ハリー・ポッターと炎のゴブレット

【監督】マイク・ニューウェル
【出演】ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ロビー・コルトレーン/レイフ・ファインズ/マイケル・ガンボン/ブレンダン・グリーゾン/他
【公開日】2005/11.26
【製作】アメリカ

【ストーリー】
4年目の新学期、ハリー・ポッターの初日はダンブルドア校長の重大発表から始まった。
世界の三大校が一堂に集まり、選りすぐりの精鋭達が互いに魔法の力を競い合う『三大魔法学校対抗試合』。それが100年の封印を破り、再開される事となった。その参加資格は17歳以上。
立候補した生徒の中から“炎のゴブレット”が各校の代表選手を1名、合計3名が選び出された。しかし、ゴブレットが引き続き4人目の名前を選び出す。それは17歳以下で資格も無く、立候補もしていなかったハリー・ポッターであった・・・


【コメント】
今回はやたらとハリー・ポッターの名前が連呼されてましたね~。とある場面で『ハリー!ハリー!ハリー!』って言ってるのを聞くと、やっぱり『何をそんなに急いでるんだ?』って思っちゃうわけでありまして・・(^▽^;)
でも始まりがダーズリー家からじゃないのがなんか珍しかったです。


正直上下巻構成の原作を、映画でどこまで忠実に再現してたかや、大事なシーンを端折ってた等々で色々評価が分かれると思うのですが、原作を未読な自分にとってはその場面などは分からないので、分からないなりに結構新鮮且つ無難に観る事が出来ました。と言ってもハリポタシリーズはいっつもこうですけど・・

CGの美麗さは相変わらずでこれはもう説明をする必要は無いのですが、今回は他校との魔法対抗試合、そしていつも世知辛く『あの人』と呼ばれてる非常に気になっちゃう人も登場したりと、新しいキャラクターが凄い出てきて脳内補完するのがかなり大変でした・・(汗
魔法対抗試合の3つの試練もドラゴンとの戦いや、不気味な迷路と言ったものが出て来たりと、ファンタジー色は今シリーズでかなり増しているように思えますが、いかんせんこの対抗試合、あんまり迫力ありませんでした・・何だかハリーだけの試練みたいな感じで、試練に挑戦する他の3人の活躍も何だか薄過ぎるように思えます。
更にこの試練に挑戦する3人を演じた方々。名前は分かりませんが、全員ハリポタの原作、及び今までのシリーズの映画を殆ど未見未読と言うから非常に困ったもんです(-_-;)

いいんでしょうかそんな人達を起用して・・・

個人的に面白かった所と言えば、今回はハリーの親友のロンとハーマイオニーとの友情にヒビが入ってしまう所ですね。今まで見なかった光景ですし、更にハリーの初恋みたいな場面もあったりと、シリーズ中一番青春を謳歌してる学生みたいな雰囲気を醸し出していてそこは良かったですね。

ただ難点もやはりあって、今回はシリーズ中最長の上映時間である(確か)約167分。(多分予告編とか入れてだと思いますが)3時間って言った方がいいですね。
ハリポタは1作目からも2時間30分とかなり長い上映時間を持った映画で、2作目は約160分、3作目で約140分と下降しましたが、今作ではまたググッと跳ね上がりました。
原作に近い内容にさせるため、どうしても長くする必要があったと思えなくも無いですが、ハリポタは子供にも人気がある映画なだけに、この3時間に近い上映時間ははっきり言ってお子様にはかなりキツイと思う・・

耐える事が出来るお子様もいると思うけど、そう言う子にダンブルドア校長から永遠の栄誉を与えてほしいと思っちゃいます(^▽^;)(笑

まあ何だか色々詰め込みすぎたような内容になってた気もしましたが、『終わり良ければ全て良し』♪
ハーマイオニーが最後に言った言葉がとても印象に残り、イイ〆方をしてくれたと思います♪

