【監督】柴崎貴行
【出演】及川光博/竹内涼真/稲葉友/中村優一/倉田てつを/半田健人/天野浩成/内田理央/吉井怜/浜野謙太/井俣太良/片岡鶴太郎/他
【公開日】2015年3月21日
【製作】日本

【ストーリー】
1973年2月10日。仮面ライダー1号&2号によりショッカーは全滅し、世界に平和が訪れた・・はずだった。突如現れた謎の戦士、仮面ライダー3号。ショッカーが開発していた最強のライダーにより1号&2号は抹殺され、その瞬間歴史の歯車が狂い出す。時は流れ2015年、全世界はショッカーの統治下にあり、泊進ノ介は仮面ライダーを倒すためにショッカーの一員となっていた。だが激しい戦いの中で進ノ介は子供まで盾にするショッカーの卑劣さを目の当たりにし迷いが生じる。そんな進ノ介の前に仮面ライダー3号・黒井響一郎が現れる。正義に目覚めたと言う黒井と共に、進ノ介はショッカーを倒すため動き出すが・・・。
 
【感想】
春の特撮作品であるスーパーヒーロー大戦も本作でもう4作目ですね。今の特撮系の劇場版は春夏秋冬1年通じて引っ切り無しに公開されているような感じでもあるため、こういったシリーズ作品の流れも随分早く感じてしまうこの頃です(笑
でもこのシリーズ、本来ならばライダーと戦隊のコラボレーションが斬新でもあったんですけども、前作の昭和vs平成ライダーから戦隊はほぼ申し訳程度の出演になってしまい、残念ながら本作でも最後のフィニッシュ要員程度の役所は変わっていませんでしたねぇ。なんだかスーパーヒーロー大戦当初の見所が徐々に薄れてる感じがしないでもないですが、それでも今回は仮面ライダー3号という存在がいたおかげでちょっとだけ面白く観る事が出来た気がします。

仮面ライダー3号の事は確か去年のMOVIE大戦の告知だったかな?その時ババーンと大々的に公開されて知ったのが最初で、衝撃を受けたと同時になんで今になって昭和ライダーを増やすんだろう?なんて首傾げな部分があったのを記憶しています。でも公式を拝見するとこの3号の企画はどうやら1作目の仮面ライダーの頃から一応立案されていたもののようで、決して次回作の劇場版のためにこしらえた突飛な存在ではなくちゃんとした設定が用意されていたライダーのようなんですよねぇ。だからその幻のライダーが活躍したりもすれば、前作のようにまた新旧のライダーとそれに扮していた役者さんらが共演する異色のドラマは、『if』な世界観なれど『おお♪』と見応えを感じるトコはあったかなと。

今回の主人公は今絶賛放映中の新ライダー・ドライブの泊進ノ介・・・・かとも思ったのですが、観た感じですと仮面ライダー3号こと黒井響一郎の方がどこか目立っていた気がしますね。一応最初から最後まで出ずっぱりな感じでしたし、他作品のライダーとの絡みも黒井の方が多かったので、実質本作のストーリーを牽引していたのは彼だったようにも思える。
ビジュアル的な面でも3号は結構カッコ良く見えまして、昭和ライダーのような懐かしい雰囲気を醸し出しながらも平成ライダーのようなスマートなフォルムにもなってて、その姿は嫌いじゃなかった。黒井を演じてるのもミッチーこと及川光博さんで、クールな立ち振る舞いがとてもサマになってましたね。及川さん自身も仮面ライダーになるのは念願だったそうで、そんなにライダーが好きだったのか?と言うのもなんだか意外。その気合の入りようは変身ポーズや必殺技のシャウトとかでも何となく察する事ができますねw
あと前作同様今回も過去のライダー作品の懐かしい顔ぶれが揃っていて、再登場の乾巧に橘さん、電王の侑斗も少し大人っぽくなって登場してくれたのが嬉しい所(デネヴとも相変わらずだし、オッサンとも言われるし^^;)ですが、その中でも個人的に嬉しかったのは南光太郎扮する倉田てつをさんが出演してくれたことでしょうかな。なんせ再放送とかじゃない、リアルタイムで初めて見た仮面ライダーが確かBLACKでしたから、自分にとって一際印象深いヒーローでもあるんですよねぇ♪倉田さんもお年を召しても南光太郎ともなれば相変わらずカッコ良くて、五十路間近でも『俺は太陽の子!!』なんて堂々と言っちゃう辺りも流石^^;ちょっと出番は少なかったですけども、本作で仮面ライダーなんたるか!を後輩達に熱く語る役所は結構美味しかった気がします。


