【監督】ジェームズ・ガン
【出演】クリス・プラット/ゾーイ・サルダナ/デイヴ・バウティスタ/ベニチオ・デル・トロ/グレン・クローズ/ジョン・C・ライリー/ヴィン・ディーゼル/ブラッドリー・クーパー
【公開日】2014年 9月13日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
幼くして地球から誘拐され、今や宇宙をまたにかけるトレジャーハンターとなったピーター・クイルは、とことん運がないくせに自らを“スター・ロード”と名乗る男。そんな彼がある日、巨万の富を夢見てパワーストーン<オーブ>を盗み出す。だが、銀河を滅亡させるほどの恐ろしい力を持つオーブを狙う悪党たちから追われる羽目に。それをきっかけに、危機また危機の冒険と、宇宙存亡を懸けた戦いに巻き込まれていく・・・。
 
【感想】
アベンジャーズ以降のマーベル作品は何かと続編モノが多かったので、本作のような新規作品はちょっと物珍しくも見えてしまいますね。しかも全く知らない作品なもんですから『本当に面白いのかぁ?』と色眼鏡で見てしまう部分もあったんですけども、これはかねがねの噂通りとても面白かった♪お宝を巡るワクワクに心躍るSFガジェット、そして仲間との熱い絆。予告編の際も有村昆さんが宇宙版ワンピースなんて例えていましたけどなるほど、まあ確かに言い得て妙といったところでしょうかw

銀河系を舞台にトレジャーハンター、暗殺者、アライグマ、破壊王、樹木クリーチャーといった何とも個性ある面々がひょんな事から手を組み、強大な力を持つパワーストーンなるものを巡って敵と攻防を繰り広げるという内容は、王道なSFアドベンチャーを地で行ってる設定にも見えてかなり楽しめますね♪・・まあ王道とは言いましても、ピーターたちはアベンジャーズのメンバーたちのように何かを救うだとか大義名分で動いてる風には見えなく、むしろ賞金が欲しい・敵を討ちたいといった個人的な目的がたまたま一致してるだけで、あんまりヒーロー風じゃないのがちょっと変わってるかな?と思ったとこw
私利私欲な面々が集っているので当然最初はやはりトラブルと衝突の連続なんですけども、そのトラブルの際のピーターたちの掛け合いとかが本作は何かと面白かったりで、反目してる最中にちょっとしたユーモアや笑いを盛り込んでププッとさせたかと思えば、次のシーンでは仲間を思いやるセリフやシーン(ドラックスがロケットの頭をナデナデするシーンとか)が出て来て感動もさせてしまうから、観ててダレる事は無いと思うし少なくとも自分は飽きなかった。
あと要所で70年代位の洋楽サウンドなどを演出に取り入れていてこれも作品のテンポの良さなどに一役買っていた気もしますね。自分は正直な所劇中の洋楽は最後のジャクソン5くらいしか知らないんですが、それでもなんとな~く劇中のシーンと上手く組み合わせているような雰囲気を感じ取る事は出来るため、ジェームズ・ガン監督の音楽のセンスというかチョイスの上手さも秀逸に思えた。・・まあ古臭い印象もあるかもしれませんが、こうした懐かしの名曲を映像と巧みに合わせて効果的に使っていた点もおそらく本作の見所の一つと言えるのかもしれませんねぇ。個人的には冒頭のタイトルでピーターが歌いながらノリノリで遺跡探索してるシーンが割とツボにハマってしまい、あそこは『最強のふたり』のオープニングに似た陽気さがあって好きでした^^


