【監督】成島出
【出演】藤野涼子/板垣瑞生/石井杏奈/清水尋也/富田望生/前田航基/望月歩/佐々木蔵之介/夏川結衣/永作博美/黒木華/田畑智子/田中壮太郎/木下ほうか/余貴美子/松重豊/小日向文世/尾野真千子/他
【公開日】2015年3月7日
【製作】日本

【ストーリー】
記録的な大雪が降ったクリスマスの朝、ある中学校の校庭で2年生の男子生徒・柏木卓也が遺体となって発見される。転落死したと見られ学校と警察は自殺と断定するが、彼は殺されたという目撃者を名乗る者からの告発状が届き、波紋を呼ぶ。マスコミの報道が熱を帯び混乱が深まる中、犠牲者が一人、また一人と増えていった。生徒の一人・藤野涼子は保身ばかりを考える大人たちに見切りをつけ、死の真相をつきとめようと動きはじめる・・・(Movie Walker)。
 
【感想】
原作も例の如く未読ですし、宮部みゆきさんの作品で知ってるものと言えば『ブレイブストーリー』くらいじゃないか?・・って言うくらい作品にも原作者にも思い入れの無い自分が鑑賞してみようと思った理由としては『絶賛!』の口コミも勿論ですが、それとは別に二部構成で描いてるという点にも興味を持ったからかもしれませんね。るろうに剣心とか寄生獣といったエンタメ性の強い作品の二部作なら分かりますけども、この手のジャンルではなんか珍しいと思ったんですよねぇ?まあ原作自体が何年も続いていた大長編らしいので一つの作品に収まらないボリュームってのもあるんでしょうけども、やはり観てみたらとても面白かった♪前後篇に分ける演出もいい所で終わっちゃう歯痒さと次への期待感が両立してて良かったかなといった所ですね^^

前篇である本作はタイトル通り、事の発端となる事件とそれに関係する登場人物たちの背景が主に描かれており、主人公の女子中学生・藤野涼子を中心に少年少女たち、そして大人たちの心の暗部のようなものがドロドロとうずまいている内容にもなっていますね。メインとなるであろう学校内裁判こそ後篇の方へと持ち越しな形になっていて、今回はその準備段階みたいな感じではあるのですが、それでもどんどん観ると単純な事件では片付けられないきな臭さのようなものを登場人物達の言動から何となく感じ取る事は出来まして、後篇に到るまでに張り巡らされた伏線などを知る上ではやはり見入る部分は多かった気がします。
登場人物それぞれが抱える問題や内面の描写などが結構キツイものばかりでして、告発文をきっかけにしてじわりじわりと炙り出されていく涼子や樹理たちの暗い過去、大出の家庭内暴力などは特に目を背けたくなるものばかりですね・・--;大人も大人で生徒を傷つけたくないという理由で事実の揉み消しばかりを優先する校長に自殺と早々に断定してあまり深く突っ込まない警察も割と怠慢。自分が(一方的に)正しいと思ってる事が実は裏目に出てしまってる人達の一連の行いは、『偽善』という言葉を妙に強調していた柏木卓也の死因と何か関係があるんでしょうかねぇ?ややノイローゼ気味になってる担任の先生と他校の神原は何か知ってそうな雰囲気でしたけど、それもまた後篇まで持ち越しとなってしまい、非常に気になってしまいました^^;

そいえばその神原もですし柏木もですし、主人公の涼子もそうですが、演じてた子供達がなんか皆一様に演技達者でそれもまた見応えがあった理由の一つかもしれませんね。無名でもオーディションで厳選されただけはあってかどの子も上手く見えてしまい、自分は『その棒読みやめてくれ・・』みたいな酷いイメージを抱いた子はいなかったですし、何より大人側が実力派揃いにも関わらず全然負けてない感じなのも凄いんですよねぇw
見入るにはやはり一人一人の成り切りや迫真さが重要だとも思いますから、その辺り本作は太鼓判かもですね。個人的には三宅樹理役の石井杏奈さんが素晴らしかったです♪


後篇はいよいよ開始されるであろう学校内裁判のほか、転落死した柏木卓也を殺した犯人は誰か、色々含みのある神原の本当の目的とは何か、涼子たち中学生だけでどこまでこの難事件を解き明かす事が出来るのかなど、多分見所が沢山ありそうでとても楽しみですねぇ。予告編も観た限りではそれほど陰鬱な展開が無さそうにも見えたから、もしかしたら何かしらの救いがあるのかも?
あと動機とかは置いといて、ある人物のセリフをヒントにして自分なりに犯人の目星も一応付けてるけど、多分外れるかなw4月で直ぐ公開はされますが、とても待ち遠しいです。
 
「ソロモンの偽証 前篇・事件」は宮部みゆき原作のソロモンの偽証を映画化した作品で前編では事件の概要が描かれ、事件が隠ぺいされかけている中で生徒たちが自ら校内裁判で真実を ...
 『ソロモンの偽証(前編・事件)』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)宮部みゆき氏の原作の映画化だということで映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭の時点は現在で、大勢の生徒が校庭で運動をしている中学校の校門の前に、女性(尾野真千子)が立ち止まる姿が...
ここからどうなるの?ってところで突然終わるから否が応にも続きが気になる。
こ・れ・はっ・続・き・が・き・に・な・るっ!!!! いやー、参った。 2週連続ドラマで続きが1週間先なのが待てないどころの騒ぎじゃないものね。 ああ・・・後編が4月11日なんて・・・・(;´Д`)
話題の映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。
人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。ある中学校で起きた不可解な生徒死亡事件と、その真相を暴こうする女子生徒が開く学校内裁判の行方を追い掛ける。監督を務めるのは、『孤高のメス』などの成島出。『超高速!参勤交代』などの佐...
□作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 前篇・事件」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重 豊、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世■鑑賞日 ...
全ては後編で〜!なわけだけど、引きこまれましたわ〜!!
上映時間 121分 原作 宮部みゆき 脚本 真辺克彦 監督 成島出 出演 藤野涼子/板垣瑞生/石井杏奈/清水尋也/富田望生/前田航基/望月歩/佐々木蔵之介/夏川結衣/永作博美/黒木華/田畑智子/松重豊/安藤玉恵/小日向文世/尾野真千子 人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化...
ソロモンの偽証 前篇・事件 '15:日本 ◆監督:成島出「ふしぎな岬の物語」「八日目の蝉」 ◆出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西村成忠、西畑澪花、若林時英、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日...
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」★★★★面白かった 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、 清水尋也、富田望生、前田航基、 佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、 黒木華、田畑智子、松重豊、小日向文出演 成島出 監督、 121分、2015年3月7日公開 2015,日本,松竹 (原題/原作:ソロモンの偽証/宮部みゆき原作)
26日のことですが、映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。 クリスマスの朝、中学校の校庭で柏木卓也の転落死した遺体が発見される。自殺と発表される中 大出俊次を名指しした殺人の告発状が届けられる 事件は混沌とし様々な疑惑 憶測がある中 遺体の第一発...
【概略】 ある朝、校庭で発見された生徒の死体。警察は自殺と断定するが、後日、大出俊次らによる殺人だと訴える匿名の告発状が届く。学校の対応が後手となる中、藤野涼子は自ら真実を暴こうと立ち上がる。 サスペンス 前日に雪が降ったクリスマスの朝。ウサギの世話をするために登校した中学2年生の藤野涼子と同級生は、雪の中に埋もれた同級生・柏木卓也の死体を発見する。 警察は自殺と断定し...
2015年 日本 121分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/03/07) 監督: 成島出 原作: 宮部みゆき 主題歌: U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』 出演: 藤野涼子:藤野涼子 板垣瑞生:神原和彦 石井杏奈:三宅樹理 清水尋也:大出俊次 富田望生:浅井...
ある雪の日に起こった、不可解な、ひとりの少年の死亡事件、隠蔽しようと躍起になる学校側 ただ、ひたむきに「真実が知りたい」、まっすぐな情熱。思春期エネルギーが胸を打ちます。 被告となる、家庭内暴力にあってる少年を、同じような境遇の生徒が「僕が弁護する」と言ってたのが心に残りました。 物語の中心となる12人をはじめとした中学生キャストは、1万人の応募があったオーディションで選出...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も後半に向けて、
きっとたくさんの伏線が張り巡らされているんだろうな~
と思いました!
楽しみです♪
生徒もみんな演技達者でしたよね。
これでアイドルタレントが演じてたら、
テンション下がったと思います。
原作も演出もそしてなによりも演じる生徒たちが良かったです。

フレッシュ

>えふさん♪

生徒達のセリフの数々には、なんか色んな含みが込められている感じがしましたので、それが真相へどう繋がるのかも気になりますね。個人的には柏木くんが気になってはいるんですけど、彼は被害者ですしねぇ?^^;

あと生徒達を演じてた子供達も皆フレッシュさがあって良かったです。普通の子を普通に演じてる子もいれば、怪しい雰囲気を醸し出す子、いじめる側・いじめられる側を渾身に演じる子、秀才過ぎる子と、個性も出てて素晴らしかったですね。この辺りは後篇も期待です♪

待ち遠しい~~

メビウスさん☆コメントありがとうございます!
待ち遠しいですよねぇ。
何しろ文庫で6冊にもなる原作らしいので、ぎゅっと縮めてもたっぷり前後編なのでしょうね。
私も樹里ちゃん押しです☆
積水ハウスのCMで爽やかにペットを吹いている子と同一人物とは思えない見事な演技力でした。

吹奏楽少女

>まだ~むさん♪

原作小説の方も凄い長編らしいですよね。正に宮部みゆきさんの渾身作で、前篇ながら見応えとてもありました♪おそらく映画の尺に纏める為に脚色もされてるとは思いますが、それでもなんだか完成度は高く思えます。後篇も本当に待ち遠しいですね^^

そいえば積水ハウスのCMをさっきyoutubeで拝見したのですが、確かに樹理役の杏奈さん出てました!ニキビが無くて凄い美人w全然気付かなかった~(汗

登竜門的~

メビウスさん、こんにちは^^
桜前線が北上していますが、東京は今週末で最後かな(汗)
この映画、未読ながらも十分楽しめる内容になっていました!
若手の登竜門的門戸開放のような映画でしたが(笑)
公開近くなった後篇がメッチャ楽しみです^^

チェック

>cyazさん♪

自分も原作未読ゆえに、犯人は誰なのか?学校内裁判で何が明かされるのか?といったワクワクや期待感が凄い高まって見応えがありましたね♪
それに子供達はほぼ無名でもありますから、確かにこの作品から後々大活躍する役者さんになる人が何人か出てくるかもしれませんね?今のうちにチェックしておくのもいいかもしれませんw

こんばんは~!

やっぱ引き込まれましたよね~。
どんな裁判になるのか?
誰が何のためにどんな嘘を付いているというのか?
題名の意味も気になります!
後編、ホントめっちゃ楽しみです~!!


早く観たいですねー

>くろねこさん♪

いよいよ今週公開ですが、ホント学校内裁判ってどんな感じになるんでしょうね?仕組みも気になるとこですし、そこからどうやって犯人を絞っていくのか?そして真実を紐解いていくのか?色々気になるとこだらけです。
そいえば本作のタイトルも何か意味深なものがあり自分も前に調べてみたのですが、分かった事と言えば古代イスラエルの王様の名前って事だけでして・・・^^;
ま、それもまた後篇を観れば明らかになるのかもしれませんね?

こんにちは

オーディションで選ばれた新鋭の学生たちが
実に素晴らしかったです
私は、とくに、りょうこ、じゅり、まつこの
立ち位置とすんでる世界の違いに、
自分の中学生時代を思い出させられたりしたものです
偽善と言う言葉が何度も出てきたとおり、
確かにみてみぬふりはよくない
しかし、ではどうしたらいいのかといわれれば、
結局答えはでないですよね
柏木君の言い方がなんか含みがあったので、
後篇で明かされる事を願います

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
中学生たちの自然体な演技が良かったです。
大人にはベテラン俳優を起用していて、作品に重みを持たせていました。
とりあえず前篇を観ましたが、後篇も借りているのでこれから観ようと思います。
どういった裁判が繰り広げられるのか、そこを一番に楽しみにしたいと思います。

柏木君に要注意

>makiさん♪

厳選に選ばれただけあって、どの子供達も大人の役者さんに負けないくらい演技達者でしたし、鑑賞してそれもまた本作の見所の一つなのだなと気付きましたね。いじめのシーンとかも迫真過ぎて観てるこっちも眉をしかめてしまうほどでしたから・・(汗
そいえば涼子の歩道橋でのシーンはなかなか難しい立ち位置でしたよね。助けようにも自分では何も出来ないし逆に巻き込まれてしまう恐怖もある。で、見て見ぬ素振りをしようと思ったら始終柏木君に見られていて追い討ちに『偽善』ですからね。・・思えばこの時から自分も柏木君の言動に翻弄されていたのかもしれません。

>ヒロ之さん♪

子供達の自然体な演技をベテランの大人の役者さんが脇からしっかりとサポートする、そんな体制にも見えた感じがしますね。

後篇の見所はやっぱり学校内裁判だと思いますし、真実を解き明かしていく過程もなかなかのめり込むものがあると思いますので楽しめるはずですよ♪
ただ柏木君は要注意・・(汗

PAGETOP