【監督】アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
【出演】マイケル・キートン/ザック・ガリフィアナキス/エドワード・ノートン/アンドレア・ライズボロー/エイミー・ライアン/エマ・ストーン/ナオミ・ワッツ
【公開日】2015年4月10日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
シリーズ終了から20年。今も世界中で大人気のスーパーヒーロー“バードマン”。だがその役でスターになったリーガンは今失意のどん底にいる。再起のかけたレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立とうとするが、実力派俳優に脅かされ、娘との溝も深まるばかり。果たして彼は再び成功を手にし、家族の愛と絆を取り戻す事が出来るのか・・・。
 
【感想】
第87回アカデミー賞作品賞及び監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門を受賞した本作は、かつてヒーロー役で人気を博した落ち目のハリウッド俳優が自ら演出する舞台で数々のトラブルに遭いながら再起を掛けると言った内容。・・ここ4~5年の作品賞は少し肌に合わないのが多く、良いと思ったのも一昨年の『アルゴ』くらいでしたから本作も正直な所興味を持ったのはマイケル・キートンの久々の主演作だからという単純な理由だったりします^^;
でも本作は結構面白く観れたかな。映像も変わった演出が見受けられて、不思議な世界観を体験できた気もしますね。

監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの作品は『21グラム』と『バベル』の2作品のみしか鑑賞していませんが、どちらもシリアスなドラマと複雑な人間模様を盛り込んだ作品だったというのを記憶しています。・・なもんですからその2作品はちょっと重い作品にも感じてしまい自分にはどこか苦手な監督さんでもあったんですけど、本作に関しては作風を変えたというだけあって、マイケル・キートン演じる主人公・リーガンのネバーギブアップな物語をブラックユーモアたっぷりに描いててなんとも可笑しく、それでいて彼が度々トラブルに巻き込まれて精神的に追い詰められていく様も悲哀に満ちてたりと、自分が思ってたアレハンドロ監督の作風のイメージが少し砕けた気がしますね。重厚なものだけじゃなくこういったコメディみたいなものも作れるのかぁ~って感じで。主要人物も5~6人くらいで、場所も殆ど劇場の舞台裏の往来ばかりだから上記の苦手要素も然程鼻につかなかったかもしれませんね。

また本作にはかなり独特な映像&音の表現も盛り込まれていましたが、その一つがやはり1カットかと錯覚させられるような長回しの撮影が挙げられますね。実際はそうじゃないんでしょうけど、それでも人や場所がコロコロ変わっても切れ目を感じさせない映像の繋ぎ方は本当に秀逸で驚いたし、観終わってから色々調べて知りましたがあの『ゼロ・グラビティ』に関わっていた人が撮影監督だったそうだからどこか納得w
あと本作で個人的に気に入ったのは『音』の活用ですね。全編で流れているのはほぼドラムミュージックで、ダダンダンダンッシャンシャーン♪といった単純なリズムだけなんですが、これがまた凄く合っている。リーガンの情緒不安定な心情と重ねた使い方もすれば、オープニングとエンディングのスタッフロールなんかでも効果的に使われており、特に後者はドラムのリズムに合わせて文字がリズミカルに表示されていく演出が観てて非常に楽しかった♪ドラムの演奏者も本編にさりげなくカメオしてる辺りも面白くて、何かと印象に残るサウンドだったかと思います。


今回のアレハンドロ監督の新境地のような作品は1カット(みたいな)撮影、現実と虚構が混在してる風景、そして自分も気に入ったドラムサウンドといった斬新な映像表現、それとストーリーも分かり易く小難しさも無かったなども含めれば結構見応えのあったアカデミー作品賞になりましたね♪・・とは言ってもその『気に入った』という部分はあくまで上記の映像表現あってのことだろうし、穿った見方をすればやっぱり映像だけに見入られた作品なのかもと思ってしまったりで・・--;
本編のブラックユーモアも笑えたりする部分は確かにあったんですがそれを理解して笑ってたかと言うとほとほと疑問で、演劇と映画の舞台裏の事や登場人物が皮肉った物言いしてるシーンも正直『ああ、多分そんな感じなのね・・』って風にしか理解してなかったので、自分の映画好きレベルではちょっと追い付けないネタばかりのようにも見えました。
 
第87回アカデミー賞で、作品賞、監督賞ほか4部門を受賞。かつての大スターも今は昔、過去の栄光と呪縛からの脱出を試みた男の再生物語。コメディタッチなシリアスなのか、シリアスタッチなコメディなのか観る人に
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役者が望む最高のエンディングを自ら歴史に刻んだという意味でハッピーエンドなのかもしれない。
アカデミー賞受賞してなかったら、多分観に行ってなかっただろうな。
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続...
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づいている人も多い。しかし、それはなかなか手に入らない。だからこそ奇跡なのだ。  そ...
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ...
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間...
 「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(兼脚本・製作)、「バットマン」のマイケル・キートン主演。かつてヒーロームービーで一世を風靡したものの、その後は泣かず飛ばずの俳優人生を送ってきた男が、再起をかけてブロードウェイの舞台劇に挑む。 奇
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムと...
シリーズ終了から20年経った今でも、世界中で大人気のスーパーヒーロー映画“バードマン”。 だがバードマン役で大スターになった男リーガンは、仕事も家庭も失い失意のどん底にいた。 リーガンは再起をかけ、自身の脚色・演出・主演でブロードウェイの舞台に立つことを決意する。 ところが俳優の一人が降板。 代役として現れたマイクは実力派だが、とんでもないトラブルメーカーだった…。 ブラック・コメディ。
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ…

