【監督】山崎貴
【出演】染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本愛/東出昌大/北村一輝/國村隼/余貴美子/浅野忠信
【公開日】2014年11月29日
【製作】日本

【ストーリー】
普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。地球の生態系に突然現れたこの生物は通称・パラサイト。人間を食料とする新種の寄生生物(人間の脳を食い、その人間の身体に寄生する知的生物)だった。だが新一を襲ったパラサイトは脳を奪うのに失敗し、右手に寄生してしまった。動揺する新一をよそに、右手は人間の言語や文化を学び、自らをミギーと名乗り、新一に共同生活を持ちかけてきた。お互いが生き続けるためには、他に選択肢はない。勘の鋭い同級生・村野里美に怪しまれながらも、なんとかいつも通りの日常を過ごそうとする新一だが・・・。
 
【感想】
公開に先駆けて自分も今年の夏くらいからコツコツと読んでいた、岩明均の同名人気コミックの実写化作品。監督は今年の『STAND BY ME ドラえもん』もまだ記憶に新しい山崎貴監督で、正直原作の熱心なファンでもない自分が楽しみにしてたと言えば、個人的に未だハズレ無しな山崎監督作品だからという部分の方が大きなウェイトを占めてた感じもしますね^^;本作も見応えは十分あって面白かったです♪

・・まあ原作読んだなどとは言いましても各巻を一度だけ読了してる位で繰り返し読んではいませんでしたので、自分はホントあくまで世界観と内容を理解する程度と言った感じ。ただその薄っぺらさ(汗)が割と功を奏したのか比較による粗さや相違点を見つけるような視点にはあんまりならなくて、素直にパラサイトの捕食でウエっと気持ち悪がったり新一とミギーの奇妙な共生関係などを楽しめたと言ったところ。
2部構成の最初でもある本作のストーリーの方も、観た感じ最初こそ一応原作に沿った形で進行してはいましたが、新一の父親が既に他界しており母親との2人暮らしという設定になっていたためか、本来あるべき場面が省かれていたり、一部の登場人物が出て来ない代わりに他の登場人物にその役割を担ってもらったりと言った具合で、本作は本作なりに原作とは異なる流れを生み出していたのが特徴的でしたね。省略してるっていう風に見えなくもないんですが、それでも個人的には無理とか強引な演出にはあまり見えず、2部構成に纏める上で大事な箇所は極力そぎ落とさず綺麗に整えてるなぁというポジティブな思いにもなってしまった。・・・ま、これも原作に思い入れが無い故の感覚なのかもしれませんが・・(汗

VFXの方もさすがは『白組』といった感じで、そのクオリティの高さは本作でも安定してますね。人間の頭がぱっくり開いておぞましい姿が露になるパラサイトの描写やミギーのぬるぬる動いてる質感も結構リアルだったから周囲の風景とも溶け込んでて拒否反応出なかったですし、先んじてテレビで放映されてたアニメを未見でもあるから声を担当してる阿部サダヲさんも思ってた以上にしっくり来てた気がする。パラサイトとのバトルも一撃食らったらこりゃヤバイって感じが伝わる刃物のパワーとスピードも上手く表現されてて、CGが本作の面白さを支えてるのは先ず間違い無いんじゃないかと。
それともう一つはやっぱり主演の染谷くんかな?ミギーがフルCGである以上彼の演技は実際一人芝居でしょうから、そう思いながら鑑賞すると違和感なく演じてる彼の演技は評価に値すべき所があるとも思う。その他の豪華出演者もパラサイト特有の感情の無い能面顔演技がかなりキててゾクッとさせてくれましたねぇ。特に玄関のドア開けた瞬間無表情で覗き込んでる余貴美子ママはマジで鳥肌ものでした・・^^;


しかし実写化された近年の漫画作品などはその大部分が酷評の対象になりがちで、凄くマイナスイメージ付いてしまってるというのも然もありなんですけど、今年は妙に当たりの作品が多いような気もしますね。少なくとも自分が観た作品は全部良くて、本作もまた然り。忠実とは言い難いけど、その分作り手の技術力で補う工夫はこれまた素直に好評価だったり。
この分だと完結編も期待出来そうですね♪4月末公開なら前夜祭的な爆速テレビ放映もあるのかもねぇ?(笑
これ、二部作だったのか!?
面白いが、性急で勿体ない。  
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <...
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公・新一(染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。  ある日、彼の...
ぶっちゃけキモい、エグい、はさっぱりわやなんですけども バイハとドラキュラだけは見るというひとが どーにかこーにかこれ見れたのは多分 ミギーのおかげ。(爆) ほとんどモンスターズインク。(;´∀`) 予告でも相当笑わせてくれたけど、主人公と会話してるシーン...
うん!よかった!2部にも大期待だ!
前日に「神さまの言うとおり」を観てしまったため、ちょっと既視感があったなあ。 最
映画 『寄生獣』 (公式)を先日、試写会にて鑑賞。なお、原作も関連書籍は未読、テレビアニメも未見。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ある晩、海辺に“パラサイト”と言う小さな寄生生物が漂着する。彼らは人間の脳を乗っ取り肉体を操り、他の人間を捕食して生きている。 ...
2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『パレード』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...
【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理描写に、好きな漫画タイトル10個挙げれで、確実にいまだにこれ入ります。というわけでかなり「まじに実写とかやめれ…」な状態でした...

