【監督】米林宏昌
【声の出演】高月彩良/有村架純/松嶋菜々子/寺島進/根岸季衣/森山良子/吉行和子/黒木瞳
【公開日】2014年 7月19日
【製作】日本

【ストーリー】
心を閉ざした12歳の少女・杏奈は、喘息の療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女・マーニーが姿を見せる。杏奈とマーニーはすぐに仲良くなるが、その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになる・・・。

【感想】
宮崎駿監督の長編映画作品引退後のスタジオジブリ最新作。個人的に好きだった『借りぐらしのアリエッティ』で初監督を担った米林宏昌監督の長編2作目でもあるから心なしか楽しみにしていて、宮崎駿監督も一切関わっていないという意味でも気になる作品ではありましたね。・・・・で、結果としては自分は見応えありました♪

先ず原作の方がアリエッティと同じ児童文学でもあるからでしょう、本作は子供も然る事ながら大人も結構楽しめるストーリーになっていたんじゃないかなと思いますね。主人公の杏奈が北海道の田舎町で体験する出来事は、マーニーという不思議な少女の存在感、そして辺りが湿地で囲まれている古ぼけた洋館といったやや幻想的な光景なんかも相まって、どこかワクワクするような気持ちにもさせてくれるトコがあったんですよねぇ。それに宮崎駿監督や高畑勲監督のように、なんというかこう・・・『ドッシリ』としたテーマみたいなものや雰囲気が良い意味で薄いようにも感じましたから、絵も綺麗だった分、子供達にはとてもとっつき易い感じがあるんじゃないかなと思います。

ただそうは言っても杏奈とマーニーはお互いそれぞれに深い苦悩と孤独を抱え込んでもいて、観てるとなんだかんだでドッシリくるとこもありはしたものの、2人の友情模様が割と爽やかなものでもあったからか、それほどネガティブな気持ちにはならなかったかな?(笑)あと後半ではマーニーの正体を探っていくミステリーな要素も少し混在しているため、彼女は一体何者なのだろうと言う好奇心みたいなものもくすぐられたから最後までダレずに面白く観れたんじゃないかと思った次第。・・けどこの辺りはお恥ずかしながら正直自分はかなり見当はずれな予想をしてましたねぇ。それこそマーニーの正体を紐解く映像は随所に散りばめられてたかもしれませんが、自分はと言うと幼少期の杏奈が持ってたお人形とマーニーの髪型似てなくね?みたいなファンタジックな方向性ばかりを考えていて実際はお門違いもいいトコだったのでした(汗


・・まあジョースター家のように血統ゆえか、惹かれ合うように出会った何とも奇妙な巡り合わせの結末は過酷な事実を突きつけらはしますけども、ですがそれと同時に家族への深い愛情や隠された想いなども感じ取る事ができ、杏奈共々なんだか心のしこりが取れるかのような清々しいラストはなんだか気持ちが良かった♪アリエッティは先行き不安な未来に見えなくもなかったから大丈夫かな?なんて考えもよぎったのですが、杏奈の方は多分大丈夫そうですね^^

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP