【監督】フランク・ミラー/ロバート・ロドリゲス
【出演】ミッキー・ローク/ジェシカ・アルバ/ジョシュ・ブローリン/ジョセフ・ゴードン=レビット/ロザリオ・ドーソン/ブルース・ウィリス/エヴァ・グリーン/パワーズ・ブース/他
【公開日】2015年1月10日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
太陽も朽ち果て、闇に抱かれた街シン・シティ。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシーは、男たちの荒んだ心を照らす女神のような存在だが、彼女自身もまた闇を抱えた女であった。愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議員への復讐を誓い、その機を狙っていたのである。心優しき野獣マーヴはそんなナンシーを見守り続けていた。ロアークは非道な手で果てしない欲望を叶え、街は加速度的に腐敗。さらに全ての男を翻弄する稀代の悪女エヴァの台頭によって、虫ケラのようにアウトサイダーたちは踏みつぶされていった。そんなある日、隆盛を誇るロアークの前に若く傲慢なギャンブラー、ジョニーが現れる。彼はポーカーで大勝ちするが、仕返しに黄金の指を叩き潰される。一方、エヴァは、かつて恋人だった私立探偵のドワイトを大富豪の夫殺しに利用しようとしていた。だが遂にならず者たちの怒りが頂点に達する。一匹狼として生き抜いてきた彼らが、燃えたぎる憎しみで共鳴した時、激烈な復讐劇が始まる・・・。
 
【感想】
全編ほぼモノクロでコミック調な映像にバイオレンスも強め、そして豪華なキャスティングと、2005年に公開された当事としてはかなり斬新な作品であったと思われる『シン・シティ』ですが、その続編となる本作にあんまり食指が動かなかったのは、やっぱり大分年月が経ってるもんですから内容も頭から離れてしまい、興味の方もほぼ失せてしまっていたからかもしれませんねぇ・・・。
なもんですから鑑賞前は懸念の方が割と大きかったのですが、それでも本編前に前回の映像がおさらい程度に流れて少しだけ脳内補完出来たのが功を奏したのか、結構すんなり入って鑑賞する事が出来たのは良かったですね(もうなんか本当に色々忘れてました(汗)。

今回はサブタイトルにもある通り『復讐』が主なテーマになっており、大きく分けた4つのエピソードで前作及び新たに加わったキャラクター達がそれぞれの復讐劇を展開していくといったもので、どのエピソードもまた過激且つ刺激の強い内容になっていますね。マーヴとジョニーが主役の一番最初と二番目のエピソードは観てて『うへぇ...』となっちゃいそうな容赦の無い暴力描写が過激で、三番目と最後のドワイト&ナンシーのエピソードでは2人の女優さんによる体を張ったエロチックさが前面に出ててこちらはこちらで刺激が強かったりと、暴力とエロスの過度な表現は相変わらずと言った所っ。欲望やドス黒い感情が渦巻くシン・シティの世界観みたいなのはちゃんと再現されているように見えますね。

とりわけ好きだったのは私立探偵のドワイトが活躍するエピソード3でして、ここは兎にも角にもエヴァ・グリーンが凄かった。ドワイトだけでなく関わった男をその美貌で瞬く間に虜にしてしまう魔性の女・エヴァを怪演しており、一昨年の暮れに鑑賞した『ゴーン・ガール』のエイミーとどっこいな程の悪女っぷりが素晴らしければ、全裸も露にする脱ぎっぷりもまた素晴らしいwエヴァを一際映えるように見せるためなのか、彼女の周囲にだけ部分的なカラーが散りばめられていたのも、妖艶さを増していた気がしますね。・・それとエヴァとは別にこのエピソードでは前作で自分も特に好きだった殺人兵器ミホも登場していて、二刀流での華麗な暗殺シーン等を堪能できるのも良かったです。
あと他では、ジョセフ・ゴードン=レヴィット扮するギャンブラー・ジョニーが活躍するエピソード2も結構見応えのある内容だったかなと。報復によって再起不能になりながらもまた復活し巨悪に挑むその姿勢は、『試合に負けて勝負で勝った』って感じでカッコ良かったんですよねぇ♪・・まあ結末はとても苦いですけども、ジョニーの生き様にシビれる物語でしたね^^


こういったオムニバス形式のストーリーは一つか二つ又は全部とかで好き嫌いの波が激しい部分もあるとは思うんですが、本作の場合だと自分は結果的にその好き嫌いは半々と言った評価になりましたね。好みだったのは上記の二つでいずれも新キャラクターが輝いていた一方で、イマイチだった最初と最後のエピソードは前作のキャラクターにちょっと魅力を感じなくなってしまってたかも?個人的にはマーヴよりドワイトだったし、ナンシーも今回は完璧にエヴァ扮するエヴァに食われていたんじゃないでしょうか?^^;
あとキャスティングの方も見た所大分変更されてはいましたが、個人的にここら辺はさほど気にならなかったかな?こう言っちゃなんですがやはり元からかなり忘れかけてた作品でもあるし、思い入れの無さや予習として事前に前作鑑賞などをしなかったのも今回は良かったのかもしれないですね。
・・ただまあ、2015年最初の劇場鑑賞はちょっとばかしイマイチな作品で幕を開けてしまった気がします(汗
 アメリカ  アクション&犯罪&サスペンス  監督:ロバート・ロドリゲス  出演:ジェシカ・アルバ      ミッキー・ローク      ジョシュ・ブローリン       ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪
映画初めの作品なんで、絶対的に【ハズレ】は引きたくは
ねぇってことで、前作がすこぶるオモシロかった本シリー
ズならばと期待して足を運んだワケですが…エヴァ・グリ
ーンの裸とジョセフ・ゴードン=レヴィットのスマートな
博徒ぶりくらいが見どころといった感じで、前作となんら
変わり映えなしで、期待したワリには…です。

お互いに微妙な映画初めとなってしまいましたね……r(^^;)

結果振るわず・・

>風情♪さん♪

1作目が評価高いとやはり2作目は必然的にハードル高くなってしまうような感じがありますよね。作り手側にとっても、そして自分達のような客側にとっても『前作以上に』という思いがどこかありまして自分も面白いに越したことは無いので少し期待していたのですが・・結果は少し残念なものに。

やっぱり年始めは素直にベイマックスにしておくべきでした(かなり感動できたので・・)。

PAGETOP