コメントの投稿

非公開コメント

ミギー

物足りない点がありつつも、おおむね満足でした。
VFX表現はほんと見事ですね。邦画スゴい!
ミギーのフィギュアちょっと欲しい。。w

FC2へのTBが不調でお返しは遅くなります。。m(_ _)m

漫画原作アタリ年

>AKIRAさん♪

正直原作のあのシーンこのシーンあれば良かったなぁという気持ちはありますよね。お父さんがいないってのも驚きましたけど、全体的には綺麗に纏まってる印象♪ミギーもパラサイトの頭部も満足のクオリティで確かに素晴らしかったですね。邦画の実写漫画、今年はアタリ多しです^^

※あとTBの件了解です。不調が続くようでしたらTB返信も見送って構いませんのでっ。

二部作~

メビウスさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

予告編のイメージを払拭して、非常に良い出来に仕上がっていました!
やはり山崎監督の手腕かなって感じで正解でした。
実は二部作だとは全然知らなかったので、
より後編が楽しみになりました^^

今回もイイエンタメ

>cyazさん♪

山崎監督なんだかんだでイイエンタメ作品を毎回手掛けている感じがしますので、今回も原作漫画の雰囲気を実写の方へ上手く落とし込んでいたように見えましたね♪

後編も原作通りだとするならば、おそらく浅野忠信さんが大暴れすると思うので、その辺りも楽しみですね^^

おみごとでした!

こんにちわ!
息子のイチオシ作品なので2人で公開を心待ちにしていました(笑)期待にこたえる出来だったと思います。
ミギーをはじめパラサイトの頭部割れ グロ描写等凄い映像で魅せてくれましたね~。漫画への愛を感じました♪
漫画実写の成功のカギはこの作り手の愛!完結編マジで楽しみです。

リスペクト

>くろねこさん♪

パラサイトの捕食シーンなどは予告編でも殆ど出てなかったので、その予想以上のグロ描写には自分も驚いてしまいました。この辺りに漫画の愛、敬意などを感じますね^^

完結編は浅野さん扮する最強パラサイト・後藤さんがキモになりそうな予感がします。殺人鬼の浦上も気になりますね^^

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

僕は原作も未読で・・・。
だから省略されているところもわからないのですが、うまくまとまっていたと思いますねー。
白組のVFXは安定感ありますね。
山崎監督が取り上げる作品は、SFだったり日常ものだったり歴史物だったりと、けっこうバラエティ豊かですが、その中でVFXを上手に溶け込ませることができていると思います。
山崎監督が技術に造詣が深いからですかねー。

無理矢理がなく

>はらやんさん♪

原作を読んでしまったので否応にも比較してしまうのですが、それでも個人的には今回上手く纏めていた印象がありましたね。映画に出て来ない原作キャラクターの役目を他のキャラクターに重複させている所があるのですが、それもあんまり無理矢理感が無かったんです。白組VFXの効果も素晴らしいですが、演出の工夫に自分は見所を感じました♪

ただ完結編の方はあんまり端折って欲しくないかも・・。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
予想的中でしたね。
TV放映で観ました。
まだレンタルもされてません(笑)
思ってた以上に面白かったです。
といっても原作漫画は最初の方くらいしか読んでいないのですが、なんとなく世界観は掴めていたので、これをどう映像にするのかなぁと思っていたのですが、山崎監督はしっかり仕事してくれていました。
正規版は結構グロいんですか?
流石にTVではカットされちゃいますよねぇ。
今日から公開の後編にも期待です。

予想通り

>ヒロ之さん♪

本当に爆速放映になってしまったので少し笑ってしまいました^^;そして大分削られているのもこれまた予想通り・・(汗

寄生生物が人間を捕食するシーンは結構徹底されている感じがしまして、山崎監督はかなり原作の世界観を大事にしてるなと思いましたね♪・・故にテレビ版はちょっと残念なトコが多すぎたかな~と(汗

完結編も結構面白かったので、オススメですね♪ただ、今度はレンタル鑑賞した方がいいかもしれませんよw

こんにちは

私は何度も何度も繰り返し読んだほうでしたので、
ギャアアアアアというところが目立って目立って…(><)
こういうのは原作知らないほうが純粋に楽しめますよね
そしてそれから原作に入ればよろしいので。
でもまさかこの作品が実写化するとは思わなかったので、
ほんと正直「やめてくれえええ、これは聖域だあああ」感が強かったです;思い入れがあるだけに。

理解は出来ます

>makiさん♪

makiさんにとって寄生獣はかなり思い入れが深い作品なんですね。そういえば一度だけ読んだ自分でも、あ~・・あのシーン入ってなかったかって部分が見受けられたので、叫びたくなるのも分かる気がします(ちなみに完結編公開前のテレビ放映版はもっとひどかったですw)。

尺の関係上しょうがないとこもあるかもしれませんが、そういう削り要素が実写版を劣化させてる原因の一つにもなってるんですよねぇ。
たまにでいいから『すげぇこれ完璧じゃん!』ってくらい唸る忠実作品観てみたいものですね^^;

PAGETOP