【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/ジェシカ・チャステイン/ビル・アーウィン/エレン・バースティン/マイケル・ケイン/他
【公開日】2014年 11月22日
【製作】アメリカ、イギリス

【ストーリー】
劇的な環境変化や飢饉によって、地球の寿命はもはや尽きかけようとしていた。人類は存亡を懸け、そして愛する者の未来を守るため、新たな星を探すことを決意する。生きて帰れるか分からない重大な使命を担う壮大な旅に選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男と数少ないクルーのみ。果たして彼らは自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することが出来るのか・・・。
【コメント】
『ダークナイト ライジング』から約2年ぶりの監督作となるクリストファー・ノーラン監督の最新作は、荒廃寸前となった地球から人類を救うため、遥か彼方の宇宙まで別の居住惑星を探し求めると言う何ともスケールの大きい作品。壮大さで言えばおそらくノーラン作品の中でコレが一番かもしれませんねぇ。あと多分長いのも(汗)。けど毎回毎回想像も付かない映像と重厚なドラマ性で魅了し続けている人でもあるので、今回もその期待を裏切らないイイ作品になっていたと思いますっ。

・・しかし観始めの印象としては結構淡々としてる運びで、自分の前の座席にいた父子はNASAの秘密研究所辺りですでに首が思い切り横に傾いてて『あ~これは最後まで無理だな^^;』というアイタタ~な姿に・・。正直なところ自分も気持ちは分からなくもなかったです(イビキかいていないかったのがせめてもの幸いw)。
でもこの作品、実はその最初から既に幾重もの伏線を張っていて、つまらないなぁと思っちゃう部分をおろそかにしてると後々更につまらなくなってしまうんですよねぇコレがまた。宇宙船で地球飛び出た後も『ん?あれは何だ?』と少し疑問に思う箇所があったりして、ここら辺も明確な答えをたまに示す時がないノーランらしい手法かなぁとも思ったんですが、本作では相対性理論やブラックホールの超常作用を用いてそれらにも最後はちゃんとした意味付けが成されていたので、おったまげな現象とも相まり驚きと感動が詰まってて素晴らしかったなぁ♪やっぱりジャンルが異なっていても『親子愛』や『兄弟・姉妹愛』といったものは普遍でもあるからか、人知を超越した内容が濃い本作でもクーパーとマーフの時空を隔てた愛には素直に泣かされてしまうトコがありますね。

あと個人的には映像面も圧倒させられるくらいに見応えがありまして、観測不可能なブラックホールの中身といい、未知の惑星の風景といいどれもがかなり想像の上を行ってて、ノーラン監督の鬼才ぶりとイマジネーションにも改めて驚嘆してしまうといった所。表面上の鑑賞が多い自分にはこの辺りが特に面白くて、観る者を知らない世界に誘ってくれるような映画ならではのワクワクやドキドキがありましたねっ。『こりゃやべーっ!』とか何回も思っちゃってたし、宇宙船のドッキングも手に汗握ったりで、最初に感じた淡々さもこの時にはもうすでにどこへやら。上映時間が3時間近くもあるだけに、その内最初の何十分かは作品を盛り上げるための強固で揺ぎ無い土台作りとして用いていた・・なんて風にも考えれば、なかなか堪える価値もあるんじゃないかなぁと思いますね^^;


