【監督】クリント・イーストウッド
【出演】ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン/ケビン・ラーチ/コリー・ハードリクト/ナビド・ネガーバン/キーア・オドネル
【公開日】2015年2月21日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスはそのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる・・・(映画.com)。
 
【感想】
御年84歳ながら未だ他を寄せ付けないほど数多くの傑作を生み出しているクリント・イーストウッド監督。そんな監督の最新作は、米軍史上最多160人もの敵を射殺したというネイビー・シールズの狙撃手(スナイパー)クリス・カイルの物語で、本年度のアカデミー賞でも6部門ノミネート、作品賞でも有力視されていましたねぇ。・・・残念ながら結果は音響編集賞だけだったようですが、それでもさすが作品賞候補に挙がるだけはある力作。戦争映画割と敬遠する方なのですがこれは見応えがありました。

・・しかし映画やアニメ、それにゲームと言った娯楽モノでしか見たりする事が無かったため、スナイパーという存在には個人的にどこかカッコイイなんて思いを抱いていたのも正直な所なんですが、本作を観るとそういう羨望な思いは大分見当違いものだというのを感じずには入られなくなりますね。主人公クリス・カイルの戦争体験は自分の楽観な考えなど程遠い正に過酷な現実と言うものを思い知らされてしまいます。
本作は戦争映画ではあるものの、観た感じ『反戦』といった色合いはそれほど濃くは無かったような気がしまして、9.11後のイラク戦争が背景にあるけど、なんかそこまで突っ込んで描いていなかったようにも見えたんですよねぇ?かと言って伝説的狙撃手の活躍を称える内容にも見えなかったですし、どっちかと言えばむしろカイルの心情そのものにフォーカスが当たっていたようにも見えた。彼が4度のイラク派遣で一体どのような気持ちで戦場を駆け巡っていたのか、派兵期間を終えて平和な家庭に戻ったはいいが、戦場の生々しい経験が家族に与えていた影響や苦悩はどういったものだったか・・などをまざまざと描いていますね。

また狙撃手として米軍史上最多、公式でも160人もの人物を射殺し伝説的存在へと崇められ、周りからも自然と英雄視されていましたけど、多分彼にとってその『英雄』という肩書きもひどく辛いものがあったんじゃないでしょうかねぇ?実際ブラッドリー・クーパー演じるカイルの表情を見ると、伝説伝説と言われるたびに酷く居心地が悪いような・・そんな曇った表情や変に作った笑顔のようなものばかりが目立っていた感じに見てしまった。仲間を守る為、祖国を守る為・・・・任務を遂行する事や愛国心が人一倍強かったようにも思えたから、そう言う正義の心にも突き動かされて積み重なった故の記録でもあるんでしょうけども、見方を変えればやはり自身の手で引き金を引き、敵と判断すれば老若男女問わず命を奪った数でもある。自身の意志とは反するのっぴきならない事態も多く見受けられたし、その一瞬の生死の判断でも随分苦しんでもいただけに、伝説が構築されていった裏で彼の精神は徐々に磨り減っていくそんな様子もかなり痛々しかったですね。
・・まあこう見ると結構重くて観る側としてもしんどくなってくるとこが多いんですが、個人的には映画ならではの迫力がちゃんと盛り込まれていたのも見応えあり、後半カイルと反政府勢力側の達人スナイパーとのギリギリの攻防などが描かれていたシーンとかは良かったかなと^^。実録的な作品・・それこそこういった題材だと重苦しくなりがちな部分もありますけど、今回イーストウッド監督はこういうスナイパー同士のせめぎ合いみたいなのを緊迫感溢れる感じで盛り込んでくれていたんですよねぇ。まあ原作未読なのであの対決描写がどこまで事実だったかは定かではありませんが、少なくともカイルが米軍最強で凄腕のスナイパーだったというのを上手く表現出来てる映像ではあったかなと思います。