・・とまあ、本作だけを観ても色んなエンタメ性が詰まっていて非常に面白かったですが、なんか既に続編がいち早く決定してるからか、ピーターの父親の事とか悪の親玉の存在といった明かされず解決せずな要素がまだ幾つもあるようで、そんな諸々の謎を含めて個人的には非常に楽しみなマーベル作品の一つとなりつつあるかもしれない銀河守護者wそしてこのシリーズもまたアベンジャーズの方とこれから色々接点を付けていくんでしょうね~。デル・トロさんが扮してた怪しさ爆発のコレクターとかいうキャラクターは確か『マイティ・ソー ダークワールド』に出てたし、パワーストーンも相当物騒なシロモノみたいなので、そう遠くない内に銀河の守護者と地球の守護者がコラボするかもしれませんね(何年後になるか分かりませんが・・)。
飛ぶ鳥を落とす勢いの”MARVEL”が送り出してきた新たなるヒーローモノは、登場人物がほぼ異星人という異色作。やっと観ることが出来た。体調不良やら時間的都合やらにより、劇場鑑賞は見送ることにやるやもと
マーベル・スタジオが送り出す新たなヒーロー、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
周囲の評判も良かったので、すっごく楽しみにしていた作品。やっと観てきたわ~~ 期待しすぎると良い事ないので、慎重な心構えで観たのがよかったらしく、爆笑はしなかったけど、緩い笑いと迫力のSFアクションのバランスが見事で満足まんぞく!! 何といっても思いがけずほっこりする映画だったのが、とーっても良かった~♪
ロクデナシ軍団、銀河を救う。 いやあ、これはヒットする訳だ。 本国での評判通り、ムチャクチャ楽しい映画だった。 全世界で6億3000万ドル超を稼ぎ出し、現時点での本年度最大のヒット作となった、マーベルコミック原作のコミカルなスペースオペラ。 自分の事しか考えない、一癖も二癖もある愛すべきアンチヒーローたちが、銀河の運命を握る秘宝を巡って大暴れ。 彼らはいつしかジャンプ漫画的熱血...
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&ヒーロー  監督:ジェームズ・ガン  出演:クリス・プラット      ゾーイ・サルダナ      デイヴ・バウティスタ     ...
【GUARDIANS OF THE GALAXY】 2014/09/13公開 アメリカ 121分監督:ジェームズ・ガン出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ジャイモン・フンスー、ジョン・C・ライリー、グレン・クローズ、ベニチオ・デル・トロ、リー・ペイス、マイケル・...
思ってた以上に面白かった。
アメコミは所詮アメコミだから、それ以上のものやそれ以下のものを予想してはいけない。だから私がMARVEL印のものを観る時の基準は、主役がイケてるかイケてないか。今回のクリス・ブラットクンはすごく良かった!思わずクン付けしちゃう位。顔なんかもう覚えてやしないんだけどさ。破天荒だけど情に厚くてヤンチャな感じ。のびのびと楽しげに「地球人代表」としてエントリーしてくれました。登場人物のキャラがまたそ...
マーベルの新作。 70年代のロック・ポップスがふんだんに登場する、はみ出し者たちの物語。 と聞き、いつものヒーロー色ぷんぷんのマーベル・シリーズじゃなさに期待してさっそく鑑賞。 最初は敵でしかないメンバーが、ひとつの目標に向かい、少しずつ結束してい...
【概略】 犯罪歴を持つ宇宙のお尋ね者5人が、ひょんなことから銀河滅亡を阻止するヒーローとなって活躍するアクション。幼い頃に地球から誘拐されトレジャーハンターとなったピーター・クイルは、悪党たちから追われる羽目に。 SFアクション 残念ながら、70〜80年代の音楽がわからないので、ノリ切れなかったものの、アライグマと植物人間のコンビは良かったですね。それとケヴィン・ベーコンが...
GUARDIANS OF THE GALAXY 2014年 アメリカ 121分 アクション/アドベンチャー/ヒーロー 劇場公開(2014/09/13) 監督: ジェームズ・ガン 『スーパー!』 製作総指揮: スタン・リー 脚本: ジェームズ・ガン 出演: クリス・プラット:スター・ロード/ピー...
監督 ジェームズ・ガン 主演 クリス・プラット 2014年 アメリカ/イギリス映画 121分 アクション 採点★★★★ 育った環境が趣味嗜好に大きな影響を与えるって言いますが、確かにうちの実家は音楽に溢れてましたねぇ。ハワイアンでしたが。私の趣味嗜好にフラの要…

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~

マーベルシリーズはどんどん膨らんでいきますね~。
懐かしさが好印象なのは、ヒーローモノってオーソドックスにあの時代のテイストが良く似合うからかもしれません。

ピーターのパパが古代の英雄の末裔?
なんだか面白いことになってきましたね。
グルートも復活してくれるだろうし、次回がとってもたのしみな作品になりました(^^)

大変だけど面白い

>たいむさん♪

今のアベンジャーズシリーズでも結構いっぱいいっぱいなんですが、この作品も続編とかで他作品と更なる広がりを見せるんでしょうね~?正直言うと大変・・^^;
まあでもそういうのは後々だし、本作自体は単品でもかなり見応えがあって良かったですね♪捻りもあんまり無い勧善懲悪モノは好きなので個人的にもツボ。
ピーターのオヤジさんとやらも果たして何者なんでしょうね?その謎もアベンジャーズ絡みだったりして・・。

楽しみ~

メビウスさん☆
地球を救う目的でないのに手を組んだかんじが、なかなか良かったです。
そして私もナデナデのところ大好きです!
続編も楽しみですね~~アベンジャーズではかなり地球の様子が違いますが、うまく繋がるのでしょうか???

ナデナデ

>まだ~むさん♪

ピーターたちはオーブにかけられた賞金とか身内の敵だとかが本来の目的みたいでしたし、悪を倒して人類を救うっていうのは結果オーライみたいな感じでしたもんね^^;ヒーローが多いマーベル作品でああいった自分勝手な人達が主役と言うのはなんか珍しい気もしました(笑

ロケットのナデナデもやった瞬間絶対手を払うかと思ったんですが、すんなり受け入れた辺りは彼も皆を『仲間』だと認めたのかもしれませんね。ほっこりしつつなんかジーンと来た場面でした^^

こんばんは

音も映像もどこか70年代レトロ調で、もし「SW」が無かったら、SF映画はこんな風に進化したのかも、とふと思いました。
たぶんアベンジャーズと被ってくることになる続編が今から楽しみです!

No title

こんにちは♪

>何かを救うだとか大義名分で動いてる風には
 見えなく、むしろ賞金が欲しい・敵を討ちた
 いといった個人的な目的

こういう我の強く、悪ぶったならず者がそろっ
た愚連隊が、なんだかんだ言いながら世界を救
うという構図が好きなんで、本作はまさにドツ
ボだったし、マーベル単体では「X-MEN」「ス
パイダーマン」にならぶドツボな作品でした。
なんか早々に「アベンジャーズ3」で合流らし
いっすぜ…この先も単体で行ってくれればが本
音ですわ♪ (゚▽゚)v

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

個人的には微妙な感じがしましたが、けっこう評判いいですよね。
キャラクターがみんなお初だったので、ちょっとなかなか感情移入するまでいかなかった感じがしました。
「アベンジャーズ」とは合流するようですね。
かなりスケールが大きくなりそう。

こんにちは

観るタイミングにもよるのかもしれませんが、
乗れきれませんでした...とほほ
いつものヒーローは違ったり、ちょっと古臭い感じがうけてるのかもしれませんね。
マーベル作品もどこまで広がるのでしょうか 笑

テンポ良くて好きです

>ノラネコさん♪

レトロ感もありましたけども、銀河周辺惑星のゴージャスなビジュアルなんかも相まって個人的には丁度良い感じに見えましたw
アベンジャーズ繋がりと言えば、あの敵の親玉も確かアベンジャーズのラスト付近で出てきてましたね。やっぱりリンクするんでしょうね~。どんどん世界観が広くなって行きます^^;

>風情♪さん♪

およそヒーローに似つかわしくない面々が結果的に世界の破滅やら何やらを阻止するって展開は、漫画とかアニメだとジワジワ過程が描かれていくからかなり燃えますよね。・・まあ映画ですと尺が短いから予想出来てしまうのが難点でもありますが、それでも面白いことに変わりなかったですね。ピーターたちのトークはテンポ良くて好きでしたし、愚連隊なチームでもやる時にはしっかりやるカッコ良さを備えていたのも好印象でした♪

なんと2020年

>はらやんさん♪

個人的には面白かったですが、はらやんさんが言うように一番初めの作品でキャラクター&世界観の紹介も兼ねてただけに、のめりこむってとこまで行かない人もまた多いとは思いますね。自分はストーリーは二の次みたいな感じで、単純に映像美とか表面的な部分で楽しめたと言った所でしょうか?アベンジャーズと合流したり、ピーターたちの過去もどんどん明らかになっていくと面白味が増していくかもしれませんね。

>yukarinさん♪

あんまり疲れた時なんかには映画鑑賞も無理せず控えた方が無難ですね^^;まあ自分も10年くらい前だったら体力有り余ってましたから、仕事が終わった後頻繁に観に行ってたりしてましたけども、今それやったら確実に体調がおかしくなるので週末鑑賞メインになっちゃってますね。あの頃は若かったです・・(汗

って作品と全然関係ないっw
そいえば先ほどググったのですが、マーベル作品は単品モノや続編モノ、そしてアベンジャーズモノも含めれば2020年以降まで公開作が控えてるんだとか?・・20年っていったら自分40歳手前になっちゃってます^^;

面白かったですね!

この作品は、お話しも面白かったし、登場人物のキャラとそれぞれの演者の掛け合わせも面白かったです。
特にアフレコ陣は秀逸!

掴みはオッケ

>ここなつさん♪

始まったばかりのシリーズですが、最初からテンポみたいなのが良くて確かにとても面白かったですね。正に掴みはオッケーと言った感じw
吹き替え版なども確か安定感のある山寺宏一さんとかでしたから、どちらで鑑賞してもハズレがない気もしますね。次も70年代の洋楽サウンドに乗せたこういうノリノリな展開だった嬉しいです。

こんにちは

いまひとつのりきれませんでした
グルートは可愛いし、アライグマもいいキャラしてたんですが…

なんだろう あの、仲間みんなでお手てつないで
衝撃を分散ってところはぐっときたんですが、
そのほかはごく普通のSFだったよなあ…としか。
みなさん絶賛していて、逆にビックリしてます

40代以上の方のほうが、音楽が理解出来たりとかで面白いのかも??

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
恥ずかしながらこの作品の事、知らなかったです。
今月に出た「映画秘宝」でベスト1位になってたので、借りたんですが、これが結構自分好みな作品で楽しかったです。
全然知らないキャラクターばかりですけど、逆にそれが新鮮味を感じてどのキャラクターにも均等に愛着が持てました。
とか書きながら一番はグルートですけどね。
コレクターがマイティソーに続いて登場したのは嬉しかったですねぇ。
こういうキャラなのか!という発見も出来ました。
ジェームズ・ガンらしくない作風と思う部分と、やっぱり彼らしい演出と思える部分が半々ですかね。
爆発映像のショボさはガン監督っぽいB級感を漂わせていました。

次回は凄いかも?

>makiさん♪

makiさんはイマイチ乗り切れませんでしたか^^;うーむ残念(汗

・・なんでしょうね、展開的には結構王道と言いますか、自分の大好物の勧善懲悪モノでもありましたし、劇中のガジェットもかなりカッコ良かったので無駄にツボに嵌ってしまったのかも?
続編を意識してる感じでもありましたので、本作は準備段階・土台といった所で、次から面白くなってくるんじゃないかなと自分は考えております。

>ヒロ之さん♪

そうそう、そういえば秘宝でこれ1位でしたよね。自分も驚きました。愛読はしてるつもりなんですが、相変わらずチョイスの基準が分からない・・^^;(汗

自分もこのアメコミキャラクター達は『X-MEN』のようにゲームなどでも知り得ていませんでしたし、公開するまでかなりノータッチだったので余計で半端な知識が無かったのでしょう。やはりそれも面白く観れた要因かもしれませんね?

・・でもコレクターが出たと言うことは、やっぱり本作もなんらかの形でアベンジャーズ入りするのかもしれませんね。また観なきゃいけないものが増える・・・(汗

PAGETOP