とまあ今回の見応えとしてはだいたいこんな感じでしょうか?歴史改変の件のストーリーは穴が多いし唐突感凄いからそこら辺は惰性で鑑賞^^;まあこういうのも今に始まった事ではないですけど、正直今回は特にひどかったかも?(汗)歴史を捻じ曲げてしまうような物語とかは、この際全部ディケイドのせいにすればいいとも思うんですけどね?せっかくの新旧キャラコラボもぐだぐだな展開だと噛み合わずそのままおじゃんになっちゃいそうなので、次回のヒーロー大戦ではもう少し考えた方がいいかもしれませんね?
春の東映のヒーロー大戦はなんでもアリアリで、このところはクロスオーバーで登場人物

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふと考えてみた。
Blackに、特にRXに能力的に勝てるライダーなんているか?と。
バイオライダー、通称T-1000モードになったら全ての攻撃が無効化だし…何より、最終奥義「その時、不思議な事が起こった!」があるしなぁ…
変身直後にクロックアップで超奇襲かまして、一撃で片付ける以外考えが浮かばん。

反則技多数

>FBI♪

まあ放映当時こそバイオライダーの能力にシビれてあこがれて最強だとも思ったけど、今の平成ライダーはフォームとか凄い多彩だから、能力勝負だけなら多分勝てるのはいるんじゃないかなとは思う^^;(笑
液状になるから固めてからーとかもあるだろうし、カブトのクロックアップの更に上を行くハイパークロックアップは時間すらも飛び越えるから、それこそキングストーン並の反則技だよねぇw

ご無沙汰です

こんにちは。
3号、ミッチーだしすっごい気になっていたのだけど、旦那を誘っても「いらなーい」って言われちゃいまして見られてません。(オリジンは付き合ってくれたけど)
今年に入ってからずっと体調不良で映画も優先度から選んでなんとかって時なので諦めましたが。
しかし仮面ライダーの劇場版って、何年たっても地上波ではやってくれないじゃないですか。番宣チラ見せはさんざんやるのにね。まったくもって残念無念です。

でもドラゴンボールは「行ってもいいかな」って付き合ってくれそうな感じなので楽しみにしています。
小さなお友達のいないレイトショーに行く予定♪

にしても、「リアルタイムで初めて見た仮面ライダーが確かBLACK」って本当に???
アマゾンくらいかと思ってました。
私はファーストガンダム世代のとおり、V3をリアルに見てた世代。ウルトラマンならタロウとレオですなぁ(^^;

ご無沙汰しております♪

>たいむさん♪

本当にご無沙汰しております^^
大分以前からインフルエンザに掛かってしまったりとか、長い事体調不良になっていたようですが、ようやく落ち着いたと言った所でしょうか?ブログでも週末辺りコンスタントに映画鑑賞出来てるようにも見えたので、徐々に回復してる感じですね♪でもまだ不調なら無理はなさらないようにです。


春の特撮作品であるこのスーパーヒーロー大戦は、夏や冬と違って往年のキャラクターが出て来たりもすれば、今回も及川さんのようにゲストも豪華な時があるので、噛み合わないストーリー性に目を瞑ればイイお祭り感があって個人的には楽しい作品ですw及川さん=3号も変身ポーズとかかなり決まっててクールでしたし、ファンなら多分観ても損はないかなー?と^^;(自分も仮面ライダーブラックの倉田さんで結構お腹一杯になったので満足と言えば満足♪)
ちなみに一応地元でもブラックの前にそれこそアマゾンやV3は放映されていたのですが、記憶違いじゃなければ確か再放送ばかりだったんですよねぇ(なにぶん小さかったから記憶もうろ覚え)。・・だからちゃんとテレビの前でリアルタイムで見てて強烈に記憶に残ってるのはブラックなんです。自分のヒーローですわー(笑

※そいえば今年のドラゴンボールも面白そうですよね。フリーザ様金ピカになってますしw自分はバードマン観てから考えます^^;

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

春のヒーロー大戦シリーズは、いくところまでいってしまったところがあるので、本作のように別のアプローチでいくのはありかなと思いました。
3号はかっこよかったですよね。
及川さんの世代はやはりライダーに思い入れがある世代だと思うので、やはり気合が違います。
毎度、来年はどうするんだろうって思ってしまいます(笑)

一番めんどくさそう

>はらやんさん♪

戦隊ともタッグしたり、去年は昭和対平成と言う試みにもなりましたから、確かにもう行く所まで行ってしまってる気もしますね^^;
今回の3号は昔企画があったそうですから掘り下げることが出来た感じもしますが、来年どうするか?ですよね。往年のヒーローや懐かしの顔ぶれとどう絡ませるかも重要でしょうし、ある意味春の特撮が一番作り手側を悩ましそうな作品なのかも?ドライブの次の新ライダーによってもまた趣旨が変わるかもしれませんね?

PAGETOP