【監督】武正晴
【出演】唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/日向丈/小出恵介/及川光博/杉咲花/イ・ジュンイク/加藤雅也/松方弘樹/和久井映見
【公開日】2014年 9月6日
【製作】日本

【ストーリー】
この道25年のスーツアクター本城渉。゛顔出し゛で映画出演することを夢見ながらも、新人・一ノ瀬リョウにその座を奪われるなど何度も辛酸を舐めてきた。そんな本城に一世一代のチャンスが到来!ハリウッド映画のアクション大作からオファーがかかった。しかしそれは、命をも落としかねない危険なスタントだった。周囲の制止する声を振り切り、自分の夢のため、誰かのヒーローになるために、本城は撮影スタジオへ向かう・・・。
  
【感想】
普段滅多に日の目を見ないものの、仮面ライダーや戦隊モノといった特撮ヒーロー作品などにその人達は正に必要不可欠な存在・・。本作はそんな影の功労者でもあるスーツアクターを演じる人達に焦点を当てた内容なのですが、これはかなりヤバかったな~w好きな特撮絡みでもあるし暑っ苦しい青春エンタメだしで、なんかもうツボに入り過ぎてしまった。今年の邦画はちょっと泣かせるものが多過ぎますね^^;

しかしこの作品個人的になのですが、去年鑑賞した『舟を編む』になんだか似たような雰囲気があったような気もしましたね。主人公が自分の仕事に対して並々ならぬ情熱、そして誰にも負けないような誇りを持ってるとこ。あと知ってるようで実は意外と知らない職業を描いてる辺りも酷似しており、なんだか観ててとても楽しかったんですよねぇ。
・・まあモチロン、自分は今でも変わらず仮面ライダーなどを見ていますのでスーツアクターの事は知っていましたけども、ただ実際どんな活動を行っているのか~とか具体的なとこまでは殆ど知りませんでしたから正に『スーツアクターという名前を知ってるだけ』と言った感じ(汗)。ですからその人達が普段裏側でどんな事をしているのかと言う部分も凄く興味深くて、日々の訓練やその風景、あと特撮のスーツを着込んでのアクションの大変さなど、改めて理解できるスーツアクターという職業の過酷さは目からウロコといったところでしょうか。この人達が日々研鑽しているからこそ今日の特撮・アクション映画はあるのだなと痛感し、なんだか観てて頭が下がる思いでした・・m(_ _ m)

またストーリーもベテランスーツアクターの主人公・本城と、若手アイドル俳優・一ノ瀬の2人を軸にしたドラマが感動と笑いを両立してて素晴らしかったですね。正直スッッゴイベタで『どうせ最後はこうなる』的な分かり易さみたいなのもあるにはあるんですが、それでも自分はそういったベッタベタ大好物なので、この2人の師弟のような関係がどんどんと深まっていったり仲間達と絆を強くしていったりな展開はジワジワと涙も誘ってくれた。志は異なってるけど、デカイ夢を追い続けている部分は共通してるし、『俺がやらなきゃ誰も信じなくなる!!』っていう熱いセリフもたくさん炸裂するから自分も何度と無く胸を打たれてしまい、クライマックスの大立ち回り辺りではもう興奮と涙がひっちゃかめっちゃかになってしまってましたねぇ。一世一代の大舞台で命懸けのスタントに挑む本城の姿にはもう涙無しには見れませんでしたホント(T-T)


スーツアクターという職業の裏側を知った意味でも観た価値はあり、且つ夢を諦めないネバーギブアップモノとしてもすこぶる見応えがあった本作♪主演の唐沢さんもスーツアクター経験者だから熱の入りようがなんか違って見えましたし、個人的に仮面ライダーフォーゼ以来でもある福士蒼汰くんも役者としての成長振りが垣間見えてと、キャスティングも好感触な人達が多かったのも良かったですね。
なんだか自分にとっては久々にツボだらけだった邦画作品♪今年のベストに入れたいですねっ^^
TVのヒーロー物のスーツアクターを務める本城渉は、この道25年のベテラン。ブルース・リーに憧れ、いつか誰かのヒーローになることを夢見ている。その劇場版で本城に役が付いたが、有耶無耶のうちに売り出し中の若手俳優・一ノ瀬リョウに奪われてしまう。落胆しながらもリョウのスタントを務める本城だったが、ハリウッドスターを目指し裏方のスタッフを見下した態度を取り続けるリョウに対し、本城は怒りを爆発させる。...
解せない。平成26年のこの時代に何故この作品なのか、このテーマなのか。面白くなかった訳ではない。でも、何故今この作品を作らなければならなかったのかが今ひとつ不明。ある種「蒲田行進曲」の焼き直しのようなものを。息子達(私自身も含む)が戦隊物に夢中になっていたあの時期に観たなら思いは違ったのかな?スーツ・アクターの笑いと涙の物語である。スーツ・アクターとは、日本が誇るヒーロー物、戦隊物の実写作の...
いやぁ〜めっちゃ面白かったよ〜〜〜大満足 特撮ヒーローものの中に入ってる人をスーツアクターというそうです。 そんな彼らに焦点をあてた珍しい作品。 この道25年のスーツアクター本城渉(唐沢寿明)。゛顔出し゛で映画出演することを夢見ながらも、新人・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)にその座を奪われるなど何度も辛酸を舐めてきた。そんな本城に一世一代のチャンス到来!ハリウッド...
□作品オフィシャルサイト 「イン・ザ・ヒーロー」□監督 武 正晴□脚本 水野敬也、李鳳宇□キャスト 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島 進、草野 仁■鑑賞日 9月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  スー...
スーツアクターという言葉が使われるようになったのはいつくらいからだろうか。 この
2014/09/06公開(09/04試写) 日本 124分監督:武正晴出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、加藤雅也、和久井映見 オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ夢は必ず叶うってことを 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道...
 『イン・ザ・ヒーロー』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)日曜日朝のトーク番組「ボクらの時代」に主演の唐沢寿明が出演していたこともあって(注2)、映画館に行ってきました。  本作(注1)の主役は、ヒーローのスーツを着たり怪獣の着ぐるみを着たりして演じるスー...
 「モンゴル野球青春記」の武正晴監督、「20世紀少年」の唐沢寿明主演。日夜、命がけのスタントで、映画や特撮番組を陰から支えるスーツアクター達の活躍と苦悩の日々を描いた、アクションヒューマンストーリー。 小生のような特撮ヲタクにとっては、何がどうでも好きに
「イン・ザ・ヒーロー」はアクション俳優を目指しながらスーツアクターを続けるベテラン俳優が危険なスタントとわかりながら一世一代の大作アクションに出演して大立ち回りを繰り ...
イン・ザ・ヒーロー '14:日本 ◆監督:武正晴「EDEN」「モンゴル野球青春記 バクシャー」 ◆出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、小出恵介、加藤雅也、及川光博、和久井映見、杉咲花、松方弘樹、草野イニ、イ・ジュニク ◆STORY◆下落合ヒーローアク...
監督:武正晴 出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見 【解説】 特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターを題材にしたヒューマンドラ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

子供の頃は仮面ライダーや戦隊ものを見てても中に入ってる人のことなんて気にしてませんでしたが、こうやって見るとスーツアクターの人たちがいるからこその面白さですよね。

クライマックスのニンジャバトルは圧巻でした。
経験者の唐沢さんの台詞には説得力がありました。
カッコ良かったです。

スーツアクター

こんばんは。「スーツアクター」って意外と「着ぐるみの人」と混同されたりしてますよね(あれはあれで体力のいる仕事ですが)。だから、アクションの真髄を心得ている人達としての描き方、良かったと思います。
ただ、展開が、どうしても「蒲田行進曲」を思わせるベタな感じなので…その辺りが個人的には惜しいな、と思いました。

重要、こだわり

>yukarinさん♪

それこそ自分も子供の頃はただ単に仮面ライダーとかヒーローそのものにはしゃいでた感じで、中の人の存在なんてこれっぽっちも考えていなかったと思います^^;今だからこそ理解できる部分があるスーツアクターという職業の重要性。演じてた唐沢さんも経験者だけあって、正に堂に入ってるとこがありましたね♪

>ここなつさん♪

スーツアクターって日の目を浴びない地味な職業にも感じられますが、フタを開ければとても過酷な仕事ですよね。高い所からのダイブに重いスーツなどを着用しての激しいアクション。あの訓練風景などを見ると、スーツアクターのアクションに対するこだわりもビシビシ感じ取れて、ホント良い描き方だったと思います。

ベタな展開はちとありきたりで好き嫌いも分かれそうですが、自分は好きな方でしたね。分かっちゃいるんですが、やっぱし泣けてしまうのです^^;

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

なかなか一般的には注目されないスーツアクターさんたちの活躍にポイントが当たったのはなんか嬉しいですね。
僕は割とこの方面はいろいろ読んでいて詳しかったりしたので、へー、なるほどということは少なかったのですが、彼らの熱い心意気にはぐっとくるものがありました。

どこか新鮮でした

>はらやんさん♪

はらやんさんは特撮関係の知識が広いですから、良くも悪くも本作で描かれていたのは見知ったものが多かったようですね^^;自分は専門雑誌で読んだくらいの知識しかなく、映画の中とはいえやはり口伝えや文章だけで知り得たスーツアクターという職業の人達の活動内容は、どこか新鮮に見えてしまいました。
ありきたりだけど、ストーリーもグッときちゃいましたしね(笑

No title

こんにちは♪

本当におすすめの作品でした。
なんかいろんなことにあつい人は応援したくなります。
そして努力している姿は本当に感動しますね。

応援したくなりますね♪

>Nakajiさん♪

そうそう♪どんなものであれ、何かに一生懸命で努力している人の姿と言うのはそれだけで熱いものがこみ上げたりしますから、自然と応援したくなってしまいますよね。無茶なものなら尚更(笑
展開は読み易かったかもしれませんが、こういう作品はあんまり捻らない方が良いとも思うので、単純な方が面白かったですね♪

こんにちは!

メビウスさんも【心に響いた】派なんですね。
僕は正直・・・うーーーんでした。
スーツアクターの裏側を見せるという点では
良かったのかもしれませんがところどころの
矛盾や演出の悪さがどうも気になってしまいました。

すいません、せっかくお気に入りのようなのに
水を差すコメントで・・・。

十人十色ですしね

>タケヤさん♪

自分の場合凄い感動して鑑賞はしていたのですが、涙ちょちょ切れ感動しすぎて冷静な観方が出来ていなかったのか、今思うと作品内の矛盾点や疑問を鵜呑みにしていた感じも正直否めなくないですね^^;

でも確かに自分のお気に入りの作品ではありますが、映画ってやっぱり十人十色ですからね。好きな人もいれば気に入らない人も当然いるはずですから、否定的な意見でも全然大丈夫ですよ。

PAGETOP