【監督】ジョス・ウェドン
【出演】ロバート・ダウニー・Jr/クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エバンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/アーロン・テイラー=ジョンソン/エリザベス・オルセン/ポール・ベタニー/ジェームズ・スペイダー/サミュエル・L・ジャクソン/他
【公開日】2015年7月4日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>――それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、地球を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった。世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集。絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する人を守りたい」という熱い思いだけだった・・・。
 
【感想】
マーベル作品のヒーロー達が一堂に介するこのアベンジャーズシリーズは、それぞれの独立したシリーズ作品で出て来たキャラクターやら伏線やらが一つに交わるのでそういうお祭り感覚みたいなのが魅力でもあるのですが、反面色々とおさらい等をするのが非常に難儀な作品にもなりつつありますよねぇ。・・実際本作に到るまでにも既に10作以上の感連作があって再鑑賞すら億劫となってしまう始末ですから、これがこの先まだ当分続くのかと思うとそう遠くない将来自分も付いて行けなくなる不安が無きにしも非ずですね・・(汗
まあそんな一抹の懸念をマーベル作品観て常に感じはするものの、それでも本編が始まるとやはりヒーロー達のスーパーバトルには相変わらず胸がトキめいてしまったわけで、その点は今回も期待を裏切らなかったと言った所でしょうか。見せ場はどれもこれもド派手さMAXで、そして意外(?)に人間ドラマも頑張ってたりと、結構パワーアップは果たしていたと思います。

前回はロキが呼び寄せた宇宙の異星人軍団との攻防が描かれていましたが、本作ではトニー・スタークが平和目的のために開発した人工知能が暴走してしまい、それが逆に人類に牙を剥くと言うのがおおまかな内容。・・人間が開発した機械が自我を持って反旗を翻すと言ったものは色んなSF作品に見受けられる部分もある為か聞いた分にはありきたりな展開にも見えたんですが、でもアベンジャーズクラスともなればテクノロジーの問題やらはなんか常識の枠からかなり外れてるので、ありきたりでもなんかそれがいい具合に振り切れてる気がして、その無駄にスケールの大きい感じみたいなのもまた面白かったですね。もちろん大味さも含めてw
あと『愛を知るなんちゃら・・』とかも強調してる辺り、今回は人間ドラマや個々のロマンスにも大分重きを置いてるようにも見え、その部分はホークアイとブラック・ウィドウのお二方が特に目立っていたような気もしますね。個人的に主要メンバー六人のバックストーリー等は本編に出すも出さないも別にどっちでも良かったんですが、あったらあったでそれは興味深かったし、ホークアイが実は妻子持ちだったりもすればブラック・ウィドウがブルース・バナーとイイ雰囲気になったりの場面は、ドッカンドッカンやかましい本編での丁度良いインターバルでもあったかな。・・・もっとも、ホークアイが家庭持ちなのは予告編ですでに何度も見てたので驚きが無かったし、ブラック・ウィドウとブルース・バナーも何時恋愛フラグ立ってたのか全然分からなかったため、本作でいきなりイチャイチャしてたのには少し唐突感もあったりはしましたねぇ(汗

バトルシーンの迫力に関してはもはや言う必要もないでしょうけど、今回も見所は沢山♪ヒドラの研究所を奇襲する冒頭からすでに目まぐるしく、アベンジャーズの一騎当千ぶりや仲間同士での合体攻撃(とりわけキャップの盾の連携攻撃が豊富w)のオンパレードと、豪快&華麗なアクションの動作一つ一つに目が奪われました。
個人的に気に入ったのは敵であるウルトロンとの戦い・・・の方ではなく、実は中盤辺りでおっぱじまるハルク対ハルクバスターというアベンジャーズ同士の対決で、これはもうヤバかったなぁ^^さながらハルクとメカハルクみたいな対面が面白過ぎたし、バトルも破壊しまくりで一番興奮したかもしれない。それにちょっとオタク的な見方もすると、アイアンマンをコアユニットとしてハルクバスターを装着する位置と言い、『赤』というカラーリングも相まってまるでガンダムユニコーンのネオ・ジオングじゃないのーっと変にガンダムセンサーも反応させてた自分。敵であるウルトロンと言い、改めて振り返ると実は今回ロボット率もかなり濃い内容なんですよねぇ。ロボットダイスキーな自分にとってはそれだけでお腹がかなり膨れるものもあったのでした。


しかしながらやはり・・正直予習無しだとうろ覚えの記憶も少し邪魔をして、サム・ウィルソン(ファルコン)とかエリック教授とかマリア・ヒルといったサブキャラクターが出て来た時『ええ~・・とこの人は・・・そうだあの作品に出てた!』なんて頭の中で思い出したり考えてたりしてる時点で映像は既に次に映ってたりと言うワンテンポ遅れのような鑑賞にもなってとこがちらほらだったので、まだこのシリーズは続いてくれる楽しみもある一方、もうあんまりなんだかんだ増えないで欲しいな~・・もしくはここらでちょっと心機一転のような形にならないかな~というやや後ろ向きな希望も出て来ちゃうのもさもありなん。
次のアベンジャーズが公開される時は、無駄に削られて放映されるテレビで補完するよりも公開に合わせて各書店や劇場諸々でアベンジャーズのこれまでの歴史を纏めた小冊子とかを置いて欲しいもんですねぇ。

・・なんてネガティブな意見が目立つ結果ともなりましたが、それでも本作はおそらく今年のえこひいき賞です(ぇ
 
この作品に関しては”『アベンジャーズ』の続編”というだけでは不足だろう。『アイアンマン』、『インクレディブル・ハルク』、『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、『アベンジャーズ』、『アイアンマン3』、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編、と紹...
『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』『マイティ・ソー』『ハルク』などマーベルのアメコミヒーローをひとつに集結させた2012年公開の『アベンジャーズ』の続編。前回は地球外からの攻撃から地球と人類を守
母さん、ロキの杖はどこいったんでしょうね〜。 ほら冒頭のバトルでやっとこさアイアンマンが持って帰ったあのロキの杖ですよ・・・。 とまあ、なんかの映画のバッタみたいなセリフでスタートいたしましたが。 最後に全部もってくのは人体模型にマントつけて仏みたいな...
2012年に公開された映画『アベンジャーズ』の第二弾です。
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&ヒーロー  監督:ジョス・ウェドン  出演:ロバート・ダウニー・Jr      クリス・ヘムズワース      マーク・ラファロ ...
【出演】  ロバート・ダウニー・Jr  クリス・ヘムズワース  マーク・ラファロ  クリス・エヴァンス  スカーレット・ヨハンソン  ジェレミー・レナー 【ストーリー】 人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スタークは、平和維持システムと...
さあ今年もやってまいりましたマーベル漫画まつり。あの、全世界で大ヒットしたのに日本ではいまひとつの興行成績(それでも、すごいんだけど)だった第一作に比べ、第二作は、肝心の北米の興行成績が予想を下回った(それでも、すごいんだけど)。 「アベンジャーズお...
映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を鑑賞しました。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』から約10ヶ月。ようやく待望のマーベル・シ
監督 ジョス・ウェドン 主演 ロバート・ダウニー・Jr 2015年 アメリカ映画 141分 アクション 採点★★★ アイアンマンにハルクにマイティ・ソー、そんでもってキャプテン・アメリカ。それぞれが一枚看板級であるヒーローがただ集まって「どう?豪勢でしょ?」で…
割と盛り上がって話題作となっているという期待を持って観たからなのか? 前日に観た「進撃の巨人」があまりに面白かったから、霞んでしまったのか? 実際もうアベンジャーズのメンバーが揃ってからは、新鮮味を感じられなくなっているからなのか? 何だろう、この消化不良感・・・・・
□作品オフィシャルサイト 「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」□監督・脚本 ジョス・ウェドン□キャスト ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、        クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン■鑑賞日 7月5日(...
初めて新しくできたTOHOシネマズ新宿で鑑賞しました。 ゴジラ、建物の上に居まし
AVENGERS: AGE OF ULTRON 2015年 アメリカ 142分 アクション/アドベンチャー/ヒーロー 劇場公開(2015/07/04) 監督: ジョス・ウェドン 『アベンジャーズ』 製作総指揮: スタン・リー 脚本: ジョス・ウェドン 出演: ロバート・ダウニー・Jr:トニー・...
【概略】 トニー・スタークが開発した人工知能による平和維持システム“ウルトロン”。だが、そのシステムが選んだ究極の平和とは、人類を抹消することだった…。 SFアクション うん、私の目的は勿論ポール・ベタニー扮するヴィジョンですから!! なんか設定的にはスカーレット・ウィッチと結婚してあれやこれやしたあげくよくわからない混乱の様相を呈しているキャラらしいで!というのは...
「アベンジャーズ」の続編 大金持ちで発明家の、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。平和を守るもくろみで、開発したものが、なんと、彼等を「人類の敵」と見なして、攻撃してくるなんて… 共通の敵を前に、マーベル・コミックス・ヒーロー達が再び集結 敵と味方が分かりやすく、アクション満載。 スタイリッシュで観やすかったのでした。 ウルトラマンや、仮面...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

今回は、キャプテンの「ウインターソルジャー」は観ておきたい感じでしたね。できればソーの「ダークワールド」も。まぁ全部復習できれば一番なんでしょうけど。

ウルトロンは厳密に言えばトニーが開発したわけでは無いと思うわけで、ほんとこのシリーズ、リアルかと思えば思いっきりファンタジーやらオーバーテクノロジーが当たり前に融合しちゃってるから表現が難しいのよね。

>ハルク対ハルクバスター
そうそう、ネオ・ジオングでしたねぇ(笑)

まだまだ続くことを考えると、簡単な読本、欲しいですよね。

No title

こんにちは♪
今回はアクションもパワーアップしていましたが
人間ドラマ色も濃くなっていたように感じました。

マーベル作品はエンドクレジットの中で
オマケ映像を入れてきますが
これが結構重要だったりしますから…

今回のオマケ映像が今後公開されるマーベル作品の
どこに繋がるのかも楽しみのひとつですね♪

忘れすぎてます

>たいむさん♪

あの新キャラクターの双子もウィンターソルジャーにオマケ映像として出ていたようなので、もうすっかり忘れちゃってましたね・・^^;いや・・と言うよりもオマケ映像があんまり記憶に残らないのかも?(汗
そいえばウルトロンってトニーが開発したと言うよりも、気付くと勝手に出来てたって感じでしたね。何か作為的なものも見受けられますが、そう深く考える必要はないでしょうかね?あれもまた何かの伏線に見えてしまいます。

あと、ネオ・ジオングかどうかはブルーレイ購入した後またじっくり検証してみますw

>テクテクさん♪

いつ頃からやり始めたのかもう覚えていませんが、アベンジャーズプロジェクトが出来てからと言うもの、マーベル作品の一連のオマケ映像はもうオマケではなく必須のようなものになりつつありますよね。殆どが次回作や他のマーベル作品への伏線に活かされてるので、ホントどういう感じで繋がっていくのかワクワクさせますね。
・・ただ最近は本当に付いていけないと言うか、忘れてるのが凄く多くて、アベンジャーズを鑑賞する際は少しネックにもなってる気がしました(汗

No title

こんにちは♪

本作も一発目なんか、オモシロかったのに、
後のシリーズのためのつなぎ作品の度合いが
深まれば深まるほど、心ははなれ、もはやも
う何も感じずってぇところです。

高揚せず

>風情♪さん♪

1作目のアベンジャーズは凄いワクワクしながら観てはいたのですが、2作目の本作はなんかもうびっくりするほど高揚してなくて自分も普通に見てた感じが正直な所です^^;
特典映像を用いた伏線繋ぎが当たり前のようにもなってしまいましたし、マーベルはしばらくこの路線を脱却できないかもしれませんね?

No title

こんばんは。わたしも本年度えこひいきナンバー1です!w 完成度からいったらマッドマックスの方が上なんですが、やはりアメコミ者としてはこちらを上に置かねばなりません
「情報量多すぎでわかりにくい」という声はよく聞きますね。それだけに二回見るとすっきり納得する、という意見もよく聞きます・実は自分もすでに二回見たんですが、確かに各キャラの動向とかあらやこれやがすっきり腑に落ちて大満足でした

ロボ大好きな身としてはやっぱり見どころはハルクバスターですね。おもちゃがほしいところですがどれも高い(^_^;
あとMK45にはもっとびっくりするようなギミックがあるかと期待してたんですが、見せ場は結局最大出力ビームくらいだったな~ まあ細かいことです

高過ぎて愕然

>SGAさん♪

なんだかんだで自分もトランスフォーマーかマーベル作品はいっつもえこひいき候補でしたし、今年は自分もやっぱりコレになりそうです^^;マッドマックスは純粋に完成度高かったので、えこひいきとはちょっと違うかな~とも思って自分は除外しました(笑

そいえばハルクバスターのおもちゃは皆高いですよね。ダイキャスト製のリアルなフィギュアは余裕で10万超えですし(汗)、究極系とも言うべき等身大のハルクバスターはお値段250万と言いますからもう唖然としています--;
我々一般人はやはりトイザラスに向かうしかありませんね^^;