そう言えばエンドロールもやたら長かったですね今回は・・・(汗

『ハリーポッターと炎のゴブレット』公式サイト
 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』観てきました。 今日は2時過ぎまで仕事をした後、歯医者へ行きその後映画館へ。 15:40からの吹き替え版を観ると、18:30から「奇談」に予告編の兼ね合いもあり丁度間に合うというスケジュールだったので吹き替え版です。 初めに
公式サイトへ 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット - goo 映画」へ先行上映をしていたので観ました。 今回はハリー、ロン、ハーマイオニーの三人の成長、シリーズ三人目の監督のマイク・ニューウェルの力等、いろいろと期待していました。 で、観てみた感想を率直に言うと
ハリーポッターと炎のゴブレット先行ロードショウへ、夕方から、行ってまいりました。すごい!すごい!もうすんごい迫力でした。綺麗な場面と、ちょっと恐そうな場面と、ドキッ
●『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』2005年11月26日公開。先行が19日土曜日公開どれだけ動員できるか楽しみシリーズ物でこれだけ早く続くのも久しぶりかな。ダニエル・ラドクリフも少しづつ大人感がましてきたみたい。ただ、今回のポスターや映画チラシ....
タイトルのとおり、「ハリーポッター 炎のゴブレッド」の先行上映が今日ありました。きのうの日記の最後でたのしみにしていたこととはこのことです。ネタバレすることにな
製作年度:2005年製作国・地域:アメリカ上映時間:157分監督:マイク・ニューウェル製作総指揮:クリス・コロンバス 、デヴィッド・バロン 、マーク・ラドクリフ 、ターニャ・セガッチアン原作:J・K・ローリング脚本:スティーヴ・クローヴス音楽:パトリック・ドイル出演
やっぱり原作を読んでいないと展開が難解。あと、過去3作のDVDを再チェックするべきだったと後悔。かと言って、再準備した上での再鑑賞の予定はない。正直、主役3人組+αの成長が観れて楽しかったくらいの内容でした。映像に迫力はありましたが、結局、ヴォルデモート
ハリーポッターの先行上映を見てきました。久々に純粋に映画が楽しめた2時間50分でした。魔法の世界に誘われるがままに、まるで夢をみているようにどっぷりと浸りながらみていたました。僕は映画の内容に関しては特に触れようとは思いません。僕の言葉での説明よりも、皆
なんと昨日原作読み終わって感想ブログ書いた後、ちらっと映画情報検索したら・・・なんと!先行上映日でした! しかも地元の映画館でもやってる!!!え、もしやコレって運命?
11月4日(金)ピカデリー1(完成披露試写会)にて世界中の魔法使いが集まったクィディッチ・ワールドカップ決勝戦。その興奮のさなか、大観衆を凍りつかせる事件が起こった。スタジアム上空に浮かび上がった不吉な"闇の印"。それは、ヴォルデモート卿復活の前触れ
白状すると、今回は絶対当たらないけど絶対行きたいと思っていた、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のジャパンプレミア。オークションで購入した途端、当選はがき到着。・・2日前でした。そして、昼の14時の会では、誰にも一緒に行ってもらえず、途方にくれましたが、
昨日金曜日から全米3,858館で公開され初日に36M(約40億)を稼いだ. 「
シリーズ第4弾。監督はまたかわってマイク・ニューウェルとかいう人。予告編を見たときは、クィディッチ・ワールドカップやダンスパーティー、三大魔法学校対抗試合などみどころ
-----『ハリポタ』も早くも第4作目だね。今回は原作が2巻に分かれたあの大長編。冒険もスケールが大きくて映画化は難しそうな気がするけど。「そうなんだよね。原作を読んでいるときから、これは果たして映画になるんだろうかと…。でもよくここまでやったと思う」----監督
「エクスペクト!パトローナムッッ!!!!」すみません。意味なく叫んでしまいました。。。そういえばボグワーツ魔法学校って全寮制だけど、男女共学でしたよね。もう1作目の3人組も立派に育っております。当然ながら、淡くても恋が芽生え始める頃。そ...
「ハリーポッター 炎のゴブレット」(原題:Harry Potter and the Goblet of Fire)を観ました。もう毎冬の風物詩になってきましたね。なんだかんだいって、自分は毎作、映画館で観ています。今の映画で満足できるファンタジー映画はこれくらいですからね。...
3作目の方が面白かったかな?でも年々面白くなってきているのは確実だと思います。それからヴォルデモードの鼻が気になりました。上下2巻のものをどうやってまとめるるかと思ってたらきっちりまとまってました。ただやっぱり全体的にあらすじにしか思えなかったです。それは
ハリポタ,フォー! 軽く眠たいフォー!
ハリー・ポッター 炎のゴブレット上映時間 2時間37分 監督 マイク・ニューウェル出演 ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルバート・グリント ジャパンプレミアだが別に出演者や監督を来ない。多分国際フォーラムでの試写会はゲストが来ようが来まいがプ...
ハリーは、ウィズリー家ともに、”クィディッチ・ワールドカップ”を観戦するが、突如夜空に”闇の印”が現れる。そんな中、ホグワーツでは100年ぶりに復活した”三大魔法学校対抗試合”が開催。ボーバトン校、ダームストラング校から他の魔法学校の生徒を招く。参加するに
映画館にて「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★★先行ロードショーにて鑑賞。ハリポタシリーズの第4作。原作もこの4作目から上下巻となり、質量共に膨大になった覚えがある。そして一番ワクワクしたのもこの第4作だったので、映画化を待ち望んでいた。ストーリー:
作品:ハリー・ポッターと炎のゴブレット監督:マイク・ニューウェル主演:ダニエル・ジェイコブ・ラドグリフ、ルパート・アレグサンダー・グリント   エマ・シャーロット・ドゥーレ・ワトソン、ロバート・パティンソン制作:2005年 アメリカハリー・ポッターと炎のゴブ
毎回写真集のパンフにはがっかりさせられてきたけど、今回はどうなんでしょう?!っていうことでおそるおそるパンフをめくったら・・・それなりに(ほんとにそれなりに!)登場人物の紹介や解説があったのでホットしました。しかし鑑賞中は・・・原作をまったく知らない私に
原作を先読みすると大抵の場合、原作を超える映像にお目にかかることはありませんが、サスガです。期待を裏切りません。やっぱり、映像技術の進化と俳優人がドンピシャ。先行上映を見に行った甲斐があったというものです♪ かなり成長してしまったとはいえ、 このキャスト
Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー(Daniel Radcliffe)、ロン(Rupert Grint)、ハーマイオニー(Emma Watson)の3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に進級。その新学期の初日、ダンブルドア校長(Michael Gambon)から重大発表がなされた。100年の封印を破り
映画館で、出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/原作:J・K・ローリング/脚色:スティーブ・クローブス/監督:マイク・ニューウェル/の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を観ました。●ストーリー4年生になったハリー(ダニエル・ラドクリ
今日は先行ロードショーでハリーポッターと炎のゴブレットを見てきましたー。久々に夢の世界というものに逝きました(笑)やっぱワクワクしますね、あの曲を聞くと。でも今回はちょっと恐かったです。最初と最後が特に…(汗)(汗)ココから↓はネタバレを含みます...
先行で見てきました。詳しくはサイトの方に書きましたけれど、賛否両論ある中、個人的にはOK。『賢者の石』は結構原作に忠実だったため、『秘密の部屋』ではアレがないコレがない、とかかなり不満の残る結果に。ただ『アズカバンの囚人』に至って、原作と映画は別物、映画
ハリーポッター見てきました。続編キライ病でも、ハリーポッターは別です(笑ラドクリフ君たち、すっかり大人になってますw今までと雰囲気が違う作品で結構面白かった。 また監督変わりましたね。上映時間157分。多分原作がんばってつめこんだんだろう....
あ~、今年はこの時期、再びハリー・ポッターのシーズンになりましたね~。前作はアクシデントで公開が遅れたものね。先行上映を見てきました。ネタバレしないで(というかネタバレする事がないかも)感想を。☆ハリー・ポッターと炎のゴブレット☆(2005)マイク・ニュー..
評価:55点(参考点数)ハリー・ポッターと炎のゴブレット今年は今までみてなかったシリーズをいきなり観てみようということで、今回はハリー・ポッターに挑戦です。脳内で「はじめてのおつかい」の音楽を流しながら観にいってまいりました。さて、ハリー・ポッターは原作
       ”ついに決戦の時だ、ハリー”原題:HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフ/エマ・ワトソン    ルパート・グリント/マギー・スミス ほか制作:2004年/...
観てきましたよ。先行上映。「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。もちろん原作は読んだんですが、実は内容あんまり覚えてなかったり…それと、カタカナを覚えるのが苦手なので、登場人物の名前が若干曖昧です。↓↓↓ネタバレします。↓↓↓今回はクィディッ....
ハリー・ポッター 炎のゴブレット公式サイト☆☆☆☆殆どネタバレになっちゃうので、あまり書かれないな;;オープニングのクィデッチ世界競技会でワクワクモード~♪アイルランドの聖人とかも出てくるんだけど、これってイギリス好きにしか判んないかもぅ。でもすぐに・...
原作を読んでいない方が見ると、クィディッチ・ワールドカップのシーンがあまりにも短いので、あっけない感じがするのと、「憂いのふるい」のシーンが唐突に出てくるので意味がわから
今日の先行上映にて、ハリーポッター炎のゴブレット観賞しました。印象としては、やはりみんなが大人になっていたので、かなり雰囲気が違っていたような・・・。監督も始めての、イギリス人監督とのこと。やはり、いままでの3作とは違って、テンポが速い気が...
観てきたよーハリーポッターと炎のゴブレット先行上映!!!いやぁ…すごいっすね。映画ってここまで進化したんやぁ…すげぇ。すげぇよ…*私的見どころ一覧。ネタバレ注意。
ハゥ~~~~♪フゥハァ~~~~♪?・・・その吐息にも似たボーバトン魔法アカデミーの洗練された美しい女性達だけで、満足♪
実は先週から、ウチの幼い娘が二人とも発熱・嘔吐で仕事も手につかず、今週に入っても食べたらすぐ吐く、いずれ吐く、という状態がなかなか良くならない。にも関わらず、医者は同じクスリしかくれないし、ちっともそのクスリが効かない。最悪の場合、髄膜炎かもしれな
シリーズ4作目の「ハリーポッターと炎のゴブレット」を先日19日の土曜日、先行ロードショーで観て来ました。今回の内容は魔法の世界がグーンと広がって、世界規模のクィディッチ・ワールドカップが行われ、全魔法界の三大魔法学校対抗試合が有ったりと、「えっ?魔法使...
今日からフィリピンでは、「Harry Potter and the Goblet of Fire」(ハリー・ポッターと炎のコブレット)が公開された。全作のハリー・ポッターも赴任直後に任地で見た。フィリピンでも超人気のハリー・ポッター、第4弾。セブにある2大映画館(共にショッピン
**********************○作品名:ハリーポッターと炎のゴブレット○監督:マイク・ニューウェル○出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ロビー・コルトレーン マイケル・ガンボン レイフ・ファインズ ブレンダン・グ
HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE 監督: マイク・ニューウェル ? 音楽: パトリック・ドイル 出演: ダニエル・ラドクリフ,ルパート・グリント,エマ・ワトソン,トム・フェルトン,スターニスラフ・イワネフスキー,レイフ・ファインズ,マイケル・ガンボン
先行ロードショーで見てきました。 ハリーポッターと炎のゴブレット 次男が持って
1年に1度のお楽しみ~って感じになってきたハリポタシリーズ今回はまるで壮大なRPGのような世界感を味わえたそして話題になってたハリー達の"恋"も淡く切なく、カルピスのように爽やかに表現されている今度の監督はシリーズ初の英国人マイク・ニューウェルだ前3作
 何しろ原作が上下巻の長さで、しかも長さに値する内容かというと、単にイベントが多いだけというもの。そんなわけで毎度のことではあるが、映画一本分にまとめるために、見せ場を残してごっそり削ったのは正解かも。ただ、登場シーンを除いて他の学校の代表の見せ場が全然
待ちに待った「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」公開日。さぞや映画館は長蛇の列かと思いきや、2時くらいだったけど列になってなくて、ちょっと拍子抜け。ギリギリになったらポップコーンも買えないかも、と心配したけど誰も並んでなかった。このシネコンでは4シアター
 巻を重ねるほどページ数がガンガン増え、ついに本作からは日本語版は上下巻セットになってしまったほどのボリューミーな原作シリーズに対し、映画ってのは興行的な都合もあって2
待望のハリー・ポッターシリーズの4作目を初日である今日に観に行ってきました。まだまだ ハリポタ人気は健在なようで、並んでいる間に次々と満席になっていくという状況を見るこ
アメリカ 157分監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフ    ルパート・グリント    エマ・ワトソン    レイフ・ファインズ「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。クィディッチ・ワールドカップの会場の上空にヴォルデモート卿...
観てきましたよ~ハリーポッター最新作、ハリー・ポッターと炎のゴブレットを。先行ロードショーで観たかったけど、あいにく先週はワイン会もあり、とりあえず今日の初日に行くことになりました。原作を読んでいない映画に突入です。ハリーを含めてみんな大きくなりました..
※マジックファンタジームービー レビュートラックバッカー、コメンテーターの方!よろしくどうぞ!H・Pは第一作から年月を経て、魔術学校を舞台にした、ほろ苦な青春物語へ変化
上映時間を勘違いしていて危うく遅刻しそうになりました・・・。家を出る前、チケットで時間を確認してよかった。ほっ。これまでの作品で一番ダークな?内容になっていましたね。確かPG-12でしたっけ?アズカバンのときのそうでしたけど、やっぱ子役達の成長っぷりに驚き
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン主演人気のハリーポッターシリーズ4作目ロンの一家の招待でハリーはハーマイオニー達と共にアイルランド対ブルガリアのクイディッチ・ワールドカップ Quidditch World Cupを観に行きますそこでハリー達は不可解な
ハリー・ポッターと炎のゴブレット今日から封切りになりましたね。今から見るのが楽しみです。でもSAYAは、白血球が普通の人の半分くらいしかないので(つまり感染症にか
「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第4弾。とっても楽しみにしていました!・・・とはいえ、劇場で観るのはこれが初めて。今までのシリーズは、ビデオなどでしか観た事がありませんでした。公開初日、六本木ヒルズのTOHO CINEMASに出かけると、案の定結構な人です。そし
ハリーポッター第4弾の『ハリーポッターと炎のゴブレット』が 11月26日公開! なので初日の今日、さっそく見てきました(^_^)
比べるのも失礼だが、「ロード・オブ・ザ・リング」三部作と「ハリポタ」の映画シリーズの一番の違いは、結局映画自体が物語っているか否かだと思う。「ロード~」が映画単体でも物
 ボーバトン魔法学校の事務員でもやらせていただけませんか?ふ~♪ 人種も増え、お笑いキャラも増え、その上フランス娘とロシア男の学校も加わった。国際色豊かになり、ホグワーツ校内も明るく楽しい雰囲気となった。その分一人一人の描写が希薄になった感もあったけど、
【邦題】ハリーポッター 炎のゴブレット【Cast】Daniel Radcliffe, Emma Watson, Rupert Grint, Michael Gambon, Maggie Smith 【Director】Mike Newell 【Length】2 hrs. 30 min.【Genres】Action/Adventure, Kids/Family and Science Fiction/Fantasy【Story】クィディッ
魔法学校を舞台に主人公ハリーの冒険と成長を描く大ヒット「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。伝説の“三大魔法学校対抗試合”が復活、なぜか代表選手に選ばれてしまったハリーに最大に試練が訪れる。主演は引き続きダニエル・ラドクリフ。シリーズ初のイギリス人監督..
公開当日劇場で観ました。「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。原作は読まずに観ました。主役の3人ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)はさらに一段と大人になっていま
●ハリー・ポッターと炎のゴブレットをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ハリーが通うホ
 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(ワーナー)は、三大魔法学校のチャンピオンを決める、待望のファンタジー・シリーズ第
ハリポタシリーズは「賢者の石」「秘密の部屋」は劇場で観ましたが「アズガバンの囚人」はまだ観ていませんでしが。シリーズモノは、きちんと順序どおりに観るようにしているのですが、大丈夫かなと思って観てしまいました。しかし「アズガバン」というのが今回の作品にも..
なんだろ・・・やっぱりシリーズものってちょっとお祭りな気分になっちゃって先行上映は見逃したハリーポッター・・・たぶん初日初回8:45上映の字幕なら空いてるんじゃないかな?(あくまでも比較的にね^^;)まぁ、起きれたら行くかなぁ~って起きれちゃったの...
と言うわけで、けが人のぽちみですが、ハリポタを見にいってまいりました。先行の日は寿司に気を取られて行けなかったので、公開初日に参戦。前日に小説で予習をしていかなかったけど、結構小説の内容を覚えていた私は、「あれ、違うなぁ」と思わされました。そんなぽちみの
 今日は、久々に映画を観に行ってきた。およそ3ヶ月ぶり。観たのは「ハリーポッター炎のゴブレット」。 これまでの3作品を全部映画館で観てきたので、今回も映画館での観賞。といっても、こんなに公開早々観るつもりはなかったんだけれどね。{/face_ase2/}わざわざ混ん
もうすっかり大人になった3人。今回はファンタジーに人間の心模様も映し出されていて、子供だけではなく大人も満足できる内容になっていました。空中あり水中ありダンスパーティありと色々なシチュエーションが楽しめます。ハリーとロンのダンスにも誘えないヘッポコなとこ
それぞれが変わっていく…新たな序章のような作品 今までの1~3作品と何が違ったと感じたか、というとまず映像の光のとらえ方。それから音楽。スケール感がもっと壮大にそして荘厳に。最初にポートキーでトリップするシーンなんかは本当に広大な自然を写し出し、陽の光に心
既出6巻中最もダーク(?)といわれるらしい「The Goblet of Fire
昨日は、土日で観にいく機会が無かった「ハリーポッターと炎のゴブレット」を旦那と一緒に観に行ってきました!川崎のチネチッタに行ったんですが、ちょうど夜のパフォーマンスの時間だったらしくライトアップされた...
 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイトマメ情報  ジャンル;ファンタジー 制作年度/国;'05/米                      配給;WB  上映時間;2時間37分        監督;マイケル・ニューウェル       出演;ダニエル・ラド..
楽天でも人気の「ハリー・ポッター」NewYorkいる妹は新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を見てきたようです。でも、大人気の映画もサンクスギビングデイには、楽勝で入場できるなんて、日本とはちょっと違った風土に感心です。娯楽よりも、日々への感謝が大切なわ...
ぶっちゃけ世間が騒いでるほど私は「ハリポタ」の映画にはワクワクしないんですよね。興味が無いわけじゃないんですよ。原作は映画化される前に読んでハマったくらいですから。映画は確かにこのハリポタの世界観を創造力豊かに表現しているとは思うのだけど、本を読んで感..
14歳に成ったハリー。今年はどんな事件が彼を待ちかまえているのでしょうダズリー家から、早々とウィーズリー家へと出向いたハリー。クィディッチのワールドカップが行われるので、ロンのお父さんが、子供達を引き連れて開催される場所まで、マルグの目をか...
≪ストーリー≫クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中、空に不吉な「闇の印」が現れた。不穏な空気の中で迎えた新学期、ホグワーツで、100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合」が開催されることになる。命の危険を伴う試合のため応募資格は17歳以上と決められていたが、な
いやぁ~長かったよ、エンドクレジット(そこからか?) それはともかく、167分
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカこの冬一番の大作がいよいよ公開!「ロード・オブ・ザ・リング」にうつつを抜かしていたので「ハ...
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観に行った。 ハリー・ポッター・シリーズの
毎回一応は見ているハリポタ。4作目の今回も行ってまいりました。CGがよく出来ているのは当然で、驚きもしません。1冊のストーリーを2時間半くらいにまとめなきゃならないので、はしょったところが分かりにくいもの仕方ないかなあ。原作そのものがファンタジーもどき、だ
前作『アズガバンの囚人』がダークすぎて、個人的にはイマイチ感ありありだったのだが、アルフォンソ・キュアロンからバトンタッチされたマイク・ニューウェル監督は、実に生き生きとおなじみ3人組の学生生活を描き出した。アルフォンソ・キュアロンとい...
昨年、前作では実現しなかったが、ここ数年このシリーズと「L.O.T.R」を家族4人揃って近所のシネコンに観にいくのが恒例となっていた。ついに今回からはそれも字幕になった。昨年、つまり、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」でそれが実現しなかったのは、1.2作を観て、
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」☆×5監督:マイク・ニューウェルご存知、老若男女が胸躍る冒険ファンタジーの第4弾です。うーん、有名すぎる作品ってのも感想書きにく
親に言われた事がある。「続き物をいきなり最新作から観るものではない」、と。幼かった私は、言葉の意味はよく分からんがとにかくスゴイ剣幕だと、親の言いつけを良く守る、よゐこちゃんだったんで、言いつけを頑なに守り、バカみたいに映画を観まくってるにもかかわらず、
成長したハリーに、ついにその時が訪れる
先行ロードショーで観てきた~♪みんな大人になってしまっている!!!!!子供の面影ないーーーー@@このシリーズはどうも入り込めなかったんだけどハリーたちが年齢を重ねて共感しやすかったせいか今までで一番良かった!最初に出てくる魔法のワールドカップがとにかく凄
17歳のパラドックス ?~ ストーリー ~新学期が始まるまでの間をハリーはウィズリー家で過ごしていた。そして魔法界を熱狂の渦に巻き込む”クィディッチ・ワールドカップ”を観戦するために”移動キー”を使って、スタジアムへ!みんながお祭り騒ぎを楽
さてさて、昨日は映画を見てきました。話題の映画 ハリー ポッター 炎のゴブレット。初日だけあって凄い人・人・人・で中にはコスプレさんもいましたよ。と言う事でネタバレ無しで、ご紹介を。まずはストーリーから・・・。ストーリホグワーツ魔法学校の夏休み....
ハリポタシリーズ4作目公開2日間で、日本の歴代5位の興行成績をあげたんだって! 先週の公開日、のんきに食事してから行くともう席が完売で観られず{/ase/}翌日も、ギリギリすぎてまたも完売{/face_acha/} 3度目にしてやっと観れた。。。。渋谷ピカデリー、300席じ
ひゃ~!!時が経つのは早いもので、アッという間にもう11月。10月中旬に公開された映画を大慌てで紹介しなくちゃ…。単館系なので、まだ公開中だと思うんだけど、見てない方は是非、『ヘイフラワーとキルトシュー』をご覧になってください。こんな素敵な田舎なら住ん
新宿でついさっき見てきましたー。時間遅いんでみたてほやほやで携帯から直送感想☆一言で言うと今回、端折りすぎでしたね。前回まではストーリーおぼろげでも楽しめた感はあったんだけど、どうも今回は説明不足がひどすぎです。まぁ、あんな分厚い本2冊分を3時間そこらでま
公式サイト:http://harrypotter.warnerbros.co.jp/gobletoffire/原題:HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE製作:2005年アメリカ監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/スターニスラフ・イワネフスキー/ロバート・パ..
あらかじめチケットを交換していたのでど真ん中の席。だけど、いざスクリーン内に入ってみると…両隣は友達同士で観に来ている中学生くらいの女の子。大のおとなが一人で観賞なんて、彼女たちには考えられない世界らしく、ジロジロ見られた。つーか、土曜日の午後の回なん..
このハリーポッターシリーズも回を重ねるごとに進化してゆく~~やっぱりシリーズモノはこうでなくっちゃね!私自身、二作目の‘秘密の部屋’がけっこう好きで「だんだん面白くなてくる!」と期待していた三作目が・・・ガラッと雰囲気変わり「あれれ。。」だったので今....
思い入れの深かった『ハリーポッターシリーズ』なんですが、実は今作はまだ原書を読んでないのです。読んでから見に行こうと思っていたんだけど、もう我慢できなくなって本日見ることにしました。一作目ではハリーにスクリーンで会えたってことで涙してしまったくらいのハ..
ハリーの思春期ハリー・ポッターシリーズ第4作目、見る前はあんまり期待していなかったのですが、かなり良い出来では。もちろん原作にそのまま忠実にしたら、映画として時間が足りないし、端折ってた部分もあるけどあれはあれで良いと思います。シリーズ中一番楽しめた気が
記憶が薄れないうちに先週観た『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の感想を・・・シリーズも4作目を向かえ一番に思ったことは、いやいや~みんな大きくなったねぇ{/face_setsunai/}この年頃って、こんなにもかわってしまう時期なのか~ハリー、ロン、ハーマイオニーの成
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005)出演 ダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター)    ロン・ウィーズリー (ルパート・グリント)    ハーマイオニー・グレンジャー (エマ・ワトソン)    トム・フェルトン (ドラゴ・マル
「オレはこういう世界で自分がどれほどの男なのか試してみたいんだよ」by村田 将五(WORST9巻)毎度!!最近、寒いですな。冬は嫌いです・・・なんか寂しくなるからね。つー感じで土
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 11月25~27日の全米映画興行収入ランキングは、ハリー・ポッター・シリーズの最新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が5490万ドルで、2週連続トップに輝いた。 全世界での興収は2週間で総額4億800万ドル。 今週か
はい、見てまいりましたぞよ。もう、何ヶ月も前から前売り券を買って楽しみにしていたこの作品。ポタリアンとしては見た遅いくらいかもですね。この炎のゴブレットですが、みなさんご存知の通り、原作が分厚い。現在6巻目まで読みましたがその中でも一番分厚いですよね。ク
"HARRYPOTTERANDTHEGOBLETOFFIRE"監督・・・マイク・ニューウェル原作・・・J・K・ローリング出演・・・ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、トム・フェルトン、スターニスラフ・イワネフスキー、ケイティ・リューング、マシュー・ルイ
「ハリーポッターと炎のゴブレット」をみました。ハリーポッター・シリーズの第4弾
よくわからなかったけど、とても面白かったです秊 これが、ハリー・ポッターに関する前知識のほとんど無い私のとっても率直な感想である。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」J・K・ローリングの小説「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第4弾。シリーズの中では一番良かった。青春映画として観ると、切な感じでスキなタイプ。また、ハリー・ポッター(ダニエ
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。人気シリーズの4作目。過去のシリーズも劇場かDVDで鑑賞してい
5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)う~ん・・・期待が大きすぎたのか、かなりガッカリさせられました。てわけで、先ずは前三作のワタクシの評価ですが・・・『ハリー・ポッターと賢者の石』6点『ハリー・ポッターと秘密の部屋』6.5点『ハリー・ポッタ
