【監督】湯山邦彦
【声の出演】松本梨香/大谷育江/梶裕貴/伊瀬茉莉也/牧口真幸/林原めぐみ/三木眞一郎/犬山イヌコ/山寺宏一/中川翔子/石塚運昇/他
【公開日】2014年7月19日
【製作】日本

【ストーリー】
『ダイヤモンド鉱国』は地下深くにあり、ほうせきポケモンのメレシーたちが平和に暮らす美しい国。この国には巨大なダイヤモンド『聖なるダイヤ』があり、鉱国を維持する大切なエネルギー源として長い間その役割を果たしてきたが、『聖なるダイヤ』の命は今正に尽きようとしていた。ダイヤを作り出せるのは鉱国の姫・ディアンシーだけだが、彼女にはまだその力が備わっていなかった。ディアンシーはサトシとピカチュウに出会い、聖なる力を求めて『生命のポケモン』ゼルネアスを探す旅に出るが・・・。

【感想】
新シリーズであるXYに移行したポケモン最新作を鑑賞♪去年はちょっと諸事情で劇場鑑賞を見送ってしまったので、今年は結構楽しみにしてました。夏のキッズアニメのド定番であるポケモンは突出した面白さみたいなのは最近あまり無いですけど、それでも湯山監督は安定感がありますから観て損したってことがそれほど無いんですよねぇ^^;
まあ最新作のゲームも当然やってはいませんが、本作に関しては手堅く楽しめたといった感じです♪

今回はほうせきポケモンと呼ばれるディアンシーが自分の国を救うため、サトシたちと一緒に聖なるポケモン・ゼルネアスを探す旅に出るといったもの。その道中でディアンシーを狙う(ダイヤモンド生み出す事が出来るから)盗賊たちとのバトルや、後半では破壊のポケモンと呼ばれるイベルタルも大暴れしたりと、新シリーズのポケモンバトルもかなり派手な感じに仕上がっていて個人的には好感触。
新しく出て来たポケモンたちも総じて可愛いのが多くて、子供たちもネズミのようなポケモンのデデンネなどを見て思い思いに笑ったりしてはしゃいでたのがちょっと微笑ましかった。かく言う自分もダイヤモンド&パールではポッチャマ、ベストウィッシュではミジュマルが好きなポケモンだったんですけども、本作でツボだったのはやっぱりディアンシーかな?なんか予想以上に魅力があって、超世間知らずのお姫様みたいな物言いもなにかと面白かったですね。・・まあ他のポケモンと違い喋ってるというのは好みが分かれるかもしれませんが・・(汗
あと3DSソフトでもXYを象徴しているポケモンのゼルネアスとイベルタルも、再生と破壊を司る神様のような存在感があってこちらもなかなかカッコイイポケモンでしたし、特にゼルネアスは生命を分け与える能力もあってかまるで『もののけ姫』のシシ神さまみたいに見えてしまいましたねぇw・・でもディアンシーがストーリーの中心じゃなければこの二体のポケモンももっと密に絡めたでしょうに、少し勿体無い感じに見えなくも無かったですね。同時上映の『ピカチュウこれなんのカギ?』で結構時間を取っていたような気もしましたから、時間をもう少し本編に回してくれたらディアルガとパルキア、ダークライの時の様な三つ巴な構図も出来て盛り上がってたんじゃないかなと思ったりです。


映像は言わずもがなのクオリティでここら辺は大人でも十分楽しめるし、ストーリーも・・・子供の鑑賞がやはり大前提と思えば、仮面ライダーと同じく穴があろうが省略し過ぎだろうが説明不足だろうが大目に見れるといったところ。自分も正直派手なポケモンバトルや可愛いポケモンが出てくれればそれでいいですしねぇ(笑
・・そいえば今回自分のツボだったディアンシーですが、担当の声優さんを確認したらあらまビックリな松本まりかさんだった。声優としてだと多分ファイナルファンタジーⅩのリュック役くらいしか知らないので、個人的には何だか久々に声を聞いた気がする。どうりでディアンシーが可愛く見えたわけです^^;

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP