【監督】柴崎貴行
【出演】竹内涼真/内田理央/上遠野太洸/稲葉友/吉井怜/浜野謙太/西城究/井俣太良/クリス・ペプラー/真剣佑/松島庄汰/馬場ふみか/蕨野友也/柳沢慎吾/片岡鶴太郎/他
【公開日】2015年8月8日
【製作】日本

【ストーリー】
市民を守るため今日も戦い続ける仮面ライダードライブ=泊進ノ介。だがそんな彼の前に、進ノ介のことを『父さん』と呼ぶ一人の青年が現れる。彼の名は泊エイジ。未来からやって来たエイジの目的は父・進ノ介への警告だった。2015年8月8日、ベルトさん=ドライブドライバーが暴走を始め、それがきっかけで一年後にはロイミュードが世界を征服してしまうというのだ。進ノ介には信じられなかったが、エイジの予言は当たり、ドライブドライバーに異常が発生。その大規模な破壊行為によって、市民の英雄・仮面ライダードライブは全国指名手配犯となってしまう・・・。
 
【感想】
バイクに乗らずに悪と戦うと言うシリーズの中でも一際斬新な車乗りの仮面ライダー・ドライブ。実は個人的に『仮面ライダーダブル』以来久々にドハマリしている作品なので、夏劇の本作も密かに楽しみにしてたんですよねぇ。・・・とは言え、前回の鎧武の劇場版がワールドカップなんかと無理矢理絡めたりしたイマイチな内容でもあったので本作の方向性も大分懸念はしてたのですが、観た感じとしては存外大丈夫だったかなとw時事ネタにも走らず本編ともあまり関係ない内容だったので、堅実な劇場単品作品として楽しめたといった所です。

劇場版公開前にテレビ本編の方でも1分間の前日譚的なあらすじが先行で流れていましたけど、そこではベルトさんことクリム・スタインベルトが未来の世界でロイミュードと結託し悪のボスとなっている姿なども何かと印象的ではあったんですよねぇ。他にも未来から来たドライブそっくりの黒いライダーや、進ノ介の息子と名乗る青年も出て来ると言った結構SF色の濃いストーリーに見えたのですが、実は案外そうでもなかったとこに正直言うとちょっと肩透かし^^;タイムパラドクス的なものも無ければ、クリムの悪人化もフタを開けたら今回の黒幕の嘘っぱちというあんまり捻りのないものだったので、その真相が分かった辺りで『なーんだ』と期待値がややダウン。・・少なくとも自分が想像してた進ノ介とクリムが敵対するかも?なんて展開が外れてしまったのは少し残念でもありましたね(汗

ただそんな当初抱いていた展開こそ外れはしましたが、それでも本作は本作でやはり面白かった♪進ノ介と未来の息子のエイジとのドラマ性中心・・と言うよりは、進ノ介とベルトさんの固い信頼で結ばれたお話の流れとかが良くて、仮面ライダーダブルの翔太郎とフィリップばりに最高のコンビだなとしみじみ感じてしまう部分も多かったですね。
あとライダーバトルも特別凄いアクションを披露してるわけではありませんが、超絶進化体のロイミュードとドライブが一対一のガチンコで激しく戦うシーンなどは、昨今のライダー劇場版でも割と出てくるようになった巨大化して戦うみたいな奇抜さも無くて、これもまた良い意味でストレートな見せ方で気に入ってしまった♪
・・まあでも車で戦う仮面ライダーって時点で既に奇抜の塊でもあるんですけどね^^;前回の鎧武と比較すればストレートだったと言う事で、好感持てたのでした。


劇場版限定のドライブフォームもちゃんと出てくれたし、10月に放映予定の新しい仮面ライダー・ゴーストのお披露目もしてくれたりと、今回は従来通りのサプライズもちゃんと行ってくれたので、自分も子供達と一緒になんか心の内ではしゃぎながら観てたような気がしますね(笑)。ダブルやオーズがお気に入りなように、やっぱりバディ系は熱さや絆といったツボにハマる要素が多いから、ドライブもここに来て随分と好きになってしまいました♪
 
毎年恒例の「仮面ライダー」の夏の劇場版です。いつも夏の場合は、単独での現役ライダ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

「ドライブ」のメインライターは三条陸さんで、「W」と同じですから、メビウスさんの好みに合っているかもしれないですね。
僕は「W」にはハマったのですけれど、今回はちょっと乗り遅れちゃった感じです。
映画の方は、おっしゃるように奇をてらった感じはなくて比較的堅実な展開でしたね。
でもパラレルワールドとかタイムトラベルとかはちょっと食傷気味な感じがします。
そう考えると「W」の劇場版はとってもうまく作っていたなー。

三条さん

>はらやんさん♪

そうそう、そう言えば今回もメインは三条さんなんですよね。バディ的な要素もなんかそっくりですし、そういう似通った部分も相まって自分は結構ツボにはまっちゃいました^^

あ、でも未来から来たとかそういう内容はあんまり新鮮に感じませんね確かに(汗)。今までさんざん使いまわしてきた設定なので、それこそダブルのような現実的なものを取り入れて欲しかったかもしれませんね?^^;

PAGETOP