展開が全然途切れなくてとても面白かったですね。

敵として立ちはだかるのは『シンジケート』と呼ばれる謎のスパイ組織で、そのシンジケートを壊滅させるのが今回のイーサンの任務ですが、初っ端からいきなり先手を打たれてしまい続いてIMFもあっけなく解体^^;。そんなまたもや後ろ盾が無い絶望状態から残りのメンバーと協力して敵の暗躍を阻止すると言う内容は、前作の『ゴースト・プロトコル』とも少し似た展開に見えますね。使い回し?・・っぽくも見えちゃいますが、ただその支援も殆ど無いゼロからのスタートで強大な敵と戦う流れはやはり観ていてとてもワクワクさせるものもあります。実際今回の敵のシンジケートは本当に手強く、特にボスのレーンはイーサンの行動を何度も先読みするほどの策略家で、なんだかイーサンもいつになくピンチで切迫したシーンが連続していた感じがしましたね(ベンジーも人質にされてしまうし)。
そんな最悪な状況から我らがイーサンはどう形勢をひっくり返して逆転するのか?というのも醍醐味の一つで、それを盛り立ててくれるのが相変わらず胸がときめくスパイガジェットの数々に、シリーズお馴染みの見所でもある壮絶なトム・アクション♪ざっと見た限り今回は軍用機へのしがみつきに始まり、長時間の潜水、スピード感満載のバイク&カーチェイスとどれもこれもが過激でキツイものばかり。そしてそれをまたトムが全部こなしてるというのだから、いやはや何とも脅威の53歳。おそらくスタントマンの天敵ってトムみたいな人を指すのかも知れませんねぇ(笑
あと当然イーサンだけではなく、チーム・イーサンの面々の活躍も多くて、ここら辺もゴースト・プロトコル同様素晴らしかったですね。最初はシンジケートに劣勢だったけど、ブラントとルーサー、そして初登場の女諜報員イルサも後から加わると、イーサンのバックアップはもう完璧♪チームのコンビネーションが真価を発揮し、悪党どもをバッタバッタと倒しつつ親玉を捕縛する布陣を着々と整える終盤の流れがもう興奮しっ放しで、〆も『我々がIMFだ』と眼前でキメる台詞でスカッ!とさせる辺りもさすが♪ピンチの時でもさりげないユーモアでプッとさせるサービスも忘れてないしで、本当に最高のチームだなぁと思っちゃいました。


・・五十路を過ぎても衰えるどころかますます動きまくって活発になっているような気がするトムの体の張りっぷりもあり、前作に負けず劣らずな良作ともなればシリーズの右肩上がりを更に牽引してくれたように思える本作。今年の夏はマーベルとか定番の国民的アニメとか相変わらず大作がひしめいていましたけども、ミッション・インポッシブルも全然負けていませんよねぇ。いや、興奮の度合いで言ったら本作は自分が観た今年のどの夏映画よりもブッチ切りだったかもしれない。個人的には今年のベスト候補の一つにしたいですね♪
 
どこまで続くのかこのシリーズ,そしてどこまでエスカレートするのか,50代になってもなお限界に挑戦し続ける天晴れなトムの命知らずのアクション・・・・絶対に絶対に劇場で鑑賞したいこのシリーズの作品,夏休みの時期に公開してくれて嬉しい限り。 あらすじ:正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追
ミッションシリーズにハズレなし トムちんが不可能なミッションに挑む「ミッション インポッシブル」シリーズ第5弾 今回メガホンをとったのは「アウトロー」で監督、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「ワルキューレ」 「ユージュアル・サスペクツ」脚本で、ト...
話題の飛行機や、失踪するバイクのトムちん本人の、口あんぐりアクションの凄さも予想以上で~~もう最高!! 「スタントなしの本物のアクション」をウリにするだけのことはあって、トムちんの身の安全を考えたら本当にヒヤヒヤもの。 反面スパイものにありがちなややこしいあれやこれやが、そのアクションの勢いを削いでしまって、改めてイーサン・ハントがスパイであったことを思い出させる作品になっていたwa
「ミッション:インポッシブル」シリーズもすでに5作目となります。コンスタントに作
映画「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」を鑑賞しました。
監督:クリストファー・マッカリー 出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムス、ショーン・ハリス、アレック・ボールドウィン 【解説】 ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ...
 チャッチャッチャーラッ、チャッチャッチャーラッ…  劇場から出る多くの人がテーマ曲を口ずさんでいた。みんな大満足で、この音楽を口にせずにはいられなかったのだろう。  シリーズも五作目になれば息切れしたり変質したりするものだが、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の面白さはどうだ。毎回監督を替え、趣向を変えながら、イーサン・ハント(トム・クルーズ)を中心とするエキスパー...
期待を裏切らず、期待以上に。「娯楽したい!」との欲望に余すところなく応えてくれる。もうその点では凄いとしか言いようがない。CMやニュースで度々取り上げられる、トム・クルーズのスタント無しでジェット機にぶら下がるシーン…あのシーンが前段に過ぎないのだから、何という贅沢!いや、凄いよね、ホンットに。トム・クルーズ。年齢や身長の事はもはや誰も問わないのであろう。このまま永遠にローグ・ネイションのト...
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション '15:米 ◆原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION ◆監督:クリストファー・マッカリー「アウトロー」「ユージュアル・サスペクツ」 ◆出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・フェル...
任務中に大混乱を引き起こしたせいで、イーサン・ハントが所属するIMFは諸悪の根源と非難され、またしても解体の危機に陥ってしまった。 そんな中、CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織”シンジケート”が暗躍。 彼らを追跡していたイーサンは敵の手に落ち、謎の女イルサに助けられる…。 人気スパイアクション第5弾。
MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION 2015年 アメリカ 131分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/08/07) 監督: クリストファー・マッカリー 『アウトロー』 製作: トム・クルーズ J・J・エイブラムス 原案: クリストファー・マッカリー 脚本: クリス...
そこそこヒット中の今作。 実は主演のトム・クルーズ(=トムちん)、このシリーズで初めて映画プロデューサーに挑戦し、自ら監督を選び続けてきた。 第一作=ブライアン・デ・パルマ 第二作=ジョン・ウー 第三作=J・J・エイブラムス 第四作=ブラッド・バード す...

