カーテンコール

【監督】佐々部清
【出演】伊藤歩/藤井隆/鶴田真由/奥貫薫/井上堯之/藤村志保/夏八木勲
【公開日】2005/11.12
【製作】日本

【ストーリー】
出版社で見習い記者を務めながら正社員を目指していた香織は、ふとした事件をきっかけに九州のタウン誌に異動を命じられてしまう。
そこで香織を惹き付けたある1通の匿名のはがきがあった。その内容は昭和30~40年代の始めにかけて、幕間芸人として活躍していたある人物を探して欲しいというものだった。このはがきの内容を記事にするため、取材を始める香織。しかし、昭和の映画全盛の時代に幕間芸人という仕事に就いていた男とその家族の数奇な運命に心動かされ、ついに香織は親子探しの旅に出る・・


【コメント】
この映画は、自分が好きな脇役俳優でもある田山涼成氏と福本清三氏が出演している事でも個人的にかなり観る価値はありました。
そして自分の斜め向かいの席にその田山涼成クリソツのおっさんが観ていた事も微妙に印象に残ったわけで・・(^_^;)(本当に似てました)


昭和30年代と現代の下関を舞台に、1人の幕間芸人の数奇な運命、そして2組の父と娘の絆を描いたこころ温まる物語で、一に家族、二に映画を地で行く何とも佐々部監督らしい正統派な映画ですね。
『4日間の奇蹟』のようなファンタジー色を加えた作品よりも、やっぱり常に家族と人の繋がりを描いた作品の方が佐々部監督の真価が発揮されると思いますね。
プログラム・ピクチャーや、泥絵の具を使った看板、そして昭和歌謡のオンパレード。(全然分からん!!)
そして映画全盛期とも言えるような昭和30年代から40年代のはじめをモノトーン映像描写にしたりと、当時ごった返していた映画館で観た人は妙に懐かしくなるのではないでしょうかね?

自分は懐かしいと言う感情よりも『そんなものがあったのか!』と言うものが多く、そして幕間芸人と言う存在も初めて知っただけに、映画好きとしてはある意味勉強にもなりましたね。
そんな幕間芸人も不況の波などによりだんだんと隅に追いやられていく状況になっていき、日本も高度経済成長期へと向かっていくと同時に、庶民の最大の娯楽であった映画もテレビの普及などでどんどん衰退化していく結果となる。
又、作品の中では在日朝鮮人に対する差別なども盛り込まれたりと、昭和の懐かしさとは別に当時の社会問題の有り様も描かれていたりします。


この映画のもう1つの見せ場としては、監督の得意とする『家族』を描いた場面もある。
娘を捨てた父と、父を恨むと同時に心の底では会いたいと願う娘。
そして実家の父と疎遠状態となり、親子の関係が上手く行かない娘。昭和と現在の時代を行き来しながら描かれる愛憎劇のような人間ドラマは、結構見
応えはありました。
キャスト陣も主人公である女性記者を演じた伊藤歩と、夏八木勲のぎくしゃくした親子関係も良かったし、昭和時代の幕間芸人の安川を演じた藤井隆、そして現代の安川を演じた元ザ・スパイダース(これも知りません)の井上堯之の、共通して見られた清々しいまでの『笑顔』はとても印象に残ります。
でも出来れば堯之氏に『歌詞間違えてスッパイ(失敗)ダース』と言ってもらいたかったです(^▽^;)

まあ率直に言えば、自分はこの映画の時代に生まれた世代じゃないので、ぶっちゃけてしまいますと懐かしさというものはこれっぽっちも感じられず、結果的にストーリーのみで感動を得る形となってしまったようです。

でも当時の世代の方なら、色々な場面で心踊るシーンがあると思いますね。

『カーテンコール』公式サイト
映画 『 カーテンコール  』  [ 試写会鑑賞 ]2005年:日 本   【11月12日ロードショー】  [ 上映劇場  ]監 督:佐々部清脚 本:佐々部清 カーテンコールメイキング 佐々部清監督と昭和ニッポンキネマ [ キャスト ]伊
----これって映画黄金期の頃にいたと言われる幕間芸人の話でしょ?またまた、泣いたんじゃニャいの? 「ぼくもそう覚悟していたんだけど、涙腺が緩みはしても涙がこぼれるまでにはいかなかったな」----おやおや意外だニャ。涙もろいはずなのに。「それはおそらくこの映画が
「カーテンコール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感想・評
試写会にいってまいった=「カーテンコール」。「チルソクの夏」や「半落ち」、最近では「四日間の奇蹟」で有名な佐々部清監督の最新作。今秋公開予定で、伊藤歩、藤井隆、鶴田真由などなど出演。「半落ち」がスゲーよかったから、それにつられて気になってたんだよねー。さ
昨日9/17より先行公開されています映画、「カーテンコール」を観てきました!!全国に先駆けての先行公開、地元を舞台にした映画という事で早速観にいきました。さすが地元が舞台とあって、いつもよりかは観客の入りは良かったと思います。最近はTV,VIDEO,DVDの普及で観客が減
「カーテンコール」 一ツ橋ホールで鑑賞懐かしき昭和です。古きよき時代。TVが普及する前は映画が娯楽でした。という設定は「ALWAYS 三丁目の夕日」と通じるものがあります。フリーのライター香織が1枚の投書はがきをきっかけにかつて映画の幕間に観客のために形
試写会に行ってきました。カーテンコール という映画を観て来ました。予告中に、一旦映像が止まってしまい・・・演出ですか??なんて、心の中で思ってました。昭和30年代の下関。映画上映の幕間に歌や物まねなどを行う芸人、それを取り巻く人々のお話。
公開初日に銀座シネスイッチで鑑賞してきました。気のせいか映画館の観客の客層がいつもと違って年配の方々が多かったような。昭和30年・40年代のまだ映画が大盛況だった時代へのノスタルジイが描かれているのかと思いきや。。。二組の「父と娘」の複雑な関係が大きなテ
「カーテンコール」監督・脚本 佐々部清CAST 伊藤歩/藤井隆/鶴田真由・・・story 東京の出版社で働いている香織。異動で福岡のタウン誌へ。故郷である下関の映画館”みなと劇場”の取材へ行くことに。かつて映画娯楽が全盛期のころ、幕間芸人がいた。彼らは歌を...
派手な演出も催涙系の劇的などんでん返しもない。でも気がつくと頬がたくさんの涙で濡れていました。…他人の人生にふれることで見えてくるものの数々。お話ししたいことがたくさん見つかる、心にしみる映画です。
「ニューシネマ・パラダイス」のような作品と思っていたのですがイメージと違いました。作品に散りばめられたものはどれも良いのにそれを活かしきれていないというのが勝手な意見。勿体ないという一言に…惜しい作品です。
【シネマミラノ@新宿】 東京の出版社で働く香織(伊藤歩)は、初めてものにしたスクープ記事が原因で、しばらく福岡のタウン誌の編集部へ異動することに。そこで、下関の映画館・みなと劇場にいたある芸人のことが書かれた読者からのハガキに興味を覚え、取材に行く。 みな
下関が舞台の映画、『 カーテンコール  』を見てきました(´∀`) 山口・北九州では先行上映中です★下関に住んでるからには、これは見に行かねば!と思っていました。実は、この映画の監督・佐々部清さんは他にも下関が舞台の映画を作ってらっしゃるのですが、ま
[ カーテンコール ]@銀座で鑑賞。[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]に引き続き、またもや昭和の香りのする映画。[ カーテンコール ]は映画と映画の幕間(まくあい)に形態模写をやったり、ギターを弾いたりして、お客を楽しませる芸人「幕間芸人」の人生をひも解くものがたり
映画「カーテンコール」の感想です
本日2作目です。なぜか今日は腰が痛くて座ってるのが辛かった。歳かしら…けどイイノホールはキレイな会場なのでそれだけでも感謝しなくては☆今回は、はっぴを着た配給会社コムストックのお兄さん登場。ばっちりカンペを持っているのに「えーっと…」って感じの大連発。慣
昭和の映画黄金期に客席を沸かせた幕間(まくあい)芸人の半生を追う旅を通して描かれる家族の絆。
松竹がこの作品を東宝の「三丁目の夕日」にぶつけてきたのは失敗?それとも相乗効果を期待したのか?期待し過ぎたつもりはないけど、ワタシ的にはハズレました。でも隣のオジサンはボロボロと泣いて膝掛けで涙を拭われてましたから、年齢層によって評価がわかれるかもしれま
9/17から山口・小倉で先行上映された「カーテンコール」を見に行きました。(←店内には大きな飾りが・・・)(チラシとフリーペーパー)前回が初々しい役者陣で構成されていたのとうってかわり、今回は渋くベテラン陣で固め、吉本の人気俳優・藤井隆君の主演作。(とい
お勧め度 ★★★☆☆ またまた、佐々部監督の作品です♪ 今回は、佐々部ファンの私にしてはちょっと辛い点数でしたね。。 『チルソクの夏』『四日間の奇蹟』に続く監督自身の故郷である下関を舞台に描く人間ドラマです。下関という土地柄は、在日韓国人がとても多い街
11月15日(火)TOHOシネマズ木曽川にて香織(伊藤歩)は東京の出版社で、写真週刊誌の契約記者として働いていた。スクープ写真をモノにし、これで正社員になれると思って喜んでいたのも束の間、写真を撮られた女優が自殺未遂を起こし、それがきっかけで故郷の下関に近い....
下の記事に書いておりますように、私も昭和レトロブームです・・・。先ほど、佐々部監督の「カーテンコール 」という映画を見てきました。なんで、こんなに涙が出てしまうのでしょう。生まれもしていないために、全く知らない時代なのに、懐かしい気持ちになってしま
プログラム・ピクチャー時代末期の昭和40年代前後、下関の映画館・みなと劇場にて幕間芸人を務めていた安川修平とその娘の美里の確執と和解を描く。取材を通して二人を見つめた香織とその父・達也もまた距離を縮める。在日朝鮮人問題に大きく関わる作品だった。修平は在日
■観覧場所  名演小劇場■■監督・脚本  佐々部清■←04〔半落ち〕,05〔四日間の奇蹟〕公開■CAST 伊藤歩 藤井隆 鶴田真由 奥貫薫 ほか■■あらすじ■昭和三十年代の下関。映画上映の幕間に、歌や物まねなどを行う芸人、安川修平(演 藤井隆)は、屈託...
試写会「カーテンコール」開映18:30@イイノホールGTF トーキョーシネマショー「カーテンコール」 2004年 日本配給:コムストック監督:佐々部清 プロデューサー:臼井正明 原案:秋田光彦 脚本:佐々部清 撮影:坂江正明 美術:若松孝市 照明:守利賢
2005年日本監督)佐々部清出演)伊藤歩 藤井隆 鶴田真由 奥貫薫 井上堯之 藤村志保 夏八木勲満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネスイッチ銀座にて 東京で雑誌記者をしている橋本香織(伊藤歩)は、福岡のタウン誌に異動に。不満に思いつつ毎日を送る香織
ストーリー:東京の出版社で働く香織は、雑誌に掲載したスクープ記事が原因でしばらく福岡に異動することになった。彼女が行くことになったのは、福岡のタウン誌での仕事。そこで“懐かしマイブーム”を担当することに。読者からのハガキを読んでいると、1通が目に留まる。
昭和30年代から40年代にかけて、映画の休憩時間に歌を歌ったりする芸人さんがいたのですね。 私、そんな人の存在すら知らなかったよ・・。 これは、そんな芸人さんの昔と今を描いているお話。 その背景にある人の人情や悲しさを描いた話ではあるけれど、全体的に物足りなさ
30年のわだかまりの歳月も、ひとつの歌が溶かしていく。この映画だけは「座布団シネマ」ではなく、映画館で観たかった。もちろん小奇麗なロードショーのかかる映画館ではない。ちょうど、この「カーテンコール」の舞台となった下関に当時7館あった映画館のような場所で。(
04年 日本 05年11月公開 監督:佐々部清 原案:秋田光彦 脚本:佐々部清

コメントの投稿

非公開コメント

警視庁から俳優への転身~乾坤一擲で頂点を目指す

 昭和30年代……自分のいちばん憧れている時代です。
 この映画からは当時の様子が伝わってきて、あらためて
 「古き良き時代」
 だったんだなぁ、と感じさせられました☆

みんな笑顔

>松本さんこんばんわ♪

先週観た『ALWAYS~』でもそうだったのですが、この時代の人たちは皆こころがあったかいんですよね~(一部は除いて)。それでいて笑顔がイイ。
今でこそゲームやら、パソコンやら娯楽がところせましとある世の中ですが、当時は映画こそが最大の娯楽。劇中でもお客がパンパンに入ってる劇場で、映画を観る人達の笑顔がなんともいえませんでした。イイ映画です♪

TBありがとうございます。

私も「懐かしい」って言える年代ではないのですが、
なぜかそう思ってしまった映画です。
以前にこの映画は3部作の3作目だと知りました。
後の2作も早く観たいと思っています。

TBありがとうございました

鶴田さんの字について語るところが好きです
ノスタルジックな映画というわけではないなぁ、と思いました

バチが当たる

>zattchiさんこんにちは♪

他の人の字は分からないけど、旦那とお父さんの字は分かるって言う所ですよね。
忘れるとバチが当たるって言う言葉が良かったですね。旦那さんと同じ位父親の事も忘れていないと言う意味の表れとも思えます。

はじめまして

TBありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

どもでっす♪

>かみぃさんこんにちは♪

こちらこそ有難うございました♪また今度同じ映画などを観ましたらTBさせて頂きますm(_ _)m

おひさしぶりですぅ

こんにちは。
最近、めっきり映画館で映画を見る機会が少なくなってしまいました。
家でDVDが圧倒的ですね。
しかも、頭を使わないアメリカB級コメディー・・・
スワロも『カーテンコール』と『エリザベスタウン』がすごく気になります。
『カーテンコール』は藤井隆が妙に気になります。
いや、もちろんストーリーも気になるんですけど。
『イン・ハー・シューズ』もご覧になったんですね。
もう、スワロも本当は見たい映画だらけです。


逆ですね

>スワロさんこんばんわ♪

スワロさんとは逆に、自分はレンタルを殆どしなくなっちゃいました・・(^▽^;)>゛
最近ブログ編集だけで1日費やす毎日でDVDとか観なくなってしまいました・・かなりヤヴァイです(汗
『カーテンコール』は個人的にはオススメしますよ♪古き良き日本の映画全盛期を垣間見た感じです。

スワロさんもまた今度映画見ましたらTBに食いつかせていただきますので(笑

写メにとりたい

僕もこの時代は全く知らない世代ですが、
「古き良き時代の映画」という雰囲気が伝わりました。
田山涼成氏そっくりの人って気になりますねw
当人が意識していたら面白いなぁw

似てる部分

>現象さんこんばんわ♪

証拠として、写メに田山涼成氏クリソツのおじさんを撮っておくべきでした(^▽^;)
実は顔はそれほど似てないんですよ。ただ・・頭の後退加減が凄く似てて・・・・

すいません、田山涼成似のおじさん・・・(^_^;)

TBさせて頂きました!

メビウスさん、こんにちは!
僕はこの映画に、「三丁目の夕日」と同系の擬似ノスタルジーを期待して観にいってしまいました。
そんな僕ですから、予告編にも無かった意外なテーマにちょっとビックリしました。だけど、結局印象に残ってるのはやっぱり過去のシーンなんだよなあ・・・。

同じ時代

>kenさんこんばんわ♪

偶然にも3丁目の夕日と同じ時代設定だったので、自分もその辺りは意識して観てしまいましたね♪
親と子の絆を中心に描かれている現代も中々良かったですが、過去の物語も自分の知らない(特に幕間芸人という存在)ものがたくさん出て来て勉強させてもらった感じです(笑

世代

TBありがとう。
世代で、見方が違うでしょうね。
僕は、あのころは、半ズボンで鼻水たらして、ときどき映画につれていってもらい、ほとんどは、映画館の裏手で遊んでいる悪ガキでしたね。
でも、匂いは思い出せます。

時代

>kimion20002000さんこんばんわ♪

自分はこの世代の生まれじゃなかったので、感情移入はあまり出来なかったのですが、当時の人ならこれほど懐かしい映画は無いと思いますね。
今じゃ映画化の裏手で遊ぶ・・と言うよりも、映画館の中にあるゲームセンターで遊ぶと言った感じなので、時代の流れを感じさせます・・

PAGETOP