【監督】大友啓史
【出演】佐藤健/武井咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井優/神木隆之介/土屋太鳳/田中泯/大八木凱斗/江口洋介/藤原竜也/他
【公開日】2014年/8月1日
【製作】日本

【ストーリー】
かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられ“最強”の伝説を残した男・緋村剣心は、新時代を迎え、神谷薫ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう依頼される。志々雄は新政府に裏切られ焼き殺されたはずだったが、奇跡的に復活。京都で戦闘集団を作り上げ日本征服を狙っていた。剣心は必死で止める薫に別れを告げ、京都へと向かうが・・・。
 
【感想】
2012年に公開され大ヒットとなった『るろうに剣心』の続編であり、2部構成の前編でもある本作。京都を舞台に原作漫画でも激しい戦いが繰り広げられる志々雄真実との対決が描かれるだけに自分も鑑賞前から楽しみにしていましたが、いやはや今回も見応えタップリでしたね♪アクションも相変わらず凄いし、個人的にはサプライズもあったりで、前編なのにかなりてんこ盛りしててお腹一杯でしたっ。

今回の京都大火編では、志々雄の暗躍を聞き人斬りとしての落とし前を付けるべく京都に赴いた際の道中の出来事などが主に描かれていましたが、観た感じとしては原作のストーリーをひと通りになぞっている様に見え、重要なエピソード(宗次朗との初対決や青空のエピソードなど)も取りこぼして無かった分自分は好感触ではありましたね。・・・・とはいえ、前作で設定が少し変えられてたり、出てくるはずだった人物が出てこなかったりとした反動みたいなのが影響してるせいか当然全てが忠実ではなくアレンジも多少入っていたのが見受けられ、特に四乃森蒼紫は原作とは大分異なる登場になってしまってますね。他も挙げれば左之助と安慈のエピソードなんかも省略されていて、いきなり左之助が京都に付いた時は『あ、あれ?^^;』と肩透かしだったのも正直なトコ(汗)。
・・ただ省略されてた部分こそあれど、最終的に京都へ集合するという着地点は同じだったのでこの辺は結果オーライという感じでしょうか?個人的にはアレンジされてた部分も存外悪くは無くて、終盤の戦艦・煉獄に剣心が突入して十本刀や志々雄と単独で戦うシーンはドラマチックにもなってて良かったと思ってる程です。

一番楽しみにしていた剣戟アクションも文句なしで、おそらく前作の大ヒットの決め手の一つにもなってたであろう出演者たちによる生身のハイスピードアクションは今回も健在で、剣心を演じてる健君の身体能力の高さにはまたまた驚かされてしまったといったところ。それに健君だけじゃなく宗次朗役の神木君も前半の対決で魅せてくれるし、蒼紫と翁の一騎打ちが気にいったのも田中泯さんの存在感あってこそ。もうシビレたなぁ♪でもアクションシーンでは結果的にどの役者さんも一様に激しく動いてて輝いてた気がしますね。
まあ期待していた藤原竜也さんに関してはあんまり動きは無かったけど、その分志々雄のなりきりが相当なもので、包帯越しでもかなり威圧感を放っており、声もドス利かせまくりで正にハマリ役。この人はホント悪党演らせたら天下一品になっちゃってますね^^;無限刃を手に大暴れする姿も早く見たいから、完結編の『伝説の最後編』が待ち遠しい限り。