・・まあ難解で専門的な用語も多い科学的要素は大半がチンプンカンプンで、『四次元も凄い曖昧なのに五次元って何だよぉ・・』と呻きながら必死で食らい付いていると言った状態だったのも否めませんでした。
ただそれをマイナスとしてもクーパーとマーフの親子愛を軸とした感動的な人間ドラマ、CGにあまり頼らずとも興奮を掻き立てられたリアルな描写、そしてアカデミー男優賞は伊達ではないマシュー・マコノヒーの熱演っ(且つシークレットなゲスト出演者w)。そういったプラス要素も多いように見えたので、今回のノーラン作品も個人的にはハズレじゃありませんでしたね♪これは是非オスカー候補にも上がって欲しいものです。
 【ネタバレ注意】  運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。  ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められているに違いない。  そんなにSFが好きなのか!  私は、地球からの脱出を図る計画の名がラザロ(Lazarus missions)...
映画 『インターステラー(字幕版)』 (公式)を本日、劇場にて鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら90点にします。 ざっくりストーリー 近未来、地球規模の食糧難と環境変化で地球の寿命が終わろうとしていた。元エンジニアでパイロットのクーパー(マシュー・マコノヒー)は、人類存亡の危機を救うため、宇宙で新た...
 「ダークナイト」3部作、「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督最新作 インターステラーとは、惑星間移動を意味する。 著名な理論物理学者キップ・ソーンの理論を基に、宇宙のワームホー ルを利用して惑星間を旅する人類の限界を超越した冒険を描く...
【INTERSTELLAR】 2014/11/22公開 アメリカ 169分監督:クリストファー・ノーラン出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、エレン・バースティン、マイケル・ケイン、マッケンジー・フォイ、ティモシー・シャラメ、ジョン・リスゴー、デヴ...
もの凄く見応えのある内容で大満足。
原題:Interstellar監督:クリストファー・ノーラン出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・アーウイン、エレン・バースティン
クリストファー・ノーランの最新作です。 例によって2時間半を超える長尺の作品です
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐...
映画 インターステラー Interstellar ポスター 42x30cm 【並行輸入品】()Interstellar商品詳細を見る 【INTERSTELLAR 】 制作国:アメリカ 制作年:2014年 近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡の カウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの 遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは...
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ...
実は 前号から、既に怪しい動きはあった。 インターステラーのマニアックな記事が3pに渡って載っていた。 しかも、妙に テクニカル な内容(笑) で最新号。 今号の Guest Editor は、何とクリストファー・ノーラン Chrisotpher Nolan ! 既に表紙からして、ヤ...
監督クリストファー・ノーランが、初めて挑戦した本格的 S F インターステラー。 タイトルのように、今年のナンバー1に押さなければいけないと考えている。 その理由を、未だ観賞していない方にネタバレにならないように注意しながら、説明したい! 映画のベース...
マシュー・マコノヒー最高!マット・デイモン最低!w  
 「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン監督、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー主演。異常気象と植物の枯死により、人類滅亡の危機に瀕した近未来、地球に代わる生命が移住可能な星を探すため、宇宙へと旅立つ宇宙飛行士達の姿を描くSF
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と日々発生する砂嵐とで、地球の作物は順次全滅し、今ではトウモロコシしか作付けできなくなってしまった。このままでは飢え死にするか、植物の光合成...
どうしようか散々迷ったんですが、なかなか評判が良い上に『宇宙戦艦ヤマト2199』との比較論なんかも出回っているので、重い腰をようやく上げて観に行ってきましたよ。それにしても昨年11月下旬に公開が始まった映画を、まだ上映してるというのは驚きですなあ。荒廃した未来の地球、絶滅の危機に瀕した人類を救うため、居住可能な惑星を探す旅に出る…というお話が『宇宙戦艦ヤマト』っぽいということなんでしょうなあ...
INTERSTELLAR 2014年 アメリカ 169分 SF/ドラマ 劇場公開(2014/11/22) 監督: クリストファー・ノーラン 『インセプション』 製作: クリストファー・ノーラン 脚本: クリストファー・ノーラン 出演: マシュー・マコノヒー:クーパー アン・ハサウェイ...
【概略】 地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか? SF 相対性理論、量子力学、ワームホールなどなど…SF好きにはおなじみ、だけど実際のところど...
監督 クリストファー・ノーラン 主演 マシュー・マコノヒー 2014年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 169分 SF 採点★★★★ 馬頭星雲やら木星の大赤斑、最近のお気に入りでもあるわし星雲なんかの画像をボーっと見ている時間が好きな私。ぱっと見静かで美しいそ…
昨日、発表されたノーベル物理学賞で、世界で初めて「重力波」を検出した3氏に受賞が決定。 そのうちの一人に、「インターステラー」の理屈系にリアリティを与えた理論物理学者のキップ・ソーン氏が! クリストファー・ノーランは「インターステラー」を製作する...

コメントの投稿

非公開コメント

専門用語

メビウスさん☆
私も前の席の親子同様、秘密基地でうとっとなってしまいましたが、そのあとくらいからぐんぐん面白くって、やはりドッキングのシーンは手に汗握って、最高にハラハラしました。
結果的には寝てても起きてても理解できない専門用語は、さらりと流すので正解なラストだったり。
親子愛は不変ですね。

面白いけど気の抜けないような・・

>まだ~むさん♪

最初はつまらない印象もあるかもしれませんが、それでも後からうなぎのぼりのような面白さになっていくので見応えはありましたよね。意外な展開、意外な人物の登場もあったりで飽きませんでしたw
でも伏線も色々張られていただけに、ある意味最初から最後まで気の抜けない鑑賞のようにも思えました。

No title

こんばんは、メビウスさんコメtbありがとう。
そちらはもう真冬ですね〜今日東京も寒かったですよ、

さすがノーランといったちょっと高度なインテリ感も漂う作風でした 笑
SFに詳しい人がみてもとくに面白いらしいですね、
前半はつまらなすぎでどうなることかと思ったけど途中で引込まれたので良かった、
あとはマコ様がやっぱりよかったなー
ベンの弟ケイシーはちょっともったいない使われ方かな、
あとマットデイモン、出てくるとは 😀

もう真冬ですねぇ・・^^;

>migさん♪

ノーラン監督の作品は登場人物の心情を巧みに描いてるせいか、どんなジャンルでも人間ドラマなどが深いのも良いですね^^本作もクーパーとマ-フの親子愛などが感動できましたし、SFにあまり詳しくなくともそういった親子のドラマで充分見応えを感じることが出来た気がします♪

あ、そいえばクーパーの息子の大人バージョンってケイシー・アフレックだったんですよね。ヒゲモジャだったので、気付くのがかなり遅れました(笑

こんにちは

前半に乗れないと長いからきついかもしれませんね。
私は睡魔0で楽しめました。
科学的な部分は理解できてないと思うんですが深く考えずに観てました 笑←わりと好きなジャンル
個人的にはノーラン監督にハズレなしです!!

確かにハズレなし

>yukarinさん♪

前半は前半で地球の危機的状況とその対策、あと後々に到る伏線と一応見逃せないポイントはたくさんあるんですが、観てる分には結構緩い展開だったのも正直なトコですね^^;
でも確かに自分もノーラン作品に今の所ハズレ無しなので、寝るという勿体無い行為は考えてませんでしたw凄い朝っぱらに観たので目はシパシパしてましたけど、これからどうなるんだろうという期待感の方が睡魔より勝っていましたねぇ♪

前半に乗れないと長いからきついかもしれませんね。
私は睡魔0で楽しめました。
科学的な部分は理解できてないと思うんですが深く考えずに観てました 笑←わりと好きなジャンル
個人的にはノーラン監督にハズレなしです!!

No title

出だしはちょっと淡々としていて、
へたしたら寝てたかもしれないですね~。
でもちゃんと見てたので、
伏線の回収には涙!耐えて良かったです(苦笑
四次元、五次元・・・
考えるとわからないので受け流して観て・・・
時空を超えた愛を感覚で受け止めました~(笑

なるほど・・かなぁ?

>えふさん♪

あの伏線は最初自分もあんまり関係のないものだとばかり思ってたんですが、終盤でなるほどと思ってしまいましたね。・・・いや、でもと言うかあの概念は『なるほど』で括れるレベルを軽く超えてしまったので呆気に取られたという言い方の方が正しいかも?(汗)けど『STAY』のメッセージなどは感動しましたね^^

そいえば四次元は確か『時間』だったと思うのですが、五次元はなんなんでしょうねぇ?途方も無い次元に感じてきました^^;

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!
ノーランの作品は長い、5次元宇宙や相対性理論など難しい題材を選んでくる!、などありますが、説明過多になるわけでもなく、上手にそのあたりを消化していますよね。
結果としてはどんな困難を目の前にしても愛だけは互いをつなぐというシンプルな結論なわけで、鑑賞した後の読後感も良い作品でした。