原作は、映画より面白そうと感じさせる快作。前作までの流れを踏まえつつ、物語の本筋に絡む、新たな流れに入る事を予感させる作品。私は「賢者の石」、「秘密の部屋」、「アズ
「今回はちょっとダークなところがあって見るに耐えたよ」と会社の人。んじゃちょっと観てみようかと考えた自分がアホでした。
ほとんど予備知識のないまま、いきなり今作のハリポタを見に行ったのが約10日前。 なかなか厳しい体験だったことは、前回のレビューに書いた通りである。(^_^;) とはいえ、映像の美しさや迫力には驚き、胸がときめいた2時間半だった。 そしてその時、映画を見終わって私
公開からほぼ一ヵ月。やっと観ました。今回は吹き替え版。しかし…上映時間が長いのぉ。採点方法が変わりましたよ。
ハリーポッターシリーズは、一応全部観てきているのですが、どちらかというと、ロード・オブ・ザ・リング派なので、そんなにハマルほどに面白い・・・と思ったことはないんですが。ハリーポッターと炎のゴブレット を観て来ました。で、感想は、面白かったです。全4作
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観ました。クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中に空に「闇の印」が現れる、何やら不吉な予感。今年は三大魔法学校対抗試合が行われる年、危険な試合になるために17歳未満の生徒は応募資格がない。しかし各学校からの出場....
この映画の後の2本目です。これの後、寝不足、マンガずっと読んで、映画一本観た後でありましたが、一作目、2作目、DVD持ってます、楽しめました。だから、ハリー・ポッターにハズレはないだろうと安心して入りました。なんとなく、いまいちノレナイ。半分にならない間
2005年7月には第6巻「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 "Harry Potter and the Half-Blood Prince ” が出版され(日本語版は2006年出版予定)、映画も4作目の「HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE, ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が公開中です。...
監督、マイク=ニューウェル。2005年米。ファンタジー映画。原題『HARRY P
監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、スターニスラフ・イワネフスキー、ロバート・パティンソン評価:75点(100点満点)公式サイト安心できる同じキャラの登場と子供たちの成長は見る...
今年1本目の映画は、魔法の上手なハリーくん。 前作の「アズカバンの囚人」を見逃していて(^^;)、ちょっと不安だったんだけど、大丈夫だったみたい。 早いもので、少年だとばかり思っていたハリーくんも思春期を迎えたのね。 何も考えずに楽しみたいときには、いいかも
「アクシオッッ! ファイヤーボルトォォ!!」(箒よ来たれ!)魔法って本当にすごい!!クィディッチのワールドカップ、その迫力ある試合の様子に、ハリーじゃないけれど、度肝を抜かれ、あっという間にファンタジーの世界に引き込まれてしまいました。最高のファンタジーの
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★★☆?2005年11月26日公開 ●○制服の下に隠されたハリーくんに・・・(/。\)イヤン ○●やっと観に行ってきました。ハリーくんと仲間たち。
ハリー・ポッターシリーズ4作目。いよいよ思春期に突入の彼らにまたも新しい事件が・・・2005年 アメリカ2006年1月10日 川崎チネチッタ ファンタジー、アドベンチャー、アクション監督 マイク・ニューウェル(モナリザ・スマイル)出演 ダニエル・ラドクリフ(ハリー・
ジャンル:ファンタジー製作年:2005年製作国:アメリカ配給:ワーナー・ブラザース映画監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフエマ・ワトソンルパート・グリントレイフ・ファインズベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの第4弾。ついに’例のあの方’ヴェ
やっと、見てきました~。 やはりというか、ありきたりではありますが、思ったとおりのすばらしい作品でした。 【作品紹介】 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 監督 : マイク・ニューウェル 出演 : ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント ス
例えばテレビのスイッチを入れて、そのまま画面を見ない状態のときにですね、「あっ。今、吹替えの映画やってるな!」と思うことってありませんか?つまり、「音だけ聴いて、吹替えと判る」ということ。ありますでしょ?独特の言い回し、大げさな話し方。誤解しないでくださ
大人気「ハリー・ポッター」シリーズ第4作目!かなり遅いですが、ロングラン公開で1月に見てきました!(感想あげるの遅いってば…orz)妙に成長しちゃった主人公たちに違和感を覚えつつも劇場へー♪(笑)このイラストの為にわざわざハリポタフォントDLしまし...
世界的ベストセラーとして知られるファンタジー小説「ハリー・ポッター」[:本:]シリーズの映画化第4弾「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のDVDがいよいよ2006/04/21発売です[:!:]文句なしの超大作[:!:]・・・DVD[:CD:]でもう一度お家[:おうち:]でゆっくり楽しも
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 157分 監督 マイク・ニューウェル 原作 J・K・ローリング 脚本 スティーヴ・クローヴス 音楽 パトリック・ドイル 出演 ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 、トム・フェルトン 、ス....
はい、こんばんは。キングスクロス駅9と3/4番線ホームでホグワーツにご一緒しましょ。ハリーポッターも、もう4作目になるのですね。タイトルもわからなくなってくるのは、私だけではないでしょ、ね、ね。「ハリーポッターと???愉快な仲間たち」だったっけ....
ハリー・ポッター第4弾はシリーズ中で一番いい作品でした。ハリーの在籍するホグワーツ魔法学校で「三大魔法学校対抗試合」?!が主催されることになる。それぞれの学校から17歳以上の生徒を一人ずつ選んで試合が行われ、3人の生徒が選ばれるが、どういうわけか14歳のハリ..
ハリー・ポッターと炎のゴブレットダニエル・ラドクリフ (DANIEL RADCLIFFE )って、1989年生まれ、17才?ルパート・グリント (RUPERT GRINT )が、1998年生まれ、18才エマ・ワトソン (EMMA WATSON )は、1990年生まれ、16才もう無理yo、このメンバ...
このページの最終更新:2006・6・1ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は最近,悪夢にうなされていた.親友のロン(ルパート・グリント)やハーマイオニー(エマ・ワトソン)と,クィディッチのワールドカップを見に行って,ハリーは有頂天になり,悪夢のことを,しば...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る『ハリーポッターと炎のゴブレット』公開初日に観に行きました{/hiyo_en2/}ハリー、もうすっかり大人だよ{/face_en/}凛々しい{/ee_2/}でも、個人的には、自分の魔法の力に一喜一憂
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 CAST:ダニエル・ラドクリフ 他ホグワーツ魔法学校の4年生になったハリー・ポッター。新学期を迎えた学校では、魔力を競い合う伝説のイベント「三大魔法学校対抗試合」が開催されることに。17歳以上と定められた各校の代表が
今更ながら『ハリーポッターと炎のゴブレット』(字幕版)を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》
今回は三大魔法学校対抗試合がストーリーの中心。主人公のハリーが出場し、次々に課題をクリアしてゆきます。今作品は4作目とあって、いつもの3人のキャラクターも成長し大きくなり、顔つき、体つきも大人びています。ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフの入浴シー
映画・ハリーポッターと炎のゴブレットから、日常英会話抜粋です。ハリーシリーズも4からは、翻訳では上下巻分かれるくらいのヴォリュームで、映画化は難しいようにも思えたのですが、多少忙しいですがよく出来ています。(ハリーポッターと炎のゴブレットより、日常英会話
原作の話は長くなる一方なのに映画の放映時間はそうそう長くはできない。だからかなり話を削らないといけない方向になるわけだけども、その結果どうにも原作読んでるこっちとしては話がかなりダイジェストになってる感が否
引き続き4作目映画の感想。「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」( Harry P
2005年:アメリカ原作:J・K・ローリング監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マギー・スミス、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、スターニスラフ・イワネ....
 ”ついに決戦の時だ、ハリー”  ハリー・ポッターシリーズの第4弾がいよいよ来週末の11/26に公開されますね。  2週連続の試写会GETヽ(´ー`)ノです!  ただ先週の「ロード・オブ・ドッグタウン」より、格段も上の会場でした(*^^*)  そして、やっぱり話題作だか...
ついに決戦の時だ、ハリー