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

わたしも先日観ました!
このシリーズは本当に素晴らしいですよね。
普通3作目あたりから失速したり,雰囲気が変わったり主役が交代したりするものですが
このシリーズは20年間トムがずっと体を張って頑張って,おっしゃる通り50代になってもアクションなぞは若いころよりハードになっているのが凄すぎです。
若い時のトムより最近のトムの方が味が出てきて素敵かも・・・とか思ってしまいます。
あと何作くらい頑張れるかな・・・・ぜひ頑張ってほしいです。トムさん。中高年の希望の星です。鍛えなきゃ・・・って励まされちゃう。

本気アクション

メビウスさん☆
本人のやっている本気のアクションというだけで、別の意味でほんとにヒヤヒヤしましたね~
何歳になっても益々頑張っていて、見事でした!
お話はちょっと007っぽくて、もう少し違いを打ち出していく方がいいかな・・・って思いました☆

限界知らず

>ななさん♪

スタローンやシュワちゃんのように還暦となってもアクションを続ける鉄人はいますが、やはり現役と比べれば『キレ』みたいなものはどんどん落ちているのが現状ですよね。でもトムの場合キレもスピードも1作目の30代の頃とあまり変わってないように見えるのが本当に凄いですよね。・・まあでももしかしたらここからガクッと体力も落ちるかも知れないですが、それでもあれだけまだ動けるならもう一作行けちゃうんじゃないでしょうか?大体シリーズは3~4年くらいのスパンですから、ギリギリ出来るかもしれませんね^^;トムの限界、自分もまだまだ見てみたいです♪

>まだ~むさん♪

スタントマンを使わない本気アクションは本人自ら行っているという事実もありますから、感動や驚きも段違いですよね。とりわけトムはもう若いと呼べる年齢でもないので、『凄い』と同時に『心配』という気持ちもあるのですが(汗)、それでも本作に関してだとまだまだその心配は杞憂といった所でしょうか?

しかしなるほど007。ちょっとクールな雰囲気とか似通っていた気もしますね^^;

こんちは!

僕も今年の夏のナンバー1かな?

だってこれまでの4作のソフト買っちゃった
ぐらいですから(笑)

メビウスさん言われるように屈強な53歳
ですよねぇ、トム。
参りましたm(_ _)m

シリーズ揃えたいですね

>タケヤさん♪

マッドマックスを観てえらい鳥肌が立ったように、やはり生身のアクションを見ると興奮の度合いも違いますでしょうから、このシリーズも長い間愛されてるんでしょうね。自分はゴーストプロトコルだけ所持してるんですけど、本作を見るとやっぱり全シリーズ揃えたくなっちゃいますね。トムの20年の軌跡を一気見してみたいです(笑

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

トム・クルーズ、50歳過ぎとは思えないですよね。
こういうシリーズは続いていくとだんだんトーンダウンしていくものですが、どんどんアップしていきますよね。
今回はトム・クルーズが自分でやっている感じがいつもよりも伝わってきましたので、よりリアリティがあり、テンション上がりました。

コツがあったりして?

>はらやんさん♪

自分が知らないだけかもしれませんが、五十路超えてここまで超絶なアクション出来る人って、ハリウッドだとトム以外いないような気もしますね。おそらく普通に体を鍛えたりするだけではあんな仰天アクションは出来ないと思いますし、カメラアングル含めてトムなりになんか凄く見せるためのコツみたいなのを掴んでいるのかもしれませんね?(笑

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
前作が凄く面白かっただけに、今回は少しドラマ部分が多すぎたかなぁと思いました。
アクションの連続だった前作と比べてしまうと個人的には物足りないものを抱いてしまいました。
しかし、スタントマンを使わず、自身の体を使ってアクションに挑むトムちんの俳優としてのやる気には頭が下がるばかりです。
飛行機にしがみついて上空まで一緒に飛ぶなんて、私なら小便チビリます(笑)。

量より質

>ヒロ之さん♪

今回は騙し騙されで二転三転するスパイ映画らしい展開も随所に盛り込んでいたので、アクション過多でもあるこのシリーズにしてみれば少し異色だったかもしれませんね?・・まあそうは言ってもトムの体を張ったアクションは相変わらずといった所で、量より質な今回のアクションは全部危なすぎて、やはり見てる方もヒヤヒヤしてきますね^^;ヒロ之さんの記事でも拝見しましたが、飛行機しがみつきのアクションの数度のリテイクも考えただけで恐ろしいです(汗

PAGETOP