これ以上増えないで

メビウスさん☆
まさにその通りですね~これ以上増えて欲しくないです。
復習も「アベンジャーズ~」は済ませてましたけど、まさかキャプテン/ウィンターソルジャー」が必須だったなんて!
かなりお祭り騒ぎの宴会あと・・・のような映画で、大勢で戦うシーンが続くとちょっと飽きてしまいそうです。

一見さんお断り

>まだ~むさん♪

サブキャラクターなども含めれば大分大所帯にもなってきた気がするので、年齢とともに減少していく記憶力をこれ以上いじめないでとも思っちゃいます^^;

本作もアベンジャーズの2作目みたいな感じには見えますが、内容的には『キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー』の後なので、ここら辺も実際初めての人とかにはかなり辛いですよね。『一見さんお断り』みたいな雰囲気が益々強くなっていくでしょうし、醍醐味の全員ドンパチアクションもこのまま行くと確かに飽きられちゃう可能性があるかもしれませんねぇ(汗

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!
コメントいただいていたのに、お返事遅くなってすみません。
このところバタバタしておりまして、ブログの更新もままならず・・・。

確かにこのシリーズ、前のことを覚えていた方が楽しめるのですが、いろいろな伏線もなかなか思い出せなかったりしますねー。
しっかりとシリーズを観ていかないと置いていかれそうになるので、新作くると観なくてはー!となります。
「アントマン」もやっぱり観に行ってきました(レビューは書けてませんが)。
スパイダーマンも出るようですよね、次の「アベンジャーズ」では。
どんどん登場人物が増えて自分の脳が処理できるかどうかー(笑)

苦しいです

>はらやんさん♪

はらやんさんもちょっとお忙しいようで大変ですね。でもはらやんさんだけじゃなく最近お知り合いのブロガー様がぽつぽつ多忙でブログをあんまり更新できていない状況とかを多々見掛けたりしますねぇ。だからコメントの方は忙しければ返信しなくても全然問題ありませんので、私事を優先してくださいね。


そいえばアベンジャーズにスパイダーマンも加わるというのは自分も実しやかに聞いてはいましたが、そうなるとまたアベンジャーズ関連が忙しくなりそうですよねぇ。年齢重ねればその分記憶力も低下するでしょうから、自分にとっても本シリーズは正直どんどんと苦しいものになっています(汗

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
アベンジャーズ絡みの個別作品が多いので、どうしてもどれがどんな内容だったのか、時が経てば記憶が曖昧になってしまいます。
本作もまた、見ている間は面白かったですし、見終えたばかりなのでまだ内容は覚えているのですが、1年も経てば殆ど忘れちゃっているんだろうなぁと思います。
1度、何かのDVD特典なんかで、全部の映画のおさらいなんかを収録してくれると助かるんですけどねぇ。

纏めて欲しいものです

>ヒロ之さん♪

そうそう、よほどツボにでもハマらない限りは各作品の記憶って大概曖昧になっちゃう感じがしますよね^^;自分も今では最新作のアントマンしか鮮明に覚えてないですし、他はロードショーとかで再放されたら「あ、そうだそうだ」みたいな感じw自分にとってマーベル熱はそれくらいだと言うことでしょうね~(汗

予定としてだとマーベル作品はまだまだくっ付いていくのだろうしその分覚えることもまた増えそうですから、将来的に纏めモノは絶対欲しいですね。書籍とかで纏めると結構分厚いものになるんじゃないでしょうか?^^;

こんにちは

ジャービィイイス!!! NOぉおおおおおお!!!
と序盤つい思ってしまいましたけれども
後半「ジャービスのほうが一歩上」とか、戻ってきた事とか、はたまたポール・ベタニー@ヴィジョンが誕生したりとにやにやしきりでした
アベンジャーズらしい満腹感が味わえましたね

ベタニー化

>makiさん♪

そういえばアイアンマンシリーズからもずっと見てきたのでトニーと同じくらい親しみのあるキャラ(?)だったジャービスですが、まさか本当にベタニー化・・もといキャラクター化するとは思いませんでしたねw
キャプテンの新作の「シビル・ウォー」という作品にも出るらしいと聞いてるので活躍が楽しみですね。多分アベンジャーズの中で一番強いんじゃないでしょうかね~?^^;

PAGETOP