コメントの投稿

非公開コメント

早速のトラックバックありがとうございます。まだ、いろいろと考えております、長いと言う点では同意見です。
もしかしたら、カットされてる部分も多いように感じました。多すぎるエピソードゆえ、仕方のない事なのかもしれないですネ。
こちらからもトラックバックさせていただきますネ。
上映時間の長さ、水の中の大切なものの場面、ハリーの血が盗まれる場面、少々、キツイなあと思いましたが、よくまとまったいい映画だと思いました。
細かく書きすぎるとまた、なんですので(笑)、これぐらいでご勘弁を。

とらっくばっくありがとうございますv

おじゃましますv
ハリーポッターの本のほうを読んでいない云々と
おっしゃられますと私はちょっと肩身が狭いのですが、
ほぼ映画だけでハリーを体験してきた者としては、
いろいろなことを短時間(それでもちょっと長かったけど)で
見せようとしていたところは凄いとおもいました。
確かに三時間は長いですね~。
いっそ、一つの本の内容を二作の前後編にわけてみたら
よかったのじゃないかと…。
迫力不足は時間の分配とかが関係しているのかもと
あらためて推測したりしています。
でも、最近ロードオブザリングやちょっとまえはマトリックスなど
巨大連作の娯楽(?)が少なくなっていたので、
「ハリー」はとても貴重な存在だなあとおもいました。
これからも画、内容、キャスト、スタッフともに
最高の娯楽作品を追求して欲しいとおもいつつ
これにてしつれいいたしますv


長いと苦労する

>たまママさんこんばんわ♪

今回は『あの人』も登場するということで、何だかダークファンタジーな要素になっている感じもしますね。
自分はこれはこれで良かったですけど、子供の反応が気になってしまいますね。後半から暗い印象に様変わりしていたように思えますし。


>やしろさんこんばんわ♪

自分も同じく原作未読の映画で鑑賞派なので、あまり多くは語れないんですけどね(^▽^;)
原作が長編だと、その後映画にするのがかなり大変ですよね~。上映時間の都合上、下手に端折ったりすると駄作になりかねませんので、やっぱり難しいところですね。

おはようございます!

さすがメビウスさん、早いですね!
私は、公開されてからしか見れないので、
29日に見に行って来ます(^-^)/
本も全て読んでいるので、毎回とても楽しみです。
前回から監督が替わった事も有って、
表現の仕方が少し変わった様な気もしますが、
楽しみにしていることには、変わり有りません♪
見てきたら、TBさせてくださいね。
まだ随分先ですが・・・・(^_^;)

本場

>すぅ☆さんこんにちは♪

すぅ☆さんは原作を全巻読破してるんですね♪
原作を未読な自分よりも既読な方の方が楽しみ方が増えると思いますね♪自分の評価は未読な評価なので、ちょっとざっくばらんです・・(;^_^A(汗

監督のマイク・ニューウェルはイギリス出身なので、やっとこのシリーズが本場ハリポタとなった気がします(笑

TBさせていただきました

こんにちは~♪
ハリーシリーズはいつも楽しみにしているので先行上映に行ってきました。
面白いのは相変わらずですが、やっぱり気になったのは長さと残酷シーン。
やはりお子様で楽しみにしている人も多いと思うのでこの長さはきついし、あまりのダークさに怖がっちゃう子もいるかも!
読んで頭の中で想像するのと、映像を見せられるのとでは全く違いますからね~。

エンドロール

あのエンドロールの長さも、ハリポタの名物となりましたね(笑)

せっかく三大魔法学校が集まったのだから、もっと他のメンバーの活躍も
見たかったですね!!

ハーマイオニーが最後に言った言葉が、
私も凄く好きでした。
あの一言がこれから先の彼らの成長が楽しみに思えてきました。
しかし・・・ほんとエンディング長かったですね(^^;;
おまけ映像があるかとおもって頑張っていたのに(/_;)

こんばんは

エンドロール、長かったですね。いつもエンドロールに何かかあるかと思って、最後まで見るのですが。今回は、あの歌がおまけなんでしょうね。
まあ、エンドロールの途中から歌が入るってめずらしいですもんね。

TBありがとうございました。

旦那にはひ・み・つ(☆o☆)のあーちゃんです。TBありがとうございました。何度かTBを試みてみたのですがどうもgooが不安定なのかさぼっているのかTBが出来ませんでした。もしかしたらNGワードなのかもしれません。大変申し訳ありませんが今回はコメントにて失礼させていただきますo(_ _*)oこれからもよろしくお願いします。

長い上映時間

>ミチさんこんばんわ♪

ハリーポッターは人気があるだけに、妥協も許されないと思う映画なので、その為どうしても上映時間のほうも長くなってしまうんでしょうね。正直子供に見やすい上映時間にもしてほしいですけどね。次回作も更に長くなるんでしょうね~(汗


>ぐ~さんこんばんわ♪

せめて魔法対抗試合は1校1人じゃなく、3人一組とかにすれば、チームワークとかで盛り上げてもう少し迫力出るかなーなんていうことも思っちゃいますけど、さすがにそれじゃ原作大幅変更ですよね(^▽^;)>゛


>えふさんこんばんわ♪

『みんな変わっていく・・』
この言葉良かったですね♪ハリポタシリーズはあの3人の成長の物語のようにも思えますから、最終作辺りではもう立派な大人でしょうね。

そう言えばエンドロールが終わる最後に、誰かの名前がありましたよね。その下に確か1964~2004って書いていたように思えましたけど・・・撮影の途中に誰かが、亡くなったということでしょうかね?