・・あと本作の最後にもとても驚かされましたねぇ~。なんでもあの人の出演は結構噂されていたと言うのを観終わってから知り得たのですけども、そのサプライズを全く知らなかった自分は顔が映った瞬間度肝抜かれてしまった。役どころは『謎の男』となっていましたが、髪が長髪で目つきもキツく、逆刃刀も確認してた・・・となれば、原作で思い浮かぶような人物はあの最強の人しか当てはまらないわけで・・・。多分合ってるよね?少なくとも龍〇ではない(^-^;)
監督:大友啓史出演:佐藤健、武井咲、青木宗高、蒼井優、江口洋介、藤原竜也、神木龍之介、、、
京のまちを燃やしまっせっていうチャンバラシーンで ”バッタもんの志々雄たち”が剣心に斬りかかるシーンがあるんですけども。 そこまでスピード感と緊張感のええ感じでアクションしてたのに 絵面としてどうにもプププでした(;´∀`) そういう意味じゃ本物の志々雄はやっ...
痛快無比。スカッと面白い!  
8月1日のファーストデーに映画「るろうに剣心 京都大火編」を鑑賞しました。
 私は反対することに反対だ。ときに反対することはあるけれど、多くにおいて推進する人に賛成する。  何のことかと思われるかもしれないが、要は「○○反対」と叫ぶ人にはあまり共感を覚えないのだ。  何かに反対する人が、代わりに別のものを推進したい情熱を持っているとは限らない。  ○○反対などと云わなくても、別のものを推進し、それが人々に喜ばれて○○を凌駕すれば、おのずと○○はなくなるだろ...
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心 京都大火編」 □監督 大友啓史□脚本 藤井清美、大友啓史□原作 和月伸宏□キャスト 佐藤 健、武井 咲、青木崇高、大八木凱斗、蒼井 優■鑑賞日 8月3日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...
2014/08/01公開 日本 139分監督:大友啓史出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、江口洋介、藤原竜也、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯、宮沢和史、小澤征悦、大八木凱斗、高橋メアリージュン、三浦涼介 かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣...
るろうに剣心 京都大火編観ました。 [自己満足度 ★★★☆☆ 3/5] ※ネタバレありの感想ですのでご注意ください。 
凄い〜!!大興奮〜!!
前作以上に見応えあって見入ってしまった。
「るろうに剣心 京都大火編」は2012年に公開されたるろうに剣心の続編となり、2部完結編として描かれ京都で巻き起こる事件に剣心が挑んでいくストーリーである。前回の前評 ...
プレミア試写会のチケットが来た事を知らせた時、次男は狂喜乱舞。劇場予告がかかる度に、「これ絶対行こうね!」と言い合ってた作品。もちろん前作も2人で鑑賞。剣心の世界に浸り切ったものでした。言うまでもなく、私の興味は、これがアクション監督谷垣健治さんの出世作となるかどうか。谷垣アクションを観に行ったと言っても過言ではなかった。で、確か自分の備忘録で2012年の邦画ベストワンに据えた覚えがある。世...
 『るのうに剣心 京都大火編』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)これは、2部作の前編に過ぎずどうしようかと思っていたのですが、一昨年に第1作目の『るろうに剣心』を見てなかなか面白かったことと、強力なPR戦術に押されて、映画館に行ってきたものです。  ...
制作年度 2014 上映時間 139分 原作 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社刊) 脚本 藤井清美/大友啓史 監督 大友啓史 アクション監督 谷垣健治 出演 佐藤健/武井咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井優/神木隆之介/土屋太鳳/三浦涼介/高橋メアリージュン/田中泯/...
るろうに剣心実写映画の第二弾 京都編の映画化ですね まぁ前作ヒットから絶対作るだろうなと思っていましたが予想通りの前後編でしたね 次は追憶編作るんだろうな~って感じがバリバリしていますが(今回もヒットしていますしね) ちなみに前作の感想はこちら あらすじ かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り...
あ~~~~~面白かった!!!! 1作目のヒットのお蔭か、潤沢な予算を無駄なく使って、キャスト良し、脚本よし、セットよし、ロケばっちり、小道具からエキストラの質まで申し分ない出来栄え。 ちょっと後編に繋ぐためのまったり感は否めないけれど、9月公開の「伝説の最後編」の公開前に観れて良かった♪
るろうに剣心 京都大火編 MOVIXさいたま8/1公開 かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。 刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ 志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。 政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の 矢が立つ。 志々雄の野心を阻止すべ...
【概略】 新時代を迎え、緋村剣心は大切な仲間と穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。 アクション 正直ストーリーは連載当時にリアル読んでいただけなのではっきりとは覚えてない…コミックスももってたはずなのになー^;でも、こんな話じゃなかったよね、混ぜこぜになってるなー。 蒼紫さまの伊...
監督:大友啓史 出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介、藤原竜也、宮沢和史、土屋太鳳、大八木凱斗、滝藤賢一、三浦涼介、丸山智己、福山雅治 【解説】 和月伸宏原作の人気コミックを基にした2012年の前作に続き、原作のクライマ...
2014年 日本 139分 アクション/時代劇 劇場公開(2014/08/01) 監督: 大友啓史 原作: 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 脚本: 大友啓史 主題歌: ONE OK ROCK『Mighty Long Fall』 出演: 佐藤健:緋村剣心 武井咲:神谷薫 伊勢谷友介:四乃森蒼...
映画「るろうに剣心 京都大火編」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 『るろうに剣心 京都大火編』 ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

