【監督】リドリー・スコット
【出演】クリスチャン・ベール/ジョエル・エドガートン/ジョン・タトゥーロ/アーロン・ポール/ベン・メンデルソーン/シガニー・ウィーバー/ベン・キングスレー
【公開日】2015年 1月30日
【製作】アメリカ=イギリス=スペイン

【ストーリー】
紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオが命じたため、赤ん坊だったモーゼも川に流される。しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられる。時が経ち、成長したモーゼはラムセスと共に兵を率いてヒッタイト帝国との戦いで敵を撃破するなど、王国での地位を確立しつつあった。しかし、ヘブライ人の長老ヌンから自分がヘブライ人であることを知らされる・・・(Movie Walker)
 
【感想】
歴史にそれほど詳しくなくともモーゼという名前を聞けば自分も『十戒』がポンとすぐ出てきまして、そういったイチ単語で括るならばかなり有名であろう出エジプト記に記されたモーゼの奇跡のお話。巨匠リドリー・スコット監督がVFX等をふんだんに用いてアレンジした本作は歴史スペクタルでもあり、そしてディザスター系のようなパニック系の側面も見受けられて割と見応えがあったと思います。

・・しかし自分の中での十戒とかモーゼとかのイメージとしては、石版を持ったヒゲのおじいさんだったり海を真っ二つに割ってるシーンといったすんごいアバウトなものしか無かっただけに、兄弟同然のように育ってきたラムセスとの確執だったり、遠い地で妻子持ちだったりといったドラマ部分はそれ程つまらないものでは無かったですね。観ててとても壮大なスケールのようでもありましたし、将軍の地位までいたモーゼが自分の出生を知ってしまった事をきっかけにして追放されてしまい、やがて神の啓示を聞いて大勢のヘブライの民を導いていく彼の人生は、150分の長大さもあってかその波乱万丈さがとても良く描かれている・・・と言うのがイチアバウト者なりの視点なわけでしてっ^^;
まあおそらく映画なりの解釈も大分含まれているとは思いますが、そこら辺はよく分かんないですし目くじらの立てようが無いですからねぇ。個人的には複雑な意味合いも無くて見易かったとも思ってます。

あと有名な大海を真っ二つにするシーンやナイル川が赤くなるといった災いの数々もかなりスペクタルに描かれていたのでこちらも迫力があります。特に十の災いなどは知ってるのもありましたけど、最新のVFXで表現されるといやはや普通に気持ち悪いこと悪いこと(汗)虻・疫病・腫れ物とかはみたまんま気持ち悪いですし、究極的な災いである長子抹殺もある意味理不尽過ぎて観てるこっちも言葉を失いそうになりますね・・--;
クライマックスの紅海真っ二つも凄いですが、ただこちらに到っては正直肩透かしも少し含まれており、固定観念のように記憶している真っ二つではなく海全体が引いたような映像はやはり『あれ?』という言葉が漏れてしまったし、ラムセスも最終的にぼっちにされてしまったシーンも笑っていいものやら哀れんでいいものやら・・^^;
個人的には横から大津波が押し寄せる中、モーゼとラムセスのガチンコバトルみたいなのが始まれば多少は燃える展開だったと思うんですけどねぇー?山道での事故り具合といい、途中からラムセスもちょっと自爆が多かった気がしますね。


ストーリーは凄く感動したりだとかエジプト軍などのバトルとかも殆ど無かったりだったので、フタを開けたら少しエンタメ性は薄味だったような感じがしたものの、それでもキャスティング・セット・絢爛な衣装と豪華さを随所に散りばめてもいたので、そのスケールの大きさは評価できると思うし劇場で観る価値もあると思う。モーゼ役のクリスチャン・ベールも見た所すこぶるハマッていたんじゃないでしょうかねぇ?あの人は凄い苦難苦境に立たされて髪ボサボサヒゲボーボーな役柄とか似合ってる気がしますねホント(笑