エンドロール後のあの名前は・・

>ぷちてんさんこんばんわ♪

そう言えばハリポタ前3作品でエンドロールに歌が挿入されてた所ってありましたっけ?本作が初めてじゃないでしょうか?
自分は我慢して最後まで見てましたけど、自分が見た劇場では4人くらい最後まで生き残ってました(笑


>あーちゃんさんこんばんわ♪

コメント有難うございます♪自分もいつも『旦那~』は拝見させていただいております。
いつもお早い鑑賞も然ることながら、的を射ているコメントも自分にとっては参考にもなっています。

今後もブログの更新頑張ってください。自分も楽しみにしています♪

こんばんわ。
初恋だらけのあの甘酸っぱさはとてもよかったです。(笑)
それと、最初のクィディッチシーン、すごくドキドキワクワクしてきて好きです。
上映時間長かったですよね。というかエンドロール長い!今回はさすがに最後の方疲れてしまいました。
でも、時間を短くすると、今度は原作の味が薄れてしまう。難しいですね。
それと、今回は普段より重たい内容になってると思うのですが、子どもたちは楽しめたのかが気になります。
TBさせていただきますね。

重いですよね

>麻さんこんばんわ♪

今回は殺人事件も起きたりと全体的に暗いムードが漂うハリポタなので、子供の反応がちょっと懸念されますね。
自分もヴォルデモートのために、腕切ってしまう部下にちょっと顔顰めたかも・・

そうですね~♪

『終わり良ければ全て良し』♪ に、とっても納得してしまいました♪楽しかったです。とくにあの・・馬車が・・♪笑
お気に入りです!

ペガサス馬車

>nicocoさんこんばんわ♪

馬車・・・?と言ったら、ボーバトン校が乗ってきた、ペガサスが引いてるあの馬車ですよね?
あれは確かに凄かったです。あそこまでリアルだと、CG忘れちゃいますね(^▽^;)

TB&コメントありがとうございました

青春謳歌していましたね。
どんどん大人になっていってしまって。
なんかハリー・ポッターと平行してダニエル君の成長日記みたいにも見えてしまう映画です。(笑)
エンドロール長かったですよね。
それにいつものハリー・ポッターのテーマ(?)が流れず歌が流れてきたのでかなり違和感でした。

いろいろ違ってた

>なななさんこんばんわ♪

ダーズリー家からのスタートじゃないのもそうですが、そう言えばあのオルゴールみたいなハリポタのテーマも無かったですね。
今思うに、今回は色々な面で変わっていたように思えますね。

TBありがとうございました!

たしかに 子供に見せるには この時間長すぎますよね!
でも 原作考えると これでも全然足りてない 難しいところですよね。
いっそ 最初のワールドカップのエピソードをばっさりカットして 対抗試合をもっとふくらませて欲しかったかなと思ってしまいました!

TBありがとうございました♪

学園ラブコメみたいな雰囲気もあって、そんなとこは息抜きできて良かったです。
クリスマス舞踏会はまるでプロムのようでした(*^▽^*)

こんにちは♪

対抗戦のエピは確かに薄くて他の選手達の活躍も描かれ
ていないしハリーだけのために開かれたイメージが強くな
ってましたね。
エンドロールは長すぎですよ・・・(〃´o`)=3 フゥ

はじめまして

メビウスさん、こんにちは。
TBしていただいてありがとうございます^^
私もハーマイオニーの最後の言葉はぐっときました。
ハリーが力強く頷くのも、ちょっと寂しいような頼もしいような。
上映時間はほんと長かったです!
お尻が痛くなって、エンドロールは観れずじまい^^;
ラドクリフ君は次回作の契約も交わしたそうですが、主要キャスト続投なのかどうか気になります。
また遊びに来させてください♪

TBありがとうございました。
私も早く映画を見に行きたいです。

お子様に見やすいように

>コブタさんこんばんわ♪

原作もかなり長いですし、忠実に再現するとなるとかなりの時間になってしまうので、より一層子供には苦しい状況にになってしまい、そこはやっぱり難しい所ですよね。
クディッチのワールドカップもあれほど淡白なら削ったほうがいいかもしれませんね~。原作はもう少し長いって聞きましたし。


>cherryさんこんばんわ♪

監督も学園生活の方を重点的に力を入れたとも雑誌に書いていたので、その力の入りようが見て取れますね。彼らもどんどん大人になっていくので、これからのシリーズも恋愛模様などが期待できそうですね。

ギャラが凄い!

>Notorious♪さんこんばんわ♪

対抗戦のほうはもうちょっと他校の代表選手の活躍も描いてほしかったですよね。最初のドラゴンとの戦いはあっさりしすぎて拍子抜けしちゃいましたし・・・あんなのとどうやって戦うのだろうと期待を膨らませていただけにちょっと残念ですね。


>bettieさんこんばんわ♪

自分もエンドロールを見終って場内が明るくなった途端におケツが凄く痛くなりました。我慢して観た人は自分を誉めてもいいでしょうね(^w^;)(笑
そう言えば次回作のラドクリフ君のギャラは凄いですよね~。人気の高さがそのままギャラに反映されていますね。


>ドジ子さんこんばんわ♪

原作未読か既読かによっても各々の評価は賛否両論ですが、相変わらずCGは凄いですし、少し大人になったハリー達も見応えはあって、見る価値はあるかと思いますよ♪自分はハリポタファンじゃないのですが、いつも適度に楽しんで観てます♪

学園

こんばんは。
今回は前半なんて完全に学園物でしたね。
でも結構好きです。
主役たちがどんどんオトナになってるのが、そのまま作品に生かされてましたね。

学園ライフ

>ノラネコさんこんにちは♪

対抗戦は種目が観ていて面白いものばかりだっただけに、淡白に描かれていたのが個人的に痛かったんですよね~。それと比べたら自分はハリー達の学園ライフの方が面白かったですね♪
年齢もちょうど中学生くらいになった事だし、恋あり悩みありと色々なハリーを見せてもらいました♪

期待しちゃったのに(笑)

おまけ映像あるかなぁ~っと微妙に期待しちゃった
エンドロール(笑)
こちらでは、ほとんどみなさん立ちませんでしたよーー
でも、その後は疲れきった表情だったりして
^^;猫もトイレに急ぎました(爆)
とりあえず『スカルス』のエンドロールよりは楽しかったけど
(比較対象にしちゃ ダメか(笑)
TB&コメントありがとうございました。

こんにちは。
ダーズリー一家出てきませんでしたね~ちょっと嬉しくあり、哀しくもあり・・・^_^;
原作読んでる人には理解できることが多いと思いますが、知らない人にももっとわかるように描いていかないと、今回のような長さの作品は面白く写らないかもしれませんねえ。魔法対決の部分ももう少し重点おいて欲しかったと思いますよ。
キャラクターの心理状態もちょっと希薄気味でしたし。
それでも、要点をかいつまんで収めた感じはこれでいいのかなあとも思いますけど。
ハーマイオニーもどんな女性像になっていくのかこれからが楽しみですね

最後のアレって・・・

>にゃんこさんこんにちは♪

『ステルス』と比較しちゃまずいでしょ~(^w^;)(笑
でもあの長いエンドロールは辛い分、何だか期待しちゃいますよね。でも確か最後に1964~2004っていう年と共に誰かの名前が表記されましたよね?
製作してる途中また誰かが亡くなったと言うことなんでしょうかね?


>charlotteさんこんにちは♪

今回はダーズリー一家が出ませんでしたけど、次回作には出て欲しい所ですね♪
ハリポタシリーズもほぼ1~2年おきに製作されてますので、次は3人も15~6歳。1年経っただけでもかなり顔付きとか変わってますので、毎回楽しみですよね。エマ・ワトソンも美人になってるような気がします♪

意外と楽しめました

こんにちわ。
たぶん、子供のほうが集中力があるのでハリポタみたいな作品なら飽きずに最後までついていけちゃうかもしれませんよ。どちらかというとトイレ心配のほうが大きいです(笑)。でも真面目な話、こういう子供も観る長時間作品のときは上映前の携帯電話云々のインフォメーション時に、トイレに行くように促してほしいです。子供が上映中トイレ行くときって駆け足でドタバタうるさいんですよね(笑)。

トイレが致命的!