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですよね。

色々笑えるし、面白いと思うのだけど、内輪ネタとも言える内容で盛り上がれるほどでもないという感じ。
私としてはどちらかというと痛々しさが勝っちゃって疲れちゃった部分もありました。

良くできている作品と好きな作品は必ずしも一致しないんですよね。良くも悪くも(笑)
今回のノミネートで言えば、一番好きだったのは「イミテーション・ゲーム」だったかなぁと。

へこたれそう

>たいむさん♪

演劇の裏話とかのネタなどを理解できればまた面白いんでしょうけども、自分はどっちかと言えばさんざんにディスってる感じとかが可笑しかったりしただけなので、やっぱり真に理解してなかったと思うんですよねぇ^^;
主人公のリーガンも度々トラブルに見舞われたり人間関係でギスギスしたりの連続なので、観てるこっちもなんだかへこたれそうになりますね(汗

そいえば『イミテーション・ゲーム』地元では全然来る気配が無いですね。『博士と彼女のセオリー』や『セッション』も気になってるんですが、全部観れてるたいむさんが結構羨ましいw

業界レベル

メビウスさん☆
やっぱり劇中劇に使われた小説の内容から、業界の裏側まで良く知っていて初めて本当に面白いのかもですねー
映像とドラムの精神をかき回されるようなかんじは、なかなか良かったです♪

勿体なー

>まだ~むさん♪

リーガンが舞台の題材に選んだ『愛について語るときに我々の語ること』という作品も見終わってからしばらく知らなかったので、やはり結構うやむやなまま観てた感じがありますね。すごい勿体無い見方をしてたかもしれません^^;

でも映像は面白くて良かったですね。リーガンの感情に合わせてのドラムサウンドも予想以上に心地良くて、なんか珍しい音の使い方にも見えてしまいました。

No title

>『気に入った』という部分はあくまで上記の映像表現あってのことだろうし、

そうですねー、確かに好きな映画とよく出来たものとか別だしね。

私もそういう意味でいえば
ノートンも好きだしよかったんだけど
なんかこれまで観た感はあって、、、
特別そんなによいかなぁって思っちゃいました。
まぁ、良かった事は良かったけど、、、、

作品賞目当ては駄目かも

>migさん♪

自分も、作品賞とはいえそれほど絶賛する内容という感じには正直見えなかった気がしますね。まあ元々の鑑賞理由が俳優&監督目的とかでもなく単に『作品賞を取ったから』というとこからだったので、期待や思い入れが薄かったのも挙げられるんですけどねぇ・・^^;映像や音の演出は面白かったのですが。

そいえばブロガー様の感想を見ますと『セッションの方が良かった』という意見もありました。地元で公開されるかは微妙ですが、是非見比べてみたいものです。

ちょっと変わった世界観

こんにちは。
私はこの作品、ある種「映画vs芝居」のように捉えてみました。
で、どっちかというと、芝居の方が高尚に描かれているような…
でも、そこも含めて皮肉っていたような気も致します。
そして、確かにドラムの音は効果的でしたね!

逆も然りかな?

>ここなつさん♪

リーガンとマイク、あとリーガンとバーにいた女性批評家のやり取りなどを見ると、確かに映画と芝居の対立を思わせる雰囲気に見えますね。・・でもまあ畑違いな舞台に足を突っ込んでもいるせいか、リーガンは終始芝居の世界に翻弄されているような風でもあったのでそちらの方が一枚上手な感じも見受けられましたが、逆もまた然り・・と言えなくもないかなと?^^;

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
ちょっと私には理解するのが難しい作品でした。
ワンカット風の演出も含め、全体的に実験映画みたいな感じで、私が苦手としている部類だったもので余り良い印象は残らなかったです。
ただ、仰るようにドラムサウンドはとても雰囲気に合っていて、そこは私も好きでした。

レベルが高かったかなぁ

>ヒロ之さん♪

ヒロ之さんがブログで仰ってたように、これはどこか上級人の観方と言うか、その筋の話に通な人なら本編のブラックや皮肉もうなづける部分があるんでしょうけども、それが一般公開されてその一般の人へ同様に通じるかと言えば、個人的にはそうじゃない気もするんですよねぇ?^^;
劇中の演劇やその題目が小難しかったのも少しマイナスかもしれませんね(汗

No title

人によって好みがすごーく別れる作品でしたね
単純な映画的センスでいえば面白みはあるし
ただ物語そのものの面白さといえば、それほどでもない。
不思議とひきこまれたので、つまらないわけではないのですが、実験的な映画なのでしょう。
私も映画的センスで追いつけないところはあったものの
演劇の舞台裏を垣間見たみたいで、笑えるところもありました

>makiさん♪

鑑賞前に「アカデミー作品賞受賞作」という謳いもあったので自然と敷居も高くなっちゃってましたけど、観終わってみれば自分は単純に映像や演出に引き込まれた感じですね。お話の中に含まれてる映画と演劇の隔たりや裏ネタの数々は少々「通」っぽくて、自分の肌には合わなかったかも?^^;
もうちょっとユーモア強めなら良かったかも・・とも思いましたが、それだと三谷幸喜作品みたいになっちゃいそう(汗

PAGETOP