【監督】廣木隆一
【出演】榮倉奈々/豊川悦司/向井理/安藤サクラ/前野朋哉/落合モトキ/根岸季衣/濱田マリ
【公開日】2015年2月14日
【製作】日本

【ストーリー】
東京で忙しくキャリアを積み辛い恋愛をしていた女性・堂薗つぐみは、なにもかもに疲れ、仕事を辞めて祖母が暮らす田舎の一軒家でひっそりと暮らし始める。期せずして迎えた祖母の死をきっかけに、そこで独身の大学教授・海江田醇と出会う。生前、祖母から鍵を預かっていたと言う海江田。つぐみに好意を抱いたと、強引にその家の離れに住み込むことに。最初は歳の離れた男性の求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく・・・。
 
【感想】
西炯子さんの漫画は個人的に結構好きでこの『娚の一生』もその西炯子作品に触れるきっかけとなったものなので、思い入れもある分今回の実写化は割と楽しみにしていました。・・しかし敬遠しがちなラブストーリーモノをこういう時に限ってだけ鑑賞するのですから、漫画が好きだから~というのは少し浅はかな鑑賞理由でもありますね我ながらっ(汗

さて、娚の一生はある初老の男性、そして過去の出来事で恋に臆病になってる女性が結婚に到るまでのもどかしい関係を描いてる内容ですが、映画の方もつぐみと海江田、年の差男女の不器用な恋愛模様を周りの人達との触れ合いや出来事を織り交ぜながら淡々と描いていました。
進行の方も見た所大分原作に沿った形にはなっていましたけど、映画の尺に纏めるせいか少し異なってる部分も見受けられ、つぐみが地熱発電事業に取り組む在宅勤務者ではなく代わりに祖母の染物業を継いでいる設定になっていたのがその一つですね。これによって終盤のエピソードも大分様変わりしてはいましたが、それでも個人的には改悪って程悪くは無かったかな?地震災害は多分描き辛いとこがあるでしょうし、あくまでつぐみと海江田を中心にしたストーリー構成ならあれでも別に観てて問題は無かった気がしました。

またコミックの実写化で期待するものの一つなんかにキャラクターの再現等があるとも思うんですが、これも個人的には悪く無かったですね。少なくとも豊川さんと榮倉さん主役2人に関して言えば、海江田とつぐみの雰囲気が出てて自分は好印象。海江田の図々しさや思ったことズバッと惜しげもなく言う性格、煙草加える仕草など豊川さん上手く演じてるなと思ったし、榮倉さんも少し若いけどボサ髪纏めると結構漫画のつぐみに似てたよーな。・・まあ逆に似てなくて終始イマイチに見えたのは二世ボンクラ議員こと園田くん。原作だとかなりイケメンなのにねぇ。本作でも出来れば海江田の秘書の西園寺とさりげなくイイ仲になって欲しかった・・^^;
あとイマイチついでに言うとやっぱり原作未読者にとっては説明不足というか、イマイチ意図が伝わらない場面もやや見受けられましたね。個人的にはまことのエピソードで海江田が両親に置き去りにされた言のくだりが無かったので、彼がまことを突っぱねる理由が少し弱かった気がする。つぐみの方も不倫相手の中川の登場から退場までかなーりあっさり気味だった為、原作ほど彼女の恋の臆病度は重く無かった。出来れば最後の台風災害のシーンでも中川が絡めばよかったんですけどねぇ。


・・まあ本作は現実的な大人の恋愛として観ますと、突然初老の男性が家をうろついてたり足をねちっこく舐めるアブノーマルさもドン引きレベルなシーンばかりではあるんですが、漫画が原作でもある分『現実では先ずありえない』事態も想定してある程度割り切るのも楽しく鑑賞する術・・かもしれない(汗
スピンオフ作品を除けば全3巻分の物語なれど、やはり2時間で纏めるのは少々厳しかったかな?映画ではなくテレビドラマだったらもっとお話を広げられたのかもしれませんね。
監督:廣木隆一 出演:榮倉奈々、豊川悦司、向井理、安藤サクラ、前野朋哉、落合モトキ、根岸季衣、濱田マリ、徳井優、木野花、美波、岩佐真悠子 【解説】 「月刊フラワーズ」掲載の西炯子のベストセラーコミックを実写映画化した大人のラブストーリー。過去を引きずり...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

いまさらで申し訳ないです。
メビウスさんのこの記事、気がつきませんでした。

原作を読まれているんですね?
僕は相変わらず映画が初見です(笑)

僕的に映画だけで言うならば・・・
非常に良かったですね。
海江田(トヨエツ)とつぐみサン(奈々チャン)は
すっごくピッタリな印象です。
(原作読んでませんけど・・・。)

元々は奈々チャン目的で観にいったのに
トヨエツがすっげえカッコいいなあって
思いまして・・・ああいう50代になりたいなあと
思ってしまいました。

外見に大分、違いはありますが(笑)
まあ目標は高い方がいいですね!

成りきってました

>タケヤさん♪

原作の方は自分から進んで手に取ったものではなくて、実は書店を経営してる高校の同級生の勧めが始めだったりします。でも書店経営してるだけはあって少年コミックも少女コミックもイイ作品を選ぶやつでして、本作も1巻読んだらかなりハマってしまいまして・・・おかげで今では作者の作品かなり好きになっておりますw

ストーリーの方は大分脚色されてはいましたが、タケヤさんも言うように主演の豊川さんや榮倉さんは海江田とつぐみに上手く成りきってたと思います^^豊川さんはちゃんと白髪増やして初老感全開だったのも◎(笑
あと榮倉さんが豊川さんの背中を足蹴にするシーンとかもありましたけど、原作だとカバンでどつくんですよね。でも足蹴の方がインパクトもあって面白かったです^^;

PAGETOP