>かのんさんこんばんわ♪

確かに子供がトイレに行ったりする時って駆け足で行く時多いですからドタバタうるさいんですよね。それ分かりますね~(^▽^;)シネコンでも結構目立つんですよね(汗

自分も集中力途切れると、トイレに行きたくなってしまう時ありますけど、その間に大事な場面見逃す恐れがあるので、上映前は必ず1回トイレに行ってますね(笑

メビウスさん、こんばんは。
私はまず、エンドロールから書いちゃいました(笑)
未読で大丈夫・・ということは大丈夫なんですねぇ。
原作はワールドカップのクダリと延々と長いし、どうなるかと思ったけど、思いっきり削除されて返って良かった感じです。
ロンとハリーのケンカももっとツライ感じですが、あっという間に仲直りで個人的には嬉しいし(笑)

しかし・・・160分は必要ですね。ギリギリでしょう。

チョウ・チャン

チョウ・チャン、原作では確か一応出てましたよね~次作でも。
でも映画版に出たとしてもやっぱり出番少なそうですね・・・
なんせ次作の見せ場は今回炎のみのヒトですしね
あれでギャラ発生したんですかね!?声は出てるか・・・

喧嘩も過激に?

>たいむさんこんばんわ♪

未読な自分としては、そのクディッチのワールドカップも少し観たかったところですね♪ハリポタシリーズではあのクディッチのシーンも結構面白いで期待はしていたのですが・・
ロンとハリーのケンカもシリーズ重ねる毎にもしかしたらどんどん過激になっていくのかもしれませんね。(汗


>haryさんこんばんわ♪

チョウ・チャンはやっぱり次作でも出る可能性が高そうですね。と言うかそうなってもらわなければ、わざわざ5000人の中から選ばれた意味がないってもんですよね(笑

ギャラはどうなんでしょう・・・結構気になりますね(^_^;)

トラバありがとうございますw

>更にこの試練に挑戦する3人を演じた方々。名前は分かりませんが、全員ハリポタの原作、及び今までのシリーズの映画を殆ど未見未読と言うから非常に困ったもんです(-_-;)

…まじっすかorz
なんだか大ショックです。
って言っても、原作に比べて全然インパクトのあるキャラじゃなかったからまぁ、いいかなぁ。と。妥協しとこうとおもいます(笑

私としてはもうちょい盛り沢山でも見やすい盛り沢山がよかったです。

役作りが・・

>ぽちみさんこんばんわ♪

某雑誌の読んだ時の情報でそのまま転用させてもらったのですが、もしこれが本当だとしたらインパクトが薄いキャラになってしまったのも納得できるかも・・・

役者さんは原作などもみて役作りに励むものだとも思いますからね。

ご来訪ありがとうございました

こちらでは初めまして、そるです。
コメント&TBありがとうございましたー。

そういえば、ちょうど今「秘密の部屋」を地上波でやってますね。

うわ、やっば。急に(劇場版)「アズカバン」まで一気に観たくなってきた!

今から、全部借りてこようかな~。でも、同じこと考えてる人も多そうだから、もうなかったりしてねー(^^;

ひとまず、今回ここまで。
ではでは(^_^)ノ""

正月映画にでも・・

>そるさんこんばんわ♪

賢者の石も秘密の部屋も放映されたんですから、また近い内にアズカバンも地上波初登場の決り文句で放映されそうですね(笑
でもこう言うシリーズものや続編ものは公開直前になると、前作を予習しようとして、レンタル店からごっそり無くなってるのがセオリーですよね(笑

TBさせていただきました

メビウスさん、こんばんは。
やっと観てきました。のでTBさせていただきました。

いろんなエピソードテンコ盛りで、ひとつひとつは案外あっさりと終わってしまったような気もしました。が、ロンとのすれ違いや、ついにヴォルデモート卿出てきちゃったり・・・いよいよダークな雰囲気を漂わせながら~。
ドラゴンとのシーンは迫力ある映像に楽しめました♪

ドラゴンはCGに見えない

>happy-cloverさんこんばんわ♪

ドラゴンは確かに凄く迫力ありました。あれがCGなんてホント信じられません。出来ればあの試練をハリーだけじゃなく他の代表選手分見せてほしかったんですけどね~。
でもそれだとやはり2時間半には収まらないのでしょうね。原作を忠実に再現するというのもなかなか困難なものですね。

ごっそり無くしてやりました

有限実行、その後で実際に過去3作+かねてより劇場で観たかった新作1本借りて、週末はほぼぶっ通しで観てました。
さすがに1作2時間半以上あったし、合計で約9時間視聴はちょっとキツかったです(やるなよ

でも、そのせいか忘れていた細部や子役の成長(声変わりとか笑)がまるでアルバムを見ているようで楽しかったです。
実はハリポタを劇場以外で、キチンと見直したのは初めてだったのですが、なぜか「アズカバン」の内容を一番忘れてました(汗

別に面白くなかったわけでも、インパクトがなかったわけでもないのに…なんでだろう?ヒッポグリフの処刑(されたように見えた)シーンでハーちんがロンにすがりつくところはおじさん大興奮!
でも、クライマックスは足を骨折したロンって置いてけぼりでショボーン。

あと、そう言えば「秘密の部屋」のラストでドビーが元はハリーの靴下をルシウスから受け取るシーンはとても好きです。

近いうちに一緒に借りた「バタフライ・エフェクト」の感想やろうと思ってます。ではでは。

9時間も・・・

>そるさんこんばんわ♪

うげ・・9時間も費やしたのですか?!( ̄□ ̄;)目がしぱしぱしたんじゃないですか?(汗
自分も脇役キャラの名前とかうろ覚えなので予習しないといけませんね(自分は秘密の部屋がうろ覚え・・)
ハリポタシリーズは何時見ても色あせないので、新鮮です。

鼻の穴

こんばんはー♪

ヴォルデモートの鼻の穴がなかったのは、ハリー君の血が足りなかったからでしょうか。
なんだかそればっかり気になっちゃって(笑)
あ、あと気になったのは水着(笑

クラム君はまるでどっかの格闘家。
もしかしたら大晦日にプライドに出てるかも~。
TBいただきっ♪

凶器

>あむろさんこんばんわ♪

クラムはクディッチをやってないで、ガタイがいいのだから格闘化向きですね(笑
クディッチの箒を凶器にするとか(^▽^;)

コメントありがとうございました

原作、映画ともブログ開設前に見てたのですが、公開記念サービスで続けて感想アップしました、慌しかったでしょうか?
ダンスパーティーが長くてちょっとダレました、ここ削ってワールドカップの試合を少しでも見たかったです。
その他はおおむね満足でした。

クディッチの試合

>くまんちゅうさんこんばんわ♪

自分もダンスパーティよりは、冒頭のクディッチの試合をもう少し観たかったですね。確か『アズカバンの囚人』でもあまり見られなかった気がしましたし、最新作の『不死鳥の騎士団』でもちょっとしか出なかったら残念ですね・・・

長すぎると

確かにキツイですよね~(;・∀・)
しかもどんどんダークになってますから、
お子様には厳しくなっちゃうかな?

大人向け?

>miyuさんこんにちは♪

確か本作はハリポタシリーズでも特に長かった作品だったような・・?
さらにストーリーも子供向けからどんどん離れて行ってる感じも気のせいではないと思いますね。ダニエルくんらもすでに大人な雰囲気だから、ハリポタも大人路線に切り替わってるのでしょうかね~?

PAGETOP