そして最後の『トニー・スコットに捧ぐ』・・。〆でちとグッ(T^T)と来てしまいました。
エクソダス 神と王(吹替:3D) '14:米 ◆原題:EXODUS: GODS AND KINGS ◆監督:リドリー・スコット「悪の法則」「プロメテウス」「グラディエーター」 ◆出演:クリスチャン・ベイル 、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、ジョン・タトゥーロ、アーロン...
【概略】 紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手に...
10の災いの映像は見応えあった。
2014年/アメリカ/150分 監督:リドリー・スコット 出演:クリスチャン・ベール    ジョエル・エドガートン ■概要 原題は『Exodus: Gods and Kings』。旧約聖書の出エジプト記をもとにした、アメリカ製作による2014年のスペクタクル史劇です。監督は『エイリアン』のリドリー・スコット。主演は『リベリオン』のクリスチャン・ベールで、共演に『遊星からの物体X...
【EXODUS: GODS AND KINGS】 2015/01/30公開 アメリカ 150分監督:リドリー・スコット出演:クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ジョン・タートゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソーン、シガーニー・ウィーヴァー、ベン・キングズレー 戦う者だけに...
字幕2D、TCXDolby ATMOS TOHOシネマズくずはモールにて。 えっとね〜。 ・・・モーゼ言うたらどっちかいうとボロっちい衣をまとって 白髪のじーちゃんで石版持ってて、 なんつーかガンダルフみたいに杖ドーンってやったら海がどわ〜っと割れて・・・ すいません、そ...
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...
疑う余地のない大作である。空恐ろしい位に。リドリー・スコットといえば、×(かける)ラッセル・クロウの「グラディエーター」だけれど、そして確かにアレも痺れてあまりにも鮮明に記憶に残っているけれど、今回も迫力は健在である。軍馬の駆ける地響きの音、馬車の車軸の軋む音。矢が放たれ、刃が敵をなぎ倒す。活劇だなぁ〜。ホンットに活劇だ。受難とか奇跡とか十戒とか、もうどうでもいい位の活劇。肉弾戦は少ないもの...
「旧約聖書」の『出エジプト記』をリドリー・スコット監督が映像化。モーゼにクリスチャン・ベール、ラムセスにジョエル・エドガートン、セティにジョン・タトゥーロ、ヨシュアにアーロン・ポール、ヘゲップにベン・メンデルソーン、トゥーヤにシガニー・ウィーヴァー、ツィポラにマリア・バルベルテ、ヌンにベン・キングズレー。荘厳な宗教映画のようなものかと思っていましたが、壮大ではあってもそういう要素は殆どないで...
これまでも何度か映画化されている「モーゼ」の伝説を、ワイルドな作風で知られるベテ
7日のことですが、映画「エクソダス:神と王」を鑑賞しました。 紀元前1300年 エジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。 その裏には苦境にいる40万ものヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信...
EXODUS: GODS AND KINGS 2014年 アメリカ 150分 アクション/歴史劇 劇場公開(2015/01/30) 監督: リドリー・スコット 『悪の法則』 製作: リドリー・スコット 出演: クリスチャン・ベイル:モーゼ ジョエル・エドガートン:ラムセス ジョン・タートゥーロ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

>、石版を持ったヒゲのおじいさんだったり海を真っ二つに割ってるシーンといったすんごいアバウトなもの
私もそれくらいしかわからずに行ってきました(笑)
映像は素敵だったけど、私も肩すかしなところあったな~
この映画一番感動したのは、『トニー・スコットに捧ぐ』だったな~(笑)

こんばんは

家族と映画館で2D字幕鑑賞しました。

説明不足と省略が多すぎて(私はかなり多いと思いました)消化不良でしたね
やっぱり聖書的にきちんとみようとおもえば、「十戒」や「天地創造」になっちゃうんでしょうねー
海が引き潮になるのは、ある意味リアルに描かれていたと思いますが、割れるもんだとドキドキしてたので、そこはもう思いっきり萎えました(笑)
災いに関しては、劇中で医師が述べていたように理屈に当てはめて考える事もできるので、全てモーゼが頭打った衝撃の妄想とも取れる話なんですよね
個人的には、十戒を彫るため山にこもって出てこないモーゼを待つ間に人々が偶像崇拝をしているシーンをチラリと映すだけのところは「?」となりました
期待値が高すぎたぶん、なんか、普通だった…と思っちゃうところもありました

旧約聖書の神って容赦ないんですよね。
そういった観点を描かずに、とにかく人間モーゼを通した神という表現だったというのも、聖書とは別のアプローチだったと思ってます

容赦なし

>Nakajiさん♪

大分前の作品の『十戒』なども未見なので、自分の知ってるアバウト知識だけで臨みました^^;けど多分知ってたらまたそれを引き合いに出してあーだこーだ言ってたんじゃないかなーと(汗
『トニーに捧ぐ・・』。リドリーが一番伝えたかったのってこれだったのかも?

>makiさん♪

自分の苦手なジャンルの一つである宗教絡みの作品でもあるので、『十戒』も予習として観ようかなとは思ってたんですけどねぇ..。ウチの近くのゲオは古い作品かなり淘汰しちゃうので観たくても観れなかったのが実情です(汗

でも人々から崇拝される以前のまだ人間味溢れてるような姿のモーゼを描いてた辺りは自分興味深く観れた気がしますね。自分の知る範囲だとやっぱり十戒の石版を携えて崇められてるような神々しい雰囲気があったので(しかもジイサンw)、妙にギャップもあった感じに。

そうそう、根を上げさせるためとはいえ神様すんごい容赦無かったですね^^;最後の災いなんて回避不可能に近かったですしね(汗

こんばんは

私もモーゼといえばおじいさんのイメージがあったのでイケメンだとは 笑
やはり海が割れるのを期待してしまいますが、あれはあれでアリなのかなぁとも思います。
十の災いのシーンは見応えありましたね。

トニー・スコットに捧ぐ...はグッときちゃいますよね...

偉人はやはりイケメンw

>yukarinさん♪

自分達がよく知るヒゲモジャのおじいちゃんなモーゼは最後の最後で出てきましたから、まさか若き日があんなにイケメンだったとは予想外でした(笑

海が割れるシーンも『十戒』のイメージが強烈なのでそちらが先行しがちですけども、現実的な意味で考えたらあんなにパッカーンな感じになりませんよね^^;
そういう意味では本作の潮が引くような雰囲気が一番しっくり来るのかもしれませんね?

私も結構面白かったです

こんにちは。
「ディザスター・ムービー」としても結構楽しめたし、歴史的背景もドラマティックに描かれていたし(アレンジし過ぎのきらいはあるけど)、結構楽しく面白く鑑賞できました。
さすが、リドリー・スコット、大作がよく似合う!ということでしょうか。

大作感出てました

>ここなつさん♪

歴史スペクタル&ディザスター両方のジャンルで楽しめる内容でもありましたが、自分の場合モーゼや十戒の事はかなりアバウトな知識しかなかったので、どっちかと言えばやはり十の災いなどによるディザスタームービーの面で楽しんだ部分がありますね^^;
あと『グラディエーター』のような壮大さもあったりで、最新VFXと絢爛なセットなどで大作らしいスケール感も出てたのが良かったですね(観る人を選びはしそうですが・・)。

No title

こんばんは。そういえば昔日本製のアニメで聖書の物語をえんえんとTVシリーズでやっていた作品があったような… モーゼのエピソードもあったような… メビウスさんご存知ですか?
『十戒』に比べるとやはりモーゼが若かったのが印象的でした。聖書によるとエジプトに戻っていった時すでに80歳さったそうですが… まあ、若作りだったんでしょうね!

手塚先生出てきましたw

>SGAさん♪

自分はその日本製のアニメはおそらく知らないのですが、『アニメ 聖書』でググりましたら手塚治虫先生の『旧約聖書物語』が出てきました^^;これでしょうかねw

モーゼはやっぱりヒゲをたくわえたおじいちゃんの印象が強いので、男前なクリスチャン・ベールが演じるイケメンモーゼは面白いと言うか、変わってましたね。まあおじいちゃんが主人公ではお客さんも寄り付かないと思いますしねぇ^^;(汗

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
モーゼと聞いたら真っ先に思いつくのが海がバッカーンと割れるシーンなので、それを期待してたのですが、引き潮になっただけだったので、ちょっと残念でした。
その後の映像は圧巻ではありました。
全体的に見て、「10の奇跡」の映像を大きく楽しむ形ではありましたが、キャラクターそれぞれが個性があって立っていたので、その辺にも好感は持てました。
モーゼの嫁さん役の女優さんに一目惚れしちゃいました(笑)

美人

>ヒロ之さん♪

自分も海真っ二つシーンがモーゼを印象付けるくらい固定観念のように記憶されていますので、つくづく昔の作品は偉大だなとも思いました^^;
まあ生憎その期待のシーンは予想とは違っていたものの、それでも最新技術で表現された大きな引き潮や災厄の数々には圧倒されましたね。虻とかナイル川が真っ赤になってしまう映像は普通に気持ち悪かったですからね~^^;

そうそう、モーゼの嫁さん役の方綺麗でしたよね。マリア・バルベルデというマドリード出身の女優さんらしいです。全然知らない人だ・・(汗

PAGETOP