そう言えば主人公のクリス・カイルの事は4度のイラク戦争派遣を経験し、退役後にPTSDを発症していた元海兵隊員に発砲され38歳でその生涯を閉じた・・というのをざっくばらんながら鑑賞前に知り得てはいたものの、やはりラストで非常に沈痛な思いに駆られてしまいましたね。カイルもPTSDを患っていましたし、おそらく長い事リハビリもしていたのでしょう、ようやく妻のタヤも安心出来るくらいに回復していた矢先の悲劇。タヤが何かを予感していたかのように玄関のドアをゆっくりしめていくラストシーンが妙に印象に残ります。
クリス・カイルの葬儀で彼の死を悲しむ大勢の人達の実際の映像、そして無音のエンドクレジットはイーストウッド監督の哀惜の思いも込められているのでしょう。鑑賞後直ぐ出て行かなければないない程の急用が無い限りは、出来ればその無音の意味を自分達も感じ取るべきなのかもしれませんね。
最後まで魅入ってしまった。
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、    ...
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破し...
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をきっ…
 イラク戦争に4度従軍、160人以上を射殺した伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を、「許されざる者」のクリント・イーストウッド監督、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー主演で映画化。 「ジャージー・ボーイズ」から約半年、またしても名匠がや
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ〜 その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア...
ベトナム戦争の頃より、戦場から戻ってきた兵士たちの精神の状態に注目が集まるように
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。メガホンを取るのは、『ミリオンダラー...
アメリカン・スナイパー '14:米 ◆原題:AMERICAN SNIPER ◆監督:クリント・イーストウッド「ジャージー・ボーイズ」「グラン・トリノ」 ◆出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、キーア・オドネル、カイル・ガ...
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ...
【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ 米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。 描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生。2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征。その常人離れした狙撃の精度は1.9km向こうの...
映画「アメリカン・スナイパー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『アメリカン・スナイパー ...
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最...
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い…
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な父親から「人間には3種類ある。羊、狼、番犬だ。」と教えられ、番犬となって生きる事を銘としてきた。成長して青年になってから、弟と共にカウボーイと...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

おっしゃるように反戦ということの是非を問う作品というよりは、ある信念に囚われた男を描いたという感じがしますね。
その信念は大事ですが、それ以外のことは家族や自分の命でさえ、犠牲にしてしまう・・・。
なかなか両立というものは難しいのでしょうか・・・。

無音の鎮魂

メビウスさん☆
無音のエンドロールは立ち上がることができないほどずしりと来てました。
余程の用事がないかぎり鎮魂を捧げるのは、イーストウッドの真意を捉えられた人なら誰でもしたくなると思いますよね。

最後まで観て欲しいものです

>はらやんさん♪

戦争の事をないがしろにしてる内容ではありませんでしたけど、けどそれ以上にクリス・カイルが戦場で経験した事、そしてその影響というものを中心に描いていた感じを自分は抱きましたね。

普通の仕事と家庭の両立はそう困難な事ではないかもしれませんが、カイルのような戦地勤務の人は過酷な現場を目の当たりにしてる分、平和な家庭とのギャップがあり過ぎて難しいような気もしますよね。本作を観る限りでも些細な音、犬が吼えても過剰に反応していたので、帰還兵のPTSDの深刻さも改めて感じてしまいます。

>まだ~むさん♪

エンドロールと言えば音楽がバックに流れたりするのが普通ですけども、本作の場合そういうのは全くそぐわないと言うのをあの無音で感じずにはいられませんでしたね。ただ正直意味をなんとなく理解するまで自分は結構時間掛かってしまいました(汗

出来れば観ていた人全員が最後まであの映像に付き合って欲しいものですけど、生憎そうじゃなかったのが残念。・・でも捉え方もまた人それぞれかな?

こんにちは

確かに、伝説と呼ばれる事の居心地の悪さや、
助けた人からの感謝が、
彼にとっては非常につらい面があったことが覗えましたね
結局戦争って、かってもまけてもいいことがない
ベトナム戦争でいったたくさんの兵士が心の傷を治せないままでいるのに、さらに愛国心をあおって戦争へ行く、その気持ちがわからない
安全平和ボケ日本だからこそ、共感できないというか、
心をおしはかれないところがあったと思います

重い

>makiさん♪

他者から見れば確かにカイルの行為は自国や仲間をテロなどの脅威から守っている英雄的行為でもあるのですが、戦争と言ったものから縁遠い自分達日本人からすれば、老若男女問わず射殺している彼の行為を戒めるか讃えるか非常に難しい見方にもなってしまいますよね。彼の胸中を映像を通して理解も出来る分、改めて思う戦争が人に与える影響とその虚しさ。
クリント・イーストウッド監督の作品は良作ばかりですけど・・内容がやはり重い--;今回は特に・・(汗

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは。
何が1番ビックリしたかというと、モデルとなった方が亡くなっていたという事でした。
前知識無しで観たので、まだ生きてらっしゃるのかと思ってました。
しかも、戦場ではなく母国で、ていうのが本人にとっても家族にとっても辛い事でしょうね。
「死」というものを少し考えさせられた作品でした。

怨恨に見えないだけに虚しい

>ヒロ之さん♪

同じ退役軍人の方に発砲され亡くなったというのがより一層の悲劇性を増していますよね。それにその発砲した犯人も戦争から帰国した後は精神を相当病み、重度のPTSDであったと両親が証言していますので、私怨によるものにあまり見えないんですよね。だからこれもまた戦争のもたらす影響の恐ろしさを表現している部分だとも思ってしまいました。


※それとお話変わりますが、ヒロ之さんのツイッターをmakiさんの呟きで見かけましたので、後でこちらからフォローをさせて頂きます。

PAGETOP