誰かと話したい

>はらやんさん♪

長いし単純明快な内容で終わらせないしで、ノーラン作品はファン以外だとどこか敷居の高い印象も受ける気がしますね^^;本作にしても凄く知的な雰囲気を受ける内容ですが、ただ仰る通り『愛』というシンプルな感情であの壮大さをきちんと上手く纏め上げてる部分は面白いし素直に感動も出来ますよね。観終わった後も疲れたーって感じにならなくて、あの驚きや感動を誰かと話したいみたいなウズウズした気持ちになりました(笑

今年もよろしくお願いします

こんにちは。
当方のブログにご訪問下さり、又、コメントを下さりありがとうございました。すぐに伺えなくてすみません!年明け、ノンストップで仕事が立て込みまして…お許しを。
で、この作品のコメント欄を利用して、「今年もよろしくお願いします」というのは大層間抜けな感じなのですが、どうぞどうぞ、宜しくお願い致します。

お忙しいようで・・

>ここなつさん♪

随分とお忙しそうで、そんな中でのお返事有難うございます^^;
でも自分の場合コメントとかは任意ではなくその時の気分とかで行ってる時もままありますので、ここなつさんも立て込んでいましたら無理にお返事をして頂かなくても構いませんよ。個人的に生活環境乱してまでやるものじゃないと思っていますので(爆

でも昨年はここなつさんにも色々コメントやTBでお世話になりました。こちらとしましても、今年も宜しくお願いいたしますです。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
はい、その冒頭からウトウトしかけた人間が私です(笑)
「愛」をテーマにした壮大で素敵な話だというのは分かるのですが、展開の進み具合が遅いのと、難解な部分が多いのが私にとっては難点でして、どうにも物語りに入り込める事が出来ないまま見終える事になってしまいました^^;
ただノーランらしいCGに極力頼らないセットを基本とした演出の見事さは相変わらず素晴らしいものを感じさせられました。

長いがネック

>ヒロ之さん♪

SF色も濃くて感動できる話ではありますが、いかんせん『長い』というのがやはりネックでもありますよね^^;感動に到る前に睡魔に襲われる可能性も否めないと思いますから、故に前半は鬼門ですね(汗

ノーラン監督らしいCGに極力頼らない手法は、そのCGにも負けない迫力があったと思いますね。宇宙船も手作りだったみたいですし、最後の惑星の風景も極寒の地で行ったとか?相変わらずの徹底振りですね。

こんにちは

前半部分がちょっと長いなあ、早く宇宙いかないかなあとは私も思いましたが、一気に引き込まれた169分でした
いやー面白い。3次元・5次元・ガルガンチュラの地平線とか、専門用語が飛び交う中でも、なにをいってるのかがさっぱりわからない、という風にならないのはさすがだなと思いましたですよ~
単語の意味合いをはっきりと理解していなくても、ストーリーに付いていけるというのはそれだけでも素晴らしい事で、このようなごりごりのSFだからこそ尚更それが凄い事だと思ってます
ワームホールの描き方だとか、実際に自分で観た事のない世界が映像化されているのは、やはり、面白いものですね
でも理系じゃないから本質のところは理解できてなくて、結局家族愛に帰結してしまうところは、ちょっと自分に残念ですが

素晴らしき宇宙映像

>makiさん♪

前半はダラダラなものの、宇宙に飛び立てばぶっ飛びな設定と驚きの映像の数々でやはりのめり込みましたね。一応科学的な用語はゲーム関係からもある程度知り得ていた単語がちらほら出ていたので、ゲーム脳も少しは役に立ったかなといったところ(笑)それに最後だって宇宙漂流っぽい流れで、気がついたら愛しい人がおばあちゃんで自分は全然変わらずってとこがモロにポリスノーツでしたからねぇ^^;

ノーラン監督なりの宇宙映像も素晴らしかったですし、宇宙の神秘も十年・二十年と経つにつれ徐々に解き明かされつつあるので、その時本作と照らし合わせてみるのも面白いかもしれませんね?

PAGETOP