藤原さんは舞台俳優の癖のあるセリフまわしが、
今回はまったくなく包帯に上手くつつまれていたようで、
ドスのきいた声が魅力的でした!
剣心との対決が楽しみです!!
ラストの謎の男は・・・
顔みた瞬間ビックリでした!
原作知ってる人は、
どんな役なのか見当つくんですね~。
私はさっぱり?なので、、、
その分楽しさ倍増です(爆

謎の男ですが、そうでもないw

>えふさん♪

藤原さんの志々雄は予想以上に良かったですね。狂気をはらんだ凄味みたいなのがセリフからも感じ取れましたから、立ち回りが少なくとも結構満足できましたね^^完結編も楽しみ♪

あと謎の男の人は原作を知ってる人だとやはりピンとくる人物だと思いますねw
多分剣心は目覚めた瞬間あの男の人に色々怒られると思います(笑

No title

面白かったですね!
蒼紫の存在意義が薄い気もしましたが、蒼紫VS翁の壮絶があったんで帳消し!w

後編が楽しみ〜志々雄の暴れっぷりに期待!

蒼紫あっぱれ

>AKIRAさん♪

蒼紫は本来なら前作から出て来るべき人物でもありますから、今回の初登場は立ち位置が少し異なってた分後半の迷走などが少々気になってしまいましたね^^;でも翁との激闘は壮絶!あれだけで確かに帳消しに出来ます(笑

志々雄は原作通り斉藤・左之助・蒼紫とも纏めて相手するんでしょうかね~?再現すれば物凄い燃えそう♪全容分からないだけに楽しみですね。

こんにちは

これだけの俳優陣揃えてみんなに見せ場はあるのか?とか思ってたけれど、誰も彼もにありましたねえ。
ただその分左之さんにしわ寄せが行っちゃった感はあるけれど、まぁ仕方がないですよね。

私も福山さん登場のネタバレ情報入っていなかったので最後にビックリ。顔が映らないものの正体が先にわかって、それが福山さんだとわかって笑っちゃいました。ぴったりだって(^^)

オーラビンビン

>たいむさん♪

漫画と比較すれば端折ってる場面・人物もいるんですが、ただそれを補う見せ場・・それこそ生身アクションや役者陣のなりきりも見応えがあったので、少なくとも自分はすこぶる満足でしたね^^
あ、そいえば左之助は安慈と出会うことなく京都入りしちゃいましたね。そこはちょっと残念かも(汗

福山さん=清十郎師匠はセリフ一言もありませんでしたが、たったあれだけのシーンでも威厳のオーラがビシビシ伝わりました。完結編は志々雄との対決もそうですが、師匠の一挙手一投足も見逃せないかもしれません。

これだけの俳優陣揃えてみんなに見せ場はあるのか?とか思ってたけれど、誰も彼もにありましたねえ。
ただその分左之さんにしわ寄せが行っちゃった感はあるけれど、まぁ仕方がないですよね。

私も福山さん登場のネタバレ情報入っていなかったので最後にビックリ。顔が映らないものの正体が先にわかって、それが福山さんだとわかって笑っちゃいました。ぴったりだって(^^

こんばんは♪

長いお話だそうでやはりスルーされてしまうエピソードは仕方ないですね。
前作よりもパワーアップしたアクションシーンにくぎ付けでした!後編はどんな展開になるのか楽しみです。←原作未読

致し方なし

>yukarinさん♪

そうですね。確かに志々雄と戦うエピソードは漫画の方でもかなり長かったです。故に削られてしまうシーンはあると思いましたけども、まさか楽しみにしてた左之助と安慈の出会いが無くなってしまうとは・・・。ちょっと残念です^^;

完結編はより一層激しいアクションが披露されるでしょうね~?予告編でも少し垣間見えてましたが、志々雄が剣心・斉藤・左之・蒼紫の4人をいっぺんに相手する漫画同様のシーンがあったので、これは自分も非常に楽しみです♪

冒頭から~

メビウスさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

仰るとおり、完成度の高い作品に仕上がっていましたね!
前作も楽しめたので観たのですが、ますます次作の
期待感が増しました^^
9月が待ち遠しいです~♪
あのラストのお人は次は冒頭から(笑)?

悪役も文句なし

>cyazさん♪

今回は個人的に志々雄に扮している藤原さんを筆頭に悪役側の方を注目してたのですが、これは文句無かったですね。藤原さんは包帯だらけですけど、ドスのきいた凄味声が志々雄を彷彿とさせていましたし、神木くんが演じてる宗次朗もピッタリ♪十本刀は張だけでしたが、三浦くんも思ってた以上に関西弁キャラになりきってて良かったです(笑)モブ化してた他の十本刀も楽しみ♪

『あのお人』も冒頭から登場しそうな感じがしますね。剣心は起きたらびっくりするでしょうね~w

謎の男

こんばんは、ここなつです。
私は原作未読なのですが、原作ばかりでなくアニメも熟知の次男に言わせると、あの人はやはりあの、…あの人だ!との事。
そんな風に見終わった後も会話が成立する心憎い演出だったと思います。

もはや謎の男あらず・・

>ここなつさん♪

話題のあの人は『謎の男』としてシークレット扱いにはなっているものの、確定要素が多過ぎるのでもはや伏せているのが意味の無いものになっていますね^^;・・と言いますか、これでもし全くの見当違いな人物だったらそれこそ完結編は大事件になってしまいます(笑

まあもはや周知の事実のようにはなっちゃって驚きは薄くなっちゃいましたが、あの人がどういう演技を見せてくれるのかは楽しみですね♪原作通りおっかない師匠であってほしいものですw

興奮しました~!

あの殺陣のスピード感と美しさ!素晴らしいですね~!
原作既読としてはやっぱり蒼紫と左之助と安慈部分の削られ方は残念でしたけど。
健クンといい皆さんのなりきりっぷりに大興奮~!
最期編も楽しみです~♪

十本刀は暴れるか?

>くろねこさん♪

実写剣心のチャンバラアクションは、少なくとも自分が今まで見てきた時代劇にはないスピード感と迫力があってホント素晴らしいですね^^剣心のハマリ具合もあって、健くんの身体能力にも改めて見惚れてしまいます。

ただ若干原作とズレがある場面もありますが、完結編では上手く纏めてくれると信じたいところw左之と安慈の対決は見たいですよねぇ♪十本刀がちょっとモブになってますけども、安慈は大暴れしてくれることでしょう。あと盲剣の宇水も^^;

面白かったです~

メビウスさん☆
続編の公開前になんとか間に合って観てきましたっ
面白かったです~~
蒼紫がなんだか滑稽になってて、カッコイイのに滑稽?
やっぱり原作とは違うのですね。
私はアニメでにわかファンになったので結局十本刀の途中までしか知らないのですが、とにかく最後編楽しみです。

気付けばもう9月

>まだ~むさん♪

そういえば、続編公開までもうだいたい2週間しかないですもんね。未見の方にしてみれば急がなければといったところ^^;余裕を見て10月頃でも良かったんじゃないかと思いますね(汗

原作とは少し立ち位置が異なってたり出会うはずであろう人物達が出会わなかったりと変更点は確かにありますけども、着地点がそれほど狂ってる感じには見えないので今の所は自分も高評価ですね♪完結編もこのペースを維持して興奮&感動を与えて欲しいです^^

こんにちは

私も含めて、みなさん志々雄の影武者軍団わらわらに
笑ってるのが笑えます
十本刀の扱われ方は適当でしたが…やはり良く出来てる映画ですよね
ビジュアル的に志々雄って敵キャラとして好き
だから藤原君の伸び伸びとした役者演技があってた気がします
でも昔(ジャンプで読んでた頃)キャラ的に好きだったのは蒼紫さまだったんですが、本作ではその設定がいまひとつだったせいか、魅力が発揮できてなかった…残念
圧巻だったのは神木くん瀬田宗次郎。あーたアクションできたんかい、とびっくりしました
自分で立候補もしてたそうですが、思いいれあるキャラなだけに、ピョン飛びなんかも自分で取り入れたそうですから、伝説の最期編も楽しみですねっ
(メビウスさんはももう観ちゃってるだろうけど)

次も期待できます

>makiさん♪

十本刀がやや外様になってたり、蒼紫の立ち位置が少しブレてたりと言った違和感も確かにありますが、それでも出演者たちの気合の入ったハイスピードチャンバラなどがそれらを上手く補ってくれてる感じがして、自分は概ね満足が出来ていますね♪
あと本作で志々雄はあんまり活躍しませんが、伝説の最後編では大暴れしますよ。原作通りの一対多の戦いが激しいですし、彼の刀もちゃんとアレがボッと勢いよく出るので、次もまた見応えはあると思いますよ。

こんばんは!

メビウスさん、原作も読まれているんですね。
僕は映画しか観てませんが・・・健剣心に大満足です。
(あと、神木クンも!)

まあなんてったってアクションが
いいですよね。目にも止まらぬ速さの
殺陣がたまりません。
「伝説の最期編」楽しみです!

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
原作漫画を読んでいないので、詳しい所までは踏み込めないのですが、読んでいない人にとってもわかり易いストーリーになっていて、今回も楽しく観れました。
前作でのチャンバラにも度肝抜かれましたが、今回はそれ以上のアクションになっていて、興奮度が更に高まりましたねぇ。
後編は1月21日からのレンタルなので、後一ヶ月が待ち遠しいでござる。

不満を補うだけはあります

>タケヤさん♪

原作の方はかなり前に読んだきりなのですが、それでもまだ内容の大部分が記憶に残ってるので、やっぱり自分にとっても忘れられない作品になってるのかななんて思っちゃってます^^

殺陣と言えば古きよき時代劇にある光景を思い浮かべますが、本作の殺陣はその既存の殺陣とは全く異なる迫力がありましたね。これが多分若者世代の方にも受けて大ヒットに繋がった要因の一つかもしれませんね?超人的な運動神経を持つ緋村剣心にピッタリな新生代の殺陣にも見えました♪

>ヒロ之さん♪

原作を知ってるだけに、正直言うと自分も本作に対しては多少『んん?』と訝しげに観てしまう部分が少なくも無かったです。特に四乃森蒼紫は大分立ち位置が変わっていたので迷走してるようにも見えてしまい、その違和感が伝説の最後編でも拭う事が出来なかったのもこれまた正直な所^^;

ですがそういったマイナスがあったとしても、本作のウリでもある超高速チャンバラの迫力は充分に補ってくれていた感じもしますねぇ。健くんたちも本気で動いてるだけに、CGなどにはない『凄味』も感じ取れた気がします。

PAGETOP