歌を歌いながら戦ったり、特撮ばりにアクションが大袈裟で派手だったり、好きなゲームクリエイターさんが原作手掛けてたりと、自分にとっては久しぶりにドツボに嵌る要素の多いアニメとなったこの『戦姫絶唱シンフォギア』。・・とは言いましても見始めたのは約二ヶ月くらい前ですから日は随分と浅いんですけども、今回は第一期の続編となっている本作『G』を鑑賞。1クール分しかないのは前期同様のようで、また全巻レンタルしてガッツリ一気見しましたw
 
前作で桜井了子博士もといフィーネが起こしたルナアタック事件により月が地球に落下するコースを取ってしまい、その危機に対処すべく奮闘する特異災害対策機動部二課、そして二課とは違うやり方で人類を救おうと暗躍する別組織『フィーネ』が登場し、主義主張の食い違いから響たちと度々攻防を繰り広げるというのが『G』の大まかな内容。そのため、ノイズとの戦いが大半でもあった前作とは少し異なり、今度は主にシンフォギア装者同士での戦いが目立ってるのが特徴的ですね。あと今回は響たちだけではなく、フィーネ側に属するシンフォギア装者であるマリア・調・切歌にもフォーカスが当たっているため、両者のドラマもそれぞれに展開する形にもなっていました。
・・・・しかしながら話数が変わらずそれでいて登場人物およびドラマ部分増量となれば、当然ながらギュウギュウな詰め込み感も結構凄くて、少なくとも初見の印象では前作以上に急ぎ足な感じも否めなかったかなぁと。悪を以って自分達の信じる正義を成すマリア達の主張は分かるんですけども、その割には随分と迷走が多いようにも見えてしまい、ウェル博士の奇天烈な言動もワイルドアームズネタを知らなければちょっと『痛い』かもしれませんね
なもんですから本作で面白く見れたのは響たち側の方で、特に響は体内にあるガングニールの破片の侵食に体を蝕まれる緊迫感もあって後半は見応えがあった♪これもワイルドアームズと照らし合わせますとナイトブレイザーと同化したアシュレーを彷彿としてるようでもあったし、シンフォギアを纏った響の首周りに付いてるマフラーみたいなものもナイトブレイザーの紅のスカーフを思わせるものがあるから、こういった類似点にもどこかニンマリしてしまう。あと2年前のライブ会場での惨劇がきっかけで、響の家庭環境がボロボロになってしまってたという暗い過去が明らかになっていたのも興味深かったですね。マリアたちのドラマパートを少し削ってここら辺をもう少し掘り下げて欲しかったかも・・

個人的に期待していたワイルドアームズネタの方に関しても相変わらず健在でしたね。前期でも様々なシーンでワイルドアームズの色んな用語やセリフが盛り込まれていましたけど、今回も見て分かる範囲だと用語は『イルズベイル』に『ディスティニーアーク』に『アークセプター』諸々、キャラクターのセリフだと響が言っていた『取っておきたいとっておき!』は2NDのトカで、切歌の『絶対に絶対デス』は1のセシリア。ウェル博士に到っては『英雄』って言葉を連呼してたりもすれば、『メガネがずり落ちる』だとか『一兆度だーー!』とか、もうその言動の多くがネタまみれで笑ってしまった^^;。その他ではエンディングに出て来る六角形のマスみたいなものはHEXぽかったし、ラスボスの巨大化したネフィリムはワイルドアームズの隠しボスであるラギュ・オ・ラギュラのようになってしまったりと、まぁ金子さんは今回も遊んでますねぇ。あからさまな部分だけでこんなにもあるのですから、見逃したものを含めればきっともっとたくさんあるのでしょう。イチファンとしては全部探してみたくもなる所ですw


まあ前作と比べますならば上記のような不満点もちょっとあったりもして見劣りする箇所が皆無だったわけではないのですが、それでも続編として向上してる部分もちゃんと見受けられた分、結果として面白く見れたのは確か。第1話は恒例のライブシーンのほか、響と雪音の派手なアクションで魅せてくれて掴みはOKだったし、シンフォギア装者たちの変身シーンも大分凝ってたものになってた(笑)。重要な『歌』の方も水樹奈々さんの歌う『Vitalization』や『不死鳥のフランメ』、あと10話で響が歌ってた曲も中々良かったですね。

・・そいえば公式サイトの方では第3期の制作も決定しているとの事ですが、いつ頃始まるんでしょうねぇ?早くても今年の冬かな?おそらくネフィリムの一兆度でバビロニアの宝物庫にいたノイズは全て消滅したはずでしょうから、今度は一体どういう物語になるのか